トライズで『トライ』だ!

【料金の内容】トライズ+巷の専門学校より遥かに安い理由を解説するぞ!

更新日:


バイリンガル仙人

どうも。バイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はトライズの料金内容と、他の専門学校や高額塾と比較検討した時にどれぐらいの価値があるのか解説していきたいと思う。

 

基本的にトライズの料金や学費が高いと言う意見が多い中、それはよその界隈をちゃんとリサーチしてモノを言っておるのか?とワシは言いたい。

 

色んな英会話塾が最近になって増えてきておるが、その中でもトライズの料金体系はかなりガチンコのシステムで設定しているし、真剣に英語を習得したいと思ってるクライアントしか集めていないわけじゃ。

 

てなわけで、中途半端な考えで挑んでくるヤツ等は当然トライズは相手にしないし、そんな奴は最初の体験セッションでどんな目的意識を持って受講するのかも、全てマインドマップを具体的にレクチャーしてくれるので、料金と目的が一致しなければ英語習得など諦めたほうがいいと言うこじゃ。

 

では、ここでトライズの料金や学費のシステムを詳しく解説して行こう。

トライズの料金内容が他の専門学校や高額塾と比較して見てみろ!


バイリンガル仙人

まず、担当直入に言うがトライズの成果が出る確率とカリキュラム終了時までの継続性が90%以上占めてるのは紛れもない実績じゃろう。

 

よくネット上などの界隈でも、料金や学費が高いと言う噂があるトライズでも、このような数字が出ているのは紛れもなく支持されているからに過ぎない根拠じゃ。

 

なので、料金と成果は比例するに一致するし、高いと謳っていてもそれだけ受講するクライアントも多いと言う事じゃ。

 

1年間で約100万ほどする受講料でも、多くのクライアントが参加してくるその秘密に迫ってみたいが、まずトライズと他の英会話機関との比較をして、いかにトライズの料金が正当性を保っているのかを分析してみたい。

一括払いのケース

30万円OFF適用価格

月額受講料:85,278円

※入会金 : 50,000円・コンサルティング費:185,000円

分割払いのケース(48回払い時)

30万円OFF適用価格

月々:30,637円~

※入会金・コンサルティング費含む

 

詳細はこうじゃ。

分割払いシュミレーション 24回払い 48回払い
受講料 1,384,100円 1,384,100円
実質年率 7.9% 7.9%
手数料金額 116,762円 234,699円
総支払額 62,500円 33,700円
2回目以降支払額 63,362円 34,899円
初回支払額 24回 48回

確かに、普通のサラリーマン世帯や学生、主婦の人から見たらいきなりパッと出せる金額ではなかろう。

 

しかし、トライズではそんな奴らのために、かなりヤバいキャンペーンを実施している。

 

そのキャンペーンの詳細はこうじゃ。

【最大30万円割引】⇒大幅割引キャンペーン実施中で、2020年1月31日までの予約で受講料の総額から最大30万円割引となる。

【12ヶ月一括もしくは分割払い】⇒受講料総額から30万円割引

【6ヶ月一括もしくは分割払い】⇒受講料総額から5万円割引


バイリンガル仙人

ハンパなくヤバくないか!?

つまり、一括払いで受講すると30万円も割引適用が採用されるわけじゃけ、1,384,100円の受講料から30万割引したら⇒1,084,100円になる単純計算じゃ。

 

しかも、

全額返金制度
⇒受講開始から1ヶ月以内に退会される場合、全額返金保証

⇒成果に自信あるので特別な条件は一切ナッシング (一括払いプラン特典)

無料延長保証
⇒1年間しっかり学習しても万が一成果が出なかった場合、無料で最大3ヶ月受講期間延長(一括払いプラン特典)

途中解約返金保証
⇒受講開始から1ヶ月以降に退会される場合、残りの期間の受講料をすべて返金保証(一括払いプラン特典)


バイリンガル仙人

もう、神レベルじゃね。

 

