トライズで『トライ』だ!

【トライズ+大阪料金】関西人は成果が出やすい!?キャンセル待ちもある程人気↑

投稿日:


バイリンガル仙人

どうも。バイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、トライズの大阪での料金システムや、関西人の英語学習は成果が出やすいと言うお話しをして行きたい。

 

トライズはかなり全国区に展開している英会話塾じゃが、その中でも大阪スクールでの人気や他の界隈と違ってキャンセル待ちしている店舗もあるぐらいなので、なぜ英会話スクールが業界的にも多い中、キャンセル待ちが出る程人気が高いのかについて持論を展開して行きたい思う。

 

他のエリアにはない関西独特のニュアンスや、関東と違い関西弁を多様する大阪の英語学習はかなり濃いレベルにあるので、早速ピックアップして行きたいと思う。

トライズ大阪は人気がある?料金体系や関西人はガチが多い理由↑

津々浦々日本でも、英語レクチャーには様々なお金とエネルギーが注ぎ込まれ、ちっちゃい時から英語を学ばせるバイリンガル学習などに関してのもくろみもハイレベルじゃ。

 

義務教育で英語のワークショップを増やしたり、海外の人たちのよく聞くネイティブのインストラクターが各スクールに送り込まれたり、本屋にいけば英語ガイダンスがビックリするほどあったり、ネットを介して英語のレジメが果てしなく手にできたり、駅前には当たり前のように英語スクールが溢れかえっていたりと、英語をリサーチする環境とされている部分は一定レベル以上に充実しておる。

 

ところが、リアル社会というものはえげつないもので、英語力というものに関してはかけたスパンや価格帯に確実に比例しないため、小気味の良い英語をしゃべることができる邦人が量産されるわけでは間違ってもない。

 

要するに覚えておいてほしいのはメソッドや道中にはなく、極めて重要なのは、『成果』であり、まったくもって勉強が元のところで現代社会に成果が出るヤツと、そうでないヤツがいる。

 


バイリンガル仙人

関西弁は、英語を話すのに有益って話しは知っているか?

 

要は、関西弁は発声がそもそも、異なるしよく、関西原住民は英語にフィットする、みたいなことを、仰られることが考えられる。

 

え?そうなの?そんなの初めて聞いたよ?、という人も見られる。

 

でもこれについては、英語産業では、比較的しばしば見られることである。

 

だったらなぜ、関西ネイティブは英語を話すのに、有益なのか?

 

そのポイントの中の1つに、発声の差がある。

 

英語は、喉の心底奥から発音する、概していえば喉発声じゃ。

 

おぉ~っと英語は当然として、欧州言語のほぼすべてに、いずれもいることですが、喉の奥方から、声を響かすしゃべり方で、それに比べ、日本語は口先で漏らす、概して言えば口発声じゃ。

 

日本語のみならず、アジア言葉の多くが、口発声寄りなのだ。

 

それに比べ、関西弁は、喉発声に近い滑舌方法をして、事あるごとに、関東のような標準語のヤツが、「関西人は声がデカくてノリがある」と、意図しますが、そのチャームポイントの一種に、発声の開きが出る。

 

リアルに、声の響きも大きいので、そうしてから英語を話すうえで、でかい有益になって 英語などのスピーチを行うときは関東のサラリーマンが60%以上聞きなれないのに関して、関西は49%以下に至った。

 

日本語で方言と標準語の使い分けが発生する都内で生活しているヤツ等は、実際の所、東京出身でない割合が高く、北は北海道から南は沖縄までといったヤツ等の割かし強い言葉のニュアンスがある。

 

そんなエリアから出てきてくる人にとって、標準語を仰っていることは使い分けが必要不可欠と言い切れる訳でも、言語学を話すのにインスピレーションがそっくりであるケースがある。

 

惹かれる標準語を話せる田舎の人は、言い換えるならすでにバイリンガルと変わらないので、言葉となる英語を学ぶ際にも、ステップアップのスピーディな人が多いのは事実。

 

同様に、関西人に大半じゃが、都会に出て来て長年に亘り経つにもかかわらず関西弁と標準語の使い分けが無意識レベルでできるヤツは、勝手に、人とふれあうタイミングで言葉は進化して行く。

