ライザップイングリッシュで『コミット』だ!

ライザップイングリッシュの値段で決めてるヤツに告ぐ!一生英語は身につかない理由!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、ライザップイングリッシュ(RIZAPEnglish)の値段や学費で入会するか決めてるヤツに対して、カツをいれて行きたいと思う!

 

マンツーマン英会話コーチング機関でもあるライザップイングリッシュの値段は基本高いと思っているヤツが多いが、果たして高いと言うだけで解決していいのか?と言う点じゃ。

 

値段が高いのは、その先にある投資対効果をちゃんと考えて設定されているものでもあり、ただ値段を見ただけで判断するのはあまりにも短絡的すぎる!

 

もし、おぬしが学費の値段だけを見て入学するか判断しているんであれば、それは根本的に間違っているので、今回はそのへんを詳しく解説してやるのでしっかりとついてこいよ!

ライザップイングリッシュの値段が・・・って言ってるヤツは英語を学ぶ資格なし!

マンツーマンで英語学習を受けられる英会話スクールは数多く存在しているんじゃが、その中でも学費に対する値段に関しては一般の勤めている社会人からしてみれば高いと判断せざるを得ない状況にある。

 

つまり、決して安くはない値段に関することで言えば、いかにそこに投資するお金を安く抑えられるかというところに集中しがちじゃが、実はそれよりもはるかに重要なことはその英会話学習に自己投資をして、きっちりと費用対効果を生むことができるのかというところにフォーカスしなければいけない 。

 

確かに英会話塾によっては値段が高いやすいなどの上下があるように、カリキュラムや内容の質の上下のバランスもある。

 

そのようなことがあるので、自己投資できる予算に無理のない範囲で通える塾選びをおすすめしている声がよくネット上にもある。

 

が、はっきり言っておぬしが費用対効果をしっかりと将来的に産みたいのであれば、値段が安い英会話塾をおすすめしないわけじゃ。

 

基本的に安いところは、それなりというようなことが多いので、成果が出るどころかノウハウをインプットしただけで終わってしまうような自己満足系が圧倒的に多いのじゃ。

 

確かに実践している時はインプットをしているので、しっかりと英語を学んでいるような感覚に陥ってしまうのだが、実はノウハウを頭の中に仕入れたらすぐにアウトプットして吐き出さないと人間の脳には定着しないということは研究結果で明らかになっている。

 


バイリンガル仙人

なので、ほとんどの英語学習にトライする受講生は自己満足をしただけでフェードアウトしていくようなヤツらが圧倒的に多いのじゃ。

 

そしてなんといっても、値段が安い所ばかりにフォーカスしているので、すぐに解約はできるのか?とか、返金保証制度はあるのか?とか、成果が出ないところばかりに目が行ってしまう。

 

リスクを取りたくないがために、結果的に安いところで教育を受けてしまう悪循環が日本人には多い。

 

つまり、目的と手段が完全に見失って、安けりゃ良いという考え方に陥ってしまう。

 

要は何を学ぶにしろ、スキルを習得するということは最初に学ぶために自己投資をして、しっかりとプロから指導してもらいそのアドバイスを忠実に実行し、行動に移したものだけがスキル習得が可能になる。

 

なので、自分が自己投資をした環境がこのようなことに一致しているのかというところが一番重要なことなのじゃ。

 

安い学習機関に通ってしまったために、英語の学習量が全く足りずにそれに気付かず学習を継続していると全く間違った方向性に進んでしまう。

 

つまり、英語を学習しているという自己満足に陥ってしまい、何よりも大事なのは成果を出して英語をマスターし、将来的にそれを生かすというところが最終目標になってくる。

 

なのに、ただのお稽古事になっていることがほとんどなのじゃ。

 

つまり、「英語学習って楽しい!」的なノリでやっているヤツがほとんどなので、これでは全く成果が出るまでめちゃくちゃ時間がかかるし、そもそも成果が出る確率は圧倒的に低いということじゃ。

 

なので、まずは英会話スクールをチョイスする時に、コスパなどの無駄なことは考えずに、自己投資で払えるだけの予算を最初からしっかりと決めておき、その中で自分に投資する ことで成果がでる環境を手に入れることが最初にやるべきことじゃ。

 

後はその環境に基づいて、プロから学びしっかりとアドバイスを受けたら忠実に実行していくだけのみとなる。

 

最初から安さだけを求めて英語を学びに行くのであれば、それはただのスーパーの買い物と同じだ。

 


バイリンガル仙人

なので、しっかりとこのような間違った考え方は捨て、英語を本気でマスターしたければその環境をどれだけ手に入れられるかというところに焦点を置いていけ!

