トライズで『トライ』だ!

トライズ名古屋のコーチ(講師)陣の顔ぶれやアクセス方法は?新規オープンの理由↑

投稿日:


バイリンガル仙人

どうも。バイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はトライズ(TORAIZ)名古屋が2019年10月に新規オープンしたんじゃが、その狙いや今後の活動などをリサーチしていきたいと思う。

 

またトライズ名古屋のコーチ(講師)陣の顔ぶれや、どのようなメンターが指導してくれるのかもピックアップして行きたいと思う。

 

他の英会話塾と比べると、かなり広範囲で展開しているトライズじゃが、今まで名古屋エリアにトライズが無かったのが意外と言えば、意外だと思う。

 

そんな訳で、なぜこのタイミングで名古屋地区に店舗をオープンしたのかや、その真相などについて迫っていこうと思うんじゃ。

トライズ名古屋が新規オープンした?その理由は?

1年間で英語が身につくと強い信念がありそれを企業のコンセプトとして打ち出しているトライズですが、元々の事業展開をスタートさせたのは2006年の12月であり、事業立ち上げから創設まで様々な英語教育に取り組んできており近年ではオンラインなどの設備などの整えてデジタル化した教育事業を打ち出してきたわけじゃ。。

 

そんな中でも東京都内や関西圏にも多くの店舗を新規開設してきたトライズじゃが、ここに来て新たに2019年の10月に名古屋店をオープンさせた。

 

約2年間の間の中で都内と関西圏を中心に合計8箇所以上の店舗を出店してきており、その信頼性とネームバリューは業界でも話題になって知名度を上げていると同時にたった2年で10箇所近い店舗を新規オープンできる戦略はやはりこれまで数多くの受講者の実績をあげて引き上げてきた何よりの証拠じゃろう。

 

クライアントの引き上げや実績を出さないとこれだけの店舗数を開業することも難しいと思うし、ちゃんと結果にフォーカスしてきたからこそ売上も上げ、そこに投資できたんだろうと思う。

 

今回の名古屋店の新規オープンに関してもトライズ代表の三木氏のコンセプトには店舗のキレイさよりもクライアントの実績を出させる方が何よりも重要という強い理念が表しているように、それほど内装などにはこだわったインテリアを設置していなく、投資しているお金のほとんどを受講者に対して成果を出させるところにポイントを置いているところが感じて取れるじゃろう。

 


バイリンガル仙人

いわゆる店舗の高級感より中身が大事というようなトライズ独自のコンセプトを打ち出している三木氏ではあるが、その中でも完全に店舗のこだわりを排除しているのかといえば実はそうではなく、『自宅のような居心地の良さを感じる英語学習環境』を実現し確実に1年間という長期スケジュールの中で、素人でも上級者並みに英語が話せるようになる学習環境を整備しているところが何よりも憎い(笑

 

ワシが中年の頃はバブル全盛の時だったので、今ほど英語学習などメインではなかったのじゃが、現代の義務教育では2020年までに小学生レベルでも完全に英語学習を導入して日本人にとって英語というものをより身近な存在になるように、義務教育の時点から英語を身につけて将来英語を存分に生かす教育が施されているんじゃ。

 

これは既に文部科学省などからも発表されておる。

 

要は何が言いたいのかと言うと日本人はあまりにも英語を大の不得意としている人がめちゃくちゃ多いと推測されておりこれを文部科学省が疑問視して改革を進めようというわけじゃ。

 

このようなことを考えてトライズでも英語学習に関して長い時間をかけているのにその割に全く成果が上がっていないとか、2年3年英語学習に取り組んでいるのに全く外人とコミュニケーションが取れないなどの人が量産されているということで、これをどうにかして改革したいという思いで、ちゃんとした一年間のトータルバランスで考えて成果が感じてもらえるようにトライズを立ち上げたそうじゃ。

 

元々、トライズの名前の由来はトライする(挑戦する・やってみる)というところを意味し、ライズ(ゴール・目標達成)という意味が込められているんじゃ。

 

今現在名古屋店も含めて、ほぼほとんどの店舗のクライアントの年齢層や仕事関係などを見てみると、30代から50代のサラリーマンやステータスの高い仕事をやっている受講者がほとんどじゃ。

