正しい英語学習はコレ

【オススメ】過去のスピーキングテスト例題を事前に把握しておく事は超重要!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、スピーキングテストのオススメや過去の例題などを把握して置くことはめちゃくちゃ重要な事を解説していく!

 

スピーキングテストのオススメや例題集などは、ネット上などにもめちゃくちゃ紹介されているがぶっちゃけって言えばどれもクソだ。

 

これからスピーキングテストで本気で成果を出そうとしているおぬしにとっては、本当に役立つものなのかはかなり曖昧だと思う。

 

ネット検索などを掛けて、これは本当に有料級レベルで価値があるものなど殆ど今のネット上にはないよな。

 

そこで、今回は本当にスピーキングテストで成果を出さないとヤバいおぬしのタメに本質だけをついたネタを提供するので、しっかりと最後まで目を通すように!

初心者に告ぐ!なぜ事前のスピーキングテストが大事なのか?

まず、大前提にスピーキングテストはふつうの英会話のスキルチェックやTOEICのTestなどとは異なり、自らの英語スキルを試験官に伝えて、現状のスキルを評価採点してもらうテストであり大会でもある。

 

ダイレクトに英語を話すだけでなく、今はオンラインから通話やネットを通じてテストを受ける事ができる。

 


バイリンガル仙人

なぜスピーキングテストが今の所マイナーなテストにも関わらず、重要なのかわかるか?

 

わが国では、一般の会社がTOEICのテストに比重を置き、個人の英語スキルのできを見るが、企業がほとんどスピーキングテストじゃなくTOEICを優先して評価対象としておる。

 

しかし、英語力=TOEICといった風潮が日本は強いためか、英語スキルにおいてTOEICは短絡的に読み聞きのスキルを判断するテストにすぎずに、会話のコミュニケーションに関しては英語スキルのキャパを見極めることができない。

 

そうした場合に必要になってくるのが、スピーキングテストとなり、これはコミュニケーション力をチェックしていることを目的としているため、スキル合わせてコミュニケーション力を判断することができるテストとなる。

 

ようは、TOEICは英語スキルを読み解く表向きの数字だけであり、英語力で一番最重要な会話のコミュニケーション力に関して言えば、これっぽっちも訳に立たないというポイントは頭に叩き込んでおこう。

スピーキングテストをやってどれほどの価値(効果)があるのか?

スピーキングテストを経験することで、少なくともこのような成果を得ることができると思う。

■英語を話す力を客観的な目線でデータ化できる。

■一時的なゴールをセッティングすることで、英語を学習する価値が出る。

■自分のスキルを判別することで、意欲をかき立てる事ができる。

スキーキングテストはとにかく一回実行してみる価値はある。

 

自分自身の今の能力を見定めることは、プランを立てるにとどまらず、気力をキープする上でも助けになる。

 


バイリンガル仙人

一定サイクルで自分自身の現在のスキルを体感し、ゴールに差しせまっているという感覚を感じることで、モチベをキープすることができる

過去のスピーキングテスト例題を事前に把握しておく事は超重要だ!

過去のスピーキングテストの事例や例題などは、本番を想定したトレーニングに役立つ。

 

スピーキングテストにおける必要最低限のスキルは、

論理的思考力 英語を選択し、具体的にまとまってても、それらに合理的な結びつきがなければ減点対象になる。筆記に近い形で、どういったやり方でこっちの考えをキャッチしやすく、ストレートに集約できるかが重要。
スピーキングスキル スピーキングテストなので、言うまでも無くスピーキングスキルが必要じゃ。ただ発音がネイティブレベルであることは不要であり、会話のイントネーションと強さが明確になっていて、フレーズが相手に伝わる発音でできることが取り敢えずは重要。

学習をスタートする前に把握して置くことは、スピーキングテストを受けようとするのはいいが、殆どの人は英語がしゃべれるように様になってからとか、めちゃくちゃ学習してからとかこれについてはあまりオススメしない。

 

なぜなら、 自分自身の本来の実力を認識しなければ、生産性の良い勉強プランをプランニングすることができないし、そのあとのトレーニングも理解できない可能性が高い。

 

今では、オンラインからどんな時でもスピーキングテストを受験できるもののあるので、スムーズにスピーキングテストのプログラムを熟知しておくことが最重要だ。

 


