トライズで『トライ』だ!

【勉強時間はスキマ?】トライズ英語が1年で結果が出る理由↑

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、トライズ(TORAIZ)での勉強時間などはどれぐらい必要なのか?と言うテーマで解説して行く。

 

英語塾で知名度が高いトライズじゃが、英語習得に向けての勉強時間などは人によってマチマチなところがあると思う。

 

しかし、1年で確実に受講者を引き上げて、その後の自己実現に向けてサポートを行っているトライズの勉強内容や、スキマ時間でも大きな結果を生み出しているそのシナリオはどのような方程式を築いているのか、おぬしも気になるところじゃろう。

 

今回は、そんなトライズでスキマ時間の勉強時間でも大成するその要因は何なのか?

 

これについてピックアップして行くから、しっかりとついてこいよ!

トライズ英語の勉強時間はスキマ時間でOKなの!?

よく巷の安い英会話塾や、オンラインスクールなどでは「1日20分のスキマ時間で英語が身につく!」などのキャッチコピーを目にするが、はっきり言ってこのようなものは相手にしないほうがいいじゃろう。

 

単純に頭を働かせて考えてもらえればわかる話じゃが、1日たったこれだけの隙間時間で英語がペラペラ話せるようになるのであれば、トライズやライザップイングリッシュのようなそれなりの学費を払ってわざわざ入学する奴などおらんじゃろう笑。

 

ただ、スキマ時間というのは非常に語弊があるので、間違えやすい言葉だと思うが朝の通勤時間を利用したり、昼の休憩時間を利用したりと1日の24時間の中で空いた時間を活用することがスキマ時間ということになる。

 

多くの人間が隙間時間と聞くと、「自分がやることがない時間を利用して、その穴埋めに学習する」というようなことを行うが、これでは至って成果は出ないじゃろう。

 


バイリンガル仙人

そもそも根本的に隙間時間という本質をわかっておらん。

 

本業をされて、昼間は仕事をしているヤツに言えることじゃが、英語習得に何が一番重要なのかというところは

 

『時間の確保』じゃ! 

 

これ以上もこれ以下もない。

 

いかに時間を確保し、英語学習に費やす投資ができるかというところが、全ての明暗を分ける。

 

トライズも例外ではなく、1日3時間の英語学習をメインとしているカリキュラムなので、まずこの時間を確保できるヤツは確実に1年後ステップアップしているじゃろう。

 

スキマ時間で特に有効な時間帯は、「朝」ということになるんじゃが朝は一番脳の中がリフレッシュされている状態であり、身体全体が疲れていない集中できるタイミングでもある。

 

つまり言い換えれば、サラリーマンであれば朝の通勤時間を利用してスマホやタブレット、もしくはノート PC などを持参しその時間からオンラインで学習するのも良し。

 

主婦であれば、朝食を作り子供達や旦那を送り出した後にしっかりと学習時間を確保しておくというスケジューリングをしていけば、無理なく1日3時間ほどの時間は確保できるじゃろう。

 

朝や夜の隙間時間は非常に英語脳を鍛えるための絶好のタイミングとなり、ここに一点集中して取り組むことによって、高いレベルで学習することができるのじゃ。

 

トライズではしっかりと隙間時間を使いながら、本業をしているヤツでもストレスなく取り組めるようにスケジューリングしてくれるので、英語を早く身につけたいと考えてるのであれば、早め早めに申し込んで実践していけ!

 


バイリンガル仙人

先送りにしているほど時間の無駄なことはないので、『時間=人生』ということを肝に銘じておこう!

英語の勉強時間は効率だけを求めたら失敗する!

英語の勉強で大事なことは、まず基本をしっかりとマスターすることじゃ。

 

要は『守破離』の徹底じゃ!

■初心者はまず講師のアドバイスを素直に受け入れ、型通りに実践する。

■型通りに実践して、基本を身につければ自分のオリジナリティを確立していく。

■それら一連のプロセスが身につけることができれば、後は講師から離れカリキュラムを卒業し自立した人間へと成長するように自己投資を繰り返していく。

これらの流れを守破離という。

 

要はどんなスキルや能力を身につけようと思っても、根本的なベースは全て守破離を守ることを徹底的に意識しなければ必ず失敗で終わってしまうのじゃ。

 


バイリンガル仙人

英語学習で失敗するパターンで多いのが、効率ばかりを求め基本をおろそかにし講師のアドバイス通りに実践しないバカなヤツも中には存在するのじゃ!

