英語教材失敗

自宅英会話で87%成果が出るコツ!子供もOK!注意すべき点を徹底解説!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、自宅英会話で87%成果が出るコツや子供の英会話学習でも効果的なやり方、注意すべき点なども解説していきたい!

 

自宅で英会話学習に取り組くんでいる大人と子供の学習者が中々成果が出ないと悩んでいる諸君も多いと思うが、効果的な方法やそもそもなぜ英語が身につかないのかを徹底的にお話していきたいと思う。

 

基本的に、自宅で英語学習に励んでいる学習者の多くは独学でやっていたり、今流行りのオンライン英会話などをやっていると思う。

 

しかしながら、その多くは英語をマスターすることはおろか、日常英会話さえも中々身につける事ができていない。

 

その謎はなぜなのか?

 

ちゃんとした正しいやり方でできていないから?そもそも独学だから?いや、オンラインだけに特化しているから?理由は様々じゃが、どんなふうに取り組めばちゃんとした成果が出て英語が身につくのか?

 

今回はそんなところを解明していきたいと思うので、現在この中のどれかに1つでも当てはまっている学習者は必ず最後まで目を通す事を全力でススメる!

 

では早速いくぞ。

そもそもなぜ自宅で英会話を学習したい?

英語をマスターして話せるようになりたい。。英語が常日頃から話せたらな~。。会社帰りに手間暇かけてスクールまで行くのはツライ。。出来るだけ割安なほうがいい。。 これらの学習者にとってオンライン英会話はやっぱり丁度良い環境で心地いいのかの~と思ってしまう。。

 

実際に、オンライン英会話を活用して英語力を上げてきている奴らが周囲に目立ってきている感じがあるが、 それから何よりオンライン英会話、というフレーズ自体が一般化し始め、英語の学習と聞くと「オフラインかオンライン?」と言った感じの時代になってきている。

 

ただ、それはそれで、現在でもオンライン講義をスタートするには「何かが不安」と思い悩んでいる奴らも多いんではないか。

 

あるいは一緒にトレーニングに手を付けてみたものの、マジでこの学習が現場で確実に使えているのか?あるいは、自分自身の学習方法は正しいのか?このあたりが全く見当が付かない学習者もめちゃくちゃ多い。

 

当然、そんな環境で実践している奴らばっかなので、とりあえず 「ネイティブと話せたらなんとかなるんじゃないか」 といったおとぎ話を抱いてる学習者が多すぎる!

 

で、実際にアメリカ人とコンタクトを取り、会話をしてみたが何はともあれ何を言ってるのか全くお手上げ状態だ・・・と言う奴らがほとんどじゃ。。笑

 

こんな感じで、フレーズを聞いても、

 

え!?何て言いました?・・・

ってな感じ・・・

 

要は、何度も聞き返し、そして聞き返してもヘラヘラしながら「オー!、グッドグッド!」みたいなことになっている訳じゃ。。

 

つまり、「お互い意味プ~」の世界。。

 


バイリンガル仙人

なんせ、何て言ってるのかさっぱりわからない、何て言ってるのか見当が付かない、って言い回し自体が意味不明。

 

その際実感したのが、「こりゃだめだわ」って言う事。

 

トレーニングを受けるどうこう以前に、少し用意がいるな、と決断した訳じゃ。

 

この後は、ちゃんとマンツーマンサポートを受けるために自己投資をして、文法や発音、フレーズなどを修得しはじめた。

 

つまり、自宅英会話学習などで、中々成果が出ないヤツは独学と言う一番やっては行けない事に時間を割きすぎている事が最大の原因だと言える。

自宅から英会話を実践してもマスターできるのか?

一言で、ズバリ言うと、伸びないヤツの属性は1つだけだ。

 

つまり、 「聞き流し」、 これは英語のスキルや言葉のスキル、そういった階級の話ではなく、オンライン英会話や今流行りのスマホで片手間系という方法ではとりわけ効果はほとんど期待できない。

 

もうコミュニケーションはスムーズにこなせるとか、その他のトピックやジャンルでも問題なくコミュニケーションできる、というレベルなヤツなら例外じゃ。

 


バイリンガル仙人

学習をしながら伸びる人間は、ブレルことのない土台があって、おびただしい学習をこなしてきた学習者の特権なのだ!