バイリンガル仙人

過去のスピーキング例題を認識するのと同時に、最低でもこれらの事を意識しておこう。

■ 英語の声によるレクチャー

■黙読をする

■音読をする

■英語で聞かれ、英語で回答する

■自分のことにおけるヒアリング

■英語で聞かれ、英語で答える。

■音読と、質問の解答が記録される

スピーキングテストの流れの解説はコチラ↓

スピーキングテストの正しい勉強方法

前提に、普段仕事や学校などで忙しい場合は、スピーキングトレーニングが困難でも、英語であらゆることを考察することはできる。

 

通常より自分の意見を英語でアピールしたり、あるケースを英語でまとめしたりするトレーニングをしておく事はめちゃくちゃ重要。

 

英語であらゆることを考察するためには、脳内にカテゴリー化される思考のクオリティとなる創意工夫やデータが英語であることが不可欠。

 


バイリンガル仙人

これらが日本語だったら、何の意味もない。

 

最初のうちは、おおかたの創意工夫が日本語なのでロジックを英語にすることはできないだろう。

 

しかしながら、英語を喋るためには脳内の情報が英語で埋まっていることが必要。

 

これについては、トレーニングをしていくうちに、意識にある理解が日本語から英語へと変換されていくため、度数をこなしていくとスピーキングスキルが向上する。

 

脳内のデータや思考がほとんど英語になると、スピーキングは何てことはない工程となるので、スピーキングど素人の開始時は重くのしかかっても半永続的に行なって行けば資産となる。

■独立型タスク

  • なじみのある今が旬のトレンド型一覧を作り、そのテーマに関して話す。
  • 30秒で昨日したことについて思い浮かべ、2分で発する。 30秒で翌日のスケジュールについて考え、2分で発する。
  • 写真やニュースや紙媒体を利用する。
  • 何でもいいのでなじみのあることについて、フィードバックとその利点を言う。

■混合型タスク

  • ライティングを解釈し、あるいは声を聞き、その内容についてのプレゼンテーションを作る。
  • 英字新聞を目を通し、記事や本文に対しての意見を言う。

判断する試験官は、テストの前に答えを暗記してきた受験者の見極めのスペシャリスト。

 

どういう感じで見つけるかの手法の一つとして、受験者の解答が本当に質問事項に相応しているものであるかどうか?を判別する。

 

質問事項をちゃんとじっくりと聴くまたは読み、絶対必要なあらゆる目的(ゴール)に合わせておこう。

 

何と言っても、付け足しの情報を加えることはオーケーなんじゃが、初心者などの始めのころは、質問事項に100パーセント答えるために、回答するべきことが気付かれていないか?をチェックすることを最重要視していい。

 


バイリンガル仙人

スピーキングテストの事前準備はガッツリと、暗記せずに テストにプラスされるであろうベーシックな問題集をキャッチすること。

“I have a pet dog. She stays with someone when I am at work.” 私はペットの犬を飼っている。私が仕事のときは、彼女は誰かと一緒に過ごしている。)

“I have a golden retriever. She stays with a dog-sitter when I am at work.”(私はゴールデンレトリバーを飼っている。私が仕事のときは、彼女はドッグシッターと一緒に過ごしている。)

抽象的的ではなく、この例題のように具体的に話すだけで試験管の見極めはガラッと変わるし、よりネイティブレベルに近い英語が話せるようになればそれはもうおぬしもプロレベルに行けると言う事じゃ。

スピーキングテスト本番はとにかく焦るな!

本番中は、とにかくこのような要点には意識しておく必要がある。

■本読みとリスニングの時間では、なるべく重要となる箇所をメモに取るなどして抑えおく。

■フレーズに意識して何を尋ねられているのかピッタリ押さえる。

■支度の時間を有益に費やす。

■キーポイントとなる箇所を事前にチェックしておく。

■抽象的に物事を言わない。

スタートのサインがあるまで発しないようにする事が前提じゃが、 とりわけ確信を持てないとぼそぼそと話してしまいがち。。

 

気持ちに自信を得つことで、オープンに臨むことができる。

 

同様にあらゆることにつまづいたとしても気持ちを新たにして次のセクションにいこう。

 