 

まず、効率ばかりを求めるのではなく自分の弱点や不得意な分野を徹底的に鍛え上げ、うまくいかないことを先に克服する作業を行なっていくことが重要じゃ。

 

多くの初心者が、自分の弱点を克服しようともせず、ノウハウばかりを求めトチ狂った方向性で進んでしまう。

 

要は基礎をおろそかにし、効率性重視の学習法になってしまっているので、全くスキルが身につかないと言ったことになってしまう。

 

これでは本末転倒なので、そこに費やしてる時間とお金が無駄になる以外何物でも無いわけじゃ。

 

短期集中型で実践するのであれば、ある程度の効率性は必要かもしれないが、トライズのような1年の長期プランを敷いているスケジューリングであれば効率性など全く必要ない。

 

ちゃんと基礎から徹底的に学び、上級者へとステージアップしていくためのベースを初心者の状態から学ぶ必要がある。

 


バイリンガル仙人

基礎ができていなければ、応用などできないのでまずは効率性を求めるのではなく、しっかりと基礎のベースを築き上げていけよ!

 

■基礎を軽視したり基礎をナめてるやつは、今すぐここでこのページを閉じ英語習得は諦めろ!
⇒【楽ではないから成果が出る】1年英語マスタープログラム「トライズ」

トライズ英語はなぜ1年で確実に引き上げる事ができるのか?

まず根本的に英語学習で必須となる環境は、本業などで時間がないヤツほど計画性とゴールまでの逆算を意識することじゃ。

 

単純に考えれば、やる気があればいつでもできる英語学習じゃが、多くの人が「時間がない」と言い、なかなか取り組むことができない。

 

最初に塾に申し込み、ゴールまでの道のりをスケジューリングして計画通り進めていても途中で挫折したりフェードアウトしていくことが多々ある。

 


バイリンガル仙人

この最大の原因は、ゴールまでの逆算ができていないからじゃ。

 

そもそも、「英語を身につけて〇〇がしたい!」というようなことを、最初に思い描いていたはずなのに、時間が経つにつれて徐々にそれが薄まっていくわけじゃ。

 

「やらなくても別に死にはしない」「別にやらなくても生活していける」という風な意識に駆られてしまうと人は行動を止めてしまう。

 

しかし、このゴールまでの逆算がしっかり出来ているヤツは、やらないよりやった方が一歩でも近づくと言う考え方で取り組むので、ここが成果がでるヤツとそうでないヤツの運命の分かれ道と言っても過言ではない。

 

トライズではどんなに初心者であっても1、年という期間で確実にレベルアップしている環境を整えている。

 

その根本的なシナリオは、週20時間つまり1年間で1000時間以上の学習期間を設定している。

 

普通に聞けばとんでもない数字に思うかもしれないが、1年間と言う期間の中では十分にこなせる数字じゃ。

 


バイリンガル仙人

成果に個人差はあっても、この1000時間をクリアした暁にはどんなに初心者であっても最初の頃と比べると別人になっていることを断言する!

 

つまり、トライズがキャッチコピーとして掲げている、

 

『楽ではないからこそ正真正銘の英語スキルが身に付く』

という事じゃ!

 

トライズ側も1000時間はゴールに到達するまでの最短の勉強時間と断言している。

 

全くのド素人の一般人が、外国人相手に英語が違和感なくペラペラ話せるようになるまでは、2500時間の学習時間が必要と言われている。

 

トライズではこの1年間を圧倒的に凝縮し、2500時間分の学習スキルを1000時間にまとめたカリキュラムが一年間のベースとなると考えたらわかりやすいじゃろう。

 

つまり、最短最速で1年後確実に英語が外国人相手にかわせるようになるまでは、1000時間に凝縮した学習時間で最短のプランを採用しているということじゃ。

 

そして、この1年間の中で講師によるカリキュラムレッスンが140回以上も設定されており、単に対面セッションやオンラインからの授業で終わりということではないのじゃ。

 

