トライズで『トライ』だ!

【toeicでトライズの評判に関して】変な意見が多いのでカツを入れる!

更新日:

今回は、toeicに関してのトライズ(TORAIZ)の評判や、評価と言うモノを見て行きたいと思うんじゃが、ネットやWEB上には変な意見や感想がかなり多いと思うので、その辺にカツを入れていきたいと思う。

 


バイリンガル仙人

どうも。バイリンガル仙人じゃ^^

 

英会話塾やスクールには、もう定番中の定番となっているTOEICテスト。

 

しかし、実際はそんな簡単にTOEICのスコアを上げるのは簡単な事ではない。

 

よく、巷の専門学校や塾などのキャッチコピーなどを見ると、いかにも『隙間時間で勉強すればスコアアップは可能です!』みたいな事を言って誰でも簡単にスキルアップできるかのような宣伝文句で誘って来るが、これはとんでもない間違いだと先に言っておこう。

 

確かに、今回注目するトライズでも、TOEICの項目には積極的に取り組んでいるし、1年間の長期スケジュールで多くの受講者達に成果と言う実績を多く出させて来ているので、初心者で経験ゼロでもちゃんとコツコツ取り組めば、誰でもTOEICのレベルは上がっていくだろう。

 

しかし、問題はあまりにもネット上などの意見や感想が『コーチがしっかりと面倒みてくれる』『あなたのためにオーダーメイドのカリキュラムを組んでくれる』『合わないと感じたら、学費は全額返金』などなど。。

 


バイリンガル仙人

これでは完全に依存してるんじゃね??

 

最も重要なのは、受講する側の心構えと、目的達成のための強い信念みたいなモノじゃないのか?ここを見失っているヤツがあまりにも多いとワシは感じる!

トライズでTOEICのスコアアップは実際問題そんな甘くはない!

実際に現在でもトライズではTOEICに関して非常にウエイトを閉める割合で、積極的に取組み、多くのクライアントに英語力の向上や応用力のレベルアップと言う点で貢献している分野だと思う。

 

TOEICはいつ経験しても、おのおの底力が同一なので、常に同程度のスコアが出てくると言われていたんじゃが、その一般的な説は均衡が破れたと考えていい。

 

その背景にあるのはTOEICがかなり突破され始めて高得点者が次から次に登場したためと言われており、たいてい2012年ころからTOEICは困難化している。

 

TOEICの成績は偏差値式だからそうしないと数値の分散がいびつだと考えられていたんじゃ。

 

元を正せばTOEICの数値は相対比較対象なので、全く同じチャレンジ(テスト)を受けても他の受験者のレベルによって自分自身の数値は移行してくる。

 

十人十色で偏差値を出して1から400に割りあて、おのおのを数値化したのがTOEICの数値となり、このポイントは色々な説が言われておる。

 

そういう理由でトータルの9割を達成できても、他の受験者の出来によっては800にも900にも渡るわけけで、それに比べ高正解者数がここへ来て拡大しているため、ほんらいツリガネ式になるべき分の所に小さな山が作られてしまうわけじゃ。

 


バイリンガル仙人

これを正そうとするとテストのハードルを上げなければならないので、それとは反対に、ここ何年かの法人のTOEIC意識傾向の上昇で高得点を対象にしたニーズはアップしているが、実際の所TOEIC受験者数は2012年からそれほどまでデカくなっていない。

 

ここのところがかつてのように大きく異なってると違うポイントで、同様の手法で攻略したとしても、結局のところ最後のスコアが下がるんじゃ。

 

日本国内でのTOEICの熱がレベルアップして、テストが突破され始めたというのが根源だと言えるが、思いがけず他のアジア圏の国からTOEICにトライしている人が広がりを見せているケースがある。

 

特に日本と韓国はモーレツにバトルをしている傾向があり、ほぼほぼ韓国の方が受験者のグレードが高いことは間違いない。

 


バイリンガル仙人

韓国は日本と対比してみてもTOEICがエネルギッシュで、ひとつの例としてサムソン社はTOEIC900以上での数字でないと入社すらできないとか。。(マジか!?)

 

トライズでは、TOEICの個人レベルの能力を引き上げるカリキュラムはもちろんじゃが、それ以上に総合的な英語学習をストレスなく取り組めるように、2ヶ月や3か月と言う短いスパンではなく、そのために1年間の長期プランを敷いているのが本当の根拠じゃと代表の三木氏は述べておる。

 

TOEICスコアへの法人の期待度が国際のビジネスコミュニケーションの現場でどれ程のレベルに到達しているのかと言えば、かなり驚きじゃ。

 

自社に英語が求められる仕事内容があると回答した日本の有名企業は75%にも到達しており、近頃では、メジャー会社だけではなく、中小企業やベンチャービジネスにもその広がりが存在しておる。

 

そうしてから、人材採用でTOEICスコアを駆使してする会社組織は、7割近くにも上っており、日本にある会社組織が英語力を計測する判断基準として、TOEICがメインになっていることはもはや明白。

 

気になる全世界のTOEICの認識は日本でメジャーが進行している、このTOEICをどのように思うのかが重要で、おぬしがイメージしているのは、TOEICは英語での事業コミュニケーションのキャパを計測するぐらいしか思ってない事じゃろう。

 

しかし実際には、オートマティックに仕事とか、キャリアアップとかで英語は海外就職にも一役買ってくれるものとイメージし、そこからTOEICスコアによって様々な夢への第一歩が得られるものとなる。

 

それとは逆に、英語を身につけておくことは今後の日本経済においてもはや必須のツールになっていき、このスキルが無ければどんどん時代の流れや変化に対応できなくなり、取り残されて収入などの面でも苦労する事になるのは目に見えてるじゃろう。

 

義務教育で会得した英語基礎力は、おおよそおぬしと同じだったと想定するが、社会人になりたてのころは、しゃべれない、書くことができない、そしてまったく必要性もないと言う事で、 TOEICは行き渡ってなくて、英語テストというと、英検程度しか理解していなかったヤツがほとんどじゃろう。

 

しかし、今後の21世紀からはそうも言ってられない時代が遂にやって来たというわけじゃ。

 


バイリンガル仙人

なので、 『TOEICが隙間時間で簡単にレベルアップできる!』なんて、トチ狂った意見や感想は言えないし、そんな簡単にTOEICのスコアがアップできるものではない事を今ここで断言しておこう!

 

ちゃんと、地に足のつけて真面目にコツコツできるヤツだけが、望む成果を得られるんじゃ!

 

■おぬしが真面目にコツコツできるヤツであれば、迷わず今すぐトライズで無料カウンセリングからスタートじゃ!
⇒【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

トライズのTOEIC評判に関して変な意見が多すぎるのでカツを入れる!

ぶっちゃけ言えば、トライズは英会話スクールなのか、塾なのか、専門学校なのか、この辺が詳細なターゲティングがどの分野にはいるのか見えずらい部分が正直あるように思うんじゃが、確実に言える事は、『英語学習やTOEICスコアアップは簡単では無いから身につく』と言う事をキャッチフレーズとして広告を打っている。

 


バイリンガル仙人

つまり、『簡単ではない』と言う事を平気で謳っているので、そのぶっちゃけ度は噓偽りがない根本的な証拠と言える。

 

ほとんどの英会話取得機関が広告を打ってるキャッチコピーを見れば、『隙間時間で簡単に英語が話せるようになる!』系のコピーが殆どの中、トライズだけ『簡単ではない』と言う事を打ち出しているので、その根拠に基づいたカリキュラムを採用しているわけであり、言わば簡単ではないのは最初から理解している本気度の高いガチなヤツだけを相手にしている英会話スクールだとも言えるわけじゃ。

 

つまり、これ以外のクライアントは取らないし、最初の無料カウンセリングでその辺は徹底して、『なぜ、英語を習得したいのか?』と言う細かなビジョンを伝えないと行けないので、この段階で本気度がどこまで高いヤツなのかを考慮する。