それでもまだ、そこまで言うのなら、トライズの受講料と他の巷の専門学校や高額塾と比較検討してみよう。

 

まず、一流のプロによる、的確なアドバイスと本田圭佑のCMでも話題の『プログリット』だ。

2ヶ月プログラム 3か月プログラム
受講料 328,000円 468,000円
入会金 50,000円 50,000円
面談回数 4回/月 4回/月
教材 市販教材 市販教材
返金保証 30日間無条件保証 30日間無条件保証

これがプログリットの基本受講料じゃ。

 

トライズは1年間のサポートなので、これを1年間で単純計算したら⇒3か月468,000円×4=1,872,000円×入会金50,000円=1,922,000円となる。

 

トライズは30万の割引がついて⇒1,084,100円じゃ。

 

では次に、オンライン学習を最も得意としている『レアジョブ本気塾』を見てみよう。

2ヶ月間プログラム
受講料 350,000円
入会金 50,000円
教材 ホームワークの教材
面談回数 1回60分⇒全8回のマンツーマンセッション
返金保証 基本なし⇒ただし、日割り計算による一部返金はあり

これが、レアジョブ本気塾の基本受講料じゃ。

 

トライズは1年間のサポートなので、これを1年間で単純計算したら⇒2か月350,000円×6=2,100,000円×入会金50,000円=2,150,000円となる。

 

トライズは30万の割引がついて⇒1,084,100円じゃ。

 

では、次に専属講師が高学歴の軍団で有名な『ベリタス』を見てみよう。

3ヶ月間プログラム
受講料 650,000円
入会金 なし
教材 ハーバードMBA教材
面談回数 2ヶ月間のプログラム受講および1ヶ月間の自習コーチング支援
返金保証 なし

これが、ベリタスの基本受講料じゃ。

 

トライズは1年間のサポートなので、これを1年間で単純計算したら⇒3か月650,000円×4=2,600,000円となる。

 

トライズは30万の割引がついて⇒1,084,100円じゃ。

 

最後は、アプリで英語学習を指導する事を最も得意としている『アルゴ』じゃ。

2ヶ月間プログラム
受講料 360,800
入会金 50,000円
教材 基本スマホからのアプリ学習
面談回数 専属講師とセッション⇒計10回(1回25分)

これが、アルゴの基本受講料じゃ。

 

トライズは1年間のサポートなので、これを1年間で単純計算したら⇒2か月360,800円×6=2,164,800円×入会金50,000=2,214,800円となる。

 

トライズは30万の割引がついて⇒1,084,100円じゃ。

 

これらと比較検討して、おぬしはどう感じたんじゃ?

 


バイリンガル仙人

もう既に見たら分かる通り、いかに1年間のサポート料としてトライズの料金がクソ安いかが分かったじゃろ?

 

そして、今現在トライズでは店舗によってはキャンセル待ちのとこもあるぐらいじゃけ、学費を払ってでも受講したくなるその裏側は、これら他の受講機関と比較検討したら一目瞭然で理解できるはずじゃ。

 

それプラス、トライズの秘密はこうじゃ。

■毎営業日のメールサポート

■週3回のネイティブ講師とのレッスン

■2週に1回の進捗確認

■面談月1回の進捗確認テスト(Versant受験)

■オリジナル学習管理ツールの使用

トライズのコンセプトでもある、『日本人が英語を話せるようになるためには1,000時間学習する必要がある』を前提にしてプログラムを組んでいるので、いかに真剣に取り組み本気でやれるガチなヤツのみを採用しているのかがわかる。

 

クライアントを確実に1年後には独り立ちできるようにしっかりとサポートしているからこその、料金(対価)なのだろう。

 

とにかく、他と比べたら1年間の長期学費のレベルでは異次元の学費じゃ。

 ⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

覚悟を決めて環境に飛び込むか今すぐこのページを閉じるか決断しろ!

