トライズで『トライ』だ!

【トライズ+半年コース↓】継続力や効果は1年コースがダントツ↑その根拠はコレ!

更新日:


バイリンガル仙人

どうも。バイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、トライズの半年コースと1年コースの違いや、効果があるのはどちらか?継続力を維持して成果を出すにはどちらのコースを選択したらいいのかについて解説を加えて行きたい。

 

トライズのコース別にはどのような特徴や、受講者に対していかに英語をマスターするために根拠となるシステムが組み込まれているのかを詳しく説明して行くんじゃが、そもそもトライズではよく定期的に料金体系を変更する事があるので、受講者に対して最もコスパや費用対効果が高いコースでチャレンジする事が結果的に成果として直結するものだとワシは思っている。

 

その中でも、トライズのノウハウは他の英会話スクールにはない独自の発想から来る学習計画や方法で、トータル的に1年間と言う長い期間を準備して万全の状態で英語力を鍛える環境が構築されているので、今回はコースの裏側に迫っていきたいと思う。

トライズの半年コースってなんぞや?

トライズでは、1年で英語の世界に住める次元までコミュニケーション力をアップしてくれる英語コーチング塾じゃ。

 

1年コースが主流となるが、半年コースも見受けられる。

 

1年経験するか、半年の学習にしようかコストの面でもすぐに出せる価格じゃないだけに困惑する気持ちは分からんでもない。

 


バイリンガル仙人

じゃが、それを回避するために、半年コースの必須コストや価値、学習ヒストリーやフォロー体制についておぬしのヒアリングを解決できるように納得いくまでウォッチしたので、たたき台にして決断しろ!

 

トライズのシステムは信用できるヒストリーにある。

 

なので次にあげる点から見ていってくれ。

6ヶ月間 12か月間
カリキュラム 自宅学習:予習復習 自宅学習:予習復習
コンサル 毎回事前打ち合わせ 毎回事前打ち合わせ
対面セッション 12回 24回
オンライン学習 48回 96回
グループレッスン 24回 48回

コンサルタントのメンターは我々日本人と同じじゃ。

 

意味深なメンターに対しての略歴じゃが、マジで堪能。

 

外国に留学して、ストレートで現場で働いてた人や、超有名キャビンアテンダントとして国内線国際線問わず数年活動してた人など。

 

その他にも、貿易関係の仕事で海外に行き、ユーザーとコミュニケーションを取っていた人など、仕事としながらイングリッシュを勉強してきてマスターしてきた軍団じゃ。

 

一口に言うと、英語学習にエネルギーとアレンジを加えながら、英語を自分のものにしてストックをキープしてきた精鋭部隊と言っても過言ではない。

 

現在に至るまでの英語のキャリアを、誰かのフォローアップの為に活用しフィードバックできることが快感として、トライズで講師をやっている。

 

苦悩して英語を身に付けてきたケースがあるからこそ、クライアントの実習のつまづきや、改善点、コンプレックスになっている精神性をくみ取って友好的にサポートや助言をしてくれる環境じゃ。

 

学習に対して経験がないとか、その事例がない受講者が心配する必要は一切ないと言う事じゃ。

 

トライズの総合力はTOEIC800点以上は当たり前のレベルまで導く。

 


バイリンガル仙人

コンサルタントのサポートやバックアップ体制は日々のメールでフィードバックしてくれるから安心しろ。

 

このスクールの特徴としては、英語そのものを教育して教えてくれるのではなく、実習のケアをしながらメンターと二人三脚で進めて行く事を前提としてるので、 1年後のゴールを一緒にディスカッションし、開始したら英語力を見ながら育成計画を立てて日取りを徹底マネジメントしてくことになり、1年後英語が話せていないとか、有り得ない状態になっているからまあ安心しろ。

 

実習プランニングは、おぬしの今の仕事の日取りや、通勤に掛かる時間、すき間時間は実際どんだけあるのかを測定しコンサルテーションしていき、つまずいた事はそれに特化した方法で毎日支援して貰うことができるので、間違っても一人でやってコンプレックスになるようなバカな真似はやめろ(笑