 

これら全体の流れで、トライズのカリキュラムやスケジュールはそのクライアントにピッタリなオーダーメイドを提案してくれるので、英語脳の引き上げやTOEICスコアアップが長期的な視野で可能となってくる仕組みじゃ^^

 

この他にも、トライズは料金が高いことでも話題になる。

 

専属アドバイザーが行う反面、ネイティブインストラクターはインストラクター同士のトレーニングもあるなど、英語をエキスパートできるようになるまでに1週間で20時間の実践がテーマ。

 

この1日3時間の学習時間をキープするのに多くのクライアントが頭を抱える。

 

英会話アカデミートライズの実践ポイントがキモで、 この「1日3時間」は事業人材選抜に絞り込んだ英語チャレンジだと考えろ。

 

参加し始めて過酷さを肌で感じたクライアントが大半じゃが、このフルパワーでクリアーして、通勤時間という時間の有効活用で以外と無理ではない事に気付くだろう。

 

確実に一人だと離脱するかもしれないが、 トライズではカリキュラムが終わって卒業したとしても、その後の長い人生で、英語がペラペラになっている。

 

これが本来、おぬしが目的にしていた事ではないのか?

 

ここに到達するまで以外の事に、多くの人が受講しようか悩んでいるヤツがあまりにも多すぎる!

 


バイリンガル仙人

全ては目的達成のためだけに時間を注げばいいのじゃ。

 

他の事は、一切考えないマインドセットが重要なのじゃ。

 

何はともあれ、長時間を確保するカスタマイズプログラムを専属エージェントが行う一方で、ネイティブ講師から習うことは重くのしかかっていた最初の頃はどんなクライアントでも経験する事じゃ。

 

しかしながら、もしも全国規模で肩を並べるくらいの英語力が身につくとしたら、トライする価値は大いにあるし、そもそもトライズでは、年間1000時間の英語学習にトライすることで、クライアントの英語力を「英語圏で日々過ごせるレベル」に至るまでアップさせることに留意している。

 

そのプログラムは1つ1つ特長的なロジックに証明されており、 反対に「効果がないから挫折する」といった意見もぶっちゃけある。

 

ここで、トライズは挫折しやすいアカデミーなのか? トライズのポイントやトレーニングの状態を見ていきたい。

レッスンスパンは1年間がスタンダードなトライズでは、1年間に1000時間のトレーニングで成果を出させることを重要視している。

 

多忙な大人がここまでの学習量を独学レベルでキープするのは苦労して大変な事は誰の目から見ても明らかじゃ。

 

ハートを高くキープしながらスムーズに成果を出すためにも、トレーニング期間のものさしは1年間の期間をトライズは設定している。

■レッスン回数

1年間で1000時間のトレーニングの内訳はと言うと、 セルフトレーニングと言って、トライズでは週に約28時間のスピーキングやシャドーイングや特訓のホームワークを行うことが重要で、自分のテンポで切磋琢磨できるこの時間を効率的に使って、面談レッスンでのアウトプットにスウィッチしている。

■面談レッスン

セルフトレーニングで打ち込んだ知恵を使ってリアルで英語で話すパワーをつけるために、面談レッスンを受ける。

 

ここでの面談レッスンは、マンツーマンの個人的レッスンとサークルレッスンをブレンドして、マンツーマンでは自分の目標や志望に合わせてプレゼンテーション、ミーティング、ロールプレイなどといったトレーニングを行い、サークルでは小さなグループでミーティングをする。

■オンラインレッスン学習

メインに通えない受講生には、インターネットレッスンがスムーズで、トライズでは全てのカリキュラムをWebで受けることが出来るので、生活リズムに合わせて朝方や夜の時間帯の学習も実現可能。

 

トライズであれば、全受講生の4割以上がWebのみで実践しており、実際に店舗に通っているクライアントと同じ程度なキャリアを上げている。

■成果が出なくてドロップアウトするヤツの特徴

ハッキリ言ってトライズはとても人気なアカデミーで、心配されがちな1年という学習スパンも巧みなコーチングがベースになって初心者でも無理なく乗り切れるとフィーリングが多くある。

 

価格が高いとされたレッスン料金も1レッスンあたりの単価でみればさほどロープライスじゃ。

 

とは言ってもトライズで成果が出ずに、ドロップアウトするヤツとはいったいどういうヤツなのか?