気にする事はない。

スピーキングテスト本番でも確実に乗り切れるコツ

スピーキング対策でいい数字に特化すれば、意味のあるでっかい訓練となるのは、「Filler words」を利用せずにスピーキングが出来るようになる。

 

「 Filler words」 とは、「um.. ah」.. などの、意味不明なフレーズ。

 


バイリンガル仙人

日本語で言う「えー、んー」と同じようなもの。

 

Filler wordsのない解答は、非常にスピーディに耳ってくる。

 

しかしながら、学習者が答えを示すときは、filler wordsを活用してしまっている割合が高く、会社などで社長が朝礼を話しているとき、「えー、んー」などの音を測定できるヤツはまずいないんではないか?

 

スピーキングの訓練のときは、このような方程式で身近な人間に発すると効果的だ。

 

ビックリするほど、filler wordsを入れずにスピーキングすれば、その難易度を感じるじゃろう。

 

そんな事がないように、一番回避したいのはとにかく場数をこなして経験を積むこと。

 

時間ピッチリで話しを終了する必要。

 

時間を上回ってしまうと、何もしなくても収録を完了してしまう。

 

時間内に終了させることの方が、何よりも肝心だが 同様に、時間が残ったからといって他のことをやらずに自分のアピールしたいことが言えて終了したら、そこで終了してあとは自分に自信を持ち待とう。

スピーキング対策にオススメするスピーキングテスト


バイリンガル仙人

あまり、無料には価値がないので基本的にはオススメしないが、どちらにしてもおぬしはまっさきに無料を探すだろ?

 

そう思って、一応提案しておく。

minutes English

Podcastで多種多様な商材をセレクトできるが、その中でも無料で使えて何よりもオススメなのが「minutes English」だ。

 

週ごとにネタに基づいて、男性と女性のコミュニケーションやディスカッションが展開され、英語学習者用という訳で、キー単語や用語の主旨や活用方法をピックアップしてくれる。

 

IELTSスピーキングにも都合がよさそうなものがたくさんある。

 

IELTSの試験官はイギリス人の可能性が高いので、イギリス英語に近いマインドがない者にはイギリス英語に精通する理想的なトレーニングにもなる。

 

同様に minutes Englishはアップロードが週一回なので、そうそう負荷にもならず、ひとつの例として一週間おんなじ声を聞いてシャドーイングを反復すれば、それなりにスキルが身につくと思う。

Versant(ヴァーサント)

Versantは仕事で使えるリアルな能力を判定することを目的にして、スマホあるいはPCを使い、年中いつでも受ける事ができるスピーキングテストじゃ。

 


バイリンガル仙人

テストが終了次第、すぐに結果が判るものメリットで、 声のリサーチに絞り込んだノウハウを活用しており、分析的でフェアなレビューができる。

 

アメリカを中心とした企業でも、社員の能力を見極めるジャッジメントの目安にして取り入れられており、少し前から我が国の会社でも評価の対象を図る目安のスタンダードにして活用されるようになっている。

 

そのため、ビジネスの分野で大きく使われているこのスピーキングテストにあたって、一番メインなテストといえる。

 

テストを受ける料金も、4000円から8000円で気軽に受けれるものとなっており、どんな社会人でもお金が払えないからと行ってできないものではない。

 

コレぐらいの金額であれば、ぶっちゃけバイトをやっている学生でも受ける事ができるので、今の自分のレベルを確認したければ是非受けたほうがいいだろう。

ETC TOEIC Speaking test

「ETC TOEIC Speaking test」も人気がある。

 

英語と言うのは、聞くも書き込みも対処方法をしっかりとしておくことが重要であり、特に初めての未経験の者にとっては、聞くも書き込むの同時にケアするのがどうにも難しくかなり厄介な作業になる。

 


バイリンガル仙人

特に 本業で英語を活用している者はこのようなテストを初めから受験してもありだろう。

 

けれども、もっと手っ取り早く「とにかく英語の基礎がしりたいからテストを受験して事前に経験しておこう」と希望される者は、まずこのようなスピーキングテストだけを受講するのがもってこいだろう。

 

割かしそれほど気張らずに受けることができるので、 一個人としては聞く書くなどのスキルよりもぶっちゃけ英語は言葉にするコミュニケーションスキルの方が、仕事やビジネスの現場では重要だから。

 

こちらも、税込み6980円から受けれるんでハードルは低いだろう。

 

英語のスキルを高めたければ、今の自分の能力を知ることはめちゃくちゃ重要で、自分に自己投資をしてドンドン成長していこう。

スピーキングテスト本番を想定して絶対にマンツーマンで指導してもらえ!

