ライザップイングリッシュで『コミット』だ!

【評判+赤字!?】ライザップイングリッシュの会社自体が危機で今後は?

更新日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はライザップイングリッシュの評判や会社の赤字が発表された事で、今後の先行きや展開はどうなっていくのかについて着目していきたいと思う。

 

ライザップグループ全体の累積決済が赤字に転落した事について、業界内でもメディアが取り上げられているんじゃが、最大の焦点はライザップイングリッシュの業績がどう影響しているのかじゃな。

 

『結果にコミット』を売りにしている企業じゃけ、今回の赤字には『結果にコミットできなかった』との評判が渦巻いておるんじゃが、果してその真相はいかに?じゃ。

 

早速詳しいところを分析して行きたい。

ライザップイングリッシュの評判はぶっちゃけドロップアウトしやすい?

グループ全体の赤字と言っても、ライザップイングリッシュに関して言えば受講者の大半が結果にコミットしておる評判が多いのは紛れもない事実としてある。

 

ただ、受講者の全員が全員結果が出ているのか?と言えば、それも違ってくるんじゃな。

 

中には、ライザップイングリッシュに入会したにも関わらず、途中で挫折したり、ドロップアウトして消えていく者もおる事は確かじゃけ、入会したからと言って100%結果にコミットできるかと言えば話は違ってくる。

つまり、ライザップイングリッシュはその辺によくある英会話コミュニティや塾などではない事は重々理解しておかなければ、後で後悔する事になると言うわけじゃが、そうは言っても30日間の全額返金制度があるので、そのへんは安心できるじゃろう^^

 

どのへんが他と違って一線を画しておるかと言えば、グループセッションやグループレッスンではなく、完全個別対応でおぬしだけのメンター(先生)が二人三脚で付く事じゃ。

 

要は、このメンターに投資する形で英語力アップを目指して行き、結果にコミットしていく環境じゃけ、ガチで英語スキルを身に付けたいヤツには、成果が出るまで付きっきりで英語漬けの環境を手に入れる事ができると言う事じゃ。

 

なので、最短2ヶ月と言う期間でコミットできるカリキュラム体制を敷いているので、短期集中でフォーカスしたい受講者には持ってこいのシステムじゃ。

 

しかしながら、この環境に耐えきれずに途中で止めていく者も一定数はいる。

ドロップアウトしていく者の主な理由

 

毎日最低3時間の学習時間が取れない

毎日のシュクダイ形式(予習復習)がキツい

費用が高い

モチベが下がった時に孤独を感じる

自分から行動しないと連絡がない事に不満を感じる

サボっていても何も指摘がない

マンツーマンなのでメンターが合わない人だったら最悪

これらの事が原因で、止めていく者は必ず一定数はいるので結局のところ人の価値観や英語を身に付ける目的がどれほど優先順位を高く設定しているのかにもかなり影響してくると言えるんじゃ。

 

なので、ぶっちゃけて言えば、『体験して実際にカリキュラムを受けてみないと本質は闇の中』と言うことじゃろう。

 

殆どのクライアントが、英語を学ぶ時になぜ途中でドロップアウトしてしまったのかを検証する事なく、塾やスクールのせいにしがちじゃが、本質をたどれば殆どのパターンは自分自身に問題がある事が大半じゃ。

 

そこの本質をよく理解せんまま、『あの塾はこう』だとか、『あのスクールはよくなかった』などの言い訳を連発していても全く成長はせん。

 

実践中に、ちょっと壁にブチ当たっただけで強いアレルギー反応を示すクライアントは、そもそもカリキュラムやノウハウ自体に問題があるんではなく本人の取り組み方に問題があると断言する。

 


バイリンガル仙人

なので、まずは英語を身に付ける以前に挫折しない正しいマインドセットを身に付けて、そこから真面目にコツコツ実践すれば間違いなくおぬしは英語を知らぬ間にマスターしていることじゃろう。

 

『高い学費を払って英語習得なんて止めときゃよかった』とならないためには、まず根本的なこととして、

環境自体がちゃんと実績者を出しているのか?
カリキュラムやノウハウ(教育制度)は確かなのか?
自分の目的に合った指導をしてくれるのか?
優しいだけではなく時には指摘もちゃんとしてくれるのか?

バイリンガル仙人

最低でもこれらの事を最初に確認して環境に飛び込めば、高い確率でドロップアウトを防止することができるじゃろう^^

 

何も考えずに、ただお金を払えば英語が身に付くと言う理由で飛び込むと、後で現実との違いに耐えきれずに消えて行くことになるので、挫折しない正しいマインドセットを理解してから実践に入るようにしよう!

 

まずは、無料カウンセリングからヒアリングじゃ^^
⇒【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

ライザップイングリッシュの会社自体が赤字決算?

出典https://times.abema.tv/
メディアではライザップグループが過去最低水準の赤字に転落した事を取り上げ、巷ではかなり話題になっていたんじゃが、これが結構な金額で、2019年3月期の決算では過去最高の94億円の赤字に登ると発表しておる。

 

元々ライザップグループは瀬戸社長が学生の時に、当時交際していた彼女がポッチャリ系の太ってしまう体質だったらしく、そんな彼女に『痩せたら絶対に可愛くなるよ』と一言アドバイスしたら、そこから彼女がガチで痩せるために毎日ダイエットを取り組んだ事で、見事その後の成果はたった2ヶ月で23キロもの減量に成功したそうじゃ。

 

しかも、ただ痩せただけではなく、ちゃんと食事のカロリー計算や栄養を落とさないように食事療法にも気を使い、健康的にダイエットを成功させたんじゃな。

 

