スタディサプリ

【断言】スタディサプリが効果ないのはTOEICや英語を聞き流すだけだからだ!

更新日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、英語アプリでお馴染みのスタディサプリの効果や、TOEICの「聞き流し」の罠について詳しく解説していく!

 

片手間スマホだけで英会話習得を目指せるスタディサプリは、特にTOEICに特化した英語アプリで話題になっているが、多くの受講者がかなりの勘違いをしておる。

 

確かにこのような空いた時間でカンタンに自分のペースで学習できる英会話教材は今人気があるが、そもそもこの手の英語アプリは「少ない労力で大きな成果を目指す」と言うふうなキャッチコピーでCMなどをバンバン打ち出しておる!

 

その代表格なのが、「1回3分で〇〇」とか「毎日のスキマ時間で〇〇」系の煽り広告だ。

 

いいか?普通に考えたらわかる話じゃが、英語と言うスキルは初心者がスキマ時間で学習したところでそんなカンタンに習得できるスキルではない。

 

勘違いもいいとこだ。

 

今回は、そんな少ない労力で大きな成果を生み出す魔法のような手法はないとここで断言するので、そのへんをどこよりも詳しく説明していくから必ず最後まで目を通すようにしろ。

 

最後まで目を通す事で、今までいかにくだらない巷の広告に惑わされていたのかが理解できて、価値観が大幅に改善されるはずだ!

スタディサプリのTOEICで効果が出ないのはなんでだと思う?

現代人のライフスタイルは毎日の仕事や家事育児などで、多忙を極めるのでちょっとでも自分のスキマ時間や、空いた時間を利用してスキル習得にモチベを上げる群衆も少なくない。

 


バイリンガル仙人

しかし、この考え方こそが、最終的な結果としてお金と時間を圧倒的にムダにする事を多くの受講者達は知るよしもない。

 

確かに、スタディサプリのようなスマホさえあれば、カンタンにスキマ時間で学習でき、1回3分からの学習時間で英語が習得できるなどのキャッチコピーで謳っている。

 

今や、有名人の広告CMなどで人気のサービスとなっておるが、現実的にデメリットや成果が出なかった受講者など存在するのか?という意味深な事もこれからこの商品を受けるか迷っている人達には気になるところじゃろう。

 

一個人としては、学習プランとしては十分に優れた意図のプランとして、TOEIC対策に特化したサービスの品質としてはよく考えられたグレードだと思う。

 

しかし、 スタディサプリは人気の高いアプリケーションソフトだが、それイコールすべてが最高というわけでもない。

 

では、その気になるポイントをいくつか押さえておこう。

■単語の用語数が少ない

スタディサプリTOEICの単語の中身は「TEPPAN英単語」と呼ばれて、水準別に1410語が収められているもの。 自分の目標水準がTOEIC600~700点ぐらいまでなら、「TEPPAN英単語」とポイント集に見られるフレーズを回ごとに習得していけば大体は可能だろう。

 

しかしながら、700点を超える数値を目的にしていくつもりなら、今一歩ツメがあまい。

 

つまり、このアプリに収められている単語力を自分の独学で引き上げる必要があるという事。

 

しかも、これらの教材は基本ダウンロード形式で「あとは教材見ながら勝手にやってね」的なモノなので入会後の個別サポートは一切ない。。

 

スタディサプリは別にコーチングプランがあるが、これに入会しようと思えば3ヶ月で68,000円、6ヶ月で98,000の費用が別にかかってくるので、これだったら普通にスクールに通う事ができる。

 

■別売りの解説書がないと本番を想定したイメージで問題を解くことができない

スタディサプリTOEICの「問題集」は、アプリケーションだけを利用しても、勝負所(本番のテスト)を想定して解くことはかなりの至難の業。

 

その理由は、「単に問題を解く⇒回答する⇒単に問題を解く→回答」のシステムとなっているので、これをひたすら続ける学習だ。

 


バイリンガル仙人

したがって、テスト本番の200問をドカ~ンと迷いなく解くのは、かなりの至難の業。

 

