トライズで『トライ』だ!

【意味深?】トライズのブログを英語と内容別で見てみよう↑

更新日:


バイリンガル仙人

どうも。バイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、トライズのブログを英語と内容別で見ていきたいと思うんじゃが、英語学習で人気が高いトライズが公式ブログをやり始めた事で、リアルなイベントや日頃の活動状況などを発信しているので、意味深なわけじゃ。

 

そんなトライズのブログには、経営者でもある三木雄信氏の事や、セミナー、キャンプ、セッションの事などかなり話題性がある事を興味深く情報発信しているので、英会話に興味がある人にはとても有益なコンテンツになっていると思う。

 

なので、ブログに関する具体的な内容や、英語に関する紐づいた事などをここでピックアップして行きたい。

トライズが公式ブログを開設し情報発信する理由は?

そもそも、企業ブログのお目当ては、「ユーザーやクライアントとなりうる読み手とコンタクトを取るため」ではないか。

 

それに伴ってお役立ち情報と言ったとしても、一般的なインフォメーション情報などではなく、会社内の業に関連しているヒストリーがメジャー。

 

個人客をターゲットにしているケースでは、ゲストが気になるレジメが多くなるので、紙媒体やウェブで取り上げられているテーマもあるが、原則的には自らの仕事に関与していることが大切じゃ。

 

サンプルとして、洋服関係の企業ブログであるのなら、公開するインフォメーションはファッションの案内や流行アイテム、人気のスタイリング情報などが挙げられます。

 


バイリンガル仙人

のとは反対に、法人客をターゲットにしているケースだと、どこにいるのかで開示するニュースは異る。 クリエーターであれば、素材のインフォメーションになりますし、卸だったらニューアイテム情報、小売ではユーザー向けの情報じゃ。

 

どのステータスであっても、クライアント側が意図している情報であることには違いはないが、その 意義は専門的なアイディアを公言することではなく、そのアイディアでクライアントのタスクを克服することができることをブログで活用して届けていくことになる。

 

そういう理由で媒体に広告を出している法人は、信用も太く、クライアントもセーフティーにしているので、 それらを活用した情報発信は、公共の中小の業者にはプライス的にはまずムリなアプローチ。

 

ところが、企業ブログは、初期コストはかかるものの、その事実だけでスタートすることが困難ではなく、 広告のプライスで十分補完できる限度内じゃ。

 

それでいて、手法さえミスしなければ、メジャー会社よりもジャッジされる企業ブログを作ることが実現可能で、要するに、厳正なレースの中でチョイスされる事がありうる流れと言う事。

 

媒体にバナーを出すことが難しいのであれば、自分の会社のニュースをお客に送ることを目的に企業ブログはいちばん大事な媒体に変化する。

 

トライズのブログもまさに、英語に興味があるユーザーには読まれていると思うし、ブログから検索してきてトライズのコンセプトに共感し、実際に英会話スクールのクライアントになった受講者もいると聞く。

 

これは、トライズに限った事ではないが、結局のところ企業がマネージメントするブログはオウンドメディア。

 

とは言っても、ブログだけがオウンドメディアというものではない。

 

企業がオリジナルでコントロールするWebサイトはオウンドメディアと理解していいが、これを受けブログはあくまでもオウンドメディアの一つというプロセスがまっとうなと言える。

 


バイリンガル仙人

けれども昨今のコンテンツマーケティングのブレークからブログによる情報発信が一世風靡し、ブログ=オウンドメディアとリーディングされるイメージがあるのじゃ。

 

コンテンツを作って積極的に発信していけば、クライアントからの相談が獲得できるとはまた間違いではあるが、英語に興味を持ち、一から基本を学んでいきながら上級者として活躍していきたいとイメージしている人からすると、ブログ記事は読者からすれば価値になるので、その価値を受け取った側はトライズの無料体験セッションにトライしたり、学びの場をトライズに選んだりする。

 

 

やはり、企業ブログでもちゃんとした公式であれば、スタッフが記事を書いたり、経営者の三木雄信氏が発する言葉は1つ1つに意味深な事が多いので、多くの読者やファンも獲得して行っておるんじゃな。

トライズのブログの内容は果たしてどんな内容?