 

オンライン英会話を活用して、間もなく英語をマスターしたいとか、英語でのキャッチボールを楽しみながら、という受講者が特にやってはいけないのはこの「英語の聞き流し」だ。

 

とにもかくにも英語を口にする、これとっても要求される考え方だが、そこの部分に訂正と改善がない限り、何年かけて学習しても、スキルを身につけることはできずにそのままドロップアウトしてしまうリスクがある。

英会話を自宅で学習するメリットとデメリットは?

まず、英会話学習を自宅で実践する時のメリットは?

■スクールや塾に通う時間が不要

■スクール帰りの送り迎えが不要

■学費が格安

■人に会うのが苦手で人見知りでも実践可能

■自分の希望に合わせてスケジュールが立てやすい

グループの中で、後ろ向きな学習者や、恥ずかしがりやの学習者は、グループの中でうずもれることも考えられる。

 

同様に、グループではレスポンスができていても、1人になると理解できいなかったということが結構見られる。

 

オンラインの教員は、目の前にいるクライアント1人だけの発音やフレーズに意識を集中させることができるので、コンサル時間もグループレッスンの倍以上の成果が出る。

 

しかし、デメリットもその反面ある。

■講師のクォリティーにバラツキが・・・

指導者のクォリティーにバラツキがあるということだ。

 

言うまでもなく、リアルな英会話スクール同様の品質で、ハイレベルなワークショップをしてくれる講師も実際におるが、オンライン英会話に関しましては、リアルなスクールとは違って、それなりにゆるめの要素があり、本気でスキル習得を目指して実践したいヤツにはもの足り無いモノがある。

 

つまり、ちゃんと自分の足で体験セッションを受けるとか、無料カウンセリングなどを受けて自分の肌感覚で体験してから選ばないと、後で後悔する可能性が高い。

 

要は、ネット上の口コミや評判だけでは「当てにするな」と言う事。

 

まあ、ネット上に書かれている口コミや評判など殆どが信ぴょう性がないからな!

■ 競争相手がいない

オンライントレーニングは、基本1対1のため、競い合う切磋琢磨しながら同じ志を目指す同志が全くいない。。

 

これは、寂しがり屋さんに多い悩みじゃが、回りに切磋琢磨しあえる仲間がいなければ、自分のモチベが上がらないとか、やる気が起こらないとかになる学習者がこの手の悩みがおおいな。。

 

ただ、逆を言えば自分のサイクルを乱されることもなく学べるのはでかい強みだ。

 

先程も言ったが、ガチでスキル習得を目指している受講者は基本回りがどうとか、仲間がどうとか関係なく、自分の目標達成のために実践しているので、この手のことはあまり気にしないヤツがおおい。

英会話を自宅で学んでも87%成果を出すコツ

受講前と受講後の心構えの移り変わりで最重要なマインドの違いは、なんといっても「自分自身の目標達成までの環境や道のり」という部分だ。

 

英語に取り組む前は、「仕事などの影響によってやむを得ず習得しなければならない」と考えている学習者が多く、英語自体にマイナス感情があって、自分から時間やお金を投資して継続的な実践に繋がらなかった。

 


バイリンガル仙人

ひとつの例として、営業職をやっているサラリーマンと、研究所に務める研究員では、把握するべき英語がハッキリと違う。

 

一番重要なのは、自分の仕事の専門用語を見定めること。

 

その膨大な専門分野の中で、生活スタイルではあまり利用しない多種多様な専門用語があり、これを知らないと会話にならない。。

 

それだけではなく、そうした専門用語さえ把握しておけば、シチュエーション的にちょっと変でもある程度の会話は可能にすることができる。

 

本業に求められる英語とは、このようなレベルじゃ。

 

だからこそ、これを巷の英会話塾で学習しようとしても、最初から困難だということ。

「塾やスクールに行かなければ」は単なる幻想

多くの学習者は、スクールに通いさえすれば知識が得られ、スキルがアップすると想定している。

 

そして、多くのサラリーマンや会社員は塾やスクールに通う経済面のコストやタイム的な時間配分とかを考慮して、自分にできるかの切り口にしている。

 

しかし、これについては、学校教育に基づいてきた固定観念、または思い過ごしにすぎない!