なので、ここで 別売りの解説書を買えば本番を想定しながら学習する事は可能だが、別売りになるので、結果的に安いと思って入会しても後日経費がかかってきたら普通にスクールに通うか、もっとクオリティーの高い教材を買ったほうが最短最速だ。

 

■コーチングプランでは初心者が日常英会話を習得できない

基本的な考え方として、スタディサプリのパーソナルコーチプランは800点後半をオーバーするスキルを持っている実績者は適用外となっており、つまりこのプランに入る事はできない。

 

なぜなら、元々の趣旨がTOEICの数字を上げる事だけに特化したプランなので、日常英会話を習得したい受講者向けではない。

 

そんなわけで、このパーソナルコーチプランでは英会話習得に向けての中級者から上級者を目指すにはかなり困難だと思う。

 

同様に、TOEICだけに特化して学習していても、日常会話の英語が身につくことは絶対にない!

 

まあ、TOEICに特化して学習しているので、当たり前のことと言えば当たり前なんじゃが、このパーソナルコーチプランを体験しただけではTOEICの数字は高いけど英会話はしゃべれない・・・ってな感じになると予想する。。

 

あので、あくまでもコーチングプランのメニューの意図は基本的にTOEICの数字を上げることであり、その意図を全うするサポートなので初心者がイチから英会話を習得するプランではない。

 

■時代に合った英語スキルはマスターできない

スタディサプリのプランはあくまでもTOEICを推奨するものであり、アプリだけで初心者がビジネス英会話や日常英会話をモノにできるものではない。

 

全く新しい分析で、従来学校時代に試してきたような学習メソッドを排除するような効率性の高い学習メソッドが次から次へと明白になっている。

 

ところが、スタディサプリのTOEICパーソナルコーチプランは自習をバックアップするメニューであるものの、効果を発揮する自習に対してのフォローはなく、スタディサプリの扱うアプリをどう巧みに使うか、どう勉強のスパンを習得するかにかかっている。

 

これだったら、TOEICでハイレベルな数字を取ることができるようになっても、そのあとにある英語力アップやその他の能力を学ぶタイミングにあてはめることなど出来ない。

 

最低でも中級者から上級者へにステップアップして行くためのスキルをマスターできるかと言えば、入会した後の個人の予習復習の行動力に掛かっている。

 

要は、全てが自己管理の元で学習をして行かないと行けない。

 


バイリンガル仙人

それがサポートがない環境の厳しいところなのだ!

 

しかたがって、この時点で95%の受講者がものの3ヶ月も継続できずにドロップアウトしていく。

 

そういった部分をスタディサプリとは違う観点から、ちゃんと入会後もサポートをしてくれる環境に身を置き、計画性を持って実践して行くことが最短最速でスキルが身につく王道のルートなのだ。

 

こんな事、普通に考えたらわかる話なんだが、殆どの受講者は目先の学費の安さに踊らされて結果的にサポートがない環境に身をおいてしまい継続できずにやめていくのだ。

 

そして永遠にお金と時間をムダにする!

もしオマエが、金輪際お金と時間をムダにしたくなければちゃんとサポートがついてる教材から始めることだ!

 

そのキッカケを与えてくれるのがプライムイングリッシュしかないと断言できる!

■全身全霊でサポートを使いこなして誰よりも早く英語スキルを身につけて自分の目的や夢を叶えようではないか!

 ⇒教材コレクターはもう終わりにしろ!今日からオマエは生まれ変わる!

こんなヤツはスタディサプリのTOEICで効果が出ない

実際の所TOEICばかりじゃなく一から何かをモノにする際には「想像したように成果のでない低迷期」が、ほぼ確実にやってくる。

 

その他、TOEICは勉強を長時間しただけでスコアがアップするメカニズムではなく、基礎を積み重ねた経験と学習時間に比例して数字が上がっていく仕組みなのじゃ!

