ライザップイングリッシュで『コミット』だ!

【効果?⇒お前次第】ライザップイングリッシュを勘違いしてる奴はコレ!

更新日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はライザップイングリッシュの効果について見ていきたいと思うんじゃが、まず勘違いしては行けない事はぶっちゃけ効果があるとか無いとかは全て自分次第だと言う事じゃ。

 

英会話塾や専門学校、スクールやコミュニティなど色んな環境で英語が学べる機関はあるんじゃが、それら全ての機関は自分に合うのか合わないのかと言った根本的な要素は抜きにしても、一番肝心な事はまず自分の学ぶべき姿勢や心構えはガチで取り組む気があるのか?と言った所じゃろう。

 

なんとなく、『隙間時間でやりたい』『本業で忙しいからなるべく短時間でやりたい』『主婦なので家事育児の合間に・・・』と言った事を全面に押し出して取り組もうとしている人達は、まあ~それ相応の成果しか出ないのが本音じゃろう。

 

ライザップイングリッシュでは、最低でも1日3時間の学習時間を要するので、どんな事でもゼロからイチに到達するにはそれなりの行動力と根気が必要不可欠になる。

 

これらの事をしっかりとわきまえて学んで行かないと、高い確率で挫折するので、まずはここを押さえよう。

ライザップイングリッシュに効果はあるか否や?

殆どの人が本業などで毎日が忙しく、一日に3時間の学習時間を要するのは結構容易な事ではないのが本音じゃろう。

 

ただ、1日は24時間の器がありこれを多くと感じるのか、少ないと感じるのかは人それぞれの価値観に委ねられるが、ワシからすれば1日24時間もある中で、たった3時間の時間も取れないとなると、どんな事にチャレンジしてもアウトじゃろう。

 

これはライザップイングリッシュが効果があるとか無いとかの問題ではなく、自分自身の取り組む姿勢がなっとらんと言えばそれまでかも知れんが、短期集中型で高い成果実績がありほぼ殆どのクライアントをコミットしてきたライザップイングリッシュですら、3時間の学習時間は必須と言っているわけじゃけ、ちゃんとガチで英語を身に付けたいと思うのなら、この環境に順応して行くのが成功者の行動じゃ。

 

なので、結論から言えば、『効果はあるのか?』と聞かれれば間違いなく『効果はある』と断言できる。

 


バイリンガル仙人

ただし、おぬしが本当にガチなのか?と言う事が大前提になる。

 

それにもう一つが、ライザップイングリッシュはかなりモチベがすぐにダウンして行動できないクライアントや、背中を押してもらえないと動けない奴にはまさに最高の環境じゃ^^

 

要は、『強制力』を自ら課せようとしないヤツは、目の前に壁が立ちはだかった時に高い確率でフェードアウトしていく傾向にあるので、ライザップイングリッシュではそんなクライアントに対して、毎日弱点を無くして行くための予習復習を実施しておる。

 

どんなカリキュラムや小手先のテクニックなどを使っても、ほんの数日で素人が上級者レベルの英語を理解するのは不可能で、抜け道をしてショートカットできる道なんて存在せん。

 

言わば、何も努力無しで効率の良い事ばかりを探しても、そんな物はなく、とにかくやると決めたら徹底的に成果が出るまでの継続力でどんどんアウトプットして行く以外に方法はないんじゃ。

 

挫折して行く多くのクライアントには、継続できない明確な理由が必ず存在する。

 


バイリンガル仙人

その中の1つに、全てオンライン上で片付けてしまうところにあるとワシは分析しておる。

 

確かに、今の時代は全てがインターネットを経由して全てがオンラインでやり取りできる便利な世の中になっているので、その手軽さが逆にクライアントの成果に影響を及ぼしておる面もある。

 

便利すぎるあまりに、どうしても週2回の対面コンサルティングに参加しなかったり、オンラインだけに頼った実践にいつしかなっていたりと、その環境に慣れてしまうと人間どうしても楽な方へ楽な方へ流れてしまうので、気付いた時には、『レッスン自体を全く受けなくなっていた』と言う事になってしまうんじゃな。