 

そして、メンターとのノウハウの受け方は2通りあるので決めるんじゃ。

週1回のグループレッスン(50分)週2回のSkypeプライベートレッスン(25分)
週3回のSkypeプライベートレッスン(25分)とグループレッスン(週1回:約50分)

これは自由に好きな方を選べるので決めろ。

 

直接的なコンベンションに近い形態で、他の誰かと英語でネゴシエーションをするので、実戦的な英語力を付加することができる。

 

コンサルの学習プロジェクトでホームワークの時間もしっかりと所有して、レッスンで多くのアウトプットが望めるようトライしトレーニングする。

 

同様に同じ目当てを持ったベストフレンドと一緒に学ぶので、ビジョンがアップするし、勇気付け合える環境でトレーニングができる。

 

また店舗に行くことが必要不可欠である、グループレッスンとは異なって自分の日常スタイルに合わせたスパンでの応用がOK。

 


バイリンガル仙人

もし、おぬしが半年コースでも自分を追い込んで実践可能なら迷うことなく今すぐトライズに飛び込め!

 

■今なら、超お得な割引キャンペーンや商品券もゲットできるぞ!(キャンペーン終わってたら覚悟を決めろ!)

⇒学費から50,000円分割引をゲット!
⇒Amazonギフト券50,000円分がゲット!

⇒【全額返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

トライズの半年コースと1年コースの違いは?

トライズが1年間の育成をノミネートする理由は日本人がイングリッシュという一線を画した言葉をゲットする場合に少なくとも外せない時間は何と2200時間である。

 

標準的に考えると『義務教育』終了の時にすでに1200時間の教育は完了しているとされ、のちが1000時間のなるので、このクリア出来ていない時間の穴埋めと言う事じゃ。

 

ここで重要なのは、タスクじゃが、普段のオーソドックスな日々の生活やメインの仕事の中でこの 1000時間をどう作り出すかがキーになる。

 

トライズでは、この1000時間の育成を1年という期間でキャッチして、1日あたり3時間の訓練を継続することを目標にしている。

 


バイリンガル仙人

1日に3時間ってのも、個人によりかなり実現性の低いクオリティかもしれんが、トライズでは断然実現性の高いトップの学習メニューを受講生に配布して、それらの他にも個別でコーディネーターによるサポートシステムにスキのないので1000時間学習のクリアが相当の確率で実現できるんじゃ。

 

半年コースで学習したとしても効果はあるの?って思うかもしれんが、実際にリアルでトライズでは半年コースもセレクトでき、多くのクライアントが実績を出しておる。

 

トライズで半年の間、英語訓練をした場合、要約してはドシドシ成果は出ており、 しかしながら、注意することはおぬしのゴールや目的を見失うなうなと言う事。

 

英語はスピーキング力やリスニング力などあっちこっちのファクターが絡まって総体的な英語力となるため、 これに関する意味合いで、基本にあるのは半年の間で体験する事はスキル力のアップは堪能できるものの、思うままにしゃべることができるようなスピーキング力をゲットするには至らないというプロセスがトライズで半年ほどキャッチしたモデルじゃ。

 

トライズでの半年間はステップアップ期間と捉えて、学習がスタートした3か月~6ヶ月間、又は、1年後の勉強をチャレンジした時のキャパの成長度合いがこれ。

 

受講がスタートしてからの数か月~半年、スコアが並みに押し上げる受講生が多くある。

 

つまりスタートから、6ヶ月の内が一番モチベが上がり、そこから以降になってくると『落ち込み状態』の時期がある。

この停滞期間は減量と同じように英語獲得のケースでもハードルとして居据わる。

 

つまり、 1年の長期的なスパンで英語学習のケースでは、開始後半年を過ぎたあたりから、 もっと言うなら9か月ごろから停滞期にぶち当たる傾向が強い。

 

こういった風に365日の英語学習の習得ローテーションに注目すると、本当の力の停滞期が例外なくあるようで、ここをどうクリアするかが1年後のおぬしの未来が決まる。

トライズでの半年間の勉強方法とは?

