トライズで『トライ』だ!

【20名限定↑】トライズのカウンセリングは早く行け!でないと手遅れになる件!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、トライズ(TORAIZ)のカウンセリングについてじゃが、おぬしはトライズの無料カウンセリングが月に20名しか取らないのは知っていたか?

 

多くの英語塾などでは、大多数の受講生を取っては生徒を集めるような事をしがちじゃが、トライズはたった20名しか月間でカウンセリングを受け付けておらんのじゃ。

 

普通、経営する側であれば受講生が多いほど売上が上がり儲かると思うんじゃが、トライズだけはそのような事はせんと、月に20名しか取らないシステムの中に希少価値があり、ガチで英語をマスターしたいクライアントだけしか集めておらんのじゃ。

 

要は、

『ガチではないヤツは来るなよー!』

と言う事だ。

 

なので、おぬしが本気でトライズの入学を検討しているなら、その決断は絶対に早いほうがいいと言うじゃ!

 

さもなくば、無料カウンセリングを受けたくても20名を超えた時点で打ち切りになるからな。。

トライズの無料カウンセリングは月間たった20名しか取らないのだ!

まず、トライズに入学しようと思えば、必ず無料カウンセリング(体験セッション)を受ける必要がある。

 

これは必須。

 

トライズに決心した! 早く入学させろ! と声高に宣言してもトライズでは必ずこの無料カウンセリングを受ける必要がある。

 


バイリンガル仙人

これは半ば強制じゃ。

 

トライズでは、公式ウェブサイトでありとあらゆる事実をオープンにして案内しているので、おぬしだけ特別なオファーがあると言うような事は一切ない(笑

 

ではなんで、体験カウンセリングをしているかというと、

■おぬしが抱えるカリキュラム内容を失敗する事なく認識してもらうため

■おぬしの希望や目的に合った英語学習のギャップを阻止するため

■おぬしが抱える疑問部分や不安をクリアするため

■契約後に「全然イメージしていたものと違う」と言うような事が起こらないようにするため

この4つの壁をちゃんとクリアにして納得した状態で、ヒヤリング(質問)をする。

 

そして、全ての内容を100パーセント解決してから契約を交わしてもらうためじゃ。

 

従って、「どのくらいスキルが身につくのか?」「入学して続かなかったら心配・・」なんてぼやいているなら、さっさとカウンセリングを受けてこい。

 

しつこいようだが、早く予約しておかないと20名しか受け付けていないからな!

 

同時に、おぬしがトライズに「フィットする・フィットしない」に関してもオープンにまとめているから今から言う事をしっかりと頭にインプットしておけ。

 

そもそも、なぜ月に20名しかカウンセリングを受け付けていないのか?

 


バイリンガル仙人

これはぶっちゃけて言うと、それほど現在のトライズの入学に関しては高い学費を払っても入学したい受講生で溢れているからに過ぎん。

 

要は、キャンセル待ちが出るほどの人気で、それほどトライズ自体に価値があると言う事。

 

直ぐに入学したくても、そもそも無料カウンセリングの時点で中々予約が取れない状態が続いており、そのため巷の英会話塾などとは違い希少価値として「月間20名しか受け付けられなくなった」と言う言い方が正しいじゃろう。

 

英会話では無いが、過去2006年にはゲームソフトをめぐりトライズと似たような事例がある。

 

任天堂は2006年に「Wii」というゲーム機器をセールスしているが、販売当初はでっかい評判を呼んだゲームマシーンだったので、沢山の人が手に入れるために行列を作った。

しかし、発売されたばかりの時点で、沢山の人が買いもとめたということじゃなく、リリースから3、4年近くたった頃でも販売店などに於いては在庫が追いつかない状況が続いたのじゃ。

 

この事態を受けて、任天堂は 毎月の生産台数を180万台から240万台と増加させていたにも拘わらず、在庫切れ状態は続き、需要と供給のバランスが一気に崩れた。

 

なので、早急に在庫が整った頃にはトータル4,800万台もの爆発的な生産台数となった。

 

販売開始時は月間の生産台数がチョボチョボという感じじゃったが、その後希少価値が一気にデカくなったため、「今すぐ欲しい!」というユーザーの願望を解決した事例だと言えるのじゃ。

 


バイリンガル仙人

現在のトライズは、まさにコレと同じでカウンセリングを受けるだけで20名の制限をかけなければ、パンク状態と言うわけじゃ。

おぬしが思ってる以上に20名なんてあっという間だぞ!