トライズは日頃から多くの活動内容や、授業に関する事などをブログで発信しているが、もちろん英会話スクールなので、英語の事がメインになるんじゃが、その他にも日本と他国の英語の使い方や、優秀なバイリンガルにはどうなれるのか?などのスキルやテクニカル的な事もセッションやセミナーなどでの活動をブログで報告しておる。

 


バイリンガル仙人

例えば、ワークシェアリングや、グループセッションなどの事はトライズの代名詞的なものなので、ブログの記事にしたりして楽しみながら実践できる環境が整っている事をアピールしておる。

 

公式でも、

「日本とアメリカの違い?」についてのワークショップを開催しました。

 

渋谷センターがオープンして初めての開催でしたが、全7名の受講生様にご参加いただき非常に有意義な時間を過ごすことができました。

 

今回のワークショップでは、日本とアメリカの健康保険制度の違いやTip文化について、アメリカ人コーチのHiroと一問一答形式で行い、受講生様にはワークショップの時間中は全て英語のみでお話しをしていただきました。

 

また、ご参加いただいた受講生様には、ネイティブコーチに聞いてみたい、テーマに沿った様々な興味深い質問を多くご準備いただきましたので、受講生様だけでなく私達コンサルタントも、アメリカと日本の違いを多く学ぶ大変貴重な機会となりました。

出典https://toraiz.jp/blog/

と、解説しておる。

 

あとは、トライズの代表取締役社長でもある三木雄信氏も、よく記事などを書いて色んなコンテンツを発信しているので、総合的にはトライズの経営者は誰なのか?と疑問に思った時でも、ブログを見れば直ぐにその問題は解決できる。

 

『英語を1年で身につける』をコンセプトに、都内はもちろんじゃが、関西や九州などでも時折セミナーや講演会などを積極的に行っている三木氏。

 

元々、ソフトバンクの孫氏の右腕的存在だった彼の苦労話なども時折混ぜながら、有意義な時間を共用しながら参加者達に英語の必要性やその英語を活用してビジネスやライフワークで成功できる秘訣を思う存分伝授しておる。

 

ぶっちゃけ、これだけの講演をインプットできるだけでも価値がある。

 

英語受講の捉え方で似ている点が多くあり、英語の上達にコミットメンが可能なところじゃ。

 

ポイントはまったく別だが、英語を必須条件としてしゃべることができるようになりたい人をきっちりと伸ばすことが見てとれる。

 


バイリンガル仙人

トライズは日本国内に全く未知の状態でコーチングというアプローチで英語をリサーチする人を支援して、喋れるようにした真の英会話スクールじゃが、結果にコミットメントのライザップと一致する意欲だ。

 

指導者、すなわちコーチが英語のヒアリングし、英語の実践をモーレツにアフターケアをする。

 

WEB英会話と英語をトレーニングする学習法だから、プライスも、客層も差が出て、それに比べ、英語を正真正銘伸ばせるという部分は開きがないし、まったく異なるものが巡り会えるとこれまでにはなかった発想力が現れるわけじゃ。

 

どうじゃ?分かったか?

■分かったら、今すぐトライズの体験セッションにトライじゃ!

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語が話せる

トライズがきっかけで35年間英語の恐怖症から立ち直った強者も!

トライズのブログの中には、実際に受講されたクライアントや、コーチなどの記事も多数あるが、その中でもトライズがきっかけで35年間もの間、英語恐怖症から立ち直ったクライアントも存在する。

 


バイリンガル仙人

Aさんと言う人で、医師を目指して活動されていて、現在は腎臓内科の医師として大学病院に勤務しておる。

 

元々、英語は全く話せないどころか、英語恐怖症に悩まされていたこともあり、英語習得など全く考えてもいなかったみたいじゃが、医師と言う職業柄、海外などの学会や講演会などで英語習得が必須になったみたいじゃ。

 

そんな事もあり、恐怖症であったにも関わらず2018年に覚悟を決めてトライズの門を叩く。

 

過去には、幾つかの英語学習やTOEFLのテストなどを受講してトライしていたそうじゃが、ことごとく失敗してきた。

 

そんな時に、独学でやることに関して限界を感じ、ちょうどいいタイミングで大学時代からの友人に『トライズで一緒に英語を学ばないか?』と誘われたそうじゃ。

 