 

ライザップイングリッシュに限って言えば、完全マンツーマンでおぬしだけのオリジナルカリキュラムを組んで実践していくので、そのへんは嫌でもメンター(先生)が背中を押してくれる環境じゃが、他の英会話塾やスクールでは、本当に自分自身の行動次第になってくるので、効果があるようにするにはおぬしが成功するための正しいマインドセットを身に付けるところから意識して行こう。

■英会話で成果が出る正しいマインドセット6か条

そもそも楽して英語が身に付く発想を捨てる
1日3時間の学習時間は確保する
メンターのアドバイスは素直に忠実に守る
アドバイスを貰ったら1ミリも疑わずにすぐに実践に取り掛かる
わからない箇所やつまずいた箇所は必ず直ぐにメンターにアドバイスを求める(放置しない)
これら守破離を徹底して守る

ライザップイングリッシュに効果があるかはぶっちゃけお前次第じゃ

正しいマインドセットを理解したら、次はステップアップのための段階を1歩1歩踏んでいくプロセスに入って行くんじゃ。

 


バイリンガル仙人

それにはまず、『英語から逃げない』環境を作って行く事が重要じゃ。

 

日本語が話せない外国人が、日本に来た時に何とか日本語の単語を並べてジェスチャーをしている風景を一度は見たことあると思うんじゃが、まさに外国人は日本人とは違い『失敗したらどうしよう・・・』『上手く話せなかったらどうしよう・・・』と言ったマインドセットが最初からないんじゃな。

 

つまり、外国人は日本人と比べると上手く話せなかったらへの恐怖心が基本ないんじゃ。

 

何とか、手招きをして日本語を話そうとするし、何とかジェスチャーをして自分の言葉を相手に伝えようとする。

 

これが、いくら言葉自体は通じなくても、心が通じ合うので次第に相手も理解してくれるようになるんじゃ。

 


バイリンガル仙人

そもそも日本の義務教育の時点で、そこまで質の低い英語を教えてるレベルではないので誰でも『My name is〇〇』とか『This is a Pen』ぐらいは言えるし理解できるじゃろう^^

 

実際に、英語を学んで自分の体の腑に落として行くには、『最初の一歩を踏み出す』事じゃ。

 

一歩を踏み出して、相手に話し、英文を聞き出してそれを理解する作業をひたすら繰り返していけば、その環境に順応するように人間の体はできているので、嫌でも英語が話せるようになるんじゃ。

 

つまり、今のライフスタイルの現状維持から、優先順位を英語中心のライフスタイルに環境を変えて実践していけば、わずか最短2ヶ月でライザップイングリッシュは効果がテキメンに出ると断言できる。

 

最初から、『オレには英語は無理!』と言った発想をしている限り、英語が話せるようにはならんし、その弱点を解決させるためのコンサルティングでもあるので、やるべき事さえキチンとやっていれば、必ず今よりも英語力が鍛えられて行き知らぬ間に英語がスラスラ話せるようになっているじゃろう。

 

それを実現するためのプロセスにはライザップイングリッシュが一番適している環境じゃ^^

ライザップイングリッシュに効果がないとホザいてる奴は結局何もしていない

中には、ネット上の噂だけでライザップイングリッシュには効果がないとか、成果が出ないなどの事を言う人達が存在するが、ハッキリ言ってこれらの人達は結局何も行動していないと言い切れる。

 

何か一つでも、真面目にコツコツ取り組んでガチでやっておれば、何らかの成果は出ているはずじゃし、基準値としてある一定の成績は出ているはずじゃ。

 


バイリンガル仙人

それを、全く何も結果として現れていなければ、結局何もメンターから言われた事を素直にやっていないか、独りよがりの自己流や我流でやっている可能性が非常に高い。

★上手くいかない人の典型的なパターン

 

何一つ自分から行動しない

人全てが他責思考で上手く行かない事を人のせいにする

そもそも学習時間が圧倒的に足りない

メンターのアドバイスを無視する

配布されたカリキュラム通りにやらない

勝手に自己流にアレンジする

自分の納得した事だけしかやらない


バイリンガル仙人

これらをチェックした時に、おぬしも心当たりはないかのぉ?