まず、おぬしが

■別に今すぐ英語をマスターしなくても死にはしない

■別に今すぐ無料カウンセリングを受けなくても来月予約すればいい

■別に今すぐトライズでないといけないわけじゃない

と単純な思考で思っているなら、今すぐこのページを閉じろ!

 

そんなオマエにこれ以上話してもムダじゃ。

 

ぶっちゃけて言えば、カウンセリングを受けるだけでも20名までしか予約が取れない訳なので、これはかなり狭き門になる。

 


バイリンガル仙人

狭き門と言うか、これはおぬしが思っている以上に一瞬にして埋まるゾ!

 

何故なら、世界中に本気で英語を身に着けたいと思っている奴らが何人いると思う?

 

世界中でなくとも、日本限定でもいいが、今までその辺の学習塾に通っていたが全くスキルが向上しない。。あまりお金の負担をかけれないから安い英会話スクールに通っているが全く英語が話せるようにならない。。

 

このようなことで、日本だけを見てもガチで英語をマスターしたい!と思っている奴らがどれほどいると思う?

 


バイリンガル仙人

いいか?マジでビビるなよ。

 

まず、全世界の英語人口が

15億人!

 

そして、インターネットから英語スキルを活かしビジネスをやっている人口は

10億5千万人!

 

そして、日本だけ見ても英語を生かして収入を上げたいとガチで思っている人口は

804万人!

 

どうじゃ?これだけの人口が本気で英語をマスターして自分のビジネススキルを上げたいと思っておる。

 

日本だけ見ても、804万人の奴らが今もなお英語習得にモチベを上げておるので、トライズが掲げる月間20名のカウンセリング予約など一瞬で埋まる。。(笑

 

もし、おぬしが「別に気が向いた時でイイや~」と軽いノリ的な感覚で思っていたら、時既に遅しでそんなヤツはそもそも相手にされない。

 

おぬしが思っている以上に、トライズのカウンセリングは速攻で埋まるので、本気でガチの覚悟を持って決断できたら今すぐにでも予約をして最短最速の行動で問い合わせをしろ!

【3分で完了!】カウンセリングの手順をどこよりもわかりやすく解説していく

ステップ1⇒まずはこちらからアクセスして無料カウンセリングに移動しろ。

 ⇒【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語が話せる



ステップ2⇒カウンセリングを受けたいプログラムを決める。

ステップ3⇒カウンセリング場所を選択する。

(トライズでは遠方で店舗に来れないヤツでもオンラインからスカイプで繋げばカウンセリングを受ける事ができる)

ステップ4⇒予約する日付を決める。

ステップ5⇒カウンセリング希望時間を決める。

ステップ6⇒連絡先を入力する。

ステップ7⇒カウンセリングの必要事項を入力する。

ステップ8⇒必要事項を記入すれば最後に「完了する」をクリック。

後はトライズからの返信を待つだけじゃが、基本は翌日か2日後ぐらいに返信があるので、希望日時を見込んで最低でも5日前までにはこの作業を完了させておけ!

トライズのカウンセリングではどんな事をするのか解説する


バイリンガル仙人

トライズの無料カウンセリングでは、かなり細かなことまでプレゼンしてくれる。

 

つまり、おぬしが理想とする目的や英語をマスターしたその後のライフスタイルまでのビジョンまでを明確化して、英語を身に着けたから「終わり」ではなく、ちゃんとそれを将来活かせるように最初のカウンセリングの時点で事細かにプレゼンする。

■スタートアップについてのヒアリング

■実践するカリキュラムやノウハウのシステム説明

■おぬしの現在の英語レベルチェック

■実践目標の確認及び目的の設定

■入学

■カリキュラム計画及びライフスタイルに合わせた学習時間の確保

■カリキュラム及び教材の配布

基本的な流れは、最初のカウンセリングの時点でカウンセリングシートに望む目的などを記入し、そのプランにぴったりなノウハウやコースをコンサルジュが提案してくれるのじゃ。

 

じゃぁ、そのコンサルジュが信用できるのか!?

