ライザップイングリッシュで『コミット』だ!

ライザップイングリッシュの評価を挑戦していないヤツが決める資格はない!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はライザップイングリッシュの評価について見解して行きたいと思うんじゃ。

 

よくネット上には人の評判や評価と言ったものが溢れているが、英会話習得にチャレンジしてその経験談などをアップしているヤツは自分の体験してきたことなので、正当性はあると思うが、中にはチャレンジすらしていないのに評価を下すバカ者もいる。

 

英語習得だけにフォーカスしているライザップイングリッシュのようなスクールには、様々な評価や意見を下す者が多いが、英語習得に向けて全く挑戦していない者がライザップイングリッシュの評価を決める事にその資格すらない事を今ここで断言しておく!

 

むしろ、英会話習得だけではなく、人生そのものにおいて結局何事にも挑戦しないヤツは何事にも評価する資格はないと言う事じゃ!

何も挑戦しないヤツがライザップイングリッシュの評価を決める資格はない

結論からハッキリと申し上げると、チャレンジしないヤツはガチで人生を棒に振っていると言っても過言ではない。

 

とにかく日本人は、『上手く行かなかった時の事を考えすぎる傾向が強すぎる』ので、何事にも真っ先にリスクばかり追い求めるんじゃ。

■上手く行かなかったらどうしよう。。

■失敗したらお金や時間が無駄になる。。

■やっぱり誰かに相談すればよかった。。

■ちゃんと計画を立てるべきだった。。


バイリンガル仙人

ハッキリ言ってこれらの意見は全てバカげてる!!

 

別に英会話スクールに通うかどうかの話は横に置いて、『失敗したらどうしよう。。』と言う考え方は、失敗しないように事前準備ばかりに時間を奪われて、結局1年また1年と言う時間だけが過ぎて行き、結局自分はなにもやっていないと言う結果になっている。

 


バイリンガル仙人

これこそが人生における最大の失敗で最大の時間の無駄使いなのだ。

 

よくライザップイングリッシュの評価などがネット上の掲示板などで見ることがあるが、そのほとんどがチャレンジして評価をする者や、チャレンジすらせずに評価をする者もいる。

 


バイリンガル仙人

ワシから言えば、『挑戦しない者が評価をする資格はない』と言う事じゃ。

 

『評価と言うものは動いていない人がするべきものではない』と言う事。

 

多くの人が、人の噂話や、人の批判、人の評価、と言うものに凝り固まった人生を送り続けているが、そんなものは全て周りの目を気にしているだけで、それこそが人生の時間を無駄にしている最大の要因なのじゃ。

 

おぬしが、英語を身に付けて人生を変えたいと思っているなら、今まで無駄に消費していたその時間を英語だけにフォーカスすべき事なのじゃ。

 

『評価は行動しないで決める事ではなく、行動した後で決める事』

 

『若いうちは色んな事に挑戦しなさい』とは親によく言われたもんじゃが、別にこれは若い内だろうと、中年だろうとシチュエーションは同じで何かを成し遂げる意欲があるのかないのかで、その後の人生は大きく変わってくるものじゃ。

 

これは英語習得にも全く同じ事。

 

『考えてから行動する』⇒これでは話にならない。

■まず物事を知る、そして覚える、覚えたらすぐ動く、そして何かにぶつかったら工夫を考える。これの繰り返しだ。by GACKT

つまり、『知って、覚えて、動いて、考える』漢字で略すと、『知』『覚』『動』『考』、これはガクトが習った習慣なんだが、今ではどんな分野でも成功しているガクトでもこれらの哲学を持って日々行動しておるんじゃな。


 出典https://www.youtube.com/


バイリンガル仙人

ライザップイングリッシュで成果が出なかったヤツほど、評価を適当にしている傾向があるので、そのようなヤツほど英語学習を甘く見ていたり、それほど作業時間を要しなくても英語が話せるようになると勘違いしておる( ;∀;)

 

全くの初心者から英語が話せるようになるには、成功パターンばかりにフォーカスするんではなくて、むしろ失敗パターンの方にフォーカスすべきで、失敗の数が多ければ多いほどそこから学びスポンジのように吸収するので、コツを掴むのが早い段階で成果として現れてくる。

 

ライザップイングリッシュでも、上手く行くクライアントの共通点は『成功ばかりイメージするのでなく、失敗のアプローチだけ成功に近づく』と言う事。

 

評価や物事の判断材料は、全てこれらの行動や挑戦の上に成り立っていると言う事を忘れてはいけないんじゃ。

 

■これだけ言っても、まだ理解できないヤツはこちらを見ろ!