結論から言うと、半年でどの程度スキルアップが望めるかと言うところじゃが、

シャドーイングスキル向上

スピーキングスキル向上

グループレッスン

オンラインレッスン

実践状況確認

Versantテストトライ

主に半年間で、これらのスキルアップと環境が整ってある。

 

トライズの学習方法は主に二通りで、『コーチレッスン』と『自主レッスン』じゃ。

コーチレッスン

各カリキュラムやノウハウ配布時に、オンライン又は対面で日本人講師が伝授。

 

シャドーイングスキル

一般的にシャドーとはボクシングでも例えられている事で、聴いた言葉や単語をそのままリピートして話すトレーニング方法。

 

スピーキングスキル

簡単に言えばスピーキングとは、台本無しでもスラスラ相手に対して話せるようになるスキル。

 

グループレッスン

専属コーチとのマンツーマンレッスンもいいが、時には同じ志を目指す仲間と切磋琢磨しあいながらの学習で、刺激を受けながらモチベもアップして突き進む事ができる。

 

オンラインレッスン

自宅でも学習可能になるように、どんどん隙間時間を使って効率よくスキルを高めて行く。もちろん解らない箇所や疑問に思った事は即質問できる。

 

プログレスチェック(実践状況確認)

クライアントの進歩確認や今現状のレベルの確認を行う事で現在進行形で迷うことなくゴールに向けて突き進む事ができる。

 

Versantテストトライ

どこの箇所に問題や改善点があるのかだけではなく、スキルアップに必要な英文解読力や文法力が現在どのレベルに達しているのかを分析する絶好のテスト。

 

半年コースのメインには、これらの学習が基本ベースとなる。

 


バイリンガル仙人

これらを独学でできるか?(できるヤツは天才じゃ。。)

 

まずは、挫折しないマインドセットを鍛えろ!

ぶっちゃけトライズの半年コースだと継続しない?

元を正せば、継続しようと見做すからキープできないのだ。

 


バイリンガル仙人

『継続は力なり』というワードが存在するが、出来事を成すには、続けることがダントツに重要だと言う事はもうおぬしも理解できてると思うが、SNSなどを閲覧しても英語がしゃべることができるようになった人の多くは、キッチリと創造してきた人やセーフティーでトライを続けている人が当たり前じゃ。

 

正直なところ、タスクを決めて計画通りにキッチリ続けられる人って、そういったテクノロジーの保持者である。

 

つまり、 積み重ねることが規則って思い込んでしまうと、続けることができない。

 

自分を責めてしまったり、あらゆることを始める時に三日坊主にならないかどうか重視でしまいがちじゃ。

 

今まで英語学習が続かなかった人は、なにより継続することへのスピリットは想定しなくてOK。

 

なぜかと言うと、 『継続しないといけない⇒やらないといけない』 これが原因。

 

責任感だけであらゆることを半永久的にキープできるのは、父母やインストラクターがフォローしてくれる教え子だけでって、マネジメントがない社会人が仕事以外で強制的に「しないといけない」と考えていることをキッチリ続けるのは実現性が薄いのだ。

 

こういった様に、継続というのはちょっとした数値であって、そのものずばりにそれほどメリットを求めなくても何かを続けることは実現できる。

 


バイリンガル仙人

「しないといけない」と言うフィーリングで、力ずくで続けようとしても毎回撤退しているなら、継続することを目論んだ設定はやめろ。

 

続けることを心掛けるよりも、動作し続けることを目標にしろ。

 

『やってて楽しい』と思える環境に駆け込み、英語を使わないと人と会話すらできない境遇にすると、勝手に毎日英語に留意するもじゃ。

 

わかったか?

■わかったら、とっととトライズに鍛えて貰ってこい!

⇒【楽ではないから成果が出る】1年英語マスタープログラム「トライズ」

トライズで成功するヤツの行動パターンをしれ!