 

ただ、名古屋店なども含めると最近では20代の学生や60代から70代といった高齢者層もトライズに受講してきている傾向があり、やはり英語という分野では今後多くのビジネスパーソンの市場やプライベート感でも活用されていくことが右肩上がりで推測されていくと言って間違いないわけじゃ。

 

今まで名古屋にトライズがなかったのが不思議でしょうがないのじゃが、今後は東海地区などからも、この名古屋店に受講されるクライアントが増えていくのは間違いないだろうから、受講者が増えすぎて受講料金がアップする前にトライズに参加するか迷っているおぬしは上がらない前に参加することをオススメすんじゃ。

 

■学費が上がってから、泣き言言っても『時すでに遅し』じゃからな!

 ⇒1年英語マスタープログラム「トライズ」

トライズ名古屋の内容は他の店舗と違いはあるのか?

2016年のトライズの授業がスタートしてから、東京六本木一丁目センターの1号店オープンまで英語学習が本格的に始まったトライズの武勇伝じゃが、ここから新規店舗の立ち上げや2号店などの新規開業などを早い段階で行っていったわけじゃ。

 

2016年の7月にはすでに2号店ともなる東京新宿センターを開業させていることには驚きしかないと思う。

2016年の3月に1号店を開業してからわずか4ヶ月後の7月に、2号店をオープンさせているので、かなりの手応えがあったとここで受け止める事ができるじゃろう。

 

もともとトライズは、クライアントを集客させるためによく巷にある英会話塾や専門学校などのような、当時メインになっていた紙媒体の広告などに力を入れて営業活動を行っていったわけではなく、独自の集め方をしていたということで主にメインでクライアントを集めていたのはネットを中心とした活動だったらしい。

 

その他には、実際にトライずに受講したクライアントの口コミなどからも数多くの紹介依頼を受けていたと言われており、その辺が受講者を確実に引き上げる実績と信頼につながっていたと言わざるを得ないんではないか。

 


バイリンガル仙人

当然名古屋店を新規オープンした時も、このような内部事情で新しい受講生を迎え入れていたと思うし、トライズでは英語学習に関する悩みや実践方式などのお問い合わせも毎日数多く受け入れている優秀な英会話塾なので、このようなお悩み相談やお問い合わせを受ける人材をただ単に「営業」という呼び方で呼んでいるのではなくてトライズでは『コンシェルジュ』という風に呼んでいるそうだ。

 

トライズ名古屋店が他の店舗とどれほど異なっているのかというところに視点を置けば、同じ企業なのでそれほど遜色はないと思うが、名古屋を新規オープンで立ち上げた時に意識していたことといえば、やはり英会話授業の柱とするためには内装や学習できるスペースの確保が必須なのは言うまでもないと思うんじゃ。

 

もちろんビジネスとして英会話塾を経営している以上、クライアントの確保やそのクライアントを指導する講師陣の人材確保も当然必須になってくると思うので、名古屋店を立ち上げる時にレイアウト構造などはしっかりと計算して、クライアントがいかに気持ちよく英語学習に打ち込んで行けるかというところを、何度も何度も改善を繰り返し今のレイアウトにこぎつけたということじゃ。

 

これまでには、多くの実験と検証が行われている。

 

もともとトライズは2016年の1号店をオープンの時には、オフィスの会議室の一室だけで英会話教室を行っていたのだが、やはりこのような環境ではクライアントを十分に満足した英語学習を提供することができないと判断し、そこから大幅なレイアウトの見直しを行って今現在の広いスペースでの環境を提供できるようになったのじゃ^^ 

 

このようにトライズでは2016年の事業立ち上げ時と比べると、大幅な各店舗の見直しや実践できるスペースの確保を広く実現すると同時に、名古屋店でも実践スペースをフロア全体に広げてより受講者が居心地よく学習できるかというところだけにフォーカスしてきているのじゃ。

 

■名古屋から大阪は距離的に近いので、トライズ大阪店もどのようになっているのか一度見ておけ!

トライズ名古屋の年間スケジュールを調査!