結局人生においてチャレンジしないヤツは一生周りを気にしているだけの人生

英会話スクールに通うか迷っているヤツや、英語を身に付ける事に躊躇しているヤツは、結局チャレンジしない人生にたどり着く。

 

そんな奴らの行動パターンは大抵が周りの目を気にしたり、お金を使いたくないと言った理由からではないか?

 

そして、挑戦しない人の共通点はとにかく『他人の失敗が大好き』と言う事。

 

必死に挑戦している人を横目に、上手く行かなかった時には

■アイツはバカだ

■オレの言う事を聞かないからこうなるんだ

■恥ずかしくないのか

■嫌われるだけ損なのに

挑戦しない人達は、挑戦した人の評価や結果によって周りと同じ判断を下し、挑戦した人を袋たたきにする。

 

上記のような言葉は一見社会的には正論に聞こえるかもしれんが、本当に挑戦して成功していくヤツからすれば、全てが狂った言葉なんじゃ。

 

英語をマスターしたい気持はずっとあるのに、中々英会話習得に挑戦できないヤツは明らかに周りの目を気にして動けないヤツか、費用などでお金を使いたくないと言った理由が必ず潜在的に持っておる。

 

■英会話スクールに通ったが成果が出なかった

このような事があれば、周りの目も気になるし、どんな評価をされるのかわからないので、そこまでしてなら『別に英語が無くても生きてはいけるし、絶対に無くてはならないものではないので・・・』となる。

 

要は、自分が何かに挑戦した時に、それに対して失敗した時に周りがどんな評価を下すのかや、どんな視線を浴びせて来るのかと言った周囲の目が人は気になる生き物なんじゃ。

 

じゃが、おぬしが英語を話せるようになれば、その後の人生でどんなメリットがあるのかを一度ここで想像して欲しい。

■外国人相手のプレゼンでスムーズにコミュニケーションが取れたら会社の評価は鰻登り

■外国人が多い職場でストレスなく仕事ができる

■海外旅行で外国人とコミュニケーションが取れたら楽しさ倍増

■英語が話せるようになれば昇給&待遇アップ

■英語が話せるようになれば就職に圧倒的有利

■英語が話せるようになれば富豪との国際結婚で玉の輿もアリ

■英語が話せるようになれば英会話講師になって収入も得れる

■急な海外移住や海外転勤でもストレスなく取り組める

今この瞬間の周囲の目ばかりを気にして、何をするにしても『上手く行かなかったらどうしよう。。』『失敗した時のリスクは。。』などとネガティブなイメージばかりに意識が向き、本来普通に自信を持って挑戦すればなんてことはない事も常に否定的なマインドがそれを突き動かしてしまう。

 

メンタルブロックが掛かった思考では、常に周りの人の顔色を伺ったり、挑戦するなんて無駄なんじゃないか?と言った『自分象』を確立できていない奴らがほとんどじゃ。

 

これでは、何をするにしても本当にやりたい事や理想とする生活を実現する事は到底できないし、そんな生き方や人生こそバカげている事に気付くべきじゃ。

 


バイリンガル仙人

そもそも、なぜおぬしが英語を習得したいのか?

 

ここの原点に帰れば、挑戦しない方が狂った考え方であり、その英語で自分の人生が明らかに豊かになるんであれば、周りに目や顔色なんて1ミリも関係ない事に気付くはず。

 

とにもかくにも、気付いたらおぬしが望む成果に向けてやるべき事だけにフォーカスして突き進めばいいんじゃ!

 

■そうと決まれば、今すぐライザップイングリッシュでその生ぬるい精神を鍛えてもらえ!