この女性いわく、瀬戸社長の毎日のアドバイスや励ましの言葉をかけて貰ったからこそ、ダイエットに成功したと語っており、このような事がキッカケで、ちゃんとやれば間違いなく成果が出る事を確信した瀬戸社長は、その後ライザップボディメイクを立ち上げ、その他にもイングリッシュ、ゴルフ、クック、などと言ったジャンルにも積極的に参入し、そこから一気に上場企業へと駆け上がって行ったわけじゃ。

 


バイリンガル仙人

これらの勢いをそのままに、ライザップグループでは起業当初に営業利益230億円以上もの莫大な利益を叩き出し、業界のトップランナーとして君臨していたものが、その後徐々に業績の低迷が浮き彫りになって行ったわけじゃ。

 

そうは言っても、直近の2018年度にも営業利益はまだまだ衰える事はなく、135億円以上もの利益を出しておるので、勢いはまだまだ継続しているかのように見えとったんじゃが、最大の落とし穴はライザップグループが起業当初から積極的に事業の柱として行って来たM&Aでの企業買収にあった。

 

ライザップは主にダイエット事業だけではなく、企業買収によって得た他の企業の運営なども行っておるため、そのM&A傘下に入っている企業のビジネスが殆ど赤字に陥っているため、今現在では修復不可能とまで業界内では伝えられておるんじゃ。

 

なので、今後はM&Aビジネスを凍結して、業績の改善が見込めない事業やグループ全体の改善効果が見込めない事業は撤退していく方向性で進んでおる。

ライザップグループの今後はどうなるのか?

出典https://newspicks.com/

今後、ライザップがM&Aビジネスに着手することは無いとしても、赤字の殆どがM&Aによる負債なので、この穴埋めを売上が見込めているダイエット部門や英会話、ゴルフ、料理部門で収益の回収を図って行くことになると思う。

★ライザップグループが現在抱えている買収したM&A企業の一部

 

【イデアインターナショナル】 インテリア雑貨店⇒ライザップ傘下の企業

【ワンダーコーポレーション 】CDやゲームソフト販売⇒ライザップ傘下の企業

【ジーンズメイト】 カジュアル服販売⇒ライザップ傘下の企業

【HAPiNS】 インテリアや雑貨販売⇒ライザップ傘下の企業

【夢展望】 衣料品をオンライン販売⇒ライザップ傘下の企業

【SDエンターテイメント】 フィットネスクラブ⇒ライザップ傘下の企業

【ぱど】 フリーペーパーを宅配⇒ライザップ傘下の企業

【堀田丸正】 主に婦人用品の卸売販売⇒ライザップ傘下の企業

ライザップグループの今後の展開などを見解して行くと、買収してる関連企業から収益の確保が一定数望めないと判断した企業から売却せざるを得ない状況なんじゃが、果して今現在赤字経営が続いている企業を誰が買い取ってくれるのか?と言う事じゃ。

 

このように、売却しようにもできない現状が今後も続くと予想されており、傘下に入っている関連企業などは売却価格によっては、今後ライザップ側に大きなマイナスが発生する可能性も秘めておる。

 

しかも、このまま買収した関連企業に赤字が続けば、それを穴埋めする収益を確保しなければ行けなくなり、売上が現在たっているメイン媒体のダイエット事業や英会話、ゴルフ、料理事業などにも影響が出てくる可能性も否定はできない。

 

とにかく、今後のライザップグループから目が話せないし瀬戸社長には奮起して復活をして欲しいと願うばかりじゃ。

そうは言っても2020年決算ではいきなり黒字回復してる!?


バイリンガル仙人

ただそうは言っても、2020年3月期の決算では今までの赤字が嘘のように黒字回復しておるんじゃな^^;

 

出典https://kabutan.jp/

あくまでも、今の段階では予想じゃが、概ねこの数字に近い利益が出せると踏んでおるので、今までのドデカい爆発は無くても、少しずつでも着実に前進して数字のほうが改善していきそうな環境にはある。

 

ライザップグループの2020年3月期半期の収益は10億円以上の黒字化として、今までの厳しい赤字展開からと比較してみると約56.1%の増収となっておる。

 

前年度対比として見てみると、売上と営業損益率はマイナス2.7%からプラス2.8%に見事に短期間の内に軌道修正しており、今後の成長はまだまだ見込めると判断しても良いじゃろう。

結論から言えばライザップイングリッシュは結果にコミットしておる

ここまでは、現状のライザップグループに関しての事を見ていったわけじゃが、確かに業績が一時思わしくないと囁かれていたが、やはりここはプロの企業として見事短期間で黒字化してきておることから、ライザップイングリッシュもこのまま引き続き実績者を多数輩出して行くじゃろう。

 

英語脳を鍛えながら実践して行くライザップイングリッシュでは、『最短2ヶ月でTOEIC200点以上アップ』をコンセプトに短期集中型のマンツーマン環境じゃけ、のんびり自分のペースではなく早く英語が話せるようになりたい人がマッチした完全個別のメンター使い倒しコンサルティングじゃ。

 


バイリンガル仙人

気になるそのメンター陣も、会社の中では全て日本語ではなく講師陣同士では英語でコミュニケーションを取る事を徹底しているんだとか^^;

 

つまり、社内ではトレーナー同士の会話を全て英語で話すことで、自然に嫌でも英語力が鍛え上げられてどんどんスキルが上達していく仕組みを構築しているので、教育する立場のトレーナーには英語が日本語のように当たり前に話せる環境で毎日鍛えられていると言う事じゃ。

 

パーソナル教育にも力を入れており、クライアントの目的に合わせた指導方法で、英語が話せるようになったその後も直ぐに現場で活かすことができるようにと英語を習得するだけにフォーカスしているんではなくて、クライアントのその後もちゃんとシュミレーションしたカリキュラムになっておