トライズで『トライ』だ!

評判⇒当てにするな!トライズの英語学習はぬるま湯からの脱却だ!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は英語学習で人気のトライズ(TORAIZ)の評判や、スケジュール、成果が出るまでの道のりなどを詳しく解説して行きたい。

 

トライズと言えば、英会話スクールとして今でも店舗拡大をして多くの受講者を抱えている業界でも屈指の人気スクールじゃが、やはり注目されて来たら自然と評判などの噂もどこかしら独り歩きしてしまうもの。

 

そんな中で、トライズに入会して英語を学ぼうと悩んでいるおぬしは、評判だけでこのスクールを判断するのはあまりにもリスキーな考え方と言う事じゃ。

 


バイリンガル仙人

評判と言うのは、おぬしにとって、良い噂もあればよろしくない噂も一人で勝手に歩いて行ってしまうもので、肝心な本質を掴めないまま入会して、『後になって自分と思っていたモノと違った』なんて事はよくあるパターンじゃ。

 

今回は、そんな事がないようにちゃんと適切な判断をして納得した上でトライズの事を知って欲しい。

そもそもトライズの英語学習スケジュールは長期プランだ!

おぬしが、英語をマスターしたいと思って、どこのスクールに入るのか悩んでいると思うんじゃが、この業界には色んな英会話習得機関があり、そのほとんどが大手企業と言う事で、どこに入会したら自分に一番ベストなのか?が判断付かないクライアントも多い。

 

トライズの事を何処かで知って、おぬしもこのサイトを訪問してる訳じゃが、同じ業界のライザップイングリッシュはあまりにも有名じゃろう。

 

『最短2ヶ月で結果にコミット』をコンセプトに多くのクライアントの成果をサポートしてきた訳じゃが、基本的に短期実践型の実践形式を敷いてるので、ここがトライズとはコンセプトが違う。

 

まず、前提として押さえておかなければならない事は、トライズは長期実践型で英語を学んでいく環境で、ライザップイングリッシュのように短期集中型ではない。

 


バイリンガル仙人

ここの前提を知らずに、この環境に飛び込んでしまうと後でとんでもない事になって、後悔することになる(笑

 

詳細を説明していくと、ライザップイングリッシュは1日最低3時間の学習時間を確保して、そこからマンツーマンコーチとオンラインから毎日やり取りをして、予習復習のレッスンをこなし週2回の対面コンサルをオフラインで実施していく。

 

その結果、最短2ヶ月から3か月の短期間で結果にコミットするプログラムを組んでおるが、トライズは全くその逆で、1日の学習時間は最低2時間だけ確保すればOK。

 

そこから、長期プランを立てて1年のスケジュールで英語習得にコミットしていく。

 

つまり、この1年間の間で英語能力の基本から応用まではもちろんじゃが、その他にも日常の会話にも方言やちょっとしたニュアンスの違いと行ったところまで徹底的に英語のすべてを身に付ける事ができる環境じゃ。

 

トライズの学習時間の中で1年間1000時間を掛けて1人の受講者を徹底的に育て上げて、1年経った暁にはどんな生活環境であろうが、どんなビジネスシーンであろうが臆する事無くペラペラに英語が話せるようになっている。

 


バイリンガル仙人

そりゃぁ、そうじゃろ?1年も学習してきたんじゃから、英語が話せるようになっていないほうがどうかしとる(笑

 

そもそも、トライズのコンセプトは、『日本人が英語を話せるようになるまでは最低1,000時間かかる』と言われる研究を独自で行って来ており、その根拠を元に1年と言う長期プランを立ててプログラムを組んでいるので、あくまでも短期プランではないと言う事。

 

短期プランの方が向いているのか?それとも長期プランの方が向いているのかは人それぞれ今のライフスタイルにもよるが、トライズに関して言えば、1年と言う長い月日を費やして育ててくれるので、ゆっくりと時間を掛けて英語をマスターしたいと言うクライアントにはまさにピッタリな環境だと言えるんじゃ。

トライズ英語の特徴はネイティブは使わない

トライズの特徴は、中々他の英会話スクールにはない独自の視点で物事を見るケースがあり、その1つにネイティブは使わないと言う事。

 