 

ようは、マンツーマンサポートを受けれるお金がないとか、毎日の時間が無いとかの理由で独学をする他ない結果になって、その独学がいかに合理的では無いことがそこで始めて気づく。

 

そして、独学をするにしても必ず講師などのコンサルタントが必要になり、何のガイド役もいない環境で独学をスタートさせても無能以外言葉がない。。

 

つまり、 一番初めに考えることは、「そもそも英語学習をこのまま継続して、やり続けるにはどうしたらよいか?」とでもいうべき問題点が出てくる。

 

義務教育のケースでは、学校に向かうことが前提となっていて、途中で嫌になっても強制的に勉強しないと行けない環境になっていた。

 

しかしながら、 それに比べ独学のケースでは自分のモチベーショ次第で学習を進めているので、途中で投げ出してリタイアしてしまうことがめちゃくちゃ多く起きる!

 


バイリンガル仙人

まあ、そんな環境だったら当たり前やろな。。

そこでだ!プライムイングリッシュは子供英会話でも初心者向けに開発されている最強の教材だ!

これまで注目されてこなかった英語の音声変化に重視したサンドウィッチリスニングシステムでミスすることなくハイレベルな英語のインプットが実現できるのがプライムイングリッシュだ。

 


バイリンガル仙人

プライムイングリッシュこそ子供でも音声変化が理解できるようになる教材だ。

 

この教材のメインなヤバいところは、音声変化の基本的法則をつかみやすく詳説してくれており、従来なかったテキスト教材である。

 

ここに来て、グローバルレベルで英会話会得には、音声変化を先に身につける事が、アメリカやヨーロッパでもメジャーな考え方になっている。

 

音声変化を把握すれば、ネイティブがどういう事をいっているのかが理解できるようになり英語習得のはじめの一歩と言える。

 

ひとたび解かるようになったら、実践はスイスイとすすむようになり、 つまずく事なく理解できるようになってくる。

 

日常生活に絶対必要な文法や用語は、限りがあってすべてテンプレート化されているから、めちゃくちゃわかりやすい。

それに比べ、日常会話でよく活用されるフレーズは、学校ではほとんど習わないので、日常会話言葉をちゃんと埋め合わせして確実に日常英会話を身につけれるように仕組み化されている。

 

この教材は 「音声変化」会得に絶対的自信をもっており、 ネイティブが使う日常会話フレーズが理解できる点と、教材のみで6か月後に英語の基礎を全て身に付くようにスケジュール化されている!

プライムイングリッシュはやることを全てスケジュール化してくれている!


出典https://www.youtube.com/

ワシ自身、英語教材はいろいろ見てきたが、、「プライムイングリッシュ」はとりわけかなり受講者目線な教材だと痛感している。

 

「プライムイングリッシュは日頃の実践の手順が非常によく作成しておる。

 

簡単に説明すると、全てスケジュール化されており、始めは一週間かけてリスニングとスピーキングの能力をレベルアップさせていく。

 

前の日トレーニングした項目に新たな能力を積みかさねていく手順式 だ。

そして、何言っているかわからかなかった英語の会話を、自分自身がキャッチできる早さの音でインプットしていく。

 


バイリンガル仙人

そして、前回聞いたスローな英語を完全コピーしてめちゃくちゃ簡単でシンプル!

 

そのままの状態の会話でヒアリング出来るようになるトレーニングだ。

 

そんな風に、常日頃からちっちゃい作業を積み重ねて行けば、 スケジュール自体はかなりシンプルで自分でもこれならできそうと初心者向けな教材だ。

 

プライムイングリッシュなら87%の確率で、自宅学習を成功へ導く英語教材だと断言しよう!

 

■6ヶ月後には、わずか32,000円(1日165円)の自己投資だけで英語の基礎スキル全てが身についてる!

 ⇒爆発的ニーズの英語スキルで自分がやりたい事を実現!

子供が自宅で英会話習得に向けて意識すべきポイント

子供に英語をマスターさすには、今流行りのオンライン英会話がブームとはいえ、依然として子供の英会話学習のメインは通学型の塾が多い。

 

とりわけ、小学校低学年まではダントツに英会話塾が注目されており、 同様に、塾への通学サイクルもたった週1回がポピュラー。

 

こんな環境で本当に成果が出ると思うか?

