ライザップイングリッシュで『コミット』だ!

【料金が高いだと?】ライザップイングリッシュは巷の高額塾と全く違うからだ!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はライザップイングリッシュの料金についてお話ししていきたいと思うんじゃが、よくライザップイングリッシュの費用や学費が高くて入会するには躊躇してしまう受講者も多いと思う。

 

巷の高額塾や専門学校と比較しても、あまり料金的には似たような設定になっておるので、一見見ただけではその価値やどこがよそと違うのか?と言った所の判断が中々難しいと嘆くヤツも多いのは事実じゃ。

 

ただ、ライザップイングリッシュの本質の中身をちゃんと理解すれば、この料金設定がいかに有り得ない設定にしているかが一目瞭然でわかる。

 

今回はその辺の真相について迫っていきたいと思う。

ライザップイングリッシュの料金がいかに安いかを見ろ!


バイリンガル仙人

まず、単刀直入に結論から言えば、ライザップイングリッシュの料金(学費)は安すぎる。

 


バイリンガル仙人

『何を根拠に安いと言っているのか、ちゃんと分かるように説明しろ!』とおぬしから聞こえてきそうじゃが、その理由を分かりやすく説明しようではないか。

 

まず、日本人は特に英語が苦手な人が多い。

 

優秀な高校や大学を卒業した、IQが高い学生でも英語以外の分野では高い点数やIQを発揮しているんじゃが、英語の分野になると極端にそのスキルは低下する。

 

この最大の要因は、そもそも日本国内で生活していたら当たり前の事じゃが、英語を話す機会も無ければ、相手から英語でコミュニケーションを交わす機会もない。

 

つまり、完全に英語脳に関して言えば、『思考停止』状態と言える。

 

さらに、義務教育からの中学から高校までの6年関で英語を最低限学習してくるわけじゃが、そのほとんどが実際に相手とコミュニケーションを交わしたり、自分から言葉を発してスピーキングするようなノウハウは全くと言っていいほど実践して来ておらん。

要は、単語の暗記や、英文を解読するような基礎的なことしかやって来ておらず、いざ外国人とのコミュニケーションを交わす実践になると、全く話せない。。と言った事になる。

 


バイリンガル仙人

当たり前じゃな( ;∀;)

 

今まで実践形式の訓練を全く受けて来ていないので、英語が現場で話せないのは当たり前の事になるし、そもそも『英語を使った想定』が学びとして受けて来ていないので、ただ教室で暗記と解読をしていただけとなる。

このように、日本は特に英語を最大の苦手項目にしている傾向が強いので、21世紀に入ってもなお英会話スクールなどが人気のスキル習得の場として活用されておるんじゃ。

 

ライザップイングリッシュだけに限らず、どこの英会話習得機関でも無料の体験セッションに申込むだけでも予約待ちの状態が続いている。

 

下手をすれば、キャンセル待ちもある。

 

ライザップイングリッシュもかなりの人気を誇っているので、店舗によってはキャンセル待ちのケースもあるんじゃな。

 

料金に関して言っても、どの範囲までが高いと設定するのか、安いと設定するのかはおぬしの財布のひもに比例すると思うが、英語を完全に身に付けた後で得られる人生やライフスタイルを考慮すれば、料金は有り得ないほど安いと言っていいじゃろう。

英会話スキルアップコース
入会金⇒50,000円(税別)
Pattern Speaking 1

328,000円(税別)⇒回数17回:受講期間2ヶ月(目安)

Pattern Speaking 2

328,000円(税別)⇒回数17回:受講期間2ヶ月(目安)

Listening

450,000円(税別)⇒回数24回:受講期間3ヶ月(目安)

Communication 1

450,000円(税別)⇒回数25回:受講期間3ヶ月(目安)

Communication 2

450,000円(税別)⇒回数25回:受講期間3ヶ月(目安)

お支払いは一括振込、デビットカード、分割払いが選べるんじゃ

 

スコアアップコース:TOEICR L&R TEST
入会金⇒50,000円(税別)
TOEIC L&R TEST スコアアップコース (16 回)

328,000円(税別)⇒ 受講期間2ヶ月(目安)