⇒【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

ライザップイングリッシュで成功しているヤツはこう言うヤツじゃ

英会話習得に最も得意としているライザップイングリッシュで実際に成果を出しているクライアントや、成功して今現在その英語でグローバルに活躍している元クライアントはどんな奴らなのか?と言う事じゃ。

 

まず、ちゃんとやるべき事をやって成果を出しているヤツらの共通点は、

 

■やると決めたら動いている

まあ、当たり前の事じゃが、以外にもこの当たり前の事ができないヤツが圧倒的多数じゃ。

 

『思い立ったら即行動』とよく言われるが、成果が出ないヤツほどこれを怠っている。

 

普通の人は、考えてから動くので、結局最後は動かなくなるか、動いたとしても先に考えてしまうので、成果が出るのが圧倒的に遅くなる。

 

思い立ったら即行動の人がやれば、1ヶ月で形になるものを考えてから動く人は半年後、いや最悪1年とか2年とか同じ事を繰り返している訳であり、これでは絶対に上手くいかない。

 

別に、思い立ったら即行動で上手く行かなかったとしても、早く経験が積めるので、次の解決策が早い段階で模索することができて、また即行動で挑戦を繰り返して行けば、考えてから動くよりも格段に成果が出るスピードが早くなる。

 

どうせ同じ事をやるんなら、早く成功してスマートに望む成果を得たいと思うんじゃが、何故かほとんどのヤツは考えてから動く方を選んでしまう。

 

ドンドン思い立ったら即行動しておれば、周りから白い目で見られることもあるじゃろう。

『アイツバカなの?』『なんか1人で張り切ってない?』こんな事を思ってるヤツは一生自分の望む理想の人生は訪れない。

バカになれるヤツが成功していくし、1人で張り切ってるヤツだけが望む成果を得ていくんじゃ。

 


バイリンガル仙人

むしろ、バカになって張り切っている事はガチなんだ!と言う事に気付くべき。

 

普通の人が、このような事で行動している奴らの輪の中に入るのは居心地が悪いし、ストレスにもなるが、おぬしと同じレベルで愚痴の言い合い合戦をしていてもおぬしは一切人間的成長はないし、成功していくこともない。

 

一番大事な事は、愚痴を言い合ってストレス発散できるヤツ等とは距離を置き、いかに自分の基準値を上げて、動いて成果を出しているヤツ等と同じ環境に居続けられるかが、その後のおぬしのターニングポイントになってそんなヤツ等と同じように望む成果を得られるようになって行くじゃろう。

 

■上手く行かなくても他人のせいにしない

いつまで経っても成功できないヤツは、上手く行かない事を全て他人のせいにする傾向がある。

 

言わば、『他責思考』じゃ。

 

他人に責任を委ねる思考とも言うが、とにかく人に依存しているので、何をするにしても自分の意思でやろうとしない。

■言われたからやっている

このようなマインドになって人生を送っていると、必ず何処かで行き詰る。

 

何故なら、自分の意思で行動しないヤツは責任を放棄しており、ひたすら他人の愚痴や評価を下すだけの存在になっていることすら自分で気付いていない傾向にあり、人間的成長が1ミリもないまま人生の時間を過ごす事になる。

 


バイリンガル仙人

よくおるじゃろ?いい歳した大人なのに中身が空っぽのヤツ(笑

 

成果を得てるヤツや、スキルがあるヤツはどんな事があっても他人のせいにはしないし、人の愚痴を言い合う事もしないものじゃ。

 

成功者ほど、人の成果を自分事のように喜ぶし、giveをする事で先に価値提供してポジティブな人生を常に実現しておる。

 

愚痴や他人の悪口ばかり言い合っていても、そこに得るものはないし、他人に責任転換して自分は一切リスクのない人生を送っていたとしても、そこから成長できる要素は1ミリもない。

 

成果を出すヤツほど、全て『自己責任』の世界でやっているし、上手く行かなくても自分の責任として取り組めているからこそ、普通の人にはない生活が送れているんじゃ。

 

■お金を使う時は浪費ではなく投資

望む成果を出して理想の人生を送っているヤツ等のお金の使い方は、普通の人とは全く正反対じゃ。

 

英会話学習に使うお金が高いか安いかなんて所にフォーカスしておるんじゃなくて、その使ったお金が将来どのようにしてリターンを産んでくれるのか?と言う所にフォーカスしておる。

 


バイリンガル仙人

つまり、投資意識じゃ!