 

結果から言うと、ウェブ上にあるアンチトライズの評判や口コミは「おのおのの学習意識」や「真剣さ、ビジョン」と言ったことで、トライズの育成スタイルと合わないミスマッチから芽生えるもの。

トライズの育成スタイルが合っていないヤツはドロップアウトする受講スタイルに「1000時間の訓練」を見越した、長期に及ぶもので、ライザップイングリッシュや本田圭佑のCMで話題のプログレットなどは2か月から3か月の短期集中型じゃ。

 

1年とでもいうべき長期育成を行うのがトライズの持ち味なのに対して、 ドカ~ンと短い間に学びたいヤツや「ビックリするほどの英語スキルの好転」に期待を懸けるヤツにとって、トライズのスキームは見た目以上に過酷な環境だと捉えるのじゃ。(なんせ1年間じゃから)

 

学習1か月~2か月で一辺倒では大したインパクトが出ず、いらだちを覚えたりフェードアウトするヤツがいるのも言い換えるなら仕方ないことかも知れない。

 

仮に本格的にトライズに通うなら、悪く見積もっても半年はセーフティーで実践する覚悟を決めて、そうしてから、それでも本当にインパクトが出なければ専属講師とコミュニケーションを取って相談する事が正し進み方じゃ。

つまり、義務教育のワークショップ程度のイメージで、受け身で学んでいると英語脳はいつまで時間が経っても伸展はしない。

 


バイリンガル仙人

まずはここの基礎から今のおぬしのマインドセットを切り替えて、成功するためにどんな心構えや行動パターンが必要なのか、今一度考えてみろ。

 

■正しいマインドセットでスマートに英語脳を引き上げたいなら、まずここから身につけろ!

トライズ版TOEICの対策はまずプログラムの理解と受講者の心構えじゃ!

英会話取得やTOEICスコアアップが望む成果に達成できないのは、何かを辛抱したり、ハードな勉強をしなくてはいけない、と信じ込んでしまうからじゃ。

 

心理をチェックしてみると、フラストレーションを排除して、勉強のボルテージがわくロジックが習得されてくれば高い確率でそいつは成功への道に乗っている。

 

なぜ自分は英語がしゃべれないのかを見極める事が重要で、

■海外生活や留学をしていなかった

■学校で英語が下手くそだった

■受験先に考慮して、コミュニケーションをしていなかった

■周囲に英語を使うシチュエーションがない又はニーズを実感しなかった

■ニーズと思いつつも逃げてきた

■とにもかくにも勉強自体が嫌でたまらない

このような思考に陥ってしまう。

 

ではなぜ英語を身に付けたいのかをクリアにする目的や、その目的のビジョン(夢)をリアルにビジュアル化して行動するヤツは必ず英語をマスターできると断言する!

 

「喋れるようになりたい」「TOEICで高い点数を確保したい」というコンセプトがあっても、その目論見の向こう側にあるもの、わかりやすく言うとなんのためにそのゴールを成し遂げたいのかというポイントが単純明快で無いヤツがあまりにも多い。

 

そのゴールは何でもいいので、「今後はグローバルな稼業をバリバリやりたいから」とか、「外国を思うがままに一人で旅行したいから」とか、なんでもOKなのじゃ。

 

要は、そのきっかけに対して、英語を思い通りに話している自らの姿がオープンにリアルに発想できるヤツほど、勉強や理解のためのトライが苦でなくなる。

 

『英語ができたらこんなに近未来が明るくなる』、と理解し写し出せるようになれば、自らのやっていることの意図がよく分かるようになる。

 


バイリンガル仙人

一番フラストレーションなのは、やっても全く役に立たないことをやっているその瞬間だ!

