正しい英語学習はコレ

【毎日忙しい!】短時間で英単語を覚える1日のルーティンはコレ!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、短時間で英単語を覚える正しいルーティン術などについてピックアップしていく!

 

英語学習に取り組んでいる社会人などは、毎日が忙しく短時間で英単語を覚えるのは中々難しく考えがちじゃが、実は短時間で効率よく英単語を覚えるのはルーティン化してしまえばカンタンな事だ。

 

ここでは本業などで中々時間が取れないなか、英会話学習に奮闘しているおぬしのために短時間で英単語を覚えるコツなどを解説していこうではないか。

社会人で時間がない!短時間で英単語を覚えるルーティン術!

どのタイミングに何を学習をすればよいか明白にするためには、我々の脳みそが24時間によってどういう風にして機能しているのかを把握することが必要だ。

 

脳の働きにそぐわないような実習をしてしまっては、生産性のいい実習とは言えない。

 

ファーストステップとして、脳やカラダのキャパシティーの一日のパターンをおさえておく必要がまず前提で、 いの一番に午前中においてそれが最も効率的に稼働する時間帯なのじゃ。

 

脳科学者の茂木健一郎によれば、朝起きた後の約3~4時間は、脳がとりわけ合理的に稼働するゴールデン帯なのだ。

出典https://www.pen-online.jp/

この原因は、きのうの経験値が眠っている間に調整され、朝はクリアーな状態を保つから。熟睡と記憶は二人三脚で、そうしてから次の日の朝の脳の様子について、カレは次の通り解説している。

私たちは日中の活動を通して、目や耳からさまざまな情報を得ています。その情報は大脳辺縁系の一部である海馬に集められ、短期記憶として一時的に保管されます。その後に、大脳皮質の側頭連合野に運ばれますが、この段階では記憶は蓄積されているだけです。 それが睡眠をとることで、記憶が整理され長期記憶へと変わります。すると朝の脳は前日の記憶がリセットされるため、新しい記憶を収納したり、創造性を発揮することに適した状態になります。この脳の仕組みが、朝の時間がゴールデンタイムだと言われる理由です

出典https://shuchi.php.co.jp/

特に空腹の時間帯は、脳が機能しやすい。

 


バイリンガル仙人

17時前後などの遅い時間に近付いてくると、おなかがすいてくるよな?

 

ビックリすると思うが、この空腹の時間帯も学習にバッチリなのじゃ。

 

この原因は、人々の動物たちとしての本能によるもの。

 

それぞれが山で食べ物を維持しながら生活していた昔は、空腹がやってくると獲物を探し出さなければ食べるものがなくなり自らの命の危険にさらされる時代で、食糧をゲットしやすいゾーンを憶えたり、関心を研ぎ澄ましたりすることが不可欠であった。

 

このインプレッションが依然として今でも受け継がれているので、おなかがすくと脳がパワーアップし、記憶力やモチベーションがレベルアップしていく事が科学的に証明されている。

 

まずは自分の脳が効率的にどう働くのか?を意識して取り組もう。

短時間で英単語を覚えるには具体的に何をすればいいのか?

英語学習において、どういったやり方で幾つもの英単語を覚えることができるかは毎日の継続力とルーティン向上につながる重要事項だと断定できる。

 

よく理解している単語を並べることで、さらっと表現したいことがユーザーに伝わることもあれば、相手の言うことが完璧にはわからなくても耳に入って記憶していたフレーズをつなぎあわせて事実をヒットさせることも可能だろう。

 

「ハッキリしないフレーズは文脈から予想」とよくいわれているが、そこそこのスキルがなければ先読みも後でしんどくなってくる。

 


バイリンガル仙人

初心者は特に初歩的な基礎を身につけることが、スムーズな英語会話の意思の疎通へのキーポイントとなるコツじゃ。

 

「どういう方法を取れば英単語を手間無く学習できるか?」「英単語をあれよあれよという間にインプットするキーポイントは?」こういった質問は、英語を学習した者ならば1度は考えたケースがあるのではないか。

 

学校時代にメモ用紙にしょっちゅう英単語をインプットしてマスターした記憶がある者もたくさんいることだろう。

 

しかしながら、メモ用紙にしばしば書いたフレーズを今はいくつくらい頭に入っているか?