ここでトライズ名古屋の年間スケジュールや学習プランを見ていきたいと思う。

 

基本的にはこのような構図になっておるんじゃが、名古屋店と他の店舗が違うかといえばこれといって違いはないので、トライズの基本カリキュラムをまず頭の中にインプットしておけば全店舗でも理解することはできるじゃろう。

スピーキングスキルレッスン 市販教材を使用し外国人との会話が違和感なく発揮できるか基礎を鍛える
リスニングスキルレッスン シャドーイングで「聞く」「書く」を中心に英語力全体をトレーニングし鍛える
プログレスレッスン 2週間に1回専属コーチとマンツーマンでテスト形式を行う
対面コンサルティング 25分×週2回 専属コーチとマンツーマンレッスン
グループセッション 50分×週1回 ネイティブ講師との少人数制グループレッスン
オンラインレッスン オンラインでのマンツーマンレッスン(週2回・約1時間)
スケジュール管理 基本1年間のスケジューリングは固定
フィードバック環境 基本毎日コーチコンサルタントが学習や進行状況をチェック&サポート
自宅での自習・復習 1日3時間の学習でインプットした事を復習でアウトプット

■年間スケジュールや料金プランをもっと詳しく知りたければ、こちらからじゃ。

 

名古屋店も同じように、各クライアントのライフスタイルに合わせて変更などが出来る点も トライズならではのメリットだと思うのだが、変更はできても振替はできないというところがある。

 

本業の都合などで、どうしてもその日に都合が取れないというヤツには日程の変更やスケジュールの調整などは可能なのかというところが問い合わせで多い。

 

トライズでは振替などの微調整は行なっていなく、その理由の一つとしてレッスンを教える専属コーチなどのスケジュール管理もあるため、どうしても振替などの微調整は行えないというところじゃ。

 


バイリンガル仙人

ただこの辺に関しては、コーチやコンサルジュの数が増えてくれば対応できてくる問題だと思うし、受講者の数が増えてくれば専属コーチの補充も行っていかないとバランスが取れなくなってくるので、時期早々に振替などの微調整は解決されるものと思われるんじゃな^^

 

トライズではグループレッスンなども積極的に行っており、この辺が他の巷の英会話塾やマンツーマン形式のみのスクールにはない利点だと思われる。

 

マンツーマンレッスンだけで十分だというクライアントもいれば、時には同じ志を持った受講生とのグループレッスンで自分のレベルを確かめてみたいヤツや、モチベーションを上げて実践していきたいというヤツも多く存在するので、ここがトライズならではのメリットだと感じていいと思うんじゃ。

 

トライズのクライアントの中には地方に住まれているヤツも多くいるので、その場合は遠方で店舗にまで足を運べないという理由もあり、グループレッスンから専属講師とのマンツーマンレッスンに変更することは可能なのじゃ。

 

なので、無理にグループレッスンに参加する必要もないというわけじゃ。

 

マンツーマン形式で、受講できる時間帯も朝の6時から夜の23時までと幅広く対応しているので、近距離に住まれているヤツであればそのまま店舗に通うこともできるし、遠方で通うことができなくてもオンラインレッスンからこの枠の時間帯であればいつでも受講することはできる。

 

なので、遠方に積まれているヤツだけがカリキュラムを消費できないといったデメリットは一切発生しないので、この辺もトライズの素晴らしいところではないか。

 

かといって、メリットだけではなく今のところ振替ができないなどのデメリットもあるのでまだまだ改善の余地はあると思う。

 

そして、どのようなヤツがこのトライズを受けたら一番価値として受け取ることができるというところを今からしゃべっていきたいと思う!

 

それは単刀直入にぶっちゃけて言えば、英語学習を地に足をつけて真面目にコツコツと取り組み、1年後の成果として学費に投資した分を長期的に回収したいと思っているヤツじゃ!

 

トライズはあくまでも一年間の長期的なスケジューリングを組んでいるので、ライザップイングリッシュやプログレットのような2ヶ月から3ヶ月でスキルを身につけるというような短期的な英会話塾ではないという所を、まずは腑に落とす必要があるんじゃ。

 

現在の英会話塾では、このように短期的なプランと長期的なプランを敷いているスクールがあるので自分が目標設定をした時にゴールをどの部分に置いているのかというところを、しっかりと認識してスクール選びをやって行くことがめちゃくちゃ重要なのじゃ。

 


バイリンガル仙人

個々の目標設定を、トンチンカンな考え方で適当に考えているヤツは確実に目標達成することなんて夢のまた夢じゃし、そんな奴は絶対に成果が出ないことをここで断言しよう!