 

周りから明確ではないにしても好かれるとか、いじられるってのも言語習得の場合は一つのでっかいアピールポイントじゃ。

 

嘘でもいいから最初のうちニンマリしておくというのは、交際関係において貴重だったりする。

 

キャッチボールの行程の中でそれを活用できないくらいじゃったら、どんなに酷くても英会話というステージにクローズアップして考案した場合、これっぽっちも役立たない。

 

欠かせないインフォメーションやレヴューを外せないシーンで出せる反射神経が肝要で、100パーセントの力でしばらくそのように言われれば認識できるというのは、解読であり『マスター』ではない。

 

耳に入れた事実をすぐにパッと飲み込むことができ、リアクションできるというのも、価値のあるスキルで、それを現実にするには何度も実施し繰り返しやってみるしかない。

 


バイリンガル仙人

なので、リフレクションに限らず体験や経験が本当に重要事項だと断定できる。

 

分かったか?

 

では、ここでトライズ大阪スクールの料金システムを見て行きたい。

一括払いのケース

30万円OFF適用価格

月額受講料:85,278円

※入会金 : 50,000円・コンサルティング費:185,000円

分割払いのケース(48回払い時)

30万円OFF適用価格

月々:30,637円~

※入会金・コンサルティング費含む

 

詳細はこうじゃ。

分割払いシュミレーション 24回払い 48回払い
受講料 1,384,100円 1,384,100円
実質年率 7.9% 7.9%
手数料金額 116,762円 234,699円
総支払額 62,500円 33,700円
2回目以降支払額 63,362円 34,899円
初回支払額 24回 48回

英語を会得するなら留学するのが一番スピーディなフィーリングがあるじゃろう?

 

少し前までは米国やオーストラリアなど英文をメインとする国々への留学が大多数だったが、近年ではライフスタイルでも英語を使う東南アジアなどのフィリピンなどへの留学も評判で人気がある。

 

料金体系に相違があるが、標準的には一通りこのような自己投資になるじゃろう。

 

■約250~300万円

 

案外と高いと感じたか?

 

しかしこの金額は基本的に教育に必要な費用であり、レッスン料金という事で、より以上に食費や渡航費などがそれ以外にプラスされる。

 

つまり、 留学中は原理・原則的にバイトはできないため、教育費や生計費などは丸々ストックしたお金で払う必要が生じるのだ。

 

英語だけの暮らしに完膚なきまでに入って習得しやすいプラスの面はあるが、休職か退社していくことが前提にあるため労働者では簡単ではない。

 

なので、これほどの自己投資をして英語学習のために留学すると比べると、いかに1年間付きっ切りで面倒を見てくれるトライズの学費が約140万と言うのは相当な破格の対価ではないか?

 


バイリンガル仙人

これで何も価値を感じないとおぬしが言うのであれば、かなりセンスがないヤツと断言する!

 

■こちらを比較検討すれば、トライズがいかに他の界隈との差があるのかがよ~く解るので見てみろ。

トライズの関西エリアは効果が出やすい↑

トライズの事前コンサルテーションでは、おぬしのキャリアや、なぜ英語をものにしようとしているのかなどをセッションして行く。

 

ほとんどの場合は、本業などで、いずれ将来的な開業を目的にしてそのタイミングで日本国内だけのマーケットのみを対応する事業ではなくグローバルレベルで海外事業して行きたい受講者が多い。

 

その他にも、急な転勤や、移住などでどうしても英語学習は欠かさないヤツとかも。

 

英語をある程度身につけた後は、スペイン語やフランス語の学びも含めて、本格的なスキルアップで自分の価値を高めようとしている動きも活発であるのじゃ。

 

英語の系統にしても仕事内容の場面だけに限定したビジネス英語だけに限らず、日常のコミュニケーションもある程度以上は実現できないと、その結果ビジネスにもハズレだろうと考える。

 

大阪人と東京人についてピックアップしたところ、『大阪人の方が東京人と対比してみて接しやすい』とある。

 

とりわけ英語では、声の大きさと身動のデカさは英語力に直結すると言われており、この2点をありのままに頭ではなく身体に覚えこませているのは英語学習にとって有益なのじゃ。

 