何回も言うように、他の機関とは比べ物にならない程の料金体系にも関わらず、まだトライズの受講料が高いとボヤく奴が多い。。

 

では、自分1人で独学で実践してみたらどうじゃ?

 

そうすれば、いかに何年も時間をロスする事がわかると思うし、その辺の参考書や書店で売っているような適当な教材などを読んでも成果が出ない事が一番おぬし自身がわかるはずなので、一度試してみたらいいと思うぞ。

 


バイリンガル仙人

そこで1年経過後に、『あ~やっぱ、時間の無駄だったな~。。』と言う事が初めて分かる(笑

 

基本的に英語学習は次のプロセスで成り立っている。

目標設定したカリキュラム作成

そのカリキュラムに適材適所の教材選定

無駄な事は省いたタイムスケジュール管理

実践の進捗管理

モチベーション維持管理

 


バイリンガル仙人

これを自分1人で、しかも独学で本当にやれると思うか!?

 

やれる奴は天才じゃ。

 

天才と言うより、やれたら既にそいつは英語が喋れておると断言する(笑

 

実は、『英語学習』と一言で言っても、これらの事を一から一人でやるのは明らかに無理があるし、独学でやっている奴はこれらの事に気付かずに実践しているから何年やっても成果が出ない。。

 

まさに『負のスパイラル』にハマっている事に気付いていないわけじゃ。

 

そして一向に学習しても英語が話せるようにならないので、段々とモチベが低下していつの間にかフェードアウトしてた。。なんて事がほとんどのいい例じゃ。

 

なので、まず英語学習を長期プランで継続していくコツは、何事も楽しむようにならないと人間続けられないので、ちゃんとプロに指導してもらいどのような方向性で実践して行くのか、そして、正しいコーチングをしてくれるメンターとの関わりを持ってやって行かないと、必ず自分1人でやって行っても挫折して行くので、反面教師のような自分の目標のために全力でサポートしてくれる環境に飛び込む必要がある。

 

つまり、その反面教師(メンター)に力を借りて、任せてしまうと言う事じゃ。

 

これが成果が出る最短で最速の道なのじゃ。

 

ではなぜ、ワシがおぬしのようなヤツにトライズを推奨しておるのかと言うと、トライズはまさに専属講師がネイティブしか採用していない点がデカいからじゃ!

 

つまり、おぬしのような決断力がなく、どうしようかいつまでも悩んでいるヤツにはトライズの環境はまさに持ってコイで、1年間の長期プランで同じネイティブ講師がついてくれるので、いきなり実践中に他の講師に変わる事がないように配慮されておる。

 

同じメンターがそのまま引き継ぎで、1年間もコンサルしてくれるので背中を押してくれないと動けないヤツや、自分の意志で行動できないヤツにはまさに最高の環境だと言える。

 

ほとんどの受講機関が短期集中型で専属講師がマンツーマンでサポートしてくれても、最大で2ヶ月~3か月の機関じゃけ、そう考えたらトライズは1年間のかなり長期的な視野でサポートしてくれると言う事じゃ。

 

なので、中々行動できないヤツやモチベに敏感なヤツは長期的な仕組みの中で実践したほうが成果が出やすいとワシは考える。

 


バイリンガル仙人

どうじゃ?図星じゃろ?おぬしは中々行動できないヤツじゃろ?

 

こんな環境を用意しても、

■自信がない

■途中でモチベがダウンしそう

■時間がない

■お金がない

と、おぬしが言うのなら、覚悟を決めて環境に飛び込むか、今すぐこのページを閉じるか決めろ!

トライズのスケジュールを素直にこなして行くと学費はペイできる事を断言する!

何故、コーチング式のコンサルティングが成果が出るのかは、今までの解説でおぬしもちょっとは理解できたはずじゃ。

 

多くの英語学習機関が2ヶ月~3か月の短期プログラムを採用しているのに、トライズは1年間の長期プログラムなのか?疑問に思わんか?