 

それは何を目的にやっているのか?この小さなサクセスストーリーを継続する 目標・目的を解き明かされ原因がしっかりとできるのなら、あとはどれだけそれをキープできるかがキーポイントになる。

 

語学は一定量学習すれば必ず日常使いレベルまである程度は知識を得ることが出来るものじゃけ、あとはどの程度保持し続けるかの挑戦なのじゃ。

 

自分のかんばりの答えがストレートに分かることが、持続するには要求され、リアルで英語の勉強を経験がない状態でも少しづつでも余すところなく進化を想定されるようになれば、学習が面白くさえなってくるのじゃ。

 

こうすれば疑う余地もなく継続し、目標達成は時間の問題となる。

 

■これまでの事を、府に落とせたら今すぐトライズで1年間の年間スケジュールをピックアップしてもらいに行け!

⇒1年英語マスタープログラム「トライズ」

トライズに限らず英語学習で成功者と失敗者が現れるのはなぜなのか?

単刀直入に言う。

 


バイリンガル仙人

『なぜ、今から英語を学ぶのか?』この問いにおぬしはどう答えるか?

 

何か得れるから学ぶと言っても、人より学習して高いスキル(英語脳)を身に着けてたとしたら、高確率でそれに見合った形で英語を活用しようとするはずじゃろう?つまり、ものにする前にやる価値が有るか否かを想定すること自体がナンセンスだ!

 

突っ込んで解説すると、 英語を訓練し、自在に操れるようになれば、その部分は『英語を上手に操れる自分』がもう一人完成されたことだと言える。

 

これは特質であり、オリジナリティーの1つで、そうしてから、何かができる自分自身というフィーリングから生まれる確信やプライドともなったもの。

 

人は、自ら磨いたオリジナルのスタイルを生かしてリアル社会において役立てとうとするモノで、英語も自分の個性が世の中に一役買ってくれる入り口となるのなら、自分への豊かさとなる。

 

つまり、このような余談は、決して時間の無駄にはならないし、英語に限らずすべてのカリキュラムに役に立つことでもあるので、肝心な部分なのじゃ。

 

クライアントが即決で英語学習にトライできるよう、きっちりと発信していきたいが、語学修得テクニックのゲットや定着は挑戦をともないますが、それはどのスキルをゲットするときにも根本的に応用できる範囲が広いので、おぬしの人生の富になる。

 

ライフスタイルはこの先長ければ長いほど、英語を習得したおぬしに 英語学習の習慣が身につき、あるていどコツが付いて一人でもやり遂げられるようになったら、一般的なテキストで自分自身のテンポで学習を継続的に行っても問題はない。

 

しかし、『自分は英語が全く解らない』とか、『今までの人生経験において失敗することはハズかしいもの』という風に常に時代遅れの経験を土台としてアクションを取るか取らないかのジャッジを行うのが、何をやっても成果が出ないヤツの特徴じゃ。

 


バイリンガル仙人

言うまでもなく、今までの記憶を一定レベルの基準値として、行動パターンを取っている思考回路に陥っているわけだから、目の前にチャンスがあっても全て自分の過去の基準値だけで判断しているイタいヤツにだけは絶対になるな!

 

このような思考になると、本来チャンスをモノにしてさっさと成功するはずなのに、自分の価値観のみで判断しているため成功できるものも成功できなくなるスパイラルにハマってしまう。

 

このように、古い価値観に囚われて、記憶として残っているヤツがプライドが最も高く、新しいスキル習得に成果が出ない結果になってしまうんじゃ。

 

しかし、今後英語の習得を可能にするに当たって、我々大人は、幼児と同じような脳の使い方(素直さ)で学習を行うことが求められ、オリジナリティを最初から強く求め過ぎる思考はかなり危険だと言う事を強く意識して取り組んで行くことが求められる時代になっているわけじゃ。

 

■ここのマインドをどう切り替えることができるかで、今後の英語習得にも大きな影響が出るのは間違いないので、今ここで全てが解決できるようにこのサイトで全てのスキルを学んでからトライズに出向くようにしろよ!