お前の人生あと何年なの?残りの人生で英語を使い倒せると考えたら費用対効果がヤバいと思わんか?

まず、英会話スクールに通おうと思っているヤツに忠告しておきたい。

 


バイリンガル仙人

最初に学費を投資することによって、「お金を払わなければいけない」と言うリスクしか考えていないヤツは、はっきり言ってセンスがないということじゃ。

 

英語を学んで習得した後に、その後得られる将来的な費用対効果というのは、はっきり言ってハンパない。

 

今現在の日本でも、かなり時代は変わって英語や中国語とかが職場でも飛び交うような会社が急増しているのは偶然ではない。

 

要は、外国人労働者や中国人観光客が年々急激に増しているので、それにまつわる企業も日本人より賃金の安い外国人労働者を雇い、売上の増加を狙っている傾向が今後急増していくのは間違いない。

 

今後、必ずそうなってくると予測しているのが日本企業も安い給料で雇える外国人などを使い職場は日本人より外国人の割合の方が今後急増していくと予想されている。

 

なので、そのためには職場の中でも英語というコミュニケーション力が必ず必須になってくるわけじゃ。

 

現在英語のレベルを一定の基準値として判断するのは主にTOEICのスコアとみなされているんじゃが、これがいかに英語の活用力をどれぐらいの一定レベルまで保証できるかといえば、 その英語を学んだ英会話スクールの環境の腕の見せ所じゃろう。

 

一般的に英会話塾みたいなものは、オリジナルの基準を設けてはいるが独自の視点でそれをおこなっていたとしても、英語に関しては全世界共通言語として身につけなければ、その価値はないということじゃ。

 

学ぶ英会話塾によって、 TOEIC のスコアも様々な学び方や弱点克服法というものがあるが 、自己投資する金額の大きさやレベルのスケールによって TOEIC のスコアも変わってくるじゃろう。

 

英語脳を鍛えるための弱点を克服できるかどうかも、自己投資できる金額によって変わってくるということじゃ。

 

自己投資するのを嫌い、英語を学んで費用対効果を将来的にうむような人生設計を描いていないのであれば、そもそも英語を学ぶ必要性もないじゃろうし、そんなヤツは一生英語に取り組んでもマスターすることはできんじゃろう。

 

なので、そもそも英語学習で身につけたスキルを、将来的にどう生かすかというところまでしっかりとイメージとして思い浮かべていないと費用対効果を生むということはなかなかできんじゃろう。

 


バイリンガル仙人

自己投資をしてしっかりとその見返りをつかみ、英語を最大限自分の人生に活かしていきたいとガチで思えるヤツだけが英語で成功していく!

 

■おぬしにはその覚悟があるか?あるなら迷わずライザップイングリッシュしかなかろう?

⇒【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

ライザップイングリッシュのカリキュラムは目的が明確なヤツだけが達成できる!

そもそもの話じゃが、なぜ日本人は英語が苦手としているのかというところを考えていきたいと思う。

 

現代の日本国内でも英語が話せる人材がかなり求められているのにも関わらず、まだまだ英語学習というものに関してはメジャーになっていない。

 

メジャーになっていないというよりかは、あまりにも関心が薄く危機感を持っていない日本人が多いということじゃろう。

 

「英語が話せたらいいな・・・」というような理想型で話が終わっているヤツらが多く、今後の時代はそうも言ってられないような時代が、すぐそばまで来ていることすら気付いていない。

 

しかも、英語を本気でマスターしたいというヤツ等ははいても、そのほとんどが独学や我流で実践し、市販の教材などを買って全く成果が出ていないというヤツらがほとんどじゃ。

 

ではなぜこのようなヤツらはしっかりと自己投資をしてプロに学ぼうとしないのか?

 


バイリンガル仙人

そもそも独学でやって成果が出てマスターできるんであれば、高額な英会話塾など存在していない(笑

 

市販の参考書などを読んで、英語が喋れるようになるのであれば、バカ売れしてミリオンセラーになっていてもおかしくはないじゃろう。(笑

 

自分の時間というものは、無限ではなく有限であることを日本人は全く分かっていない!