受講者のゴールに合わせてのレッスンになってくるので、卒業後は即現場で英語を活用することができる。

 

予習や復習などのインプットとアウトプットは自宅でできるが、講師による対面セッションはその場でのコミュニケーションとアドバイスによる「生の情報」になるのでこれは現場でしか味わうことができない。

 

つまり、独学や我流では絶対に味わうことができないカリキュラムなので、このようなレッスンを体験していきながら、1年後の卒業のゴールに向けてひたすら突き進んでいく。

 

日々のフィードバックやカリキュラムを通して、ゴールに直結した勉強方法を提案してくれるのがトライズのサポート体制じゃ。

 


バイリンガル仙人

実際に申し込みされてからの継続率は91%以上を誇っており、トライズだからできる勉強方法を今すぐに体験して、1年後に笑顔でいられるよう今から基礎を学んでいこう!

実は英語学習に一番効率的な時間帯があったのだ!


バイリンガル仙人

実は隙間時間を活用して、習慣化するための秘策というものがあるのでおぬしに説明しておこう。

 

まずは習慣化すると言っても、今まで過去のライフスタイルや生活スタイルがあるので、いきなり変えろと言ってもなかなか変えられるものではない。

 

ではどうすればいいのかというところじゃが、小さなことをコツコツ積み重ねていき結果的に習慣化していくというやり方が一番挫折を防げるのじゃ。

 

「習慣化こそが最強のスキル」だと言われているので、継続するためには習慣化して当たり前の意識でやれるようになれば、100%継続することが可能になるのじゃ。

 

つまり、英語を身につけようと思えば、

■なぜやらなきゃいけないのか?

■いつまでやらなきゃいけないのか?

■やって成果が出た後はどう活かすのか?

これら一連のプロセスを目標や目的に変え、日々取り組んでいくということができれば、ゴールまでの逆算が明確になるというわけじゃ。

 

短い時間でも、まずは「毎日やる」ということを意識してできるようになれば、それが習慣化となるわけじゃ。

 

そして、スキマ時間を活用してどの時間帯が一番活発に脳が働くののかと言うと、朝起きてからの約3時間というものは、脳と体が非常に活発化している状態なのじゃ。

 

つまりこの3時間が、一番効率的に集中でき頭の中にインプットできる時間帯だと脳科学者の茂木健一郎も公言している。

私たちは日中の活動を通して、目や耳からさまざまな情報を得ています。その情報は大脳辺縁系の一部である海馬に集められ、短期記憶として一時的に保管されます。その後に、大脳皮質の側頭連合野に運ばれますが、この段階では記憶は蓄積されているだけです。 それが睡眠をとることで、記憶が整理され長期記憶へと変わります。すると朝の脳は前日の記憶がリセットされるため、新しい記憶を収納したり、創造性を発揮することに適した状態になります。この脳の仕組みが、朝の時間がゴールデンタイムだと言われる理由です

出典https://shuchi.php.co.jp/

そしてもう一つ逆に活発的でない脳の時間帯が、朝起きて8時間後と22時間後のタイミングじゃ。

 


バイリンガル仙人

このタイミングでは、なかなか脳が動いていない時間帯なのじゃ

 

これには全て、一日24時間のサイクルの中で形成されている脳のメカニズムによって、起きてから8時間後と22時間後というのは、ひとつの脳内サイクルの中での休止タイミングだということじゃ。

 

本業されているヤツであれば、起床8時間後というのはほとんど仕事中であり、英語学習には関係ない時間帯なのかもしれないのぉ。

 

なので、できるだけこの時間帯での英語の勉強は避けて、起床3時間というタイミングが一番脳の中にインプットされ定着する時間帯だと言われているので、このタイミングを存分に活用して学習するようにしていけ!

⇒【満足度97.9%】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

トライズで確実に英語を身につけるなら眠気対策も必須だ!

トライズで英語の勉強を行っていく上では眠気対策も必須になってくる。

 


バイリンガル仙人

特に本業をされて夜に予習復習を行う奴が多いと思うので疲れて帰ってきてからの睡魔はたまらないものがある笑

 

どうしても自然現象として脳が働くことによって起こる睡魔は 本業の昼休憩中や昼飯を食い終わった後に襲ってくることも非常に多い。

 

スキマ時間で英語学習などを行いカリキュラムを紹介していくことが重要だがどうしても昼の休憩中に眠くなったら迷わず仮眠を取れ!