バイリンガル仙人

ノリの良さや、気さくなヤツっていうのは、海外の人たちにとって日本人とのダイアログのシーンがアップして、大阪人だから英語のキャッチボールにも”ノリ”と言う要素は極めて重要だと言う事。

 

こういったように大阪人に影響されることなく関西人にみられるキャッチボールの時の声や流れの特徴がスパークしている。

 

確かに、 関西人は良く話す。 東京人も無論のこと良く話すが、関西人がより一層その上を行く。 関西人は、日本語・英語問わずにガンガンに話す方が多く見受けられるようなイメージを持っているな。

 

話すステップやリズムをコントロールするのがプロ並みで、それでもって、根絶しない。 これらのも、一辺倒理に話しをズルズル維持させるのではなく、その中に短い切れ目を取り入れながら表現しているのだ。

 

東京にはバラエティーに富んだ外国人が集中するゾーンが存在し、 英会話トレーニングのチャンスは数え切れないほどある。

 

どこに住んでいようが、どんな田舎であろうが、英語習得のプラスアルファは例外なしに皆持っている。

 

自分がどんな系統かリサーチし、自分にフィットするテクニックやノウハウを学びその環境で賢明に取り組む事ができるヤツが成功者になっていくのじゃ。

関西エリアの店舗一覧

神戸三ノ宮センター

兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEast9F WeWork内 JR三ノ宮駅から徒歩7分

梅田センター

大阪府大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル14F JR大阪駅から徒歩2分

なんばセンター

大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ28F 南海なんば駅から徒歩1分

 

■分かったらとっととトライズにトライじゃ!

 ⇒【英会話教室なら29年】トライズなら1年で英語が身につく

トライズは店舗によってキャンセル待ちもある!

長期的なメニューであるからこそ、トライズではアフターケアにも丁寧にアグレッシブだ。

 

「英語は1年でスペシャリストにできる」と主張するトライズだが、その対価は他のセミナーと照らし合わせてもいい学費だと多くの受けようか悩んでいるヤツが主張する。

 


バイリンガル仙人

それであってもトライズはキャンセル待ちに比例してクライアントが連日押しかけている。 他に安い英会話塾が沢山あると言うのにも関わらず、じゃ。

今のところ、『丸の内オアゾセンター』『田町三田センター』『虎ノ門センター』が対象じゃが、その内に多くの店舗でこれらの現象が起きてくることはほぼ間違いない。

 

では 、この原因やその人気はどこにあるのかクエスチョンに思うのではないだろうか? トライズを利用する理由についてコストだけじゃなく学習のスパンやシステム自体を吟味すると、明確な解答が生み出される。

 

それは、91%の高い継続率と計画性にある。

 

トライズでは毎月80時間にも超過する普通でない習得を1年間続けますが、リアルなクライアントの習得継続率は91.7%、満足レベルも97%という烈火の如く高い数値を演出しておる。

 

トライズでは、教え子個人個人に対して、専門のコンシェルジュと現地民エキスパートが付き、チームユニットで、各クライアントがマッチする学習プラン・計画を組んで習得をアシスト。

 

同様に、トレーニングの他にも定期的に会談や、電子メールでのサポートも実践し、ビジョンが低い目標設定やゴールまでのタイミングで、伸び悩みの時節も投げ出したりしてしまわないように助けてくれる。

 


バイリンガル仙人

この辺が今現在進行形でもキャンセル待ちが出ている店舗があるほど人気を博している証拠じゃろう。

 

■タイミングによっては、今後もキャンセル待ちが出てくる店舗は続出してくる可能性が高いので、早く決断して早く実践したヤツの勝ちじゃ!急げ!