 

なので、しっかりと自分が短期的な目標設定を考えているのか、長期的な目標設定を考えているのかという所をしっかりとプランニングして、決断したら成果が出るまでやり通す覚悟が必要じゃ。

 

その覚悟があるのかというところを、自分にしっかりと府に落とす必要がある。

 

ほとんどのヤツが、学費を払っただけでドロップアウトしていくヤツが大半な世界なのじゃけ、あまり甘い期待で参入しない方がおぬしの身のためだ。

 

このようなことをしっかりと認識して、長期的に地に足をつけてコツコツ学んでいきたいというヤツがトライズに向いてるヤツと断言する。

 

■しっかりと覚悟を決めてやると決めたら成果が出るまでやり通すのじゃ!(これこそが男の中の男!・女も一緒!笑)

⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

トライズ名古屋の講師陣の顔ぶれはどんなコーチがいるのか?

まずここでトライズ名古屋スクールの講師陣をピックアップしていきたいと思うんじゃが、主にネイティブ講師と言われている役割分担で担当している。

 

トライズコーチ陣にはアメリカ人が多数いるが、その中でもコースの中に入っているカリキュラム内容としてスピーキングノウハウとコミュニケーションノウハウカリキュラムに分けられて各担当が配置しておる。

 

この配置別に分けられているコーチ陣が、主に面談セッションとグループレッスンを担当してくれることになりこれからおぬしのメンターとなる人物たちじゃ。

 

1日の学習時間として、3時間の学びを確保しながら毎日の成長と成果をこの講師陣たちとともに共有しながら進んでいくことになる。

 

そうなると当然一年間の長い付き合いになるので、良好なプライベート関係を保つのは非常に重要なことであり、自分からどんどん好かれることをやっていけば、時にはえこひいきなどもしてくれる可能性があるわけじゃ笑

 

とにかく一年間の長い付き合いになるので良好な関係を築いていこう。

 


バイリンガル仙人

基本的にはおぬしがドロップアウトしないように、時には厳しく時には褒めてくれたりもして背中を押してくれる存在になるのは間違いないのじゃから、思う存分使い倒して1年後に必ず成果として現れるようにどんどんカリキュラムを消化して行け!

■Sean M

経歴:カナダやアジアでの8年間の教師経験があるベテランで、ビジネス会話・プレゼンテーション・TOEICやIELTS対策を専門としておる。

■Gerard S


経歴:テキサス大学オースティン校で経済学を専攻して、フォーマル/カジュアル問わず、ディスカッションや会話のトレーニングを専門としておる。

■Barry M

経歴:大学で経済と英語を教えるとともに、不動産事業に携わるなどビジネスにも深い造詣がある講師じゃ。

 

専門分野は、ディスカッション/英語/プレゼンテーション/交渉/ビジネスシーンでのロールプレイと多岐に渡る。

 

■成果が出るように、しっかりと使い倒して自分自身の英語脳をどんどん鍛えていけ!ただ、依存しすぎるとこうなる↓

トライズではコーチと相性が合わなければ即変えてくれるメリットが!

トライズでは、専属講師やコンサルジュの変更が可能なのじゃが、言わばおぬしと講師との相性が合わなければいつでも変えていいというところが結構な特典ということじゃな。

 

やっぱり指導してもらう講師と、相性が合わなければ1年間も続けていくことは容易なことではないことじゃし、嫌々教えてもらってても絶対に成果は出ないので、『こいつと気が合わないな』と感じたらすぐに専属講師との変更をお願いするべきじゃ。

 


バイリンガル仙人

当然人間対人間の関わりになってくるので、相性は存在するしどんなに一生懸命こちら側が気を遣っても合わない人間とは合わないので、そう感じたらすぐに変更をお願いしろ!

 

まあ~、元々いえば学費を払って自分に自己投資をしてるわけなので、講師と合わないというようなクライアントはなかなかいないと思うし、ちゃんと学ぶべき志や態度があれば自分から合わしていくというところも、成功するために大事な要因になってくるので、この辺の志もしっかり持っていくようにして行けよ。

 

確かに相性が合わないとか、気が合わないということをスタッフに言うのは申し訳ない感じもあるし、言いにくいというところもあるかもしれないが、そこは自分が成果を出すために遠慮などする必要は全くないので、おろしがクレーマーでない限りしっかりと伝えておくんじゃぞ。(笑

 

多くの受講生もこの配慮に助かったヤツも多く存在しており、今までの感想などを見ていると変更して良かったというような意見が数多くある。

 

例えば、

【32歳男性・会社員】先生を変更して早速レッスンを受けました。前の先生に比べると非常に手厚い印象を受けます。
【39歳女性・事務員】特に予習のやり方や、それに対するフィードバックもきちんと丁寧に頂けます。
【23歳男性・大学院生】何より違ったのは、レッスン後にちゃんとフィードバックをメールで返してくれるところです!
【62歳男性・会社経営者】料金が安いオンライン英会話でもあることですが、講師によっては適当に終わらせる方も多いです。例えば、「そんな事言ってないよ?」的なものもざらです。今回の先生はちょっとしたミスや複数の有無などをまとめて指摘してくださるので、大変ためになっています。
【59歳女性・主婦】レッスンの内容も具体性を持った要約と、ディスカッションを変更してもらいました。特にディスカッションでは先生から多くの質問が飛んでくるので、その時々で答えて考える作業は確実なインプットと瞬時のアウトプットになるので非常に自分が成長して行ってる感じが直に感じ取れます。

要はこのように、実際に講師を変更した奴らが言っていた感想なので、間違いはないと思うし実際に変更してよかったというところが聞き取り調査で分かったので、ちょっとでも違和感を感じたら変更を遠慮なくしておくことをここで断言しておく。


バイリンガル仙人

何回も言うが、遠慮など一切必要ないしその遠慮がおぬしの成果に悪影響を後々及ぼしていくことをしっかりと認識してくれ。

トライズ名古屋の使いやすさや料金に沿った価値はあるのか?

すでに紹介されているので知っているヤツは知っていると思うが、トライズを経営するトライオン株式会社の代表三木氏がソフトバンクの孫氏の右腕的存在だったのじゃ。

 

多くの英会話スクールの経営者にはソフトバンク出身者が多いと言われておる。

 

三木氏もまた、その中の一人じゃ。

 

元々トライズを立ち上げようとしたきっかけは、三木氏が出版している著書を読んだユーザーが非常に共感をして感動したところからスタートしたと言われておるんじゃが、その著書に書かれていたことこそが英語に関することだったということ。

 

で、その方法で『私に英語を教えてくれないか?』ということを三木氏にメールで送ったところ、英会話塾の立ち上げを決意したきっかけになったそうじゃ。

 

なので、あくまでも英語をガチで身につけてその英語で将来自分の夢を実現したり、ビジネスライフで活かし自分の価値をあげたいという本気度の高いヤツだけを、自分の立ち上げた英会話塾で実現してほしいと言う想いで、人の役に立つ環境を三木氏は想定していたのである。

 

そんな中でも、三木氏自身が孫氏の秘書として活躍していた時に、海外に出張などでよく出向く機会があり、その時に自分自身が英語が全く喋れない体験をしたそうで、それを克服するためにも英語を身につける必要性があると確信した彼は、日本に同じような悩みや問題を抱えている人間も多くいると確信し、このような事業を展開したそうじゃ。

 

英語学習に定評のある TOEIC のスキルなどでは900点以上を実現するために、トライズでは TOEIC 専門のカリキュラムコースなども設定しておる。

 

このコースに関しては2ヶ月の短期スケジュールで900点以上を実現する。

 

TOEICに興味があるヤツは、非常に2ヶ月という短期間でスキルアップが図れるカリキュラムコースになっているので、かなりの価値を感じていいと思うし、それに自己投資する学費なども考慮すればスキルを習得してから確実に元が取れる将来設計になっていると思う。

 


バイリンガル仙人

この辺に英語学習や 、TOEICの能力を上げることに関して価値を見い出せないヤツは英語学習など取り組んでも成果は出ないのは明らかなので、ここで諦めるよう断言する!