 

英単語を学習したとしてもすぐ忘れてしまっては全く持って意味が無いし、長い期間エネルギーを注ぐことはもちろんいっそのこと抵抗感があるもの。

 

こちらでは、それほど短時間でフレーズを覚え経験値に定着できるキーポイントを解説していく。

短期間での学習ポイントは「記憶曲線」を意識しよう

毎日の生活習慣で、きのうの単語はプランどおりマスターした。では翌日さっそく今まで知らないフレーズを学習するファーストステップとして、たとえ15分ほどの短時間でもうまく使ってきのうの復習をしよう。

 


バイリンガル仙人

記憶曲線によると、短期的な記憶は殆ど4日もたてば約8割忘れてしまう。

 

要は、もう間もなく忘れるの時期に復習し、記憶を活性化させるのは一番結果が出るのだ。

 

この記憶曲線に沿った手法はいろいろな説があるが、一個人としてはこの復習の時間軸は一番テクニカルでいち押しだな。

■最初:マスターしたい単語リストを暗記

■1回目復習:4~5時間後⇒お昼ぐらいに1回つかんだ単語を、夜眠りにつく前に復習。

2回目復習:2日目 3回目復習:4日目 4回目復習:8日目 5回目復習:15日目 このやり方で、おおよその単語は長いスパンでの記憶という形でインストールされると言われている。

 

シンプルにするため単語やフレーズのリストを作ることで、オリジナルな勉強方法を確立でき、そのままアジャストして単語量の増加でピックアップしていくといい。

 

ほとんどのケースで1つの一覧に50ぐらいの単語フレーズを入れ込めばOKだ。

 

よく分からない単語はあくる日のスケジュールに入れて、ずっと継続させる。

 

短い間に多数の単語を覚えるには、「量をやり遂げる」ことが必要不可欠である。

量をこなすと言っても英単語の本質を知ればカンタン

たくさんの人は英単語を知らなさすぎると言ってもいい。。

 

英語には把握しないといけないフレーズと把握しまくていいフレーズが存在する。

 


バイリンガル仙人

解らないままでもいいフレーズは一体何だと思う?

 

これは現代日本語でも一緒だ。 解らないままでもいい単語というのは、専門単語でどうしてかというと専門単語は解らないままでもいいように課題が開発されているから。

 

受験英語などはとりわけそれが強烈に出ている。

 

例えば、テストの用紙に米印で意味が掲載されていたりするが、こうしたフレーズはある程度の範囲でしかでて来ない単語なのでベーシックな英語力を意図するには要らないと言うこと。

 

現代日本語でいうとある種の業界言葉といったものだと考えていい。

 

そのため、こういった類のフレーズはインプットすることは必要ない。

 

言い換えれば違った単語は常用英単語になり、ネイティブならよく知られているそんな用語である。

 

そうは言っても、英語に抵抗感がある者達がダントツにこういった類の継続的に使用する英単語の主旨を認知していない。

 

これに関する現代人があまり使わないフレーズを”常用”とカミングアウトして記入していて完全に間違った英語学習を教えているスクールや塾もあるほど。

 

すえ恐ろしいな。。

 

まさに学費だけ知らぬ間に搾り取られていると言う事だ!

 

このお蔭で、常用用語が解らなければ英語を解くのがとっても困難になってくるわけじゃ。

 

ただ、これとは話が違ってくるが受験英語やTOEICでスコアを取るにはどんなに悪くても”常用単語”に見合ったフレーズは学習しておかないとスコアを上げるのはマジでハードルが高く思う。。

基礎が理解できていなければ英単語をマスターしても無駄以外ない

1回英語を習得しただけで、これと言って復習をせずにそのままにしておくと言うことをやっておれば、依然としてどっち付かずの勉強手法になって全く意味がない。

 

フレーズや単語などは、一年を通じてやり続けてやらなければ意味はない!