 

どれだけ時間をかけてどれだけの頻度で必死に独学で勉強しても、素人の考え方で英語が身につくほど甘いものではないし、そのためのエキスパートとしてプロという講師が存在しているのじゃ。

 

さっさとそれに自己投資をして学んだ方が、有限でやる時間を圧倒的に活用できるということを日本人は全く理解していない。

 


バイリンガル仙人

つまり、英語学習に関して言えば日本人は無知なヤツが多すぎるということじゃ!

 

しっかりと目的意識を持って、英語学習に取り組み言われたことを素直に習慣化してやるヤツだけが成功していく世界なので、三日坊主にならないためにも自分に投資をしてサポートしてくれる環境を手に入れることが何よりも最初にやるべきことなのじゃ。

 

それがわかってないヤツがあまりにも多すぎる!

ライザップイングリッシュには断固たる信念があるのだ!

ライザップイングリッシュには断固となる信念やポリシーというものがあって、それは必ずクライアントに対して結果にコミットさせるということじゃ。

 

ライザップと言えば、「結果にコミット」というようなキャッチフレーズで大ブレイクしてきたがそれはライザップイングリッシュにも全く同じことが言える。

 

英語学習をして、英語をマスターする環境に身を置くということは、やるべきことを最初に決めるのではなく、「やらないこと」を最初にまず決めることがめちゃくちゃ重要じゃ。

 

多くの人があれもやりたい、これもやりたい、ということでいろんなことに手を出すが、これでは絶対に成果が出ない。

 

どんな人間でも、1日24時間という器しかないので、この24時間の範囲内でできることなどたかがしれているということじゃ。

 


バイリンガル仙人

なぜなら、多くの人が本業で仕事をして24時間の枠の中で大半が時間で拘束されている。

 

これは仕事をしていない人でも全く同じことが言え、主婦なども何かしら家事などでやるべきことを1日のうちに拘束されているわけじゃ。

 

なので、24時間の枠の中で英語学習に時間を取れることは、あまり簡単なことではないわけじゃ。

 

一日3時間の学習時間を設けることが、ライザップイングリッシュでは基本のベースとなっているが、この3時間ですら、なかなか取れない現代人がほとんどじゃ。

 

そこで最初にやるべきことは、やることを決めるのではなく、「やらないこと、つまり捨てること」をまず考えなければいけない。

何かを捨てることによって、何かを得るということが成功するための方程式になるので、必ず「やらないこと」をまず決めておけ!

 

そして、やらないことを決めたらその枠に英語学習をはめるようにしていこう。

 

そうすると、習慣化が実現し、一つ一つ徐々に環境に対応して望む成果が得られるようになっていく。

 

ライザップイングリッシュでも受講生に対し、必ず最短2ヶ月ないし3ヶ月で結果にコミットさせていくカリキュラムになっているので、継続できる環境を維持しないと話にならない。

 

忙しい合間をぬって、毎日の英語学習に取り組んでいく社会人は大変だと思うので、そのために効率性を重視して、24時間の限られた時間の中で効率よく英語学習をこなしていくかが最大の勝負になってくる。

 


バイリンガル仙人

タスク管理をしていく中で、「やらないこと=捨てること」をしっかりと決め、その空いた時間に英語学習を取り入れていくという習慣化ができてくれば、 自ずと継続していくことが可能になるじゃろう。

 

まずここを、しっかりと意識していこう!

ライザップイングリッシュの値段の価値を決めるのは最終的に望む成果を得られた時

まず学費の値段の価値を決めるのは、そのお金を払った時ではなく目的に到達した時に得られる価値と思っておけ。

 

英語をマスターするプロセスにおいて、努力を努力と思わないマインドセットで実践していくことが重要じゃ。

 

「俺は努力をしているのになぜ英語が話せるようにならないのか」というような考え方に陥ってはならないということじゃ。

 

努力というものは自分自身が評価するものではなく、相手が評価することじゃ。

 

やって当たり前というような考え方で取り組んでいかないと、やることに対して「努力をしている」という考え方ではまだまだ半人前ということじゃ。

 

なぜ英語を身につけたいのか?なぜ英語をマスターするために高いお金を自己投資しているのか?このような原点に返って物事を考えないとダメじゃ。

 


バイリンガル仙人

「将来こういう人間になっていたい」、というような夢や目標のために英語を習得しようとしているのではないか?

