スタディサプリ

【やってみたがドツボ】スタディサプリは成果が出ない?1回3分聞き流しに注意↓

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はスタディサプリをやってみたが、成果が出ないのはガチなのか?スタディサプリの売り言葉でもある「1回3分でOK」でもガチで英語が話せるようになるのか?これを検証していく!

 

まあー結論から言えば、毎日1回3分で英語がペラペラになれば世の中に英会話スクールやコーチングスクールは存在していないわな。。笑

 

スタディサプリのような、片手間でスマホからカンタンに英語が学べる系の教材が今は多いが、果たして英語初心者がこれらの教材で本当に英語をマスターできるのか?と言うところが疑問としておぬしは気になっていると思う。

 

なので、今回はそんなスタディサプリをやってみたが成果が出なかった原因や、実際にスタディサプリの「1回3分」で本当に英語がマスターできるのか?と言うところにどこよりも詳しく解説していくぞ!

 

早速ついてこい。

そもそもスタディサプリってなんぞや?

近年TOEICと言うと「スタディサプリ」状態になっている。

 


バイリンガル仙人

ものの、たった1回3分やそこらで「英会話学費が学べる!」などの謳い文句でCMなどをバンバン打ち出しておるが、実際のところどうなのか?じゃ。

 

ぶっちゃけて言えば、リアルで想像できなかったくらい成果を出す受講者もいる反面、こう言ったスマホアプリを活用していてもそう簡単には成果が出ずに途方に暮れている受講者は想像以上に存在するのが現状だろう。

 

たいていは、あんまり上手いこと利用できてないのも要因だろう。

 

しかし、ほとんどの原因は アプリをダウンロードした後の使い道は制限なしで自由じゃから、そこにトラップ(罠)があるのだ。

 

まずこの教材は、隙間時間で時間や場所をいとわず学べるとして、そこに多くの忙しいビジネスマンや主婦の人達がこぞって購入するかんじじゃ。

 

要は、朝の通勤電車の中や昼休憩の数時間、帰宅途中の電車の中や、自宅での隙間時間などを利用して、自分のペースで作業ができる魅力を謳っておる。

 


バイリンガル仙人

それと、入会する障壁が低い理由のナンバーワンはなんと言っても、その料金の安さだ。

 

1ヶ月2000円から3000円で、しかも6か月間活用したところで、約1万2万円位。

 

たったコレぐらいの自己投資で英語が学べるとなると多くの購入がいるのも無理はない。

スタディサプリTOIEC TOEICの点数アップに特化したプラン ¥2,980
スタディサプリTOIECパーソナルコーチプラン TOEICの点数アップをコンサルタントが直接アドバイスしてくれるプラン ¥68,000(3ヶ月)

¥98,000(6ヶ月)

スタディサプリ新日常英会話 生活で使う英会話や海外で使う英会話習得に向けたプラン ¥1,980
スタディサプリENGLISH(ビジネス英語) 仕事がらビジネス英会話に特化したプラン ¥2980

上記学費以外にかかる諸経費は、

■印刷代金(資料や教材などを紙媒体でプリントアウトする時の印刷代)

■端末代金(スマホ・タブレット・PC等)

■ネット通信費(スタディサプリを起動させる通信費)

特に、通信費においてはカリキュラムをダウンロードする時や動画講義などを受ける時はかなりの通信が伴う。

 

これだけの諸経費がトータル的にかかるが、英会話業界全体で見比べたら相当な低予算で気軽に始められる感じはする。

 

しかし、このような安さだけにフォーカスして英会話学習をを選んでしまうと、後でしっぺ返しを食らうことになりかねない!

 

その理由をいくつか解説してやる。

スタディサプリって質問ができなくて添削もできない?アドバイスも貰えない?それ致命傷じゃね?