 

もちろんトライズでも、自分に自己投資をして100万円以上の学費を払い実践するスクールなのでそれなりに決断して取り組むマインドセットが必要じゃし、成果が出るまでの再現性をスクール側に求めるのは当然の成り行きじゃ。

 

なので、あまりスクール側に依存するのも良くないが、最低限自分に自己投資をして決断して受講しているわけなので、ある程度のサポートをしっかりと受けて講師たちを使い倒すマインドセットも必要だ。

 

自己投資をした文の価値を受け取るように、徹底的にサポートを求めるのは当たり前だと言える。

 

じゃが、ここでしっかりと意識して欲しいのは成果が出る出ないの全ては、おぬしの行動次第ということじゃ。

 

トライズのTOEICスキルアップコースに関して言えば

■0~545点⇒200点アップ保障

■550~645点⇒150点アップ保障

■650~745点⇒100点アップ保障

■750~845点⇒50点アップ保障

最低でもこれだけの引き上げを自分の行動次第で得ることができるので、最短2ヶ月の間で745点以上に到達しなかったケースでもトライズの特典として受講期間を1か月間無料で延長し、サポートを受けることができるので何としても最低限の数値目標まで引き上げる環境は整っているわけじゃ。

 

この一か月間の無料延長サポートを受ける条件としては、

■コース終了時に受講した TOEIC のスコアを必ず提出する

■一週間で累計20時間以上の学習をクリアしている

■受講した TOEIC のスコアは2年以内のものである


バイリンガル仙人

この条件をクリアすれば、一か月の延長サポートを無条件で受けることができるので、この辺はライザップやプログレットにもない特定になってくるので、これでスコアが上がらなければ今すぐ英語学習は諦めろ!

 

今回は、わかりやすい例として TOEIC をピックアップしてきたが、これは英語学習でも全く同じ事が言えるんじゃ。

 

 トライズの価値をどこで感じるのかは人それぞれじゃが、1年間という長期プランにも関わらずそれでも成果が出ないということであれば、それは単純に本人の行動力の問題でありどんな人間でも初心者から1年間という期間でガチで取り組めば、最低基準以上のスキルは身に付けられると思うし、その成果が出ないのであれば『何もやっていない』ということに値することじゃろう。

 

100万円以上もするトライズの学費以上の価値を感じれるかそうでないかは、結局1年間やってからの結果になってくるし、確実に1年後に成果として見返りを求めるのであれば、長期的な考え方を持って実践すること以外ないということをここで認識しておけよ!

トライズ名古屋の行き方(アクセス)や店舗の中は?

トライズ名古屋のアクセス方法は、駅前ということで非常に便利な立地条件になっている。

 

東海地方や愛知県に住んでいるヤツはもちろんじゃが、近隣の県外からも十分に通える距離だということで名古屋駅からメインで考えればその辺も十分に通える場所にあるということじゃ。

新規オープン日 2019年10月9日(水)
住所 愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビル9階 リージャス内
アクセス 地下鉄東山線・桜通線『名古屋』駅5番出口徒歩1分、JR『名古屋』駅桜通口徒歩2分
受付時間 火~金13:00~20:00・土曜10:00~17:30

駅チカなので、電車で通学となれば問題ないじゃろうが、車での通学や近くに駐車場はあるのかをこちらで詳しく解説しておるぞぉ^^

 

名古屋店の中の状況や内装などは、代表の三木氏が店舗の高級感ではなくクライアントの成果が大事というふうに、日頃からコンセプトを打ち上げているようにそれほど内装に関しては高級感を追求していないところが見て取れる。

 


バイリンガル仙人

確かに英会話塾に通うクライアントに関して言えば、別に店舗の高級感など求めていないと思うし1番大事なところはしっかりと学習して成果が出るかというところに視点を置かなければいけない。

 

なので、内装に関して言えばそれほどこだわりはないというところが見て取れるじゃろう。

 

ただ、なんでもかんでもいいということではなく、清潔感は最低限保っておきたいというところがあると思うので、内装の素材に関しては天然素材を使って壁などをデザインしたり英語学習にストレスを与えないような画が設置されている。