Aさんは、自分1人で通っても性格上挫折するだろうなと思っていたそうで、友人と受講する事によって強制的に英語に集中できる環境の下で、ゼロから英語にトライしては、見事成果を出した。

 

彼曰く、スピーキングが中心というアカデミーはそう簡単になかったので、そこに惹かれたそうじゃが、受講期間が1年間の計画だった事も彼にとっては安心なプランじゃったようじゃ。

 

『せっかくやるんだったら、腰を据えて入念にできるようになりたい』といったバイタリティはハンパなくあった。

 

英語スピーキングに絞り込んだトライズのプログラミングは、片手間で「パフォーマンスだけ求める人」にはハードルが高すぎるし、そもそも英語学習は片手間の隙間時間で得れるほど甘いものではないのじゃ。

 

しかし、言葉に語弊があったらいけないが、『片手間』と言うのは、優先順位を英語学習にフォーカスするんではなく、たまたま時間があけば英語学習に取り組むと言う意味で、英語スキルを身につけるには、あくまで最低限の行動力は必須じゃし、実際に1年間のプログラムを敷いてるトライズでも1日3時間の学習時間の確保をクライアントに指導してるわけじゃ。

 

アドバイザーから提供されたタスクを細部に亘って飛びこしていって「これが可能になった」「次はこれも可能になった」と微妙にリサーチしながら噛み込んでいけるヤツだけが大きな成果を上げる事ができるんじゃ。

 

トライズ代表の三木氏も自身の著書に、何かにチャレンジして大きな成果を生み出すには『超高速PDCA英語術』と言う本を出しているが、トライズの基本指導はこのPDCAサイクルを回して『実践⇒検証⇒改善⇒行動』と言うプロセスを繰り返すカリキュラムだからこそ、継続率91.7%の脅威の数字を叩き出しているに違いない。

 


バイリンガル仙人

そんなことでおぬしがまだ、英語をマスターしたいけど英会話スクールをどこにしようかな?と悩んでいるなら何にフォーカスすべきかをよ~く考えてみろ。

 

学費の安さか?コーチの優しさか?、それとも居心地の良さか?

 

全部違うじゃろ!?

 

これら全ては、おぬしを望む成果にエスコートしてくれるモノではない事は解るか?

 

ハぁ?解らんだと?

 

全く、困ったヤツだ・・・

 

■解らなければ、今すぐここからそのぬるま湯にどっぷり浸かったマインドセットをしっかりと正して来い!

トライズのブログを見てたらとんでもないスーパーなコーチがいた!

出典https://ando.fun/

トライズのブログには、講師のブログや体験談などが記載された記事などもあって、その時々の活動報告などを積極的に行っている。

 

そんな中でも、ひときわスーパーな講師がいる事をおぬしはご存知か?

 

えっ?知らない?

 

やれやれ、本当にそれで英語を学ぶ環境を本気で探してるつもりか?

 

では、しょうがないので、ワシの方からそのスーパーなコーチをピックアップしていこう。

 


バイリンガル仙人

そのコーチとは、8か国語も操るスキルの持ち主のティナコーチじゃ!

 

トライズの講師陣の中でも、相当なマルチリンガルスキルを持ち、クライアントからの評判も当然高いものがあるので注目されているし、英語教師と言うよりかは、スタイリッシュなファッションモデルのような感じなので、男連中から人気がありそうじゃのう^^

 

英語のほかにも、ドイツ語やフランス語、オランダ語やルクセンブルク語など、かなりの能力を駆使して他の外国の言葉を操れるスキルがあるので、彼女から英語を習いたい!と言う受講者は相当多いんではないか?

 

噂では、相当な高学歴で学生時代からハンパなく優秀な人材だったようで、頭もいいし、キャワいいし、言う事なしじゃな^^

 

彼女のようなマルチリンガルなスキルを持った人材はそうはいないので、かなり重宝されると思うが、実は芸能界でも彼女に匹敵する語学のプロが存在する。

 

誰だか解るか?

 

えっ?解らない?

 


バイリンガル仙人

全く、おぬしは何もかも解らんのか!?