 

この下積み期間により、高得点に向ける学習者の多くがちょっとした壁にぶち当たっただけで低下のピークを体験することになるのだ。

 

なので、ぶっちゃけ言えば2~3週間とか1・2ヶ月学習したくらいでは、スコアはアップしない。

 

多くの時間をかけて、じわじわとスコアはアップしてくる。

 

具体的に言うと100点を引き揚げるのに、おそらく300時間くらいの実践が必須かと。

 


バイリンガル仙人

カンタンにアプリを広げて、毎日のスキマ時間で10分15分学習している程度じゃ、そんなモノは学習している内に入らんと言う事じゃ。

「すぐに結果が出ないのは当たり前」というスタンスでやるべき

TOEICのスコアが即座にアップしないのは一般的に言うと普通なので、ここでガクンと意気消沈する必要はない。

 

て言うか、「すぐさま結果に現れないのはあたりまえ」というスタイルでいることがめちゃくちゃ重要。

 

これを分かっていないと、実践を継続するのがイバラの道になってしまうので、必ずこの考え方はインプットしておこう。

 

TOEICの実践にやる気をなくしてしまうのは、自分自身に期待しすぎていることが理由。

 


バイリンガル仙人

願望を下回ってしまうが故に「こんなにやっているのに全然成果が出ない!」となってしまう。

 

ただ、どんなモノでも何かを習得しようと思えばものの数週間で成果が出るわけがない!

 

普通に考えてみろよ?

 

完全初心者で知識もない、スキルもない、経験もない、こんな状態から数週間で英語が身に付けられたらそんなヤツは元々天才じゃ。

 

天才以外の凡人であれば、普通に下積みをしながらちゃんと学ぶ必要があるのは普通に理解できるはず。

 


バイリンガル仙人

しかし、すぐに挫折して行くやつはこの辺のマインドセットがない。。

 

それに、初心者がスタディサプリTOEICのプランから始めるのはぶっちゃけ難易度が高すぎるのでおすすめしない。

 

それなら日常会話プランから取り組め。

 

何よりもまずは、中学や高校の英文法のベースを再確認してからスタートすることをススめる。

 

スタディサプリと一言と言っても、今のレベルに合ったモノを実践しないと、後で後悔する事になるぞ!

スタディサプリの英会話で効果が出ないのは聞き流してるだけだからだ

まず、断言しておく。

 

初心者が英語スキルを身に付けようと思えば、いわゆる「聞き流すだけ」では絶対に無理だ。

 

特にスタディサプリのような、基本独学でやっていく環境であれば

 

不明な単語や文法があるのなら、辞書を活用して日本語に定義したり、文法書を活用して用例を押さえたりして行かないといけない。

 

これもサポートがない環境の厳しいところだ。

 

ただでさえ、毎日が忙しいのに、こんな細かい部分の作業まですべて独学でやって行かないといけないなんて、さらに時間を失う要因になるんだぞ!

 

自己投資ができないヤツや、目先の安さに囚われて行く受講者にこの手のパターンが多い。

 

考えてみろよ?

 

さっさと自己投資して、マンツーマンサポートや専属の講師からアドバイスをすぐに貰える環境に身を置いたほうが確実にムダな時間を消費する必要もないし、その場その場ですぐに問題解決できる。

 


バイリンガル仙人

これが、サポートがある環境なのか、そうでないのかの結果的な違いじゃ!

 

そして、何回も言うが、自分の水準に合った教材を活用することも絶対に成果を出す上では必須になる。

 

これについては、聞き流すだけでは話すことができない最大の理由と言っていい。

 

つまり、「意味不明なものを聞いたとしても、理解できないから」

 

聞き流しの実践を合理的にするためには、フレーズや文法の知能を蓄積しておく必要がある。

 

しかしながら聞き流しだけで、1つの単語習得に作業時間ががかかりすぎていると、今後の実践をキープするのが困難になる。

 

なので、この問題を解決してくれる方法は、どうしてもコーチングスクール(マンツーマンコンサル)に通う事ができなければ、初心者でも理解できるように「カタカナ形式」で開発された教材を実践すべきだ。

 