 

と、疑ってしまう事も無理はない。

 


バイリンガル仙人

ワシも最初は勘ぐってたし、そもそもひねくれ者じゃからなぁ~(笑

 

じゃが、安心しろ。

 

トライズの提案するコンサルジュは当然プロでもあり、800人以上ものクライアントのプランを提案してきたスペシャリストでもある。

 

かなりの実績を誇ったプロの集団なので、安心して一任してもらってこい!

 

勘違いしてはいけない事は、そもそも トライズは万人受けのスクールじゃあない。

 

リスニングとスピーキング、あるいは英語そのものにプライオリティを置いているので、 TOEICなどのスコアアップをターゲットにしているヤツや、会話のなまりを向上させたいヤツには根本的にトライズの実践メニューにはこのような事例はないのでススめる事はできない。

 

しかしながら、おぬしが以前や過去に英語を学んだが凹んだ経験があったり、次こそ絶対に英語を身に付けたいと思っているならトライズに行くべきじゃ。

 

巷の安い英語塾に行って、失敗した経験があったり、他のスクールでは全然理解できずに、カヤの外におかれた などといったはっきりした目的意識があるならトライズしかなかろう。

 


バイリンガル仙人

いや、「何が何でも英語を身につけたいんや!」とおぬしが思っているならむしろトライズしかないと断言できる!

 

因みに、トライズの新宿センターや銀座センターは人気が集まっていて、キャンセル待ちになっている。時期にもよるが、無料カウンセリングだけでも予約が取れない月もあるので、早めの行動が必須じゃ。

 

とにかく、トライズの中身や講師達のアイデンティティを実感するにはカウンセリングから体験してくる事が一番最短最速じゃ。

 

■妄想だけ抱いていても、リアルで実際に体験してみないと把握できない事なので、さっさと行って思う存分体験してこい!

 ⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

なぜトライズの無料カウンセリングは20名限定にしているのか?

結論から言えば、それはあまりにも需要のニーズがあり、受講者自身が今後の日本では英語と言うスキルが必須になることを彼らは理解しておるからじゃ。

 

20名と言う極少人数性にしてもなお、その人気は衰える事はなく、むしろどんどんその需要価値は上がって行ってるので、20名の枠の中に入るだけでも年々難しくなってきておる。

 

実際に新宿センターと銀座センターは希望者が殺到している状態で、カウンセリングを受けるだけでも1ヶ月から2ヶ月前には予約していおかないと受けることすら困難な状態じゃ。

 

トライズがなぜ専門学校のような大多数のスクールではなく少人数性のスクールなのかは明白で、

 

『トライズが掲げる最終的なゴールは受講者が英語を身に着けた後のビジョンを実現すること』

 

これを確実に実現するためには、1人にかけれる時間に限界があり、大多数の受講者をこの目的に向けて実践しているととてもじゃないが1人1人を引き上げる事は不可能だと言うこと。

 


バイリンガル仙人

少人数性にしているからこそ、1人1人にかけれる時間も確保でき、確実に引き上げる事ができるのじゃ。

 

つまり、限定20名にこだわる理由は『コミュニケーションが取りやすい環境を構築し、トレーナーとクライアントでの二人三脚で実践することで価値観や同じ目的に向かって進んで行く事を共有しながら問題を解決していく』事なのじゃ。

目標が異なってくるだけで、トライズでは別のクライアントとは違うカリキュラムになる。

 

その位、おぬしの目的にフィットするスペックで、オーダーメイドにノウハウを作成してくれるメニューということじゃ。

英語学習において少人数制と多人数制はどれほどの違いがあるのか?