TOEIC L&R TEST スコアアップコース (24 回)

450,000円(税別)⇒教育訓練給付金対象:3ヶ月(目安)

TOEIC L&R TEST スコアアップコース (32 回)

572,800円(税別)⇒受講期間4ヶ月(目安)

お支払いは一括振込、デビットカード、分割払いが選べるんじゃ

自分の脳みそに、英語がインプットされてその英語で周囲の人たちからリスペクトされ、色んな各方面で大活躍できれば、この学費なんかあっという間にペイできるし、一度身に付けた英語スキルは一生ものの財産としてのこるわけじゃ。

 

これを『自己投資』と言って、先に払った金額以上もの対価を将来必ず手に入れることで、今後の人生を経済的にも時間的にも余裕のあるライフスタイルを描いて行く事が成功者としての正しいお金の使い方になるんじゃ。

 

そして、ライザップイングリッシュは長期実践型の英会話学習機関ではなく、あくまでも短期実践型のスクールじゃけ、目的が短期で早く英語をマスターしたい希望があるなら迷うことなくライザップイングリッシュを推奨したい。

 

ただ、おぬしが長期実践型で英語を学んで行きたいプランがあるんじゃら、他の英会話機関を行けばいい。

 

どうせ、同じ時間で同じ事を学ぶんであれば誰しもが早く成果を出して結果にコミットしたいと思うんじゃが、世の中には自分のペースでゆっくり習いたいヤツも存在するので。。( ;∀;)

 

ただ、ワシから言える事は、早く実践して自分を追い込むペースでやっているヤツが最短2ヶ月とか3か月で結果にコミットしているので、自分のペースでのこのこやっているヤツと比べたら圧倒的な差になって分かれる。

 

おぬしはどちらじゃ?

 

英語をマスターすると言う事は、英文を解読したり最低限の単語を覚えなければいけないので、そこからスピーキング能力やリスニング能力の向上に1つ1つステージアップして行くので、そんなノロノロやっていても成果が出るのはめちゃくちゃ時間が掛かる。

 


バイリンガル仙人

下手をすれば1年や2年掛かって、未だに英語が全く話せないヤツも存在するぐらいじゃ( ;∀;)

おぬしはこうなりたいか?

 

それとも最短でコミットしたいか? 
⇒自由テキスト・英会話向上用

ライザップイングリッシュは巷の高額塾や専門学校とは全く違う!

ここで敢えて言うなら、日本にも様々な英語学習や参考書などが世に溢れておるが、単なる書店で購入した教材や文法などを熱読しても英語が話せるまでのレベルには到底到達せんことは言うまでもない。

 

単に、独学で自分の時間をせっせこ費やしてもそれは壊滅的な結果しか得られない事にまず気付く事が重要じゃ。

 

独学で英語が話せるようになるんじゃったら、おぬしはすでに外国人相手にコミュニケーションが取れてるはずじゃし、それが出来ていないんじゃったら、そのやり方は間違っている事にフォーカスする必要があるのじゃ。

 


バイリンガル仙人

これは、ちゃんとした目的やゴールまでを設定したプランで、計画性を持って取り組まなければいけない事であり、単に参考書を読んで単語を覚えたレベルでは、ケツに毛が生えた程度のレベルだと言う事を自覚して実践しなければならない。

 

そうなれば、文法中心の学習ではなく、ちゃんと英語のプロにアドバイスをもらいながら成果が出るまで専属講師を雇う必要がある。

 

多くの英会話塾では、大人数のグループコンサルやグループレッスンで主催者の効率だけで学習を進める機関が多いが、これでは個人間の悩み問題やつまずいた時にどう対処するのかが浮き彫りになるケースが大半じゃ。

 

問題は個人間で対処する事が、その後のスキル向上に直結するところなのじゃが、その辺にある街の個人レッスン機関や、巷の専門学校ではほとんどグループ制を敷いてるので講師とのマンツーマンサポートはない。

 

結局は、受講者1人にたいして、1人の専属講師がつくことによって、つまずいた時に瞬時に解決できる環境が出来上がるので、この環境がない英会話機関でいくら時間をかけて学んだとしても、大抵が成果が出ずにその後のフェードアウトとなる。