 

子供の英会話の学習にはよりコストと成果のバランスを見極めたデカい学習メソッドを採用するべきで、どうしてかって言うと、金持ちでもなかったら、学習に費やせるコストは無限ではないからだ。

■子供が幼稚園在学時にかかる必須英語学習経費:年額約10万円~20万円

■子供が小学校在学時にかかる必須英語学習経費:年額20万円~40万円

子供の英会話スクールの必要経費は1年で約コレほどかかってくるので、経済的な面が考慮される。

 

もう一方で、子供の週1回という時間(スパン)は非常にレアなもの。

 

どうしてかって言うと、たった週イチの学習時間で、果たしてどんだけ学びがあるのか?と言う点。

 

確かに大人よりも子供の方が学習処理能力は高いが、だからといってたった週イチの時間だけでは、ほとんど学習と言うよりかは、「習い事」として区別されるレベルではないか?

 

なので、こんな塾に通うぐらいなら絶対に始めから自分の目的ににピッタリの教材を選んで、まずは基礎を固めておいたほうが、圧倒的に効率がいい。

 

しかも、まだ子供の自分は今後大人へと成長していく過程なので、そんなに焦ることなく自分のペースでゆっくりと実践できる時期なので、確実に親のそばで学習できる教材のほうが合っている。

子供の英会話塾やスクールに効果はあるのか?ぶっちゃけて・・・

ぶっちゃけて言うと、子供英会話の週1回の通学に成果はない。

 

まず、結論から言えば、週に1回1時間程度の学習をしたのみでは英語が話せるようにはならん。。

 


バイリンガル仙人

まあ、当たり前の話だな。

 

どうしてかって言うと、スクールの指導者達も大半が留学経験があり、その時に英会話のベース(基礎)を積み重ねてきたからであり、 リアルで、オマエの回りの人間関係や友人関係で、『たった週イチの学習だけで英語が話せるようになった子供』はいるか?

 

まあ99%の確率でそんな子供はいないと断言できる。

そもそも英語習得に向けて学習時間がスケジュール化されていない

まず前提に言うが、英語を習得するのには最低でも「約1,000時間」が必要とされている。

 

仮に、これを週1回(1時間と過程)の英会話スクールだけの合計数字を出した時に、1000時間をこなすまでに必要となる時間を捻出してみた。

  • 必要回数:3,000回
  • 必要通学月数:3,000回÷月に4回=250ヶ月
  • 必要通学年数:750ヶ月÷12ヶ月=20,8年

いいか?

 

つまり、最低でも幼稚園から英会話スクールに通い始めても、「英語が身につくのは20年以上かかる」と言う結果になるのじゃ!

 

こんな環境でひたすらこの時がくるまで、学費や時間を投資し続けるのか!?

 

これは、「知っているか」「知らないか」だけの差だぞ。。

 

何も考えずに頭がチンプンカンプンのヤツ達は、コレほどお金と時間を犠牲にしながら無意味な学習に熱意を燃やしていると言うことだ。

 

もしオマエが、この衝撃的な数字を今はじめてここで知ったのならそれだけでもかなりの「価値」だ。(自分で言うのもアレじゃが。。笑)

 

なので、もし自分の子供にこのようなムダなモノにお金と時間を投資していたんだったら、今すぐに目標達成だけに特化したプライムイングリッシュで6ヶ月後の成果だけにフォーカスして一点集中するほうが最短最速が実現できると断言しよう。

 


バイリンガル仙人

考えてみろよ?

 

このまま週イチのスクールに通って、20年も学費と時間を捧げ続けるか?

 

それとも、さっさと効率よく行動してたった6ヶ月で最大の成果を出すか?

 

もう言わなくても解るよな?

 

■たった1日165円で6ヶ月後には最大の成果を約束するプライムイングリッシュで、さっさと効率よくスキルを身につけよう!

⇒コレさえあれば、他のモノは一切必要なくなる!

週一回の学習だったら前回の学習内容なんか憶えてるわけねーよな?

1週間前にやった学習の中身に関しましては、何も予習復習しなかったケースになると、どういう状態になるのか知っているか?

 

当たり前のこととして、100%理解できるはずがない。。

 

イメージに残された箇所は少しは記憶しているかもだが、それでも全部を余すことなく記憶しているのは不可能。。

 


バイリンガル仙人

言ってみれば、子供が英会話スクールで理解したことを家に帰ってから予習復習しないとスキルが定着するわけがない。。

 

にも関わらず、おおよその子供が非凡な予習復習もせずにそっくりそのままこの次を迎える!