⇒【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

トライズと市販の英語教材を比較

市販の英語教材を使用するトライズでは、オリジナルのシステムで独自のカリキュラムがあるが、英語学習のコストを減退させて勉強したければ、ブックセンターでリリースされている教材を買って学習するという方法もあるがこれだけは絶対にやってはいけない。

 

何故ならば、我流だから・・・

 

この業界の口癖には『バカは我流に走る』と言う言葉がある。

 


バイリンガル仙人

まさに、その通りで、確かに独学でできるのなら、数千円から数万円程度にコストを抑制することもできる。 とは言っても、とにかく継続できない。

 

独学での実践は「時間習得が難しい」「ステップアップを自覚できない」など、毎度のことながら敗走と隣り合わせ。 正直なところ、1ヶ月以内に6割よりも高い人が英語習得を実践しない、という調査も出ている。

 

興味がそそられたときだけ実践し、忙しいときはスルーすることに・・・そうした環境の中であれば、普通の英語ガイダンスでの実践でもぶっちゃけいいと言うわけじゃ。

 

しかしながら英語を自分のものにしないといけない状態になっているときは、独学での訓練をチョイスすべきではないのはだれの目から見ても明らか。

 

今日の時点での英語力がベースになってチョイスする英語の学習メソッドはハッキリと違う。 英語スクールにお邪魔するにしても、中級者より高くであれば異なるスクールでもできるが、ビギナーであるのならトライズしか無理がある。

 

ド素人であってもスクールに足を運べるが、間隔が短いため研磨を積むことの出来ることがスポット的になる確率が高い。 トライズであれば英文が全く話せないステップからでも学習ができるし、義務教育レベルの英語力であればゼロからトライしてみることもできる。

 

つまり、おぬしの目的が共通しておかないと労力もお金も水の泡になってしまう。

 

先ほども言ったが、キャンセル待ちになるほど学習することを望んでいるクライアントが次から次へと出てくるので、かなりの人気を集めているわけであり、1年後のゴールに沿って明確な人生のビジョンを描いてるヤツが確実に成果を出して目標達成していくんじゃ。

 


バイリンガル仙人

つまり、教材や学費がいくら安くても、どれほど通いやすくても、イメージした英語力が現実のものにしなければ問題外だ。

 

英語を体得しなければクビ切りの対象となる雇用や、技能アップのために英語は必須とされる環境であったり、海外転勤がいきなり決まってしまったなどの強制力のある環境であれば、話は別じゃが、そうでなければ普通に英語の本を読んでいたり、数時間学習しただけでは全くインプットどころか、ケツに毛が生えたレベルにもなっていないので、ちゃんとガチで身につけたいと本気で思うならやはりプロのメンターから素直学ぶべきが最短距離での成功となる。

 

分かったか?

 

■分かったら、ちゃんとここから心構えから身に付けろ!

トライズの裏側を見ればいかに独学でやるのがアホらしいかがわかる

要するに、マジに志し高く英語にトライしたのに・・・どうしてだろうか?やり始めてたった1ヶ月にして既に挫折しそうだ・・・

 

まあ、こんな事思ってるヤツは無数に存在する。

 

単刀直入に言えば、トライズは「再優先で頑張れ!」系で、ガテン系の男子や行動派の女子には合っている塾だ。

 


バイリンガル仙人

しかしながら、これだけ1年間も長期的にサポートしてくれる環境があるのにも関わらず、何故か我流に走るバカが多い。

 

インターネットを通して取り扱っているよく分からない英語教材なんかも、かなりクソレベルで、インターネット上には、マイナーな英語教材が数多くひしめく。

 

換言すればこうだ。

 

赤ん坊と大人の脳のからくりは全然違うんだから、うまくいくはずがないと言う事。

 

赤ん坊はフレーズをリサーチする神の子じゃし、そういう理由で、幼いころから異国に行っている帰国子女は英文がネイティブ水準にできる。

 

しかしながら、赤ん坊の言語法を、成人にあてはめたところで、赤ん坊と成人の脳のメカニズムは違うんだから、成し遂げられるわけがない。ちょこっとプランニングすればホイホイわかることだ。

 

だが、ウェブ上には、こういう狂った英語テキストが多種多様に商取引されている。

 

ここでおぬしがミスしてこうしたテキストを買わないように、何を目的としてネットでリリースされているガイダンスがダメなのか、トータルして解説していくからちゃんと耳に入れとけよぉ!