 

その根拠は、特に初心者は『1000時間英語を学び初めて英語スキルが頭の中でインプットされる』つまり、1日3時間の学びで1年に合算すると、丁度1年と言う数字に導き出される。

 

これは別に、『長期的に英語を学びましょう!』と言う単純な事ではなく、この様な方程式がちゃんと根拠に元図いてプランを立ててるのがトライズのスケジュールだからじゃ。

 

具体的に見ていくと、

レベルチェック

⇒専属のネイティブコーチと、マンツーマンでセッションする現段階のレベル確認とヒアリング

 

目標設定

⇒おぬしが何故英語を身に付けたいのかを確認し、その後一切の無駄は省き、最短最速でその目標実現に向け突き進む

 

学習計画

⇒最初に設定したレベルチェックに合わせて、各教材やカリキュラムを打ち合わせし、レッスンの実行を決定。(今の生活環境に合わせフェードアウトしないように計画)

 

スピーキング(週5回:約4時間)

⇒確実に1対1のコミュニケーションが図れるように、意識しなくても無意識に英語が話せるようにフレーズから集中して学ぶ。意識して話すレベルでは思考が疲れてしまいモチベ低下の原因に。そこで日本語を無意識レベルで話すのと同じレベルで英語も無意識で話せるように初心者からこのステップに入っていく。

 

シャドーイング(週5回:約12時間)

⇒ボクシングで言う、シャドーだ。要は、環境自体を英語が話せないと人とコミュニケーションが取れないように強制的に実践するフェーズだ。つまり、外国映画などをメイン教材にして自然と英語が外の環境からスムーズに入ってくるようにするトレーニング。これをやることでただ英語を聞いて終わりではなく、実際におぬしが英語を話す事によってより思考にインプットされてすぐにアウトプットできるようになっている。

 

予習(フィードバック)

⇒これらのプログラムで学んだ事を、確実にフィードバックして行くフェーズだ。これをやる事で、今までの改善点やつまずいてる箇所はないか再確認する事ができる。今後の方向性も再確認。

 

オンライン・プライベートレッスン(週2回:約1時間)

⇒対面セッションだけではなく、オンラインからも当然専属コーチとマンツーマンセッションを行う。これによって対面での学び以外からでも自宅でカリキュラムを消化する事が可能になる。

 

グループレッスン(週1回:約1時間)

⇒メインはマンツーマンだが、その他にもグループレッスンで新たな気付きや学びを得る事が可能になる。これによって、おぬしと同じレベルのクライアントやそれ以上のクライアントと一緒に学ぶ事ができ、かなりの刺激を得られて一段とモチベアップ上昇のきっかけを得る事が可能になる。

 

フィードバックメール(毎営業日)

⇒予習の段階で、メインフィードバックは得れるが、もちろんメールでもフィードバックが得れる。専属コーチからの的確なアドバイスや適材適所に配布している学習によって、今欲しいタイミングでノウハウが得れる。

 

Versantテスト(毎月1回)

Versantとは、英会話のテスト方式の事で、これを月一で受講する。これによって、今現在進行形でのレベルやどの程度成長しているのかが再確認する事ができる。このテストは全米だけではなく世界中の超有名企業なんかが導入しているテストなのでその実績も十分だ。

これだけの事を、個人レベルの独学でやっても99%無理と断言する!

 

なので、トライズではこれらの事を1年間みっちりと責任を持ってコーチがサポートしてくれるわけじゃけ、後はその環境に飛び込むだけで1年後の結果は言うまでもない。

 

つまり、ちゃんとコツコツ地に足を付けて素直にやれば学費がペイできるなんて当たり前の事になる。

 


バイリンガル仙人

まずはここを府に落とせ!

 

■府に落としたら、今すぐトライズに駆け込め!

⇒【英会話教室なら29年】トライズなら1年で英語が身につく

トライズの料金だけで判断している奴はそもそもクソだ!