 

こうなってしまうと、スキルのクオリティがまったく上昇しないので、前の回と同程度の趣旨のカリキュラムを永遠に繰り返す事になる。(まさに負のスパイラル)

 

要は、講師側もプロなのでこのへんは本当は解っている。。

 

でも、彼らや経営者は「ビジネス」なので学費や月謝で利益を得る!

 

本当は、「成果なんて出るはずもないのに・・・」と内心は思っているわけだ。。

 

ここの本質を親が理解して、自分の子供に間違った環境を与えてしまっているケースが後をたたない・・・

 

一番重要なのは、スクールに通ってみんなでワイワイ楽しみながら実践する事ではなく、自分の子供の将来設計をちゃんと考えて、その目的到達には何が必要なのか?を逆算して考える事だ。

 

そこで「英語」と言うスキルが必要だから英語を習得すると言う考え方で実践して行くのが正しい考え方だ。

自宅で英会話を学ぶ時に注意すべきポイント

英語の実践と言うのは、「繰り返し」ができれば何を置いても会得できるようになる。

 

ですが、毎日勉強をキープするのは相当ツラい・・・

 

リアルで継続は大勢の学習者の不安材料でもあるので、 実践の継続は、努力や根性に力を借りてはいけない。

 

ようは、ルーティーン化(習慣化)をやりさえすれば、英語は常日頃から何度も実施できるようになり、そして日頃の継続がどんな人でも結果にダイレクトに影響する。

 

取り組む時間によっては、短い期間に数多くの成果も出すことができるようになり、ちゃんとプランを立ててムダなく学習に取り組めば、成功への道が開ける。

 

英語の勉強を継続的してやり続ける為に努力(根性)やモチベは必要ない。

 


バイリンガル仙人

これは敢えて言おう。

 

努力や根性のような体育館系に頼ってしまっては、高い確率で離脱していく。

 

これは努力や根性、モチベだけでやる気をキープするのはハードルが高すぎる事が原因。

 

こういうのって、なんら英語の勉強に限定されることなく、食事制限や痩せる事でもおんなじで、ロジカルに欲求だけが高ぶっていても、毎日継続して成果までの道のりが曖昧だったら人間行動する事を放棄する。

 

つまり、英語を毎日続けて向上させるコツは「英語学習のルーティン化」にある。

 

更に言うと「習慣付ける為のメカニズム(仕組化)」が必要不可欠だ。

 

英語と言うのは、いきなり1時間2時間学んだだけで身につくものではなく、 日常の継続学習が飛躍するのにモロに関係してくるのでこのポイントは英語にチャレンジする前に把握しておくべき最優先のキーだ。

「努力」と言う言葉に騙されるな!一番重要なのは習慣化のルーティーンだ!

日々のルーティンとして実践をライフスタイルに取り入れることで、気付けば「予習復習しよう。。」というメンタリティには影響されずに、当たり前のように作業に入る事ができる。

 

具体的に言うと、毎日生活の中でTVをつけたり、スマホからニュースを見たりといったイメージで、毎日英語の学習をしているといった生活を実現できると言う事。

 

この、おのずと苦労を使うこともなく英語の学習に取り組める環境は、当然のことながら実践の継続をサポートするでっかいエネルギーとなる。

 


バイリンガル仙人

それを現実にするには毎日やり続けることが重要。

 

そして、常日頃から継続しておいたほうがいいもう一つの理由は「諳記の定着」になる。

 

人の脳のカラクリは、情報を忘れる前に、有益な情報を積み重ねることで、諳記の定着を進展できる。

 

同様に英会話の上達に必須の基本フレーズも、毎日実行しレッスンを積み上げることで、教わらなくともポロッと口に出せる段階までもっていくことが実現できる。

 

こういった風に英語学習には、常日頃からし続けることがステップアップの最短ルートとなり、積み上げてきた結果が「スキル習得」になって行くのじゃ。

 

■自宅学習で英語習得を目指すのであれば、努力根性ではなく正しい「環境」だ!サポートも充実なプライムイングリッシュで目標達成に向けての最短最速コースを体験しろ!

⇒教材コレクターはもう終わりにしよう!確実に6ヶ月で英語の基礎基本が身につく!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-英語教材失敗
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.