近頃では、塾業界の強烈なクライアントの取り合いなどのいきさつから、「少人数」を公示する塾が急増してきているのは事実じゃ。

 

しかしながら「少人数」の抜本的な頭数に関しては、規制があるわけでなくスクールやカリキュラムによっていろいろ。

 


バイリンガル仙人

それに比べ、大手の英語専門学校などの場合は100名以上を超えるほどの多人数制クラスも存在するので、少人数制と見比べてその違いがハッキリとわかる。

 

小グループ制の塾では、講師がおのおのの学習者の目指すところやタスクを認識し、微細なレクチャーを実施するケースが多いのじゃ。

 

比べて大手専門学校などといった多人数制の塾では、クライアント同士がやる気をかき立ててモチベを上げると言った事が多いじゃろう。

 

小クラスの塾で学習をする長所については、学習に集中できる環境や、落ち着きのある環境でワークショップを受ける事ができることと、トレーナーの目が行き届きやすいことから、実践に集中できる事。

 

このような環境の受講者はいつの間にかレベルやスキルが高いところまで無意識の内に行く事ができ、よりハードルの高いランクへ行くことでモチベアップにもつながっておる。

 

逆に多人数型スクールのデメリットの1つとして、実践に集中できないところのポイントが存在する。

 

多人数型のケースでは、多種多様な学習者と共にワークショップをやらなければならない。

 

その影響を受けて、まわりの学習者がやかましい場合はもう最悪で、トレーナーのアドバイスが全く聞こえなかったり集中力が失われてしまう。

 


バイリンガル仙人

どうにかこうにかスクールに通ってるにもかかわらず、まわりの学習者のせいでマジで集中できなかったらキレそうになる。。

 

なので、一人で集中してトレーニングしたいというヤツには、多人数型はサッパリ排除したほういがいい。

 

しかも、多人数型のスクールのケースでは、多くの学習者の前でヒヤリング(質問)しないといけない。

 

このようなケースであっても、トレーナーに次から次へとヒヤリングできるヤツなら気にしなくていいが、人前でヒアリングをするのは得意じゃないヤツはかなり過酷な環境になる(笑

 

もっと言うなら、同じスクールに通う受講者と仲良くなり、そこで友人関係になったら飲みに行くと言った事も今後起こってくる。

 

そうなると、実践する時間がどんどん奪われていくので、なんのために入学して学費を払っているのか目的を完全に見失う事になるのじゃ。

 

なので、「友人を作るな」とは言わんが、最低限、目的はしっかりと持って行動すべきじゃ。

結局は目的を明確にして無料カウンセリングを受けろ!

ぶっちゃけ言うと、通う目的をハッキリさせてから、スクールを選択するべきじゃ!

 


バイリンガル仙人

スクールを選択するとき、大事になってくるのは、目的やコンセプトを100%決断しておくこと。

 

例えば、

■得意じゃない分野を克服したい

■実践について行けるようになりたい

■ノウハウコレクターではなく一点に集中したい

こういった風に、目的やコンセプトは十人十色。

 

最終地点に到達し、それを成し遂げるには、その内容のスキルに強いスクールを選択することが不可欠。

 

「個別だから」「グループだから」というべき表面的な利点だけで決断してしまうと、おぬしの追い求める成果が期待できないのはここで断言しておこう。

 


バイリンガル仙人

結局のところ、目的がアクションのカギを握る1つのガイドラインになっている。

 

例えば、テストなどでも高得点を取るという目的から先取りして考え、「自分は、ここがすぐれているからここの部分をメインとして勉強する」、「逆にここは不得意だからこれ以外のパーツで穴埋めしよう」となる。

 

この部分が目的も無いままだと、学習をするためのガイドラインが持てず別案件に手を出しては、こっちにフラフラとあっちにフラフラと、完全に目的を見失いブレブレになっていく。

 

コレが俗に言うノウハウコレクターじゃ!

 

最終ゴールはたった1つしかないので、そのゴールに到達するためには「目的」と言う重要なファクターを絶対に決めて行動しなければ高い確率でフェードアウトしていく。

 

これを絶対に忘れるな!

■目的をしっかりと決めて覚悟を持ってトライズに入学すると決断したなら、今すぐ無料カウンセリングを受けてこい!

⇒【全額返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.