トライズで『トライ』だ!

トライズで休会やキャンセル可能か?転勤や病気で実践できない場合↓

投稿日:


バイリンガル仙人

どうも。バイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は英語学習でおなじみのトライズ(TORAIZ)で休会や、キャンセル等の途中解約などはできるのか?について見解して行きたいとおもう。

 

トライズは短期学習ではなく、1年間の長期スケジュールですすめていく塾なので、途中で何かしら病気にかかったり急な転勤などで実践ができなくなった場合に1年間の契約は解約できるのかを疑問に思っているヤツも少なくない。

 

そこで今回は、そんな疑問にお答えしてトライズのシステムは1年間を経過しなくても途中で解約はできるのか?

 

はたまた、途中でどうしても実践できないようになった時の対処法などをピックアップして行きたいと思うんじゃ。

トライズでは一時休会はできるのか?

結論から言うと、トライズは休会してもオッケーというシステムになっているので、実践中にどうしても学習ができない場合はこのシステムを使えば問題ないじゃろう。

 

しかしながら一つだけ条件がある。

 

それは2ヶ月間のみの休会措置ということで、それ以上になると例外になるので ここだけ押さえておいた方がいいじゃろう。

 

仮に2ヶ月間をオーバーしてしまうと解約扱いになるので、学費の差額分は戻ってこないので気をつけるべしじゃな。(1ヶ月間であれば返金対象になる)

 


バイリンガル仙人

まあ~、このへんはトライズの規定がコロコロ変わるので、その時々のタイミングで確認は必要じゃ(笑

 

1年間という長いプランを敷いているトライズなので、実践中に何が起こるかわからないしヘタをすれば急に転勤や店舗に通えないことも出てくれば、色々な面で面倒なことになってくるので早い目に相談しておくことをおすすめする。

 

トータルして2ヶ月間の猶予が与えられるので、その期間内であれば休会措置をとってくれるが3ヶ月目以降からはシステム上 例外になってしまうので、3ヶ月目以降からの計画は早め早めに立てておくことが学費の無駄に繋がらないと思うので、ここだけ意識して行動しておけ!

 

仮におぬしが、2ヶ月間の休暇措置をとった場合の例じゃが、トライズは1年間のカリキュラム方式なので2ヶ月間休会しておれば、残り10ヶ月となることをイメージすると思うが実はそうではない。

 

さすがにこれでは休会したクライアントに対して酷なので、とりあえずはその休んだ2ヶ月分を考慮してくれておる。

 

つまりどういう事かと言うと、2ヶ月間休会すればカリキュラムの終了はトータルして1年と2ヶ月、つまり14ヶ月間のカリキュラムをちゃんと終了できるようにシステムを整えてくれておるんじゃ。

 

2ヶ月間実践していなかった分を、一年間のカリキュラムで埋め合わせをしてくれているということじゃ。

 


バイリンガル仙人

ありがたい話じゃのぉ~^^

 

ただ、学費に関しては連チャンで3ヶ月目以降から休会措置を取ることはできないので、自然に解約の流れに行ってしまう。

 

休会や、退会措置を取るクライアントの多くは、本業で遠方に転勤になったり、勤めていた会社の労働状態が安定せず不規則になったりと色んな要因が考えられる。

 

海外転勤などになった場合は、とてもじゃないが店舗に通うことはできないので、実践可能な方法とすればオンライン学習しかないじゃろう。

 

オンラインであれば、 PC一台さえあれば世界中どこでもネット環境が繋がるので最悪の場合この学習方法しかなかろう。

 

トライズで休会や退会をする時に、手数料や違約金なども発生するのかというところも非常に興味関心があるところじゃが 、実際のところどうなのか次の解説で見ていこうとしよう。

トライズは途中解約はできるのか?違約金や返金手数料は?

