英語教材失敗

【評価はゼロ?】プライムイングリッシュのサマー先生に物申したい人はコチラ↓

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はプライムイングリッシュの評価や実践して見事に失敗した者に向けてお話して行きたいが、プライムイングリッシュでの評価はぶっちゃけてどう思っている?

 

実際に教材を購入して6ヶ月やってみたけど、効果がなかったおぬしはサマー先生に物申したいと思うか?

 

そもそもなぜ効果がなかったのか?

 

プライムイングリッシュの評価ってゼロじゃん!?

 

まあーその気持も非常によく解る。。

 

そこで今回は、この教材を実践して行って全く成果がなかった者や、購入しようか迷っている者に向けて有益な情報を届けたいと思うのでしっかりと最後まで付いてこい!

プライムイングリッシュの評価はゼロ!?見事に失敗した者へ

プライムイングリッシュに関して言えば、英語ド素人の観点から言って様々な体験談やこの教材を利用する上での注視すべき点などがネット上でもいろんな事が言われている。


バイリンガル仙人

ズバリ言うと、プライムイングリッシュは英語ド素人におすすめと表記しており、その他にも英語経験者や上級者レベルでも対応可能だと表記しておる。

 

つまり、万人受けするように作られていると言う事じゃ。

 

まあ、市販で売られている英語教材は皆万人受けするように作られているが。。笑

 

それと、他の英語教材や塾などに通って失敗した者でも6ヶ月後には確実に英語の基礎が身につくと謳っているので、何かと話題を読んでいるな。

 

しかし。

 

実際にワシの知り合いの会社員である娘がこの教材を買って実践したところ、

口コミが良かったので、プライムイングリッシュを買ってみました。6ヶ月試してみましたが、相変わらず英会話を上手くこなせません。プライムイングリッシュは効果なし?

確かに、実践してまだ1ヶ月なのでこれが全てではないが、プライムイングリッシュの場合ネット上の口コミや評判なんかを調べてもほとんどが「良かったです」「成果が出ました」などの意見や感想だらけなので、そうでない者の評判が全くない。。

 

中にはこの娘のように、ガチでやっても中々成果に結びつかない者も必ずいるはずじゃ。

 

特に、これから買おうか迷っている者からすれば、「本当に成果が出るのか?」「買った後で後悔しないか?」このような事は買う前から事前に確認しておきたい事じゃろう。

 

なので、娘のように中々成果が出せていない者達をできる限り調べて行ったのでここでその一部始終を見ていこう。

使ってみた人の口コミが良かったので、期待してプライムイングリッシュを購入。だいたい1ヶ月ほど試してみたけど、あまり英会話が上手くなった感じはしないですね。プライムイングリッシュは本当は効果なしでは?

英語自体全くできませんが、なんとか上手くなりたいという思いがあり、プライムイングリッシュを試してみることに。頑張って音声を聞いていたのですが、いまいちわからない文法や単語があって挫折してしまいました。全くの初心者にはハードルが高いかもしれません。

完全ド素人の初心者にこそオススメと表記しておるのに、「初心者にはハードルが高いかもしれません」とはどゆ事だ・・・?

本当に英語ド素人のレベルと言うのは、ABCDEFG・・・のようなアルファベットの基礎から勉強していくレベルなので、言うならば中学レベルから学習して行くと言うことだ。


バイリンガル仙人

なので、この体験者が言う「初心者にはハードルが高いかもしれません」はめちゃくちゃ解るな。。

 

そりゃそうだ。。中学レベルのスキルなのにいきなり教材を見ただけで英語が理解できるはずがない。。

そもそもプライムイングリッシュは初心者向けではない?

英語学習のカリキュラムは 個人個人で手法も目標もバラバラなのだ。


バイリンガル仙人

それを同時並行して行なうと、割り当てられたカリキュラムが 足を引っ張りあう結果となり最終的にどれ一つ成果が出る事はない。

 

例えば、わかりやすく言えば英語と言うのは なんといっても脳の中に英単語や英文法を叩き入れ、 そのスキルが基礎となりそこからそのスキルを使って実際に相手とコミュニケーションを図っていく。

 

これによって、基礎で学んだ培った読解力や、 単語を全てそのまんま頭にインプットしてそれを英会話でもバリバリと使って会話をして行こうぜ!ってことじゃ。

 