 

英会話塾やスクールに行ってるけど、全く英語が話せるようにならないと嘆いてるヤツはそもそもどれぐらいの学習時間を取って学んでいるのか?と言うところじゃ。

 

塾に行ってる頻度は毎日か?週1日か?週4日か?

 

色んな媒体からデータを取って見た所、殆どのクライアントが週1日から多くて週3日程度で塾に通ってると言うデータが出てきたんじゃが、この環境でも中々英語がマスターできないと言う受講者が殆どじゃ。

 

でも当然じゃ。

 

週1日ぐらい通った塾で、英語がペラペラにマスターできるんじゃったら、ぶっちゃけ小学生でもペラペラに話せるようになるし、英語と言う語学を身に着けると言う事は、そんな週1レベルで身に付くほど単純な事ではないんじゃな。

 

つまり、その程度の学習時間では『ノウハウ維持』ぐらいのレベルにしかならないと言う事じゃ。

 


バイリンガル仙人

人間の脳みそは、『一度耳にしたことや、自分が話した事は24時間以内にアウトプットすると脳みそに定着する』と言われているので、その復習頻度が大きければ大きいほどその時に学んだスキルは脳にインプットしていくんじゃ^^

 

なので、英語が身に付かないとボヤいてるヤツはまず自分が実践している環境や、正しいやり方で作業ができているかを見直して、ズレてる箇所があるんであればそれを指摘してくれるアドバイザーが必ず必要になるので、ライザップイングリッシュでそのズレを修正して正しい方向性で実践できるようにまずはアドバイスを求めるべきじゃ。

 

そして、そのアドバイスを素直に実践して行くことで次第に結果にコミットできてる自分に出会えるので、まずはファーストステップからトライして行けばどんどん英語が話せるようになっているはずじゃ。

 

何も迷うことは無いので、今すぐにでも動いて行こう!

⇒【30日間全額返金】ライザップがTOEICにコミット!ライザップイングリッシュ

まとめ

とにかく、効果が無いやら、挫折してモチベ低下の人らはひとまず今の私生活の現状に浸るんではなく、ぬるま湯から自らの意志で環境を変える事をオススメする。

 

環境を変えれない人は、一生何かをやるにしても大した成果は出ないし、本業で毎日が忙しいんであれば尚更『今日は疲れたから明日でいいや。。』となってしまう。

 

おぬしもそうじゃろう(笑

 

これでは、どんなに指導する側が最高のサポート環境でも、本人がその程度のレベルじゃけ、結果にコミットできるはずがない。

 

しかも、『面倒くさい病』がこびりついているマインドセットじゃけ、できるだけ手間をかけない学習になってしまい、まだ基本が身に付いていないのに、効率ばかりを追い求めて守破離を吹っ飛ばす。

 

これでは、一生かかっても英語を身に着ける事は不可能じゃ。

 


バイリンガル仙人

あくまでも、語学を身に付けて相手とコミュニケーションが交わせるようになるには、基礎を叩き込んで、その基礎をベースに次のステージに上っていく工程じゃけ、いきなりそれらをすっ飛ばして英語が話せるようなると思っていたら、それはとんでもない間違いじゃけ、まずここをしっかりと意識して取り組んで行こう!

 

ぶっちゃけて言っておくが、英語をマスターすると言う道にショートカットして到達できる道なんて存在しないので、しっかりと地に足を付けて取り組み、真面目に継続するヤツだけがスキルを身に付けて外国人らとコミュニケーションが交わせるようになって、自分のキャリアも上っていく事になるんじゃな。

 

これによって、そのたった1つのスキルでもある、英語が話せるようになった事でおぬしの人生も今までとは比べ物にならんぐらいに周りから評価され、収入もアップし、リスペクトされる存在になれると言う事じゃ^^

 

英語によってガチで人生を変えたければ今すぐにライザップイングリッシュでヒアリングしてもらおう!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-ライザップイングリッシュで『コミット』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.