つまり、何かを得ようとしている時にそれにまつわる行動を努力という風に受け止めるのはどうかということじゃ。

 

英語習得で身につけたスキルを、将来自分のスキルとして活かしたいのであれば、身につける行動をとるのは当たり前の話じゃし、そこで「辛い」とか「しんどい」とかという言葉が出ている時点で完全に目的を見失っている。

 

要は自分が一度決めた決断に対して、全うできないヤツはスキルを身に付けるなど程遠い夢の話じゃ。

 


バイリンガル仙人

はっきり言っておくが、「努力をしたら報われる」という言葉があるが、これは真っ赤な嘘だという事を断言しておく!

 

努力をしたから報われるのではなく、その努力糧によってどれだけ「行動」したかによってその人間の才能が開花する。

 

つまり、努力をしたから報われるのではなく、「報われるまで努力する」ということじゃ!

 

■これが完全に不に落とすことができたなら、今すぐ覚悟を決めてライザップイングリッシュの環境に飛び込めば3ヶ月後には全く違うをおぬしに変身しているはずじゃ!
⇒【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!

そもそも英語学習の本質を知れ!

どんなことを習得するにしても、まず基本にあるのは飛び込んでいく環境を正しく捉え、全ての土台となることをしっかりと認識することじゃ。

 

英語学習を効率よく行うには、そのスタート時に最も重要な

■聞く

■読む

■話す

■書く

の四つの能力を確実に身につけられて、後ろからしっかりとサポートしてもらえる環境に身を置くことがその後の成果に直結すると断言する。

 

確かに、英語を身につけるということは単純な考え方や趣味程度で身に付けられるものではないが、逆の言い方をすれば極端に難しいことでもない。

 

現在の日本の義務教育の時点で、英語学習は採用されているがほとんどの場合文法を読んだり解読だけにフォーカスしている部分が多い。

 

あくまでも英語脳を自分の脳にインプットさせ、実際に外国人とのコミュニケーションがとれるかというところは全く別スキルになってくる。

 

これからの21世紀に向かうにつれて、英語習得を目指すのであればちゃんと現場重視のノウハウを身につけることが重要で、つまりはコミュニケーション能力をつけることだ。

 

いくら文法や解読に時間をかけて暗記していても、現場で外国人と違和感なくコミュニケーションが取れなければ、まったくそれらに費やしている学びは無意味になるということじゃ。

 

全ては現場で外国人相手に会話ができるかというところに、集約されるのでできるだけ無駄な学習は省き時間の効率を図っていくことが何よりも重要なことじゃろう。

 

その上でライザップイングリッシュは、初心者でも最短3か月で外国人と違和感なくコミュニケーションが取れる能力を身につけることができるので、完全に効率化という言葉と一致している。

 


バイリンガル仙人

若干3ヶ月で、完全初心者が外国人とコミュニケーションが取れるスキルが身に付けられるのか?というところに半信半疑なヤツが多いんじゃが、これは実際に入学してみればわかる。

 

今までおこなったこともないようなことに取り組んでいくので、最初は違和感を覚えるかもしれないが、今後の人生のうちのたった3ヶ月時間を集中すればいいだけなので、そう考えると非常にバランスの取れた学習法だと言える。

 

英語の本質をしっかりと見極め、無駄なことは一切省き、おぬしの目的がいったい何なのかというところに焦点を置き、それを短期間のうちに達成できる環境に身を置くことが最大の効率化と言えるだろう。

 

そのために一番適している環境が、完全マンツーマンで英語習得までサポートしてくれるライザップイングリッシュはまさにおぬしにとって最高のサポート体制になっていると思う。

 


バイリンガル仙人

ここでおぬしに二つだけ選択肢がある。

■ここで自分の夢を叶えるために3ヶ月だけ集中して英語学習に取り組む。

■このまま何もせずに現状維持のまま一生涯を終える。

このどちらかを選択することになる。

 

前者を選んだのであれば、今すぐライザップイングリッシュに走って無料体験セッションから受けて来い!
⇒自由テキスト・英会話向上用

後者を選んだのであれば、今すぐこのページを閉じろ!

今回は以上じゃ。

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-ライザップイングリッシュで『コミット』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.