このノウハウを展開しているのは、おそらく業界ではトライズだけとワシは認識しておるんじゃが、何故ネイティブを活用した学習をしないのか?が最大の要因じゃが、トライズは本当に基本に忠実な教え方をしている。

 

全くゼロの初心者が、中級者や上級者のネイティブレベルのコミュニケーションを一から習得して行くのはトライズの考え方ではなく、シンプルに英語のコミュニケーションが日常生活でも全く問題なく、100%相手に伝わるようなノウハウをゼロの時点から指導している。

 

つまり、よく巷の塾なんかは、教材などのカリキュラムとして、テキストを書いたり、読んだりしたりするスキルを最初の段階からインプットしますが、トライズではこれらの作業が一切なく、最初から英会話の究極の基本とも言うべき『話す』『聞く』だけを徹底的に実践していくわけじゃ。

 


バイリンガル仙人

おぬしが、『相手に英語を話す』『相手から英語を聞いて又返す』と言う事がそもそも出来なければ、英会話にならんし、人対人のコミュニケーションのキャッチボールにはならん(笑

 

テキストの文法や、単語の暗記などは、別に今出来なくても学習を繰り返しインプットして行くと習得できるスキルじゃが、人対人の英会話は『言葉を聞いて、話す』と言う一連のプロセスが出来なければ会話すらできないんじゃ。

 

トライズでは、まずここに焦点を置き、徹底的に『聞く話す』から英語脳を鍛えて行く。

⇒【全額返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

トライズ英語の評判ばかり気にして結局何も挑戦しないヤツへ一言!

よく、何か新しい事に挑戦しようとすると、周りの意見が気になったり、評判が気になったり、口コミが気になったりと、自分が本当にやりたい事にフォーカスするんではなく、第三者の目線が気になってそれを鵜吞みに判断して結局何もやらないヤツが世の中多すぎる!

 

ハッキリ言って、そんなヤツは何をしても上手く行かない。

 

これは、別に英会話学習だけに言える事ではなく、もっと深く言えば人生そのものに置いて成功する事は無いと断言してもいいな。

 

おぬしが今まで体験したことない新しい事にチャレンジするなら、まずこのようなアホな考え方は捨てて、何事にもネガティブではなくポジティブに物事を捉えてトライして欲しい。

 


バイリンガル仙人

トライするからこそ『トライズ』なのじゃ!

 

今回はたまたま英会話と言う事じゃが、これも全く同じで、お金さえ払えばトライズに「おんぶにダッこ」と言うような考え方では、自分から率先して動いて学ぶ姿勢がないので、そんなヤツが入会したところで成果は100%出ない。

 

当たり前じゃ。

 

おぬしが、そもそも何のために英語を身に付ける必要があるのか?なぜ今英語をマスターしなければいけないのか?英語を習得した後で起こるその後のライフスタイルは?このような事に向き合っておれば、自分が英会話スクールに通う定義が見えてくるはずだろ?

 


バイリンガル仙人

依存して何でも背中を押してもらわないと行動出来ないヤツに、1年間の1000時間プログラムが絶えれると思うか!?

 

まあ、無理じゃろう。

1年も頑張ったのに、英語が話せるようにならなかったらどうしよう。。

自己投資をしたのに元が取れなかったらどうしよう。。

1年も時間を無駄にしたらどうしよう。。

新しい事にチャレンジ出来ないヤツの頭の中は常にこの3つとの戦いで、結局何も行動しない。

 

リスクばかりが頭をよぎり、上手く行かなかった時の想定ばかり気にしているのじゃ。ただこれらは全て『幻想』と言う事に気付いたほうがいい。

 

入会して、実際に実践したが成果が出ずにフェードアウトしていった奴らの口コミじゃ。

最大の要因は、コーチによる技量の差が大きい点だと思う。
1年やって来たが英語スキルは対して上がっていませんでした。
言われた事はやって来ましたが正直始めの頃とあまり変わっていませんね。
カリキュラムやマニュアル通りに進むだけでレッスン自体は先生のレベルによって成果に影響が出ると思いました。

バイリンガル仙人

トライズで実践したが、残念ながら成果が出なかったヤツ等の評判じゃが、ハッキリ言ってこんなものは本人たちの個人レベルによって左右されるものじゃけ、それがすべておぬしに当てはまるかと言えばそれは全く別の話しじゃ!