ラクラクいつでもどこでも簡単で英語をマスターしようと思えば、このようなスマホアプリに走る群衆が多いが、実は、製作者の広告コピーを鵜呑みにして「聞き流すだけ」とか「1回3分から」とかを夢見ていたら間違いなくしくじる。

 

これは言うならば、「 楽して金が稼げる」と全く同じ原理。

 

英語は元々、そんなゆうゆうとは身につかない。

 


バイリンガル仙人

そんなカンタンなモノではない!

 

聞き流すだけでは、子どもの脳ならまだしも、大人の脳では聞き流すだけでは100%無理だと断言できる。

 

尚且つ、ちょっとした英語と日本語の音響はありふれた音声でしかなく、相当高いビジョンで挑まない限り、棒読みで音響を聞き流すだけでは余程の修行。。

 

しかも、この教材、「TOIECパーソナルコーチプラン」以外のプランではメールや添削サポートも一切ない!

 

唯一、コンサルタントが質問などにアドバイスしてくれるTOIECパーソナルコーチプランでも結局は3ヶ月68,000円、6ヶ月で98,000円の学費が掛かってくるので、これなら普通にコーチングスクールと何ら費用的には遜色ない。。

 

しかも、アドバイスと言っても基本チャットサポートやからな。。笑

 

直にリアルで対面でマンツーマンでサポートを受けれるものではない。。

 

つまり、TOIECパーソナルコーチプラン以外のスタンダードプランでは全くサポートがついていないので、自分がわからなくなった課題に直面したらどうなるのか。。?

 


バイリンガル仙人

つまずくポイントが出てきたら、どうするのか。。?

 

この辺の問題解決が100%できなければ、絶対に初心者が英語スキルを身につける事はないと断言してもいい。

 

これは、ワシの若い頃でも実際の経験上、 学生のときにその手のものを購入して実践したが、ぶっちゃけCD1枚でも最後までやり通す事ができなかった。。

 

つまり、 やり始め10分ぐらいまではいつもながら力を注いで聞くので、それなりに初めだけ頭にインプットされるが、それから後は全くダメ。

 

音楽の曲でも1曲5分あると長く感じるのに、ただの会話だと5分は逆に果てしなく長く感じ取れる。

 

これが英語教材のCD1枚30分や、1時間ものの教材とかになると失神レベルだ。。

リスニング★★★★★
リーディング★★★★☆
スピーキング★☆☆☆☆
ライティング★☆☆☆☆

したがって、初心者は上の指標にもあるように徹底的にリスニング(相手が何を言っているのか?)つまり、英語の発音や会話を理解するスキルを身に付けるところから初めなければならない。

 

正統な発音でリスニングやスピーキングスキルを身に付けるには、全世界共通している英語国のネイティブの英語を聞くのがオーソドックスだ。

 

リスニングからすれば今や英語でコンタクトをとる相手は英語圏の現地民じゃないとは言い切れない。

 

英語の発音は本人特有のものや、その国のトーンや方言がある。

 

あらゆる国の人の英語に接触し、どんな英語でも聞き分けられるようになるのは先を見据えた正しいやり方で初心者のうちから身に付ける必要があるのじゃ。

 


バイリンガル仙人

それを、ただ費用が安いからとか、スマホさえあれば片手間で、とかの理由に魅了を感じて英語学習を始めてしまうのは愚か以外ない!

本気で英語を身に付けようと思えば、そんな意識では絶対に不可能だぞ!

スタディサプリをやってみたが成果が出なかった!?