スピーキングテストのソリューションは、ストレートに言うと1人では限界がある。

 

要は、どこにでもあるような英語は中学生、高校生でもしゃべれるが、このようなテストの対策法だけはどうしても独学では無理。。

 

絶対条件としてコーチングをやってくれるプロの講師をつけないと、日常英会話はもちろん、ビジネス英会話ができるようになるなんて夢のまた夢じゃ!

 


バイリンガル仙人

一人では絶対に気づかない「変わったフレーズ」をアジャストしてもらえるコーチングの存在はめちゃくちゃデカい。

 

特にこのような スピーキングテストの対処方法は、本音を言えば確実に1人の独学では無理だ。

 

英語には、自分で気づけないフレーズが多々あり、ひとつの例として、こんなフレーズを無意識に活用していないか?

力の強い人⇒man of power

力の強い人⇒strong man

力の強い人 ⇒mighty man

日本語では全部「強い」で表現されるが、これについては英語では全然ちがった表現じゃ。

 

英語では全てが全然違う表現法で、 正しい混合を見つけるには独学では果てしない作業が必要になる。

 


バイリンガル仙人

一つ一つチェックしていたら、長期間にわたってスピーキングのトレーニングまでゴールインでずにそのままドロップアウトになる。

 

要はメンターをつけて最短距離を進む事で、1つずつ改善してもらう方が圧倒的スピーディーだ。

発音のチェックは一人ではできない

そもそも1人でやっていたら、発音も性格には改善できないし、何が正しいのかさえ分からず途方に暮れる。

 

LとRの分類だったり、ちょっとしたワンポイントだったり元を正せば自分自身がわかっていないものはどの程度訓練したつもりでも理解できることはないのだ!

 


バイリンガル仙人

会話のキャッチボールの中においては、多少変な言葉になってへんちくりんになっていてもOKだろう。しかしながら、減点方法のテストでは全く通用しない。

 

不正確な発音をリサーチしてもらうためには、やっぱりメンターの存在が重要事項だと断定できる。

 

今の時代では、いろんな英会話スクールや独学方法などがあるが、重要なのはどの英会話スクールに行こうではなく、自分の能力に合っている指導者を見つけマンツーマン指導して貰う事だ。

 

これによって基礎が身につき、テストで減点されない英語がしゃべることができるようになる。

 

そして、一番肝心なのはその場で 一瞬にしてフィードバックがもらえる事。

 

英語の訓練でもっともやっかいなのは継続できるかどうか。

 


バイリンガル仙人

一度イメージしてみてくれ。

 

「インプットする」・「アウトプット」のみでも、本番に対しての事前対策は、それなりの時間を要する。

 

おそらく1問につき最低でも1時間から2時間前後の訓練が必要になる。

 

そうなると、何を隠そう「話すコミュニケーション」が重要になって、独学でやっていると作業に入る前にやることが多すぎて、既に疲弊してしまってやる気が出ない。

 

そう、1人ではモチベーションがキープできない。

 

しかし、これがメンターがいたらどうだ?

 

マンツーマンでついて貰えるのなら、無理矢理でもモチベーションが続き、その場ですぐにフィードバックを一瞬にして貰えるので、当然強制的でも作業が継続する。

 

コーチングとはこのような力が働くのだ。

 

人間、自分の力だけで行動できる者なんてそういなく、99%は誰かに背中を押してもらわないと行動できない。

 

コーチングとは第三者から背中を押してもらうことで始めて行動できる自分になれる。

 

今後はまずまず英語スキルに人気が集中する中、特にスピーキングテストはグングン必須になってくる。

 

学校時代にトレーニングを受けている基礎的なレッスンと照らし合わせて、スピーキングはまったく未経験の科目だ。

 

どうしてよいかわからなくなることもあると想定され、1人で頑張るよりもさっさと指導者をつけ改善案を二人三脚でやっていくことで、紛れもなく数字は取れるのだ。

 

成功を祈る!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-正しい英語学習はコレ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.