 

成果が出なかったのは、必ず何らか自分に原因があるわけであって人のせいや外部の環境のせいにしている時点で、

 

ナンセンス!

 

結局は自分の目標達成のために強い志があるのか?ないのか?の差で、どんなチャレンジ事でも己のやる気次第。

もっと具体的な方法や的確なアドバイスが欲しい⇒じゃ、おまえから積極的に聞け!

モチベアップややる気を起こさせる指導をして欲しい⇒じゃ、おまえから積極的に動け!

専属コーチと上手くコミュニケーションが取れない⇒じゃ、おまえから積極的に話せ!


バイリンガル仙人

成果が出ずにドロップアウトして行ったヤツ等は本当にこれらの事を努力したか??

 

おそらく、何もやっていないじゃろう。

 

何事にも成功して行くヤツは、どんな事でも貪欲に楽しんで実践しているし、学ぶ事で新しいスキルが手に入ると言う事を考えれば彼らはワクワクしながら楽しんで学んでいる。

 

自らが、貪欲に学ぶ姿勢を持ち、その心構えが流動的に自分を突き動かしておれば、英語が上達しない訳がないと断言できるし、それ以前に全てが人のせいではなく自己責任の考え方で取り組めるヤツだけが大きく飛躍して行き成功して行くのじゃ。分かったか!

 

分かったら今すぐにトライズで鍛えて来い!
⇒【英会話教室なら29年】トライズなら1年で英語が身につく

トライズに入会しようと悩んでいるヤツはまず捨てる事を決めろ!

『選択と集中』と言う名言があるが、新しい事に挑戦して新しいモノを得ようと思えば、絶対にやらなければならないプロセスがある。

 


バイリンガル仙人

それは、捨てる事じゃ。

 

多くの人が、捨てる覚悟がないまま実践しようとするがこれでは上手く行かない。

 

1日は24時間しかないわけで、今まで習慣にしてきてやるべき事を最優先に持って来ていた生活のサイクルを、英語学習のためにその優先度を下げてまで誰が実践できると思う?

 

まあ、大抵のヤツ等がこの優先度を変える事ができずに失敗して終わるパターンじゃ。

 

そりゃぁそうじゃろ。

 


バイリンガル仙人

1日24時間の器の中で、英語学習が自分の優先順位の中で何番目にきておるか?と言う所が重要で、ほとんどヤツはめちゃくちゃ優先度が低い。。

1日のサイクル⇒起床⇒通勤⇒本業⇒帰宅⇒食事⇒入浴⇒自由時間(英語学習)⇒就寝

まあ、こんな感じがほとんどのパターンではないか?

 

この例を見てもらったらわかるが、これだけでも英語学習は1日のライフワークの中でもかなり限られた時間の中でしか実践できないし、上記の自由時間の合間に、テレビ鑑賞、友人とLINE交換、会社の同僚と飲みにケーション、スマホでネットサーフィン、こんな事をしていたら、とてもじゃないが英語に集中できる環境ではないよな?

 

なので、ここで選択と集中が必要になって来る。

 

つまり、何か新しい事にチャレンジして新しい事を得ようと思えば、今までやってきた何かを捨てる事が必要になる。

 

おぬしがガチで英語を身に付けたいなら、今ここで何かを捨てる覚悟と、新しい事を得る為の環境構築が絶対条件であり、これが出来ないヤツは金輪際英語をマスターして世界で活躍したい!などと言った夢物語は見ずにキッパリと諦めたほうがいい。

 

それがおぬしの今後の人生にとってロスがないし、ガチで無ければ英語習得なんて時間の無駄以外何者でもないので、もっとおぬしが本当にやりたい事に時間を使った方が人生楽しめると思わんか?

 

そしてついでだから言っておきたんじゃが、今まで我流や独学などの自己流でやっていたヤツもこの機にやめたほうがいい。

 

そんな全く英語が話せるようになっていないのに、英語スキルを学んだかのようないわゆる『フリ』をしても無駄じゃ。

 

今ここで、覚悟を決めてやると選択するのか?やらないと選択するのかはおぬしの自由じゃが、どちらを選んだとしても人生に置いて悔いのない選択にしようではないか!