バイリンガル仙人

『もう英語から抜け出せない…』この環境に身をおけるヤツは間違いなく成功する。

 

仕事で収入を上げるためにトライしようと決意し、そこから英語を学ぶことを選択する受講者がかなり多いが、 しかしながら、どのように学習していいのかや、独学でもベターなのか?スクールに行くとしてもどこが結果が出るのか思いつく限り全て判断できないヤツがほとんど。

 

そんなタイミングで、トライズに参加した後に人生が変わるクライアントが続出しているのも事実。

 

Versantテストでは20点や30点と軒並み平均値を下回る数字で、トライズに通うまではこれらを水平展開した前後しか英語力はない奴らがほとんどじゃ。

 

しかしながら、トライズでトレーニングを重ねる内に得点もステップアップしていき、 最初の3ヵ月はフリーズせずに英語が伸びた特に、スタートしてから3ヶ月間は想定した通りにポイントが伸びていく感覚があったと実感している。

 

3ヶ月で40点前後を平均的に取れるようになって少し自信が付いたのを覚えています。

 

しかしながら、順調満帆ばかりではない。

 

半年にもなるとブレーキがかかるタイミングもありました。35点以上はオーソドックスに取れるようになったものの、その位置から壁があるように痛感しました。

 

多くのクライアントが6ヶ月を経過したときに、くじけそうになるが、ちゃんとコーチと普段からコミュニケーションをとって教育内容をアップデートしておれば、かなりゴールまでの明確な数値とイメージが沸くので、この辺も成功するためには欠かせない要素なのじゃ。

 

スキルがないヤツが独学でやる事は、そもそもスキルがないので、何が正しいのかが判断できずに必ず迷走する。

 

こうなっては本当に時間が無駄になるので、そうであれば初めから自己投資をしてプロに教わってやった方が100倍早いし上手く行く。

 

当たり前のレベルじゃが、これが理解できないヤツには理解できない。。

 


バイリンガル仙人

困ったものじゃ。。

 

おぬしはワシの言ってることが理解できたか?

 

ここまでこのページを読んでいると言う事は、少なくともおぬしはその辺のアマちゃんではなさそうだな。

 

じゃが、本当に英語をマスターして人生を切り開きたいなら、まずはその心構えを身に付けておけよ!

まとめ

おぬしのお目当てを考慮してトレーニングをオーダーメイド形式でやるトライズは、生徒の目的にあった育成マップをテーラーメイドで準備し、ピックアップする。

 

『異国で活躍できるくらいの英語力を手に入れたい』や『外国人と仕事ができるようになりたい』など、その人次第で英語をリサーチする目的はある。

 

トライズはそのゴールを成し遂げる圧巻のバックアップをする。しかし三者三様ウィークポイントは全く異なるであり、1個人のトライからくる勉強方法ではなく、ロジカルにエビデンスの明らかにされている勉強方法をオーダーメイドでカスタムすることで、実効性のある実績が見込める。

 

聞くスキル、話すスキルを伸張することに尽力するトライズでは、聞くスキルと話すスキルにピントを合わせて教育を進めていき、 数多くの人が下手くそとする、『聞くスキルと話すスキル』を重点的に伸ばすことで英語でキャッチボールができるウェートを叩き込んでいくのじゃ。

 

要は、対話にピントを合わせて英語力を良化していき、 個人育成ではなく、トレーニングも大きくスポットを当てるトライズだからこそ、モノホンの英語力が身につくと断言する。

 

ダイレクトにコミュニケーションをして英語力を培うってのは極めて良いな。喋ることを行わねば、英語を喋れるようになんてならないからな。

 

わかったか?

 


バイリンガル仙人

そこでずっと重い腰を上げずに今の現状維持で人生を終わらすか、このまま本気になって人生を変えるかここで決断しろ。

 

おぬしには2つの選択肢がある。

1、ガチで本気になり英語を極めて残りの人生を悠々自適に英語で収入を上げていく

2、このまま何も行動しないでこのページを閉じる

決めるのはおぬしだけじゃ。

 

■後悔のない選択だけはしろよ。

⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.