 


バイリンガル仙人

一度学習したのものを忘れ、新たに覚え直すというオペレーションは2度手間でもあり、人間の記憶は毎日の予習復習によって始めて定着する。

 

一日毎に単語、文法等の実践はとにもかくにもやり続ける事が最大のコツで、 よくある巷の教材やスクールでアピっている高速リスニングや高速スピーキングなどをクリアすること事態にそれほどメリットはないと断言する!キチンとした単語力がモノになって始めて新しく 自力になるのだ。

 

高速なんちゃらかんちゃらをマスターさえすれば学習を止める日本人が圧倒的に多すぎる!

毎日忙しい!英単語の効率的な学習方法とは?

英語の基礎ベースは、 言語の土台を支えるものであり、 おおよそで位置付けると フレーズや発音、文法になる。

 

こういったものが、3本の柱という視点で、次のテクニックのスキルとなっています。

「リスニング」、「スピーキング」、「リーディング」、「ライティング」

これらが、シチュエーション別の「プレイ」だとすると、 発音、文法、フレーズはそれに特化した「パターン」や「材料」みたいなもの。

 

それに比べ、このパターンと言うのは日本式の学習ではあまり使わないポイントであり、 そういった時には自分自身の口と耳を使う「発声」がめちゃくちゃ効果的になる。

 


バイリンガル仙人

我が国の学校教育では「読む」事と「書く」事限定でウェートを置くパターンが殆ど。

 

要は、「英文法」と「英単語」ぐらいしか殆どトレーニングしていない。

 

つまり、「リスニング」、「スピーキング」というプレイの局面はほとんど無いので、そのプレイに欠かせない材料は学習して来なかったと言っても過言ではない。

 

つまり、我々は「発声」という材料はあまりピックアップせずに、ただひたすら「読み書き」をしていたことだ。

 

すえ恐ろしいな。。

土台(ベース)は家で言えば骨組み

そうは言っても、現状の英会話で発音は絶対必要になる。

 

「文法」「単語」だけのベースでは、 そのフレーズを知っていても、何って言ってるか伝わらない。

 

学業で学習した通り英語で話し合っても、全く通用しない!というガックリな現象が何度も起きてしまう。

 

それが理由で、「だからこそ、もっと英単語をマスターしなきゃ」と悪循環に陥るケースも。

 


バイリンガル仙人

実践が不足しているよりもダントツに、「発音」であるベースが不足している。

 

その部分に気が付くだけで、かなりスゴイコストパフォーマンスが期待できる。

 

要は短時間で英単語をマスターすることもかなり魅力的な事だが、まずはこのベースを意識しておかないと全ての土台が崩れて、結局マスターしたスキルも何の約にも立たない。

 

英会話はありとあらゆるベースを作るナンバーワンの学習法と言われており、そこに勘付いた者もいるかもしれんが、「本読み」「書き込み」では、発声を使わないが、その反対に「スピーキング」、「リスニング」は「発音」「英文」「英単語」と、ありとあらゆるベースになるものを活用する。

 

つまり文章や、本読みよりも、リスニング、スピーキングであるほど割の良い学習法ということになる。

 

英語のドラマや、映画などを主体として見るのは「発音」「英文」と、ありとあらゆるきっかけを使い、「リスニング」のスキルアップが期待でき、全ての土台が完成する。

 

そうは言っても、この状態は短時間で英単語を覚える「リスニング」のトレーニングにはならない。

 

英語のドラマをみるよりも、コストパフォーマンスがいいのは「リスニング」と「スピーキング」双方の技術向上ができる環境に身を置くことだ!

 

つまり、独学などのバカな事を考えるんではなく、マンツーマンの二人三脚で指導してくれる環境だ。

短時間で英単語を覚えるには1日の学習意識を少しずつ変える事だ

特に英会話学習の初心者がやりがちな効率の悪い単語暗記の勉強方法とは、 ものすごい量の単語を用紙にできるだけメモして暗記しようとすること。

 

これと言って、学習をスタートさせたばっかりの者は、単語をインプットする時にしばしば用紙にメモしてマスターしようとする。

 

学生時代に、ワシの身の回りにも、 英単語のテストより先に、がむしゃらになってひたすら書きまくって覚えようとしている同僚などが殆どじゃった。

 


バイリンガル仙人

ただし、実際この実践だと、マジで結果に繋がらない。。

 