 

無理に我慢して眠気を殺していれば毎日のことなので体調不良になるリスクもある。

 

10分や15分の仮眠を取るだけでかなり脳内がすっきりし帰宅してからの学習が活発になるので眠くなれば多少の仮眠を取るようにしておくことも重要じゃ。

 

基本のベースは隙間時間で学ぶことが重要じゃが睡魔が襲ってくれば対策をする必要もある。

 

その中で有効なのが

■ロッテブラックブラックガムなどを噛み眠気対策をする

■カフェインなどが多く含まれているコーヒーや紅茶などを飲む

■冷却シートなどを使い眠気対策をする

■メンソレータムを鼻に塗る

■つむじを親指で強く押す 

■ブドウ糖や糖分の多いものを摂取する


バイリンガル仙人

基本的にこれらのものが眠気対策なので英語学習中に睡魔に襲われたら是非試してみろ!

 

そしてスキマ時間を活用して英語学習を実践中であればしっかりとスケジューリングして毎日確実にこなしていけるような計画プランを立てていくことが重要じゃ。

 

先に計画プランを立てておくことによって無駄なことに時間を奪われなくて済む。

 

例えば、

7:00~起床

8:00~通勤

8:00~9:00~通勤~英語学習

9:00~出勤

12:00~昼休憩~英語学習

13:00〜仕事

19:00~帰宅~英語学習

20:00~晩飯・風呂

21:00~英語学習

24:00~就寝

このような基本的なベースの中でスケジュール管理していおけば比較的集中できる環境を作ることができるじゃろう。

 

これによってメリハリがつき英語学習に一点集中できるだけの時間の無駄遣いを防ぐことができるということじゃ。

 

ぜひ意識しておけ!

英語習得のプロセスには失敗の連続だ!まずそれを前提にしろ!

まず英語を身に付けることにおいて、失敗を恐れずに貪欲にチャレンジしていくことが非常に重要じゃ。

 

グループレッスンなどで、

■みんなと英会話を交わすことが恥ずかしい

■失敗したら格好悪い

■おかしな発言で英語を連発していないか

など、自意識過剰になり失敗をしたくないという意識で英語学習に取り組んでしまったら、全てがネガティブな発想になってしまう。

 

そもそもの前提は、初心者が英語を身につける過程において、「失敗の連続は当たり前」という意識で取り組むことが大事になってくるのじゃ。

 

初心者なのだから、出来なくて当たり前、間違って当たり前、というようなスタイルで学んでいくと、どんどんスポンジのように新しいノウハウを吸収できる。

 


バイリンガル仙人

これが成功への第一歩となる。

 

つまり、素直な心を持って、何でも吸収して取り組んでいくという精神が英語習得への成功のキーとなる。

 

失敗を恐れるがために、保守的になったり消極的になったりする受講生もたまにいるが、これでは成果が出るまで時間がかかるじゃろう。

 

ぶっちゃけて言うが、別に人前でおかしな発言でしゃべったり、間違えたりすることは決して恥ずかしいことではなく、むしろまた一つ新しいことを吸収できたと捉えて勉強していけば保守的なヤツ等よりはるかに速いスピードで成果が出る。

 

要は結局、亀は最後に勝つということじゃ!

 

トライズではグループレッスンなども積極的に行っているので、早く成果を出したいんであればこのような場で積極的に発言し、自分を鍛錬する場として取り組む意識で実践しよう。

 

自分の望む成果に向けて、適用しているカリキュラムはトライズのオリジナリティと言うべき英語学習のノウハウに理論を織り交ぜている。

 


バイリンガル仙人

それらを駆使し、今の自分のレベルを試す場としてグループレッスンやテストなどを実施しているので、どんどんレベルアップしていきたければ積極的に参加していけ!

 

大事なことは、「失敗は前提であり不安は当たり前」という意識で取り組んでいてば、何もかもうまく回り出す!

 

後は、ひとつひとつ改善を図っていき目標までのゴールを突き進んでいけ!

 

■1年後に全く違う自分に変身して理想の人生を掴むためにトライスでステップアップしていこう!

⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.