まず、実際にスタディサプリを受けた受講者に話を聞く事ができたのでピックアップしていく。

TOIECパーソナルコーチコースは講師によって差があり、選択肢も少ないから相性が合わなければ向かないかもしれない
カリキュラム予習などで行き詰った場合、教材自体にサポートがないので自分で解決することが難しい。
添削や質問などといったことは一切できず、自分で解決しなければならなかった。
良いところや要望授業内容はよかったが、やはり質問することができないというのは勉強するうえでつらいことだと思った。

英会話をしていると、とにかく聴き取れないことを言われる時が必ずどんな人でも来る。

 


バイリンガル仙人

聴き取れないものをほったらかしにしてたり、ただただ 「Ye」や「NO」と答えていても向上しない。

 

要は、トレーニング外でも自分自身が実践しないと必ず英語を忘れてしまう。

 

そもそも中学レベルの英語すら理解できていないままにオンライン英会話や今流行のスマホ教材を始めると必ず後悔するだろう。

 

しかしながら、こんな状態ではほぼすべての受講者が挫折するだろう。

 

「英語をなんとなく聞き流せばOK」、このようなマインドセットでは、かえってリスニング力が悪化する。

 

このような環境になれてしまうと、片手間で聞くクセが付いてしまい、故に英語を聞き流していたら、勝手にリスニング力がつくという様なことは問題外。

 

リスニング力を上げたいなら、アグレッシブにポイントを置いて短期の間で一生懸命に取り組む。 正直なところ、聞き流しをしても、リスニング力はアップしないし、いつまでも学習している感があるという自己満に浸る。

 

そして時(時間)は一刻一刻過ぎ去っていく。

いいか?断言するぞ!絶対に聞き流すだけでは成果は出ない!

聞き流しても、リスニング力は伸びない。

 

どうして英語を聞き流しても駄目なのか? これについては、ハッキリわからない英文をいくら聞いたところで、見当がつかないままだから。

 


バイリンガル仙人

聞き取れない英語をどれほど聞いたところで、「何言ってんの、この人・・・」と聞こえるだけ。。

 

その上、「ながら作業」や「片手間作業」で実践している以上、今自分がやっている英語学習以外の事に目移りして、最終的に何一つ身につかないノウハウコレクターになる!

 

これまで、聞き流しに成果はないと口にしてきたものの、聞き流しはサポート的な意味からすれば、成果に影響するケースもある。

 

しかし、勘違いしていけないのは、あくまでもNGなのは、聞き流しだけで英語をマスターしようとする無謀なマインド。

 

マインドとはオマエの思考(考え方)じゃ。

 

聞き流しはサポート的な役割で活用すると、成果に影響する事もあるし、わかりやすく言うと、机の上でちゃんと聞き取れるようになった英語を、何回も聞き流すことには実効性がある。

 

そういったケースで、あくまでも補助的な学習方法の1つとして、音声からの聞き流しを活用すればいい。

 


バイリンガル仙人

やってはいけない事は、これをメインの学費方法として取り組むことだ!

 

オマエが本気で英語をマスターしたければ、自分に合った教材選びをする必要が絶対に不可欠。

 

そのためには環境の構築だ!

 

初心者がステップ・バイ・ステップでスキルを身に付けて行くには、絶対にイチからマンツーマンサポートを受けて、なおかつ今の生活水準に合ったスケジューリングを組み立ててくれて、学習を継続できるシナリオを描いてくれるコーチングスクールに通うべきじゃ。

 

だが、「本音を言えば、コーチングスクールに行きたいが、費用が高すぎて手が出せない!」と言う受講者が多いじゃろう。

 

完全マンツーマンで専属の講師がついて、的確なアドバイスを受けながら二人三脚でゴールまで一緒になってススメてくれる業界最大手のライザップイングリッシュや、1年間のトータルプランで確実に1年後英語が話せてる自分になれるトライズとかの学費でも30万~40万ほどは最低掛かってくる。

 

1年間完全サポートのトライズなんかは、年間費用で100万円ほどする。

 

なので、ぶっちゃけ言えばマンツーマンで教えてくれるスクールに通いたいが、学費的に無理にススメるのもアレなので、そんな受講者のためにプライムイングリッシュのようなサポートが充実している教材であれば、成果が出やすいんではないか?