 


バイリンガル仙人

ライザップイングリッシュのような、完全に個人間で専属契約を結び、プロのメンターを雇える環境で無ければおぬし自身も英語のプロになるには到底難しいと言えるし、どんなに活躍しているプロのアスリートでも専属コーチやトレーナーを雇って日々スキルの向上に励んできておる。

錦織圭⇒マイケルチャン

大坂なおみ⇒ウィム・フィセッテ

清原和博⇒ケビン山崎

金本知憲⇒平岡洋二

松井秀喜⇒小波津祐一

北島康介⇒小泉圭介

中田英寿⇒山本孝浩

香川真司⇒神田泰裕

これら一流のアスリート達でも、最高の結果にコミットするために専属コーチと個人契約を結び、日々邁進してきたのじゃ。

 

なので、スキルがないいきなりの初心者が、プロの専属コーチもつけずになぜ成果が出るのか?と逆に問いたい( ;∀;)

 

ライザップイングリッシュは確かに、どんな初心者でも短期集中型で結果にコミットできるだけのカリキュラムやノウハウ、環境は整っておるが、英語を一から習得する事はそんな簡単に一筋縄では行かない事を理解して、挫折しない正しいマインドセットを身に付けて実践する事が重要じゃ。

 

解読も何と無く。。暗記も何と無く。。スピーキングも何と無く。。リスニングも何と無く。。このような安易な取り組みをしていると、100%結果にコミットする事はないので、おぬしが英語を習得しなければならない理由をちゃんと明確にしてトライする事が大前提となる。

 

■まず最初は結果にコミットできる正しいマインドセットを身に付けよう!

ライザップイングリッシュで英語がマスターできなければ自分はクソだと思おう!

例えば、『会社から英語を習得してこい』と言われたから実践しているヤツと、『自分の夢、目標のために』実践しているヤツとはまるっきり取り組む姿勢が違う。

 

まあ、当たり前の事じゃが、取り組む姿勢が違うと言う事は、マインドセットが違う事になるんじゃ。

 

マインドセット⇒モチベーションと言う事に比例して言える事じゃが、よく『モチベがダウンしたから作業の手が止まってしまった』『どうしてもやる気が出ず継続できない』などと言った事を、個別レッスンを受けているにも関わらず言ってくるヤツがいる。

 


バイリンガル仙人

おそらく、これらの事を言ってくるヤツは間違いなく成果が出ていない( ;∀;)

 

つまり、やらない理由や、誰かにやらされている理由などで実践しているヤツは、根本的にマインドセットが成果が出るヤツとは180度違うわけで、これは最初から能力があるとか、スキルがあるとかの次元の話ではなく、自分がなぜ英会話を学んでいるのか?と言う根源にあるところが大きいので、言われたから仕方なくやっているようではおそらく一生掛かっても英語を身に付ける事はできない。

 

ライザップイングリッシュでは、成果が出ない要因は全て排除しておるので、ガチになって飛び込みば最低限の一定レベルは十分に超える事ができるわけじゃ。

 

つまり、そんな環境でも成果が出なければいかに自分がクソなのかと言う所にフォーカスしてくれ!

 

成功して行く人ほど、仕方なくやっているんではなくて、英語を習得すれば人生が豊かになって今よりももっと輝けると確信しているセルフイメージを持っており、実践中は苦痛ではなく、楽しんでやっておる。

 

成果が出ないヤツほど、カリキュラムが苦痛なので、モチベが持たずに継続できない。。そして結果フェードアウト。。このような末路となるんじゃ( ;∀;)

 

英語学習で継続するには、とにもかくにもまずは『楽しみながら実践』を意識して、そこから日々の行動でやるべき事を1つ1つこなしていく。

 

確かに、最初はやった事もない事ばかりで右も左も分からない事だらけじゃが、それはどんな事に取り組む時も同じじゃ。

 


バイリンガル仙人

会社の仕事も、最初は右も左も分からないので先輩や上司に指導を仰いで、1つずつステップアップしていくじゃろう?^^

 