それに比べ語学留学とか塾で短期的な塾で教えられる事だと、やっぱコミュニケーションが主体になって、 それをそっくりそのまま受けて実践の比重が「コミュニケーション⇒フレーズ⇒文法」ってなってしまう。

 

この式は正しい英語スキルを身に付ける上で初心者は180度反対なやり方じゃ。

 

英語ド素人が正しい英語を身に付けるには、 「フレーズ⇒文法⇒コミュニケーション」この順番だ。

 

わかりやすく言うと、 実戦形式のコミュニケーションは一番最後に来ていないといけないって話で、なぜなら これらを同時並行でやるって普通の人はまず不可能だからだ。

 

なんせ一日は24時間しかどんな人間でもない。


バイリンガル仙人

つまり時間は無限ではなく「有限」だ。

 

どんな人間でも、一日中英語の学習ができる環境なわけがない。

 

要は、学習の他に外に出て会社に行ったり、自宅で 主婦業をしていたりで毎日が多忙な人間がほとんど。

 

そんな中で、 限りのある時間を使い自分の目的を成し遂げるためには 最短最速でマスターする学習法に一生懸命に取り組むことが必要不可欠じゃ。

 

そこで、多種多様な学習法をよりどりみどりかきあさり、それをリストアップして 全く異なる学習法それぞれが足を引っ張りあって英語が身に付くと思うか?

 

つまり、ノウハウコレクターだ。

 

もっと言えば「教材コレクター」だ。

 

早くここには気づいたほうがいい。

 

ああでもないこうでもないと、いろんな教材やスクールに首を突っ込むのはやめて、コレと決めたら成果が出るまでその1つに集中すべき。

 

いろんなモノに手を出して成果が出る人はまずいない。


バイリンガル仙人

それはお金と時間をドブに捨てて、失敗するだけだ。

 

こうならないためにも、教材やスクールがちゃんと自分に合うのか事前に確かめるのは極めて重要な作業じゃ。

 

確かに、やってみないと解らないこともあるじゃろう。

 

ただ、多くの教材やスクールには

■スマホ片手に1日たった3分で!

■最短3日で英語が身につく!

■たった30分のスキマ時間で英語が話せるようになる!


バイリンガル仙人

このようなキャッチーな広告で煽っている教材やスクールには手をだすな!

 

こんな方法で初心者が英語が身につくはずがないので、ちゃんと基礎からマンツーマンで学べる環境で実践すべきだ。

 

結果的にそれが最短最速なのだから。

プライムイングリッシュのサマー先生に一言物申したい人はコチラ


出典https://www.youtube.com/

シンプルにいえば「6ヶ月後」に英語が喋れるようになる教材で、 6ケ月間のうちに日常英会話をCD&教材で修得していく教材と言う事だ。

 

この教材のポリシーは、 「右から左に聞き流しでは英語は話せるようになりません。きちんとレッスンが必要不可欠です。この教材を克服するのは労力と手間暇が掛かりますがその壁を乗り越えた暁にはそれと引き換えに、英語がしっかりと話せるようになります」 とでもいうべきポリシーを謳っている。

 

これを受け、スタートから6ヶ月間は、ビッシリ教材で英語に力を入れることになり、この プライムイングリッシュ開発者である、サマー・レイン氏というアメリカ人女性がこの教材のことにアツく語っている。

 

日本のメディア(いいともや世界一受けたい授業)などに出演し、それなりに業界でも知名度はある。


バイリンガル仙人

しかし、肝心な事はこの教材を購入したからと言っても、この人からサポートを受けれる訳ではない。

 

ここがめちゃくちゃ重要なポイントで、この教材には、いろんなサポートが付属しているが、直径この講師から教わる事はできない。

確かに、値段の割には様々なサポートがついている。

 

他の市販教材と比べたら比較にならないだろう。

 

そもそも教材なのでサポートはついていない教材が多い中、これだけのサポートがついている。

■メール質問サポート(無期限)

■フレーズ添削サポート(無期限)

■フレーズメルマガサポート

■フレーズ音声動画サポート

■サマー先生の発音セミナー招待案内権利

などなど・・・

確かに普通の市販教材では豊富なサポートだと言える。

 

しかし、肝心なのは等の本人から質問できる環境で初めて成果が出ると言っても過言ではない。


バイリンガル仙人

なぜなら、この教材を作ったのが本人だから。。

 