では実際にトライズのプランを途中で解約したり、退会した時には違約金やそれにまつわる手数料などは発生するのかというところをピックアップしていきたいと思う。

 

既にご存知かと思うが、とりあえず新規契約から1ヶ月以内であれば全額返金保証制度が適用されるのでこの期間内にトライズが合わないなと感じれば学費のすべてを返金してくれる。

 

しかしこれには、一か月以内の条件がありそれを過ぎればこの制度は利用できない。

 

それプラス、ここまで意識しているクライアントはあまりいないと思うのでここだけ詳細に伝えておきたいことは、全額返金保証制度は確かに存在するんじゃが、一か月以内の退会及び解約の場合は入会金の5万円だけは戻ってこない。

 

知っていたか?

 

この入会金以外であれば、一か月以内で全額返金してもらえるが、どうしても一度入会した5万円のお金だけは解約時にでも戻ってこないので、ここだけの差額文はよく理解しておいた方がいいじゃろう。

 


バイリンガル仙人

それでも1ヶ月間、たった5万円の費用だけで、コンサルを受けれたと思えれば激安だと思わんか!

 

それかもうひとつのプランがある。

 

入会金の5万円が戻ってこないプランか、一年間のプランの中で解約する残りの期間の学費に対して20%かのプランかじゃ。

 

この二通りに対して安い方を選択するということじゃ。

 

つまりどういう事かと言うと、おぬしが6ヶ月間だけ実践して解約した場合、残り6ヶ月間の期間があるわけじゃが、 その6ヶ月間の差額の金額から20%が 解約違約金の手数料となるわけじゃ。

 


バイリンガル仙人

簡単な方程式をここで説明しておく。

トライズの年間の学費は約120万円から130万円程なので、一か月単位で計算すると約10万円ほどになる。

 

なので、6ヶ月間で計算すると約60万円という数字が出てくる。

 

⇒一年間のプランの中で解約する残りの期間の学費に対して20%

60万円✕20%ということで、 12万円という数字が出てくる。

 

先ほどの入会金5万円と、こちらの12万円の安い方が解約手数料になるので、この場合だと入会金の5万円が解約した時の違約金となる。

トライズはキャンセル可能なのか?

結論からぶっちゃけて言うとトライズのカリキュラムで変更等のキャンセルはできないのが基本のベースとなっている。

 

要は、すでに決まっているレッスンや担当講師のスケジューリングは、その時に固定された時間のみに開始されるのでこれをクライアント側の都合だけでキャンセルや変更はできないということじゃ。

 


バイリンガル仙人

まあ~当たり前といえば当たり前のことじゃが、この辺もしっかりと認識しておく必要がある。

 

つまり、事前に予約していたレッスンに参加したかったのだが、どうしても本業で都合が合わなくなったり、ライフスタイルの関係などで時間をずらして変更したいなどのキャンセルも基本的にはやっていないので、しっかりと時間管理をして実践していくことが英語習得の成功への道と言えるじゃろう。

 

ただ例外として、グループレッスンでの時間帯変更や、対面セッションやオンラインでのカリキュラム を事前に申し出ておくことは可能で、早め早めの対応であれば多少の変更は可能なのでそのタイミングによって相談すればいいじゃろう。

 


バイリンガル仙人

一番ダメなのは、ドタキャンみたいな『今日出席できなくなったので変更は可能ですか!?』みたいなのがアウトだということじゃ。

 

認識しておかなければいけないことは、基本のベースとしてトライズのスクールはキャンセル等は行なっていないということなので、変更を申し出たら簡単にできるという風な考え方ではいつまでたっても英語はマスターできないということを理解しておこう。

 

もちろんおぬし側の都合で、レッスンをドタキャンしたり欠席したりすると、その分の例外処置は基本的にとっていないので、休めば休むほどおぬしの英語スキル習得には遠のくということじゃ。

 

この辺もしっかりと強制力を働かせて、行動できる自分になれるように環境の構築から強い意識を持って英語学習に取り組めるようにと、トライズが打ち出しているコンセプトだと言える。

 

初心者からすれば結構気が利かない環境だと思いがちじゃが、これもおぬしが確実に英語を身に付けられるように、 あえて気が利かない環境を提供しているトライズの優しさだと思え!