英会話も継続していくヤツと、そうでないヤツの理由は全くと言っていいほど同じ事を言うので、まあ、面白いんじゃが、その共通点は

■仕事で忙しかったが何とか無い時間を作り実践した

■仕事で忙しかったので時間がなかった


バイリンガル仙人

もう定番じゃな(笑

 

当然、後者は自分から時間を作ろうとしていないので、成果が出るはずがない。

方や、前者は自分から時間を作って実践していたので成果が出て当たり前。

 

もう言うまでもないと思うが、時間と言うのはないんじゃなくて、自分から作るもんなんじゃ。

 

みんな仕事や本業で毎日が忙しいのは、当たり前の話で、それをわかりきった上で英会話学習をしているのに、『時間がない』とかの言い訳ばかり述べていても、それはいかに自分が時間を作れない無能人間だと言う事をさらけ出している事になるんじゃぞぉ!!

 


バイリンガル仙人

このような定番ナンバー1の言い訳は、本当に無能差を相手にさらけ出すだけなので、金輪際言うなよ!

 

■もう一度、継続できる本物の心構えをここから学んで来い!

『時間がない』はもはや死語!自分の無能差をさらけ出している事に気づこう

まず、どんな事に挑戦しても全く結果にコミットできないヤツの頭の中はどうなっているのかと言うと。。

■お金がない⇒自分は悪くない

■時間がない⇒自分は悪くない

■スクールに通っても成果が出ない⇒自分は悪くない

■教材が悪かった⇒自分は悪くない

■講師の教え方が悪い⇒自分は悪くない

とまあ、ここまでのレベルに来たら最強じゃが、成果が出ないヤツの頭の中は至ってこんな感じじゃ( ;∀;)

 

ただ、人によっては全く同じ理由にも関わらず、ある人にはちゃんと目標を達成して結果にコミットした人もいれば、継続できずにフェードアウトしていったヤツもいる。

 

一体どこが違うのか?

 

ようは、継続できない理由を模索するんではなくて、できる理由を最優先に持ってこれば、モノの見方は180度変わる。

 

その変った思考1つで、人の行動パターンも変わるんじゃ。

■『思考は現実化する』

このような名言があるが、人の考え方や思考と言うのは全ての行動を司るコアでもあり、考え方が『できる理由』を最優先に持ってくる事によって、『時間がないからできない』と言った要因は考えなくなる。

 

できない理由をただ並べてるヤツは、自分から打開策を考えようとしないので、いつまで経っても結果にコミットできないし、ただ虚しく時間だけが過ぎて行く事になる。

 

英会話上達には、いくつか乗り越えなければならない壁があり、この壁を乗り越えるための挑戦を繰り返していく事でスキル上達が実現するので、最初から課題にぶち当たるのは当たり前の話で、その課題でモチベがダウンとか言っていたら、到底目的など実現しない。

 

壁を1つ1つ突破していくプロセスで、英語能が鍛え上げられていくので、その状態を苦痛と感じるんではなくて、楽しみながら実践できたらおぬしは本物じゃ。

 

■目的達成し、英語を習得した暁にはいくらでも羽目を外して海外旅行でも行こうではないか!!

バカなヤツほど自己流に走る!ライザップイングリッシュでそのバカさを叩き直せ!


バイリンガル仙人

今まで散々伝えてきているが、ここまで言ってもまだ自己流に走るバカが存在する( ;∀;)

 

その要因は色んな事が考えられるが、

■スクールに通えるお金がない

■時間がないので自己流で隙間時間でやりたい

■オレは天才だから専属コーチなどいらない

■自分のペースでゆっくりやりたい

まあ、こんなことだろうと思うが、これらはみんなクソじゃな!!

 

おぬしが別に、英会話習得に2年も3年も掛けてやりたい!と言うなら全く否定はしないし、それこそおぬしの気が済むまでやればいい。

 

ただ、本当に本業もありながら2年も3年も継続してやれる根性があるのか?