 

そして、1ミリでも後悔するかもしれないと思うのなら、優先順位を上げてチャレンジする道を選べ!

 

今までこんな事考えても見なかったと言うのであれば、いかにおぬしが思考停止になって自分に甘く生きてきたかと言う証拠じゃし、このページを見たこの瞬間から本気で行動できないようでは、ガチではないと言うじゃ。

 

捨てる事を決めて現状打破を実現するのか、捨てないで現状維持のままなのかは、おぬしが決める事じゃ。

トライズで学費を払えば英語が身に付く!?その腐ったマインドがおぬしをダメにする

単刀直入に言えば、トライズの費用は普通の人からしたら高いと言うイメージがあるじゃろう。

 

ネット上の口コミや評判などを見ていても、ほとんどが「高い!」とボヤいてるヤツが多いのも事実じゃ。

 


バイリンガル仙人

しかしながら、本当に高いと思っているのか?

 

よく考えてみろ。

 

トライズは1年間の長期学習プランを採用していて、ゆっくりと時間を掛けて英語の基礎スキルから実際に相手とのコミュニケーションを想定したカリキュラム方式で、確実に初心者のゼロの状態からでも引き上げてくれる機関。

 


バイリンガル仙人

要は、1年間の学費がたったこれだけの費用で英語脳が手に入ると思えば、安すぎる自己投資ではないか?

 

これを、ただ単に目先のお金だけにフォーカスしていて何の根拠もないのに「高い!」とボヤいてるヤツはハッキリ言ってセンスない!

 


バイリンガル仙人

おぬしもそう思わんか?え?

 

ちゃんとトライズで成果を出して卒業して行ってるヤツ等は、むしろ費用についての疑問や文句など一切なく、覚悟を決めて入会して良かったとほとんどのクライアントが口をそろえて語っておる。

1年間の学習機関で割り切ってやれたのでそれが結果に結びついたと思います。
一見見ると高額な費用ですが英語が話せるようになればそれ以上のものが手に入るので別に高いとは思いません。
モチベーションが下がっても1年の長期なのでメンタル的にも余裕を持って取り組めました
1年間サポートしてくれるのでこれぐらいのお金が掛かっても妥当だと思いました。

途中でつまずいたり、カリキュラムに迷いが生じたりする事は長期戦なので必ず出て来るし、モチベの低下も必ず起こってくるので、それらをひっくるめて英語を習得できるだけの環境でサポートしてくれる事を考えれば1年間の学費と言う意味ではハッキリ言って安すぎる。

 


バイリンガル仙人

1年で自分だけの為に時間を使ってくれて、コーチと親密な距離で英語漬けになれる環境はまさに英語を覚える事だけにフォーカスしたプログラムなので、これで1年後成果が出ていなければよっぽどバカかセンスがない。。

 

あくまでも、『お金を払ったのだから英語を覚えさせろ』と言った、『ノウハウコレクター』で無ければおぬしも来年の今頃は別次元の世界で活躍している事をワシが約束する!

⇒【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語が話せる

100万払って確実に1年で英語がペラペラになれば安すぎる自己投資じゃ

何回も言うが、トライズは1年で転勤レベルの英語が語れるようになるように組まれたイングリッシュが持ち味じゃ。

 

受講者1人1人に個別コンシェルジュが付いて、ビジョンの確保やランクアップを日常的にアシストしてくれる。

 

進行具合はどうかなどをアドヴァイザーが徹底マネジメントしては、1人きりではハードルが高すぎる英語習得を背中からフォローしてくれる環境じゃ。

 


バイリンガル仙人

このような環境で、ストレスなく確実に目標達成の為にしないと行けない事は、『成功したいならば消費・浪費よりも自己投資を最優先』と言う事じゃ。

 

投資とは、利益が見込めるターゲットに有限の利益・時間を注ぎ込む自然過程となり、同様にそのスキームは発生源をどういう感じで配分して、極大化を目指してゆくのかを仕組むタスクであると言える。

 

投資スキームとは、お金と持ち時間をどの部分に、どういった具合に注ぎ込むのかと言う視点で物事を見る必要がある。

 

ビジネスだとすれば、出費・浪費をペンディングにして、自己投資に自分のお金・時間といった発生源を何よりも優先してアクションを起こすべきという意味だ。

 

元を正せばの話、『投資が先で消費は後』というイメージは、上級者にとっては非常にノーマルな考え方でそれらが当たり前の思考になっている。

 

それに比べ、投資は消費・浪費と比較対照すると、ディスプレイされる特性での利益(喜び・楽しさ)に時間の相違が見られることがたたあると言えるので、リソース運用の技能を保持することは、自己投資を積極的に行った結果という意味じゃ。

トライズ英会話はとにかく長期戦だ!その環境に飛び込む覚悟はあるか?