当たり前の事じゃが、メールで質問しても返してる相手がどっかの事務局のわけのわからん者だと全く無意味だ。

 

ちなみにサポートをしているところが「株式会社ICE」と言う事務局で、メールで質問するとここの事務員が返信してくるシステムじゃろう。

実際に質問してみたが、やはりそうじゃった。。

確かに返信はすぐに来たが、肝心なのはサマー先生が直接サポートしているんではなく、ここの事務員が返信してくるので、そもそも返信してくる相手が英語のプロなのかも不透明。

 

どんな相手かようわからんような人の指導を受けていては、その方法やノウハウが自分に合っているのかは決してわからない。

 

もし、自分に全然合っていないノウハウを返信されていたら、それこそ全く時間のムダと言うことになる。

 

いくらサポートが充実しているからと言っても、肝心な本人に指導を受けられない感覚でやっていても果たして成果が出るのか?


バイリンガル仙人

そんな独学でやっていても本当に6ヶ月で成果が出るのか?

 

特に初心者は・・・

プライムイングリッシュの中身は・・・

ここで実際にプライムイングリッシュの中身を見ていこう。

 

大体、1週間の分量はこんな感じで、 内容的にも日常会話レベルなので、フレーズ的にもそんなにハードルが高すぎるものは使われていないのが正直な感想。

 

ほとんどの場合、中学レベルと高校レベルを足して割ったような感想じゃ。

 

なので、初心者にもオススメと言うのはここから来ていると思われる。

 


バイリンガル仙人

次に、1週間の本質的な講義の動きはこのようになっている。

 

1週間の実践のリズム

■初日⇒ストーリー形式のリスニング

■2日目~4日目⇒リスニングトレーニングで音を理解できるレベルまで持っていく

■5日目~6日目⇒スピーキングトレーニングで効率的に真似る訓練

■7日目⇒アウトプットトレーニングでネイティブレベルまで持っていくトレーニング

大きく分けてこんな感じじゃが、メニュー通りに進行していくと、1日30分の勉強時間を費やすことが不可欠であり、これを6ケ月間続けていくとフィニッシュできる内容じゃ。

 

1日30分とでもいうべき表現だけを聞くと、すっごく少なめに意識してしまうかもしれんが、本気でスポットライトを当て、英語の音に気を付けて30分間勉強することが絶対条件であるため、たかだか30分でも信じられないくらい疲れる。

 

特に初心者は。。

 


バイリンガル仙人

これを毎日半年間、継続できる覚悟はお主にはあるか?

プライムイングリッシュで英語スキルゼロは90%挫折するぞ

まず前提じゃが、プライムイングリッシュを始める際に注意すべき事は、あまりにもド素人レベル(アルファベットのABCDEFGレベル)では無理と言う事。

 

少なくても、中学レベルまでは理解して置く事が必要だ。

 


バイリンガル仙人

そうしないと、せっかくお金を払い購入したのはいいが、教材が届いた瞬間意味不明な状態になるぞ!

 

そして、開けた瞬間意味不明なフレーズや英文があるのでそのまま放置!なんて事はよくあるパターンだ。。

 

英語学習は本屋で教科書を購入すればすぐにスタートすることができる。ところが、カンタンに始められるからこそカンタンにヤメてしまう。

 

殆どの人間はこうではないか?

 

おそらくこの記事を見ているおぬしも過去に一度はドロップアウトを経験しているんではないか?

 

その唯一の答えは「どの説明書を使うか?」ではなく、大事な本質は別のところにある。

 

カギとなるのは、学習スケジュールの正しい手順だ。

 

例えば、本屋で教科書を購入する前に、ちゃんと本質を掴んでほしい。

 

いずれも土台となる事だけど、ぶっちゃけて言うとほとんどの人はやっていないし、その結果、挫折してお金と時間をドブに捨てている。

 

何としても30分の時間を維持しないといけない プライムイングリッシュは1日30分の実践を求めている本格派テキストなので時間を創り上げてキッチリと学んでいかないといけないのが大前提。

 


バイリンガル仙人

時間を組み立ててやって行くのがハードルが高いと感じるのであればここであきらめたほうがいい。

 

そしてプライムイングリッシュのデメリットは、ビジネス英語が学べない点だ。

 