料金だけ見て、もうあきらめよう。。。なんて思ってるヤツはそもそも英語を身に付ける資格はないし、クソだと言う事を理解しておくべきじゃ!

 


バイリンガル仙人

料金だけで、英語を身に付けるかどうか判断している時点で、『お前は、受講料の安さで英語を話せるようになるか決めるのか?』と、声を大にして言いたい!

 

こう例えて見ろ。

安売りリサイクルショップで買った1000円の椅子がたった10日で壊れた。。

高級ハンドメイド家具店で買った10万円の椅子が10年壊れずに今も現役。。

おぬしなら、どっちを選ぶんじゃ?

 


バイリンガル仙人

前者を選んだのなら、今すぐこのページを閉じて現状維持で満足してろぉ!

 

当サイトはそんなヤツのサポートはできんし、そんなガチじゃないヤツは英語学習にチャレンジしても100%成果はでないのは目に見えとるからな。

 

つまり、何が言いたいのかと言うと、目的は英語学習で学び英語が話せるようになる事がゴールなのに、そもそも受講料の高い安いで判断している時点で、本来の目的を完全に見失ってると言う事。

 

結局は、おぬしが英語を1対1で話せるようになって、普段のライフスタイルでも問題なくペラペラに話せるようになったら、ぶっちゃけどんなやり方であってもOKだと言う事じゃ。

 

そのための手段として、これらのスクールがあるわけじゃけ、別におぬしが生まれ持っての天才だったら独学でやっても否定はせんし、やればいいと思う。

 

ただ、天才でなければ、ちゃんと一からプロに教わり、コツコツ真面目にトライ&エラーを繰り返して行く事がどんな世界でも最短距離でプロになれる道なのじゃ。

 

その根拠として、今まで実績を出してきたクライアントの意見や感想を見てみよう。

【会社員:34歳】本業の合間なので、正直キツイですが一度やると決めて学費を払ったのでいい意味で開き直れました(笑)
【キャビンアテンダント:29歳】最初は全くチンプンカンプンでしたが、3か月程で講師の言ってることが理解できて、今では楽しく学習できています。
【自営業:39歳】1日3時間の学習時間は、取ろうと思えば意外と簡単に取れるものだと実感できました。
【外資系企業:37歳】自分1人では絶対に挫折していました。目標達成にはやっぱりサポートがあってこそだと痛感しました。
【コーチコンサル業:41歳】卒業後の今でも、スムーズな会話が出来ています。本当に講師の方のフォローや親身になって指導してくれた結果だと思っています。本当にありがとうございました。

これらクライアントの成功体験を見れば、いかに目的を見失う事なくそれだけに一点集中して成果を出してきたのかが理解できるはずじゃ。

 

■英語を習得するのに、お金の安い高いを意識するのは金輪際やめようと決めたらトライズの無料体験セッションにチャレンジじゃ!

⇒【全額返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

まとめ

どうじゃ?

 

かなり詳細におぬしの根性をたたき直す事が出来たとワシ自身自負しておる(笑

 

英語学習を始めて、いつまで経っても成果が出ないヤツは『できない言い訳』の天才じゃけ、おぬしがガチで成功したければ、まずはその考え方を改めるところからスタートしないと中々成果に直結せん。

 

成果が出ていないヤツほど、そんな事は分かっているが、潜在意識としてこのような『できない言い訳』が先走っている。

 

なので、それを払拭してできるようになるためにはどんな行動や環境が必要なのかを、もう一度よ~く意識してみようではないか。

 

それが、おぬしの中で府に落ちれば、完全におぬしは行動できるヤツに変化し、そこから成功への道を1歩1歩突き進む事ができることはワシから断言する。

 


バイリンガル仙人

何も迷わず、何も疑う事もなく、前進していける覚悟を決めたら、1年後の自分を想像して英語で思う存分人生を楽しもう^^

 

■覚悟を決めたヤツだけこちら!

⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

■まだ気持ちが中途半端なヤツは今すぐこのページを閉じる!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.