 

お金がないヤツや、お金に余裕がないヤツほどお金の奴隷になって、目の前のお金に飛びつく。

 

そこに5年後、10年後の自分の未来が全く想像出来ていないから、目先のお金に飛びつくし、その得たお金が果して自分の今後にどれだけの影響を与えて豊かにしてくれるのかを全くイメージ出来ていない。

 

おぬしが学費を払って身につけた英語をマスターすれば、その払った学費に対しての対価は将来どのような人生をもたらしてくれるのか?ここを意識してお金を使えておるかと言う事じゃ。

 

これには、最初からお金に余裕があったからとか、元々お金持ちだったからではなく、お金がない時から自分が今から使うお金が浪費なのか?投資なのか?と言う意識が常にあるのかないのかで、大きく人生は変わるという事じゃ。

 

■お金を使いたくないと言った事で悩んでおるんじゃったらこちらをよく見ろ!

英語で人生を変えたければ真っ先に今のマインドを捨てろ!

おぬしがもし、英語を習いたいけど躊躇しているんなら真っ先にやるべき事がある。

 

それは、今の考え方(マインド)を捨てる事じゃ。

 

英語を習得する事において、上手く行かなかった時に講師のせいにしたり、教材のせいにしたりする事は、『無能』を意味する。

 


バイリンガル仙人

しかもタチが悪い事に、それらがはたかも自分が被害者のように振る舞ってくるヤツがいるが、これはとんでもない勘違いヤローじゃ。

 

このようなタチが悪いヤツこそが、自分を改善し、成長の種にしようとは全く考えていないマインドセットじゃけ、今後どうあがいても成長して成功して行くことは100%有り得ない。

 

まず、ここに気付くべきじゃ。

 

自分が上手く行かない事を、責任転嫁して外部に向けるのは、ただの無能がやることで、英語学習でもこれらの事が十分に起こりえる。

 

特に、挑戦しないヤツが、評価ばかり下して自分は一切リスクを負うこともなく、責任逃れしてはパラダイムシフトを越そうともしない。

 


バイリンガル仙人

これではただの責任がない生まれたての赤ちゃんと同じレベルじゃ。

 

他人の事をどうこう言い合っていても、そこには何も生まないし、現実は何も変わらんのじゃけ、さっさと目を覚まして欲しい。

 

英語学習でも成果が出るヤツは、とにかく文句1つ言わずに今自分がやるべき事にフォーカスして、全力でそこに取り組んでいるので成果が出て当たり前じゃし、どんな事が起きても淡々とやるべき事に打ち込んでおる。

 

おぬしが英語で人生をガチで変えたい!と思うんじゃったら、今の狂った考え方は捨てて、成功するための正しいマインドセットをインプットしていく事が最初にやるべきファーストステップになる。

 

■正しいマインドセットはこちらからじゃ!

まとめ

結論から言えば、英語学習に取り組んで、英語を習得したければちゃんと目標までのマップを作る事からじゃ。

 

計画書を作成して、その手順通りに行動していけば嫌でも成果は出るし、それで成果が出なければよっぽど自分の行動が間違っていると思ったほうがいい。

 

ライザップイングリッシュでは、どんな講師に習うにしても、どんな教材やカリキュラムであろうとも、それらは皆、ちゃんとマップ通りに行動していけば結果にコミットできるように作られておる。

 

成果が出るトレーニングをインプットすれば、後は行動あるのみの段階なので、英語力は確実に向上するし、目標までの最短距離で望む成果を得ることが可能になる。

 


バイリンガル仙人

自分の言いたい英語がペラペラ話せるようになるには、自己流で学習するのは論外じゃが、ちゃんとプロに習って基礎を身に付けて、そこから応用にステップアップしていけば高度なリスニングスキルが身に付いていくじゃろう。

 

英語は、『話せる』と『聞くこと』は別スキルじゃけ、その辺の英文や単語の暗記と、実際聞く為のリスニング力を高める学習などは必須になってくるので、ライザップイングリッシュでこの辺の弱点などを改善していき、1つずつ確実に段階を踏んで行けば早い段階で英語をマスターする事ができるじゃろう。

 

今後の成果を祈る!

 

■英語を身に付けて今後の人生に活かして行きたいなら思い立ったら即行動じゃ!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-ライザップイングリッシュで『コミット』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.