 

名古屋店ではこのような内装のデザインになっているが、横浜みなとみらい店では横浜という港町をイメージし、その風景や船と海を想定したデザインの画が設置されている。

 

名古屋店においても基本のベースは4名から6名ぐらいのグループレッスンを実践できる教室のスペースと、専属の講師とのマンツーマンセッションを実践するための小さな部屋のスペースなどが各自振り分けられておるんじゃ。

 

どちらにしてもクライアントにしてみれば、狭くてぎゅうぎゅうづめで英語学習を行わなければいけないという環境ではなく、余裕を持った部屋でストレスなく学習を行えるように内装は作られておる。

 

清潔感はしっかりと維持しながら、『高級感より中身が大切』と言うトライズの理念をしっかりと打ち出した店舗の内装になっているし、自宅のようにリラックスしながら英語を学習できる環境をしっかりと用意しているので、ここで1年間たっぷりと学習を行えるのは相当羨ましい環境ではないか?

 

■この価値をしっかりと認識できるヤツだけトライズにチャレンジすることじゃ! そうでなければ今すぐこのページを閉じて現状維持の生活に戻れ!

⇒【楽ではないから成果が出る】1年英語マスタープログラム「トライズ」

おぬしがトライズにチャレンジする明確な理由


バイリンガル仙人

もし、今現在の現状でおぬしが英語に対して苦手意識を持っているなら、それはどんな英会話塾やスクールに通っても壁にぶち当たるのは当たり前ということを認識しておいた方がいい。

 

英語がある程度身について、スキルが高まっていった過程においては『 自分はもうできる』と思い込んでしまう場合が多々ある。

 

本当に自分が英語に関して、苦手と思っているのであれば『自分はまだまだだ』と言うふうな思考で実践していくことが成功体験を一つ一つ積み重ねていくことに直結する。

 

仮に外国人とのセッションで、英会話のコミュニケーションを交わしている時に相手に自分の意思が伝わらなかったとしても、まだスキルを学んでいる途中過程なのだからしっかりと意思のそつうができなくても当たり前という風な気持ちでやっていくことが重要なのじゃ。

 

もしもおぬしが、どこか他のスクールで英語を学んでるにも関わらず、一向に成果が出ないとか、一人で独学でやって不安なのであれば専属の講師陣やコンサルジュとマンツーマンセッションで二人三脚で実践できるトライズを一度チャレンジしてほしいと思う。

 

現在の国内では英語学習においての参考書や書籍などが一般の書店などでも多く売られて販売されているが、ほとんどこれらの参考書などで英語が身につくと勘違いしておればそれはとんでもない間違いだということをここで断言しておこう。

 

普通に考えてもらったらわかる話じゃが、市販で売ってるような数千円の参考書で英語が話せるようになってマスターできるのであれば、この世の中にトライズやライザップイングリッシュのような学費を払ってわざわざ参加する必要などないということが理解できるはずじゃ。

 

なぜ何十万や何百万する英会話塾に自己投資をするのかというところに価値を見出さないと、なかなか一般的な考え方では学習など何十年やっても成果が出ない。

 


バイリンガル仙人

ここで、ワシの言ってることで終止符を打たないと本当にヤバいヤツになってしまうぞ!

 

つまり、『もういい加減目を覚まそうではないか!』と言うことじゃ!

 

確かにどの学習方法やカリキュラムが自分にとって性に合っているのかということは、体験してみないと分からないことじゃし、それを体験なしで見極めるということは非常に困難で気持ちはわかる。

 

なので、まずは自分が短期的な目標設定を掲げているのか、長期的な目標設定を掲げているのかというところをしっかりと判断し、その上でスキルやノウハウを学ぶ英会話スクールというものが存在するわけじゃ。

 

今の実力レベルをメインで考えた時に、おぬしが初心者であれば1年間と言うたっぷりの時間を要して余裕を持って学習して欲しいと思うので、一度トライズの門をたたいても時間を無駄にすることはないとここで断言しておく。

 

■ここでしっかりと1年後の自分の姿を思い浮かべて1年後に笑顔になっているか、それともこのままブラブラして何の変哲もない人生で終わるのかここで決断しろ!

⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.