やっぱり英会話習得は、わからん所を放置していたらいつまで経ってもスキルの向上はないので、モノを購入してからのサポート環境はめちゃくちゃ重要なのだ!

 

そんな中、プライムイングリッシュは購入後もこれらのサポートを継続してやってくれる。

■メールサポート

■添削サポート

■メルマガ学習

■動画形式の学習

■購入者限定サイト配布

■14日間全額返金制度

何十万ものコーチングスクールの学費に手が出ない受講者や、今から英語習得を目指そうとしている受講者などはプライムイングリッシュの教材から英語の基礎を身に付けて、さらにそこからさらなる高みを目指したら理想的じゃ!

 

■購入後も、しっかりとサポートしてくれる環境で学び経済的的にも大丈夫なプライムイングリッシュからキッカケを掴め!

 ⇒市販教材ではあり得ない程の充実サポートでオマエの成果を最短で導く!

普通に考えて本気で英語をマスターしたければ聞き流し(独学)なんて不可能

まず、前提にあるのがガチで英語を身につけたければ、以下の要素は必須だ。

リスニング★★★★☆
リーディング★★★★☆
スピーキング★★★★☆
ライティング★★★★☆

つまり、スマホアプリでスキマ時間で片手間作業ではこのようなレベルには到達しない。

 

普通に生活する上で、外国人相手にコミュニケーションを取ろうと思えば、最低限でもこれらのレベルに到達しておく必要はある。

 

そのスキルを身に付けようと思えば、マンツーマンで日本人講師に教えてもらったほうが理想的だ。

 

日本人講師は、対象者たち自身も一緒に外国語としての英語を学習してきているので、文法や日本人向けの基礎の単語というものを、より細心の注意を払ってレクチャーできるケースが大半。

 

さらに、つまづきやすいポイントに賛同したり共有したりしてくれる。

 

解説を受けるにしても、ヒアリングをするにしても、コミュニケーションがしやすい。

 

「日本の実践は文法にとらわれすぎている」といった評判もよく見掛けるが、アクティブにコミュニケーションをとることはポイントじゃが、なんといってもクオリティの高い意思疎通をとるのが習得に向けての最短最速の道じゃ。

 

ピント外れのまま経験を重ねると、気付かぬうちに相手方にして誤認や嫌な感じを持たせることもあり、不正確な活用法が染み付いて、のちのち適正に訂正することが気づいたら困難なケースがある。

 

そのほか、マンツーマンのコーチングスタイルだと、自分自身に合ったプログラムで勉強でき、実践計画を細部においてマネジメントし、進行具合を毎回シェアするシチュエーションなので、学習時間も広範囲にわたって守られ、結果的に学習期間が断然短くなり成果が出るようになる。

 


バイリンガル仙人

つまり、時間と言う将来を見込んだ自己投資意識が強い受講者がコーチング型スクールで英語を学ぶ傾向だ。

 

一般的な従来の市販教材では、プログラムも個人個人で合わせるのは至難の業で、トレーニング以外の予習復習まではマネジメントされないので、英語習得までにたくさんの時間を要し、道半ばにしてうんざりしたり投げ出したりするハメになる。

 

これがドロップアウトしていく受講者の典型的なパターン。。

「聞き流すだけで〇〇」ってよくあるパターンなんだな!

よく、英語教材の宣伝文章には「聞き流すだけで英語が話せるようになる!」チックなものがあるが、これって100パーセントウソじゃ。

 

ぶっちゃけて言うと、著名人が出てきて、海外の人となめらかに英語で話しているシチュエーションがあるが、こんなのは基本的にちゃんと学習しているから。

 

それ以外ない!