初心者にはまだ関係のない話かもしれんが、 プライムイングリッシュはド素人やこれまで英会話商材を活用して成果が出なかった者向けに誕生した教材なのでビジネス英語のノウハウはない。

 

つまり、初心者には声を出すことが不可欠であると提言している プライムイングリッシュは学習メソッドの特質上、聞き流すだけでなく、声を出すことが不可欠と言っている。

 

そのため、聞き流すだけで成果を求めている学習者には全く不向きだ。

 

って言うか、聞き流すだけでは英語は身につかない。。

 

各方面から、評価の高いテキストではあるがこの教材のマイナス点が何かと言ったら、文法のノウハウや回答ががない所。

 

文法の回答がないので、どうしてそうなるのかと言うセオリーのたびに認識ができずに別の文法に関しての紙媒体などを買わないといけなくなる。

 

つまり、つまずいた時に1個1個回答を得るのに理解できなくなると言う事。

確かに過剰広告はしていないが・・・


バイリンガル仙人

確かに、プライムイングリッシュはオーバーな広告はしておらず、スタートから楽して少ない労力で大きな結果を求める教材ではない事は始めから語っている。

 

「一日10分聞き流すだけでOK」とでもいうべき広告コピーはこれまでの商材を打ち消していて的を得ているが、ちゃんとそれを順守している中身も評価されている部分でもある。

 

行動次第で、6ヶ月後には英語を教わらなくとも喋れるようになると語っている。

 

とは言っても、中学レベルの文法とフレーズを身に付けているのが最低限の条件になる。

 

同様にこの教材は初心者の幻想をぶっ壊す意味も含まれており、

 

「片手間のスキマ時間で」「スマホ片手に3分で」と言うようなアマちゃん幻想に浸りたい者は残念ながら英語習得への道は断念したほうがいいだろう。(気持ちは解るが・・・)

プライムイングリッシュで英語を本気(ガチ)でマスターしたいと思っているか?その覚悟はあるか?

確かにプライムイングリッシュを実践して成果が出た者も、そうでない者もいる。

 

これは教材自体が万人受けに作られているので、しょうがないことじゃ。

 

つまり、「絶対にこんな人向け!」と言うような特化して作られていないので、購入した者の中に成果が出る者もいればそうでない者もいる。

 


バイリンガル仙人

まあー教材の中身のシステム上こうなるのは当たり前の事じゃ。

 

なので、そこはあまり重要なポイントではなく、本当に重要なポイントは購入者が英語をマスターしたい「理由」が一番重要なポイントなのじゃ。

 

「英語が喋れるようになりたい」と沢山の人が言うが、その本気度は個人個人でまるっきり異なっている。

 

英語の学習でうまく行かない人は、「喋れるようになれたらいいな」くらいのもろい欲求しかなく、 英語が語れたらいいなとふと想定し、すぐさま熱が失せてしまう。

 

その上、他の事に関心があればそっちに気を取られてしまう。

 

こんな感じの実践者は、今自分がやっている学習を継続できず、即座に作業を辞めてそのまま放置と言う結果になる。

 

要は、このような特性がある学習者は1日数分の勉強さえすれば英語が喋れるようになると感じてるわけだ。

 

「1日どれ位学習時間が必要ですか?」と言う事が気になる学習者が多いと思う。

 

しかし、ほとんどの学習者ほど「一日30分の時間が取れない」と思っている。

 

つまり、一日5分や10分の作業で英語がマスターできると勘違いしている者もいる。。

 

しかし、敢えて言おう。

 


バイリンガル仙人

残念ながら、1日5分や10分では英語が喋れるようになるまでに何年かかるかの世界だ。

 

英語は1日3~4分の手のすいた時間の学習で覚えるほど単純なことではなく最低でも1日30分は要求される。

 

でもこれは最低レベルだ。

 

プライムイングリッシュでも1日最低30分の作業時間が必要だ。

成果が出る人ほど英語の会得には長時間掛かるものだと想定していて、うまく行かない人ほど英語の会得には時間を要しない、かけたくないと心のそこで思っている。

 

例えそれを口に出さなくてもだ。

 


バイリンガル仙人

つまり、そんな魔法のテクニックを求めていると思うが、実際問題そんなものは存在せん。

 

気軽に魔法のようなテクニックを追い掛けている人は、何年やってもそのような事を語っている教材にお金を払うのみで自分のスキル向上やステップアップは一生かかっても実現する事はないだろう。