⇒【楽ではないから成果が出る】1年英語マスタープログラム「トライズ」

トライズの1年スケジュールで結果が出なければ英語は諦めろ!

■年間スケジュール

⇒スピーキングスキルレッスン&リスニングスキルレッスン

 

1ヶ月目⇒基礎基本から聞く・話す・書くの徹底入門編から英語の基礎シャドーイング

2ヶ月目⇒基礎基本から聞く・話す・書くの徹底入門編から英語の基礎シャドーイング

3か月目⇒英会話で抑えるべきポイントと会話の実践上級者へのステップアップとして音読トレーニング

4ヶ月目⇒英会話で抑えるべきポイントと会話の実践上級者へのステップアップとして音読トレーニング

5ヶ月目⇒違和感なく英会話ができるように基礎から応用へ主にアメリカ映画からスクリーントレーニング

6か月目⇒違和感なく英会話ができるように基礎から応用へ主にアメリカ映画からスクリーントレーニング

 

7か月目⇒ペラペラに話せるようにスピーチ力を更に高める即戦力で活躍できるようにビジネスの環境を想定

8ヶ月目⇒ペラペラに話せるようにスピーチ力を更に高める即戦力で活躍できるようにビジネスの環境を想定

9ヶ月目⇒面談・グループセッションを更に高めてどんな人でも問題なく英語が使えるようにしていく音読や聞き取りに不備がないか細かくトレーニングをし方言やニュアンスの違いでも理解できるように実践

10か月⇒目面談・グループセッションを更に高めてどんな人でも問題なく英語が使えるようにしていく音読や聞き取りに不備がないか細かくトレーニングをし方言やニュアンスの違いでも理解できるように実践

 

11か月目⇒これまで学んだ事の総まとめとして基礎から応用への見直しこれまで学んだ事の総まとめとして基礎から応用への見直し

12か月目⇒既にここまで来たら、英語が日常レベルで話せるようになっている。卒業までの1ヶ月でラストスパートをかけ、どんどん英会話のコミュニケーションを取って改善すべきところはないか再チェック既にここまで来たら、英語が日常レベルで話せるようになっている。

 

卒業までの1ヶ月でラストスパートをかけ、どんどん英会話のコミュニケーションを取って改善すべきところはないか再チェック


バイリンガル仙人

トライズはよく料金や学費が高いって敬遠するヤツや1年間なんて長すぎると言ってるヤツがいるが、ハッキリ言ってそんな事を言ってるヤツは一生掛かってもスキル習得は不可能だと断言する!

 

英語脳がレベルアップしていないのなら、かりに受講料が割安でも意味がない事に気付くべきじゃ!

 

言葉の学習を行う上で、人間が肝を据えておかなければならないのは、言語取得は失敗する繰り返しという事だ。

 

何回も失敗してそしてそれらを改善していく。 これ以外に言葉をものにする道は無い。

 

しかし、よく例えたら、いい歳しても日本語の使い道を誤ったり、漢字を思い出せないことはたくさん日常生活において出て来る。

 

そこで、また改善を加えたり、記憶に留めていくオペレーションを展開しているわけだ。

 

わかりやすく言うと、言語取得とは、こういった風に失敗と手直しを永続的にやり続けるものであることをウッカリしているヤツが多い。。

 

英語習得をする上で重要な事をスルーするヤツの特徴を一言で解説すると『失敗を失敗だと理解していない』事じゃ。

 

ひとつの例として、外人と話していた時に英文のある記述を主張することができなかったとする。

 

そのタイミングでは、往々にして

■失敗した

■恥ずかしい

■やっぱり言わなきゃ良かった

■やっぱりできねーよ

こんな風に思うヤツが殆どじゃ。

 

しかし、プラス思考に成果が出るヤツはこの会話にまったく異なるインスピレーションを生む。

 