 

そんなバックアップ教材として、その商材を聞き流していると言う事。

 

正確に言うと、その商材は利用しているが、原則バックアップ教材として使用しているだけで、その商材だけで英語力がアップしたということはあり得ない。

 

商材は、自分自身が使用するフィールドを考慮して選ぶ事が重要。 自分自身が使うフィールドの教材だけを活用する。

 

当たり前じゃが、 例をあげれば、TOEICのために英語力をレベルアップさせたいならば、商材は、TOEICの商材1つでいい。

 

欲張って、他の教材やスクールに手を出したらノウハウコレクターまっしぐら!

 

どうしてかといえば、学習の中身やテンポなど、個人個人で違ってくるし、何が何でも、成果が出るまでは1つの事に集中したほうが圧倒的に成果が出やすい。

 


バイリンガル仙人

そして、成果を出せない受講者ほど、「 本業の合間にスキマ時間でやるので・・・」なんて言って、ちっとも成果には関係ナッシングな教材で実践している悲しき人間もおるのじゃ!

情報弱者ほど「スキマ時間で3分!」の広告に踊らされる!そんなんで成果出るわけねーだろ!

聞き流すだけで… という宣伝コピーはそんだけインパクトが強いんでしょうな。

 

PR宣伝を目にする側が 「聞き流すだけで〇〇」的なモノを「自分でも英語が語れるようになりそう」と言うふうに勘違いしてしまっている可能性が高い。

 

言うまでもなく、 聞き取る力を身に着けるために、初心者はシャドーイングという 英語の単語を聞いた後から自分自身で予習復習のトレーニングをしていけば、時間の経過とともにスキルも身に付く。

 

しかしながらシャドーイングは、1人で続けることそのものがキツイので、 ノウハウを教えてくれたり、見直ししてくれる講師の存在が絶対に必須になる。

 

1人でてきぱきとやっていける受講者も当たり前にいるが、 こういった受講者は最初から学生の頃から 英語がすぐれている。

 


バイリンガル仙人

そうでなかった成人が、 基礎から英語を身に付けるにはそれらを フォローアップする人(プロの講師)が必須。

 

独学でやっても、ようわからんそのへんの教材を買っても、成果が出るまでにめちゃくちゃ時間がかかることは意識しておけよ。

 

■もしオマエが時間を掛けたくない!最短で成果を出したい!できるだけ学費は安いほうがいい!この中のどれか1つでも当てはまるなら、サポートも充実な教材(コンテンツ)を選べ!

 ⇒教材コレクターはもう終わりだ!適材適所で正しい英会話学習を身につけろ!

英語習得はちゃんと計画性を立ててやれ!そうすればこのような未来が待ってるぞ!

まず前提として、TOEICのスコアをあげるメリットはスキルアップやキャリアアップで極めて役立つ。

 

英語を身に付ければ、よくあるグローバル企業やメジャー企業の雇用も見えてくるし、キャリアアップをすれば収入で100万円、200万円アップも余裕で叶う。

 

また、英語をマスターすると海外転勤や移住も叶いやすい。

 

島国の我が国においては、英語力は市場価格をアップさせる求められるポイントだと痛いほど感じている。

 

ビジネスだけに限定された話ではなく、TOEICの学習をしていくうちに、英語の能力も身についていくので、海外旅行に出向いたときや、日本で外人に話し掛けられたケースであっても普通に問題なく処理することができるようになる。

 

外国人とコミュニケーションが取れるようになると、観光旅行はマジで何倍もエンジョイすることもできるし、お世辞なしで良いことばかりだ。

 


バイリンガル仙人

こんな風に、英語というのは、リアル社会を高いレベルに生きたり、より面白く生きるために余すところなく力を発揮してくれる能力だ。

なので、TOEICや英語全般を身に付ける過程で、現場で有益な「価値ある英語力」を自分のものにすることができる。

■それをリアルで実現してくれるのが、サポートも充実なプライムイングリッシュでもあり、経済的にも優しい環境でスキル習得が可能となる。

⇒もう独学は金輪際卒業しよう!しっかりとしたサポート環境で成果を出し突き進もう!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-スタディサプリ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.