この原因は、数多くあるが一番重要なポイントを見ていこう。

■スキル習得までにかなり長期化してモチベが維持できない

■発声&トーンが把握できない

このような事が最大の理由であり、それを効率的にするためには、 英単語を空想によって覚えるのが効果が期待できるポイント。

 

要は、イラストや絵を用いれば、日本語を経由しないで、空想出来るようになるので記憶力が増して組み立てやすくなる。

 

イラストを描くことを通じて、単語がイメージできると言う事。

 

これであれば、ただ単に無意味にひたすら単語を書きまくる必要もないし、圧倒的に効率的に単語をイメージできるようになる。

 

英単語をひたすら無意味に紙に書いて成果が出なかった者は一度試す価値は十分にある。

 

つまり、日本語を経由しないで、単語をイメージ出来るようになる事はイラストを描く事。

 

これのプラスの面は、「日本語を通すことなくフレーズを解釈できるようになる」と言える。

 

ここでいうイメージとは「思い浮かべる」部分。

 

マスターしたい単語のすぐそこに影響を及ぼしている絵を描くことで、明確で思い浮かぶことが出来る。

 

オーソドックスな英単語のノートなどを使っていると、

■英単語⇒日本語の解釈(意味)⇒想像

となってしまう順番で思い浮かぶはず。

 

1つの例として、このような英単語ノート。


バイリンガル仙人

我が国の本屋の陳列場所はどこを見渡しても、このような割り付けの単語ノートしかない。。

 

そうは言っても、このような内容のノートをストレートに活用していると「英単語⇒日本語→想像」というプロセスで思い浮かぶことになってしまう。

 

さる事ながら、このプロセスで覚えるのが日本人の場合は一般的で普通の事ではあるのだが英語のフレーズをあっという間に変換するためにはマズいプロセスだ。

 

ネイティブ人のロジックを見てみると、彼らの意識の中には「日本語の定義」は見られない。

 

つまり、 ネイティブの面々は「英単語⇒感覚」というふうに即座に単語をイメージにより熟知している。

 

そのうえ同じように我々日本人は英語を、「英語⇒固定観念」で捉えているのだ。

 

サンプルとして、 「オレンジ」 と言われている単語から考えれば、頭の中に「だいだい色の丸いフルーツ」がイメージされるはず。

「単語→固定観念」という流れは、ダントツに早いアウトプットを具体化するので、 その事から英単語の訓練でも「英単語→感覚」に方向転換するべきなのだ。

 

これが短期間で英単語を覚えるコツ。

短期間で英単語習得には記憶力のトレーニングは必須

ただひたすら単語を紙に書きまくっても意味が無いことは理解できたと思うが、イラストを書くことでもう一方のプラスの面は、記憶の定義が組み立てやすくなることだ。

 

記憶の定義とは、そのフレーズを思い浮かべるトリガーのことであり、 原則的にイラストを書かずに単語を思い浮かべるケースでは、英単語を解釈するその先の日本語しか頭の中にない状態になってしまう。

 


バイリンガル仙人

なので、日本人特有の「固定概念」にとらわれてしまうんじゃ。

 

その一方で、イラストを写し出すことによって、リニューアルして記憶の定義が増大する。

 

単語を喚び起こす際に、単語⇒絵(イラスト)⇒日本語解釈へのイメージ⇒理解この方程式が完成する。

 

要は英単語から素早く日本語への解釈が理解できるようになる。

 

逆に、この方程式の間にイラストがなければ、かなり遠回りして時間を要してしまう。

 

こうなれば前の見出しでも説明した通り、スキル習得までに長期化してしまいモチベが維持できるずにこのままドロップアウトになる!

 

つまり、絵は英語習得への成功の近道になり、この実践方法を取り入れるだけで価値がある。

 

殆どのスクールや教材などはこの手の事はめんどくさいのですすめてていない方法になるが、めんどくさいからこそその後の成果に直結してくる方法であり、結果的に遠回りせずに短時間で英単語を覚えるメソッドになるのだ。

 


バイリンガル仙人

要は、始めから多少手間のかかる事をやっておけば、それが「一番手っ取り早かったね」となるのだ。

 

その始めの先入観は捨てて、結果的に最短最速を目指していこう。

 

成功を祈る!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-正しい英語学習はコレ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.