 


バイリンガル仙人

ていうか、そんな根性があるんなら、とっくの昔におぬしは結果にコミットしとる(笑

 

まあ、自己流でやるとこれぐらいの歳月は覚悟しておいたほうがいいし、その前に続くかどうかが最大の問題として出てくるんじゃがな。。。

 

と言う事で、わざわざそんな遠回りしなくても、さっさとプロのメンターを付けて教えてもらいながら実践していけばそんな問題は一瞬で解決するし、圧倒的な時間の短縮が図れるので、『お金で時間を買う』自己投資と言う事じゃ。

 

そもそも、初心者でゼロのレベルから経験もないし、知識もない、スキルもない、のないない尽くしの状態からどうやって自己流で向上していくと言うのか?

 


バイリンガル仙人

この質問から、明確にワシを納得させるだけのプレゼンができるか?

 

つまり、自己流とは成果が出るまでにやるべき事や学べき知識などを全て自分の頭の範囲だけで判断してしまう非常に危険で愚かな行為だと言う事にまずは最短で気付く必要がある。

 

そして、プロに習いながら最短で成果が出た時間が300時間であれば、自己流でやって成果が出た時間が1000時間だとすると、とんでもない時間差になる。

 

これをお金で計算して時給1000円と仮定した場合、30万円払って時間短縮をしスマートに成功して行く方を選ぶのか、自己流でやって1000時間を無駄にした結果、その時間対価は100万円も無駄にしたと同等の事になった挙句、その後疲弊しながらやるのかは全くその後の人生が変わってくるんじゃな。

 

お金はまたいつでも稼ぐ事はできるんじゃが、時間と言うものは二度と戻ってこん。

 


バイリンガル仙人

時間は有限であり、無限ではないのじゃ!

 

そして、自己流でやっていつヤツは、思っているほど『自分はできない』と想定しておいたほうがいいぞぉ。

 

メンターをつけずに自分の独学でやっているヤツは、ほとんど自分を過信しておるヤツが多いが、そもそもその理由が結果にコミットできない最大の要因だと言う事に気づけていないし、課題に直面した時に自分の考え方ではなくて、外から見た客観的視点を指摘してくれるアドバイザーが必ず必要なんじゃ。

 

じゃが、これが英会話習得になると何故か勘違いするバカが出て来る( ;∀;)

 

『何故か独学に走る』『何故かお金をかけたくないとケチる』『何故か時間がないとボヤく』、この状態でどうやって結果にコミットするんじゃ?

 

バカも休み休みに言おうではないか!!

 


バイリンガル仙人

仮におぬしが天才だったら、これらは全て例外になるが、天才じゃないじゃろ?

努力をすれば報われる??

そうじゃないじゃろ、

報われるまで努力するんじゃ。

 

■報われる事に対して、行動し続ける事ができるヤツはこちらからスタートアップ!!

まとめ

今の日本の数ある英会話習得機関で、教材だけや、カリキュラムだけで成果が出るのはハッキリ言ってほぼ不可能と思っておいたほうがいいぞぉ。

 

教材やカリキュラム、オンライン学習ももちろん大事じゃが、根底にあるのはそれらのツールを効率よく使い倒すにはマンツーマンサポートで指導してくれる環境が絶対に必要じゃ。

 

その上で初めて成り立つツールでもあるし、メンターとの関係を深めて行って日頃からドンドン教えてくれる良好な関係にしておれば、当然メンターも人間じゃろうからエコひいきなどもしてくれる事がある^^

 

結論から言えば、メンターとの良好な関係はおぬしの成果に直結する大きな要因の1つになるので、そこも意識して日々取り組んで行こう。

 

どうすれば英語がマスターできるのか?

 

英語脳を鍛えるのは、最初にやるべき段階で実際にドンドン英語を普段のライフスタイルの中にも取り入れて行き、そこから必ず英語で始まって英語で終わらす一連のプロセスを繰り返して行く事が体幹レベルで脳が鍛え上げられていくので、そのアプローチから進んでドンドン課題をクリアして行こう。

 

ここのレベルまで来たら、ある程度の基礎は習得してるので、後はメンターのアドバイスを素直に受け入れてスケジュール通りに実践を繰り返して行こう。

 

■そうと決まれば、今すぐにライザップイングリッシュで最短2ヶ月で人生を変えよう! 
⇒【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-ライザップイングリッシュで『コミット』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.