 

謳いワードは、「頑張らなくてもいい」「少々の時間」「楽」「目新しい神がかったテクニック」というのが大半のフレーズじゃ。

 

要は、おぬしの英語力アップなんて、クソほどにも計算していない。

 


バイリンガル仙人

アマちゃんのキャッチコピーにカモにされるな!生ぬるい売り文句にカモにされるな! こう宣言する。

 

そういう類の吐き気がするような英語テキストを活用しても、正真正銘に絶対に英語は身に付かない。多かれ少なかれ、この程度のことを味わったことがあるヤツは標準的であると思うぞ。

 

トータルしてお金を送金しまったが、結局のところやらなかった、という過去もあるじゃろう。

 

だけどな、将来変なテキストを購入させられてよいのか?

 

ウェブで販売している本や参考書レベル、後は3~4千円程のテキストには、一切手を出すな!時間と金の両方を失うぞ!分かったか!?

 

■我流に走って時間とお金を無駄にしたくない場合は、トライズでさっさとやっていけ!

⇒【全額返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

トライズの学費が高いとホザいてるヤツはまだまだ甘い件

トライズは、入会金5万円+コンサルティング費用18.5万円、月額受講料86,426円必要。

 

これを受け、1年間トータルで足を運ぶと、おそらく130~140万円位じゃ。

 


バイリンガル仙人

とは言っても、ひとつの例として2ヶ月~3か月の短期集中型スクールじゃと、2ヶ月で40万~50万円程度はかかってくるので、これが12か月になると300万円以上!?という話になってくる!

 

このような事がないように、トライズでは1年間ぎゅっと英語を実践していくコースなので、他の界隈のスクールの月々の学費で対比してみると、他のスクールよりも断然リーズナブルなのじゃ。

 

トライズの料金システムが高い!とかボヤいてるヤツはここが漏れなく見えとらん。

 

英語学習にはハートがいるので、とにかくコンビプレーで頑張ってくれる専属担当コーチの存在であったり、英語の実践プランを作ってくれる英語学習のコンシェルジュが横にいた方が必ず人は頑張るんじゃ。

 

頭に入れておいてほしいことは そういった点からも、トライズのような個別コーチがつく英会話スクールの方が、無意識に道半ばにしてくじけてしまうヤツにはバッチリだと言う事。

 

『人は強制力がないとダラけて動かない』

 


バイリンガル仙人

まず、これが大前提だと理解しろ!

 

トライズはサークルとプライベートレッスンの双方あり リアルで仕事で英語を使う場合、マンツーマンで英語を話すタイミングは有限だ。

 

トライズでサークルレッスンを受けるプラスポイントとマイナスポイントは、ミーティングにせよコンサルテーションにせよスピーチにせよ、ハッキリ言ってビジネスでは、複数でコミュニケーションをすることがよくああるので、 それに伴って、サークルで英語を吹きまくるトレーニングの場としても、サークルレッスンがあった方が断然いいのじゃ。

 

実際にクライアントの本業などを見ても、

■外資系企業

■製薬会社

■金融関係

■医師

■税理士

■コンサルタントなどの士業やコーチ業

■会社経営者

■キャビンアテンダント

などなど、多種多様の職業から来るクライアントが多い。

まとめ

関西人は『思ったことはく口に出す』 これらのインプレッションがあり、生活スタイルで値切ることも一般的じゃし、ぼったくられたら、ブツブツ言うのは当然でこれに勝る性質もある。

 

その為、 瞬発的なノリや良いリアクションを使ってコンタクトをして、イメージしたことをハッキリと言うので、自己意見が揺るぎ無い。これが関西人の十八番とする事じゃ。

 

こういう部分が関東とは少し誤差が出るところ。

 


バイリンガル仙人

この位置まで関西人と関東人を比較してきたが、 ワシが言いたいのは別に無理して関西のノリに合わす必要はないと言う事。

 

ここでワシがもっとも言いたかったことは、英会話を伸ばして行きたいと考えているヤツには何が何でも心得て欲しいことで、実に英会話を上達させたいのなら何はともあれ『話そう』というスタンスを常に持っていると言う事。

 

つまり、はっきり言えば 町の中でよく見る外人などに声をかけてみるとか、外国人の旅行者がいたら話かけてみるとかの志があるヤツは必ず成功して行く。

 

英会話はコミュニケーションなので、英語を話す事はそのための手段でありニーズなのじゃ。

 

このことを絶対に忘れずに意識しながら、英語をマスターしよう。

 

分かったか?

 

■何回も言わすな!分かったらとっととトライズにトライじゃ!

⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.