プライムイングリッシュは完全初心者でも、始める事ができるモノで、カタカナ形式でどんな英語スキルがないビギナークラスでも理解できるようにしてくれている。

つまり、95%の受講者が理解できない所を放置してススメなくなり、そのままモチベ維持ができなくなる典型的なパターンに陥る。

 

プライムイングリッシュなら、低価格でしかもクオリティーの高い日常会話レッスンとビジネス会話レッスンを受ける事ができる。

 

しかも、教材の中では圧倒的なサポート体制じゃ。

グループレッスンでもないし、個別に1人1人のサポートを低コストながら実現している教材は日本中探してもコレしかないと断言できる!

 ⇒英会話教材でココまでのサポートをやっている教材は他にない!

効果や成果が出ないヤツほど楽を求める

忙しい現代人がついやってしまうのが、聞き流し学習。

 

けれども、スタディサプリのアプリだけを聞き流してどんだけやったとしても効果はないといえる。

 

これは推奨しているプライムイングリッシュの公式WEBサイトでも「聞き流しだけでは英語は身に付かない」とキッチリ書かれている。

 

そもそも「全く意味が理解できない」「会話をきちんと聴き取れない」これらをいくらやったところで、この原因はノイズ(絶音)を聞いてるのと全く同じ。

 

なぜなら、元々英単語や重要なフレーズを覚えようとしていない手法で、 日常英会話で必須となる重要なフレーズのスペルや主旨を理解できずにいると、労力を掛けて学習につぎ込んだ時間は水の泡。

 

耳に入ってくるフレーズや単語がどういったスペルで、どういったことを意味するのかを意識して見極めていかないと、ただ聞き流しで音楽鑑賞のような感覚でやっていると、全く無意味。

 

殆どの受講者が、めんどうがってやらないのが、「英語を発音する実習」

 

英語は自分自身の口を利用して、正しい発音やトーンを自分のものにすることで、実践効果が手に入るのじゃ。

 

日本人のリスニングアップをブロックする要因の1つに「会話の本質を把握していない」というプロセスがある。

 

音声について理解していないと、教材で読む英語とリアルで聞こえる英文の音を念頭で上手に紐付することができない。

 

別な表現で言えば、発音できるということは、会話と言葉が正しく組み合わされた状態のもとで理解できてると言う事。

 


バイリンガル仙人

この段階を作るには、会話を聞くばかりではなく、その方法や声の流し方も一緒にして覚えることがめちゃくちゃ重要なのだ。

英語学習で成果を出すには絶対に自分に合った教材や環境だ!

講師に相談しない受講者ほど、 「一人で考えすぎてアドバイスを求めない」 これ、カンタンに言ってるように見れるが、本人にとっては尋常じゃないことで、相談することがカッコ悪かったり、自尊心がブロックしたりして、どういうわけか講師に助言を求めない受講者がめちゃくちゃ多い。

 

なので、始めから独学と言う無謀なチャレンジに出る。。

 

解らない所を放置していると、スキルの向上はないし、自分で問題解決能力のスキルも上がらない。

 


バイリンガル仙人

つまり、その時点で人間的成長は止まる。

 

サポートを受けれる環境にいるのであれば、つまずくポイントなどはすぐに講師にアドバイスを求めてすぐに問題に取り掛かる。

 

その繰り返しが、オマエを劇的に飛躍させていく飯の種になる。

 

「片手間とかスマホだけで」とか、そんな薄っぺらいキャッチコピーに惑わされていないで、ちゃんと本気で英語をマスターしたければ、まずは自分自身のマインドセットから変えることだ!

自分に合った教材こそが効果を生む!