それは、

■また実践して英文を覚えれば良いだけ

全くシンプルじゃ。

 

意外とスルーするヤツはこのような思考にならない。

 


バイリンガル仙人

どんな時にもその出来事に対して何かトレーニングとなる位置付けをしているという事で、 こういった風に、あらゆることの位置付けを主体的にチェンジさせるというメソッドを『リフレーミング』と言う。

 

一も二も無く英語勉強を諦めてしまうヤツは、「ミス」ばかりに視点を置く傾向があり、 このように、脳の活用法を少しでも変化させると、目に入ってくるサマリーも全く違った形になり、それぞれの心理状態においてさえ移り変わってアップデートする。

 

ここの所が、英語学習に成功しやすいヤツとスルーするヤツの差が出る認識のアプローチであり、例外なく誰でも実行できるなのじゃ。

 

とにもかくにも、一つの会話から新しい発見や気付きを得る意識で、取り組めば失敗を怖がることなく、英語の学習に力を注ぐことができるはずじゃ。

 

他の庶民的な英会話スクールは規則通りのテキストを使い皆と一緒に同じレッスンをするので、成長するヤツと、伸びて来ないヤツが出て来る。よくある町の中にある英語教師じゃな。

 

ぶっちゃけて言えば、 トライズではこういった事はなく、余すところなく結果がでるようにおのおのにコーチがしがみついてくれる。

 

要は、正確に提言をくれるコーチの存在ははずいぶん強力になるはずだ。

 

この専属アドバイザーはその辺の成り上がりなどではなく、日本で生まれ育った正真正銘の日本人や、英語においては苦労しながら試練を乗り切ったネイティブコーチだ。

 

なので、クライアントの課題においてはツボを押さえた提言を伝えてくれるので、 おぬしがガチで英語を身につけたいなら、トライズは「高い」どころか、「安すぎる」と言える。

 

■ただ、冒頭に言ったように、全てをコーチに委ねるような心構えとか、完全に依存しきったマインドでは100%成果を出す事はできないので、ここの部分は受講する側の最低限の心構えを持ってトライズにチャレンジしろよ!

まとめ

何かにチャレンジする。 結果が現れる、はたまた上手く行かなかった時、それは失敗や挫折ではない。

 

チャレンジが経験を積んでくれた事を忘れてはならない。

 

うまくできれば英語が話せる、上手くいかんかったら人生経験が詰める。

 

人生は行動した者しか体験できないようになっている。

 

行動したら必ず失敗をするパーセンテージは存在するが 、かと言って行動しないとそこにリスクもない分、成功もないのじゃ。

 


バイリンガル仙人

言わば、今のおぬしの現状維持の暮らしが永遠と続くだけじゃ。

 

英語学習において、ステップアップに絶対不可欠のものは大まかに分けて3つあり、語学にもこれを活用して飛躍に大きくアプローチする材料だ。

■英語習得を成功させる3つの鉄則

⇒ビジョン(目的を明確にする)

⇒キャッチボール(相手との会話)

⇒タイミング(環境に飛び込む決断力)

英語を学ぶのは何があってもハードルが高すぎる!とおぬしは思っていると思うが、その考えがナンセンスで、へこたれずに実践を続ければ、例外なしに英語が出来るようになる。

 

我々の時間は有限であり、無限ではない。

 

英語を学ぶのは、訓練をして、その学習に取った時間を犠牲にして本来取れた自由時間をシャットアウトすることで、英語学習をするというライフスタイルの決断なのだ。

 

そして、その犠牲を自ら取った行動そのものが、1年後の将来に見返りとして戻ってき、さらにそこからは英語が話せている新しい自分に生まれ変わる事ができる。

 


バイリンガル仙人

それを実現する為にも、英語をやると選択したなら本気で取り組んで欲しいし、もしおぬしが実践中でも困ったとしたらまたこのサイトに戻って来い。

 

おぬしの結論と答えが必ず発見できるはずだ。

 

■1年後の新しい自分を想像してトライズで夢を実現しよう!

⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.