 

なので、もっと現実的なリアルな考えをすることが重要じゃ。

 

そんな非現実的な夢を見ていても1ミリも成果が出ないので、もっと現実的な考え方にシフトして「少ない労力で大きな成果を求める」洗脳から脱却する必要がある。

 

これは言って見れば、「覚悟」を決めると言う事。

 

初心者ほど、成果を早く求めようとする傾向にあるが、2週間や1ヶ月程度実践したくらいで、「成果が中々出ません」と言うのはあまりに短絡的すぎる。。

 

逆に考えてみよう。

 


バイリンガル仙人

そんな短期間で成果が出るなら世界中の人間がみんな英語がペラペラだろう笑

 

英語学習で成果が出る者の思考は、半年、1年、長期的なスタンスを維持してチャレンジして行くことなのだ。

⇒ガチで英語を身に付けたいなら絶対にトライズのマンツーマン環境だ!

それでも英語習得を諦めきれない者はコーチング式マンツーマン環境しかないよ

コーチングとはクライアントの話に意識を向けて、検証などを行い時にはアドバイスなどをしてクライアントの内面にあるレスポンスをかき立てる事で目標までサポートする事だ。

 

よく似た感じに、「ティーチング」があるけど、コーチングでは、ティーチングのようにレスポンスを与えることは行わず、基本的に自らの意思で気付きや自発的行動にウェートを置き目標達成をサポートする事。

 

コーチングスクールは、クライアントの苦手な箇所や、悩んでいる事、つまずくポイントなどと言われるものを想定してプランを作り上げてくれる。

 

これまでの巷のスクールでは、グループセッションなどで各生徒をざっくりとした水準に当てはめてレベル分けしてクラスを決めるような感じのとこが多い。

 

しかし、コーチングを専門としているスクールでは「トレーニングから全てマンツーマンでクライアントだけに特化したメニューを作ってくれる」といった感じ。

 

日常的に英語が話せればいい人と、仕事で英語を必要とする人が、おんなじメニューで実践しても成果が出ない。

 


バイリンガル仙人

コーチングの一番の武器は「圧倒的に特化したコストパフォーマンス」だと思う。

 

しかも、絶対的な学習時間が確保できる

巷の英会話スクール コーチング
学習時間 月4時間(週1時間) 月80時間(1日2~3時間・マンツーマン)

巷にある英会話スクールとコーチングスクールの学習するスパンは大幅に異なってくる。

 

その差はビックリの約20倍と言っていい。

 

初心者から英語を会得するのに必要な学習時間は約1,000時間が必要不可欠という分析がある。

 

巷の英会話スクールだとこれに到達するために一体何年かかると思う?

 


バイリンガル仙人

もう計算するだけで、めんどくさいわ!

 

つまり最低でもそれだけかかると言う事じゃ。。

 

ぶっちゃけて言えば、仮に英会話のコーチングスクールに通ったとしても 卒業後に2~3ヶ月で英語がペラペラになるわけではない。

 

コーチングに通ったたとしてもまだまだこのレベルなのに、独学なんかでやっていたら英語習得なんて夢のまた夢と言う事が理解できるはずだ。

 

コーチングトレーナーのバックアップのもと、まっとうな学習法と習慣を身に付ければ、卒業後も個人個人で勉強が継続できる環境が手に入り、言わば独り立ちできるようになっていく。

 

いつまでも依存して、誰かがいないとできないような環境でやり続けるんではなくて、2~3ヶ月は最低でもガッツリと訓練を受けて早く自立できるスキルを身につけたほうが賢い選択じゃ。

 

このように、コーチングスクールは、おぬしの目的や今の水準(レベル)、苦手な箇所や必ずつまずくポイントなどを徹底的に洗い出して、コンセプトに沿ったメニューを創り上げてくれる。

 

結局は、この環境に身を置き実践して行くのが成功への最短最速の王道ではないか?

 

そうと理解できれば、待ちの姿勢ではなく、今すぐに行動して早く英語を身に付ける事が人生において豊かなライフスタイルの基盤となる。

 

成功を祈る!

 

■コーチングでマンツーマンサポートを受け、確実に英語を習得したいならココしかない!

 ⇒確実に英語習得を目指すならコーチング式マンツーマンだ!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-英語教材失敗
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.