 

しょうがないので、ぶっちゃけてやろう。

 

ディーンフジオカじゃ。

国内のドラマ初登場は遅かったものの、香港や台湾を主として役者、アーティスト、プロデューサーとオールマイティーに活動して、業績は折り紙つき。

 

同様に、5ヶ国語をあやつる多機能ぶりもアピールポイントだ。 バイリンガル、より優れていると言われている多重言語話者(マルチリンガル)とされる。

 

英語学習の必須に対するアンチテーゼとして、中学時代にフランス語を独学でマスターし、獲得。

 

高等学校では年末年始にアグレッシブにフランスステイするなどして熟知した。

 

これ以外の言葉はそこから1個1個マスターしては、 おおかた自分の言葉が後天的に獲得したものだから絶えることなく彼は彼として、言語のインスピレーションと分離したロジックの中に盛り込まれているのかもしれない。

 


バイリンガル仙人

これだけの外国語が話せるようになれば、 ぶっちゃけどこに降ろされてもよろしいと思うし、IS支配エリア以外であればどこでもOKじゃろう(笑

 

マルチリンガルの思いもよらないナショナリズムが垣間見えたディーンフジオカが見ている事情もこんな具合なのかもしれない。

 

おぬしも、ディーンフジオカのように英語だけではなく、色んな国の言葉が喋れたらモテまくって、会社の同様からはリスペクトされて、その上英語がペラペラじゃったら、今の給料の1.5倍~2倍は確実に上がってるじゃろうな。

 

■そんな人材を本気で目指しているんじゃったら、今すぐに迷わずトライズで1年後の豊かな未来を手にしろ!

本気で英語を話したいなら「トライズ」

まとめ

■英語をマジで学びたい

■独りだけでは持続できない

トライズは、そんなヤツに1年で英語を身につけてもらうための英語育成&バックアッププログラミングでもあり、1年は英語グレードの基礎として、Versantスコア35点を直ぐ近くのヤツが、海外転勤程度の英語力がマスターするオーソドックスなスパンとなっておる。

 

元を正せばなぜ英語が身につかないのか?と言うと、 英語取得には1000時間が必須な事でも有名じゃが、 メジャーなスクールの週1回のワークショップでは29年かかる(笑

 

日本人が英文をモノにするためには、約2,200時間が必須とされ、多くの日本人は義務教育からの育成で約1,200時間のワークショップを受けているため、少なくともあと1,000時間は訓練しなければならない。

 

つまり、 週1回で40分のトレーニングを行う巷のスクールでは、1年やっても学習時間はごく少数でたった35時間レベルだけ。

 

セルフや独学で学習しても挫折するヤツが後を絶たないので、 たった一人で英語学習を1年間キープされるのは烈火の如く難しい。

 

確かに1年で1000時間以上の育成を、アグレッシブにさばくのはとても独学レベルでは出来ないと思うし、 それどころか微々たる勉強時間だとしても、約87%のヤツがたった3ヶ月で投げ出して逃げていく。

 


バイリンガル仙人

それでいて64%が1ヶ月未満でドロップアウトじゃ。。

 

そんな事もあり、トライズではパーソナルエージェントとネイティブコーチが、各自のライフスタイルに合わせた融通がきく育成計画を組み、多彩なトレーニングや日々の学習ガイドラインと位置付けて100%バックアップしてくれる。

 

おぬしと価値観を共有し、目標を均一的にするサークルレッスンのベストフレンドたちと一丸という視点で英語習得を実現する環境がトライズじゃ!

 

完全におぬしの頭にインプットできたら、今すぐトライズに走って駆け込むか、今すぐこのページを閉じるか、2つに1つを決めろ!

 

最後にこれだけはワシの方から言っておく。

 

全ては覚悟を決めて、その1歩を踏み出したモンが勝つ。これに例外はないんじゃ。

 

人生においてチャレンジし続けるヤツは必ず最後に望む成果を手にする事ができる。

 

現状維持に、いつまでもこだわっているヤツは一生現状維持のまま人生が終わる。

 


バイリンガル仙人

現状維持ではなく、現状打破でガチで人生を英語で変えたいと強い想いがあれば、おぬしは1年後今と全く違う人生を進んでいる事をワシが今ここで断言しよう。

 

■人生を本気で変えたければ、そのきっかけはトライズだと断言する!

【楽ではないから成果が出る】1年英語マスタープログラム「トライズ」

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.