バイリンガル仙人

覚悟を決められないというヤツは、自分自身の行動や振る舞いがもたらしてしまったデータを受け入れられない行為を取るということだと言っても過言ではない。

 

一口に言うと、自らのライフステージに対して誠実とはいえない振る舞いを取るということであり、出来事が思った通りに行かないケースになると独力ではなく、第三者に責務を求める行動に出る。

 

再三責任逃れを考慮しては、セーフティーな行動ばかり取るようになって、全責任を負うのが不安になり、縮こまってトライしなくなるんじゃ。

 


バイリンガル仙人

マジでこういった振る舞いで、自分自身の一生をより充実したものにしていくことは100%不可能。

 

本音を言えば決意を固めるということは、ハードルが高すぎると思うかもしれないが、今まで自分がどれだけ格調の高いチャレンジをしてきたわけではないし、何かが実現できてきたわけじゃないじゃろ?

 

虚勢を張るだけのガッツは見られても、率直な感想では言えぬ不安を覚えているケースが大半で、そのような事から周りの身近な人間関係にシンクロすることばかりを考慮し、今抱き抱えているリスクや自分自身の経験の少なさを見てみぬふりをして、カムフラージュしようとする。

 

要は、周囲に賛同することで正当性を得ようとしちゃう事だ。

 

こういった振る舞いのまま、何かにチャレンジしたところでゲットできる成果はたかが知れているし、 決意を固めたヒトとそうじゃないヒトじゃ、モノホンのアクションに差がでることは当然じゃ。

 

やると意志を固めたヤツは、望む結果を得るために意欲的に取り組むし、思い通りにならないケースのことも腹を決めていつでも想定している。

 

覚悟を決めてこそ、一生をよりすばらしく生きられるのだとワシは断言できる。

現状維持で今後の人生の末路を底辺でさまよいたくなければ、今すぐに英語で人生を変えろ!

⇒【楽ではないから成果が出る】1年英語マスタープログラム「トライズ」

まとめ

覚悟を決めて、その環境に飛び込んだヤツだけが成功して行く。

今はまだ無理だから又機会があればやってみよう

今年こそは英語を身に付けるぞ

今日は時間がないから明日やっておこう

今はお金がないから稼げるようになってからやろう


バイリンガル仙人

ハッキリ言ってこれらの事を言ってるヤツ等は一生行動しないし、一生現状維持のままだ。

 

既に、この時点で成果を出すヤツと、そうでないヤツの末路は決まっている。

 

今現状で、結果を出せていないヤツや行動できない自分に腹が立っているなら、上記のような駄々をこねていないで今この文章を読んでいる瞬間から行動に移して行こう!

 

そして、英語習得を本気で考えているなら、まずどのようなプランで、何時何時までに目標達成をするスケジュールを建てるんじゃ。

 

マインドマップを作成して、必ずそのプラン内で結果にコミットし、毎日その結果に対して1日1日やることを明確にして作業を実践して行く事が、最短最速で目標達成できる道のりとなる。

 

『自分はこの先どんな生き方を実現したいのか?』を最優先にフォーカスして、英語を身に付けたい理由とその英語によってもたらされる新しい人生は一体どれ程輝くものなのか想像してみろぉ!

 

と言うわけで、長々と喋って来たんじゃが、要は、ちゃんと計画性を持ってゴールまでの距離を1歩ずつ進んで行けるヤツが成果を出して行くので、おぬしも今の環境を少し変えるだけでそのキッカケがつかめるかも知れんので、貪欲に挑戦して行こうではないか!

 

そうと決まれば今すぐトライズに行け!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-トライズで『トライ』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.