 

他の某英会話塾などと比較検討してみたら分かることじゃが、講師やスタッフの対応が大柄で最終的なサポートも十分にしてくれない塾や、体験セッションに行っただけで無理な押し売りなどをされる塾もある。

 

後はテキストや、教材の質が薄っぺらくそのぶん高い学費を払わなければいけないとか結構業界でもあまりよろしくない噂が立っている塾も多ぶっちゃけて多い。

 

トライズではしっかりと1年間サポートも約束してくれるし、なによりあえて厳しい環境に身を置いて、自立した人間に成長していける。

 

英語をマスターすると言うゴールに向かって、無駄なことを一切考えることなく一直線で突き進むことができる。

 

こう考えると、トライズは業界のなかでもかなり優秀な英会話スクールだと断言できるのじゃ。

 


バイリンガル仙人

おぬしが1年後に違う自分に生まれ変わって、英語を思う存分使い倒しているイメージを頭の中で想像してみろ!

 

■想像できれば、何も迷うことなく1年後にそれらが実現できてるはずじゃ!

⇒1年英語マスタープログラム「トライズ」

結論から言うと実践できなくなる前にちゃんとトライズに相談しとけ!

まあ、これに関しては事前予約やキャンセルのことになるので、特に英会話塾のような個別でレッスンが組み込まれているスケジュールや、グループレッスンなどによってその時の日にちや時間などが組み込まれているケースが多いのでトライズも例外ではないのじゃ。

 

オンライン学習などは基本的に、本業などで忙しい隙間時間などを活用して行うレッスン方式になるので、出来る限り本業のスケジュールに合わせてケースバイケースにレッスンを行うことが多いんじゃな。

 


バイリンガル仙人

トライズでも事前予約やキャンセル等はオンラインに限り柔軟に対応している。

 

ただ、一般的に予約のキャンセル等はレッスンのスタート30分前や最低でも15分前ぐらいまでに行わなければいけないと設定している塾が多く、突然のドタキャンなどは論外なのじゃ。

 

対面セッションやグループセッションの場合は、どうしても本業のスケジュールや家の事などで事前に予定が組めないヤツなどは、無理やりレッスンの日付や時間帯を埋め込むのではなく余裕をもった対応が必須になってくるじゃろう。

 

オンラインレッスンの場合のみに限り、自分の思いだった時間帯でレッスンを受講できるのが大きなメリットだと言えるので、この辺の区別などはしっかりとつけて実戦に挑むようにしておけよ^^

 

今の時代に英語学習を身につけようと考えている受講生たちは、ある一定の将来のことを考えて海外で仕事をすることや、外国人を相手にした仕事をすることを想定している人たちが大半なのじゃ。

 

なので、結婚して夫婦共々海外赴任をする場合などは、しっかりとどちらかが英語を身につけておく必要があるのじゃ。

 

仕事のする旦那だけが英語を話せたら問題ないわけではなく、海外に移住したり赴任が決まれば日常生活に困らない最低限の英語スキルは嫁さんにも求められるということじゃ。

 

なぜ嫁さんにも英語スキルが必要なのかと言うと、日本以外の外国に住むことになった場合は自分が言葉の壁を最低限超えておかなければ、全て旦那に依存した生活パターンになってしまうということじゃ。

 

こうなった場合、ありとあらゆる行動パターンを旦那とともに行動しなければいけなくなり 、すべてが旦那頼りになってしまうライフスタイルになるのでこれではかなりリスキーだと言える。

 

なので、日常的に外国人と違和感なくコミュニケーションがかわせるぐらいの英語力を身につけておくことは海外で活動するには必要最低限のことになる。

 


バイリンガル仙人

なので、しっかりと日常会話ができるぐらいのコミュニケーション力を身につけておくことが嫁さん側にも求められている時代なのじゃ。

 

英語のニーズは年々高まってきており、20世紀に入ってからは急激にそのニーズが急増しておる

出典https://minkabu.jp/

現在トライズでも、年間の授業料は120万円をも超えるのに、店舗によってはキャンセル待ちが出るほどの人気塾になっている。

 

つまり英語のニーズがいかに凄まじいものになっているのかが、ここでしっかりと理解できるわけじゃ。

 

■おぬしも英語を身につけて、豊かなライフスタイルを想像しているのであればその価値は十分にあるので、ニーズがピークに来ている時にしっかりと身につけて将来の財産として築いていこう!

⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.