実際的なピント外れの「聞き流し」とは、 「1つの事に集中しないで、他のモノに集中をしながら聞き流しをする」こと。

 

もう一度言うが、プライムイングリッシュは「聞き流しでは英語は話せるようにはなりません」とハッキリと断言している。

 

言うに及ばないことですが、一方のことに尽力している間はもう一方のことに同時並行で意識することは当たり前にできない。

 

学習についての「聴き流し」と言う事は、異なることを同時並行でしようとしてしまうので英語学習以外でも「聞き流し」や「やり流し」に見舞われてしまう。

 

「隣の芝生は青く見える」じゃないが、やると決めたら1つの事に集中できないヤツは結果的に何にも得ることはできない。

 

なので、まず英語学習に取り組む前に、必ず目標をいついつまでに設定するスケジュールを立てろ。

 

そうしないと99%ダラダラやって、そのままドロップアウトしていくスパイラルにハマる。

 

教材でもちゃんとカリキュラムに沿って実践を進めるのがドロップアウトを防ぐコツだ。

 

プライムイングリッシュに限って言えば、サポート体制は個別でやってくれるし、1つ1つのススメ方をスケジュール形式で実践していくので、非常にわかりやすく迷わずにすすめていける。

 

そこでつまずいても、個別でメールサポートと添削サポートをおこなってくれるので、すぐに返事がくる。

ざっくり言って、どんな商材なのかと言うと、 個性的なキャラクターのストーリー形式で学ぶ、日常会話型教材。

 

やたらとユニークなキャラクターが展開する日常会話は読み上げててコメディーで、しかもトレーニングして愉快な気分になれる。

 

これは、日常会話型の教材でもあまり無くて、発音はセンセーショナルなカタカナで振ってあり、予知しやすい。

 

ストーリーも、いかにも小難しい見た目のテキストということじゃなく、ネイティブにしかないトーンやノウハウが詰まった至れり尽くせりの会話がセットになっていてとてもユニークじゃ。

 


バイリンガル仙人

このようにスケジュールを予めたててくれてるので、いちいち自分で考えて実践していく必要はない!

これがかなり画期的!

中身で活用されているフレーズやトーンについてのレビューはあるが、別の単語や文法のコツとかがぎっしりと詰まった内容じゃ。

 

そして、流れのスムーズな日常会話がメインなので、ハナからハードルが高すぎる文法やフレーズはでてこない。学校時代に英語の点数がパッとしなかった人も当たり障りなくススメて行けて安心できるクオリティじゃ。

 

1日の学習スパンは30分~60分レベルのスケールだが、その日のうちに実践する事がはっきり分かる状態ですべてスケジュール化してくれている。

 

これが忙しい受講者にとってはかなり効果的。

しかしながら、このような嬉しいサポートをしてくれているにもかかわらず、それに従わず独学に走ってしまうと、むしろいつまで経ってもスキルは身につかない!

 

素直な心を持ち、「素直=成功」と言うマインドセットを持てよ。

 

そんな事を言っても、始めのスタート時2ヶ月間くらいは結果が出ないが、これはさっきも言ったように、すぐには成果が出ないのは「当たり前」の思考を持つ事が大事。

 

そして、何事もパニクらず継続することが重要。

 

キッチリやり続けるうちに、スキルの向上が出てきてじわじわと英語力はステップアップしていく。

 

1人だけでは自覚できなくても、ベース(下地)はハッキリとプログラミングされているので、自分を信じて突き進んで行こう。

 

「スキマ時間で〇〇」チックなPR宣伝をする教材もあるが、そんなものはすべてガセだ。

 

英語力を間違いなく引き延ばすには、ある一定レベルの経験を必要とするもの。

 

一点集中して注力する事で始めて成果が出るので、ショートカットできる道など探すな。

 


バイリンガル仙人

騙されたと思ってこれを使って見ろ。

 

ちゃんとスケジュール通りに実践すれば、少なくとも3ヶ月後、4ヶ月後には成果が出ているはずだ!

■【プライムイングリッシュ】 14日間無条件全額返金保証なので、完全リスク回避できる!しかも、開封後でも無条件返品可能!

⇒29,800円(税抜)

⇒ CD12枚

⇒説明書

⇒テキスト6冊

 ⇒個別のサポート体制で英語習得に向けたノウハウがぎっしりと詰まっている!今すぐプライムイングリッシュで人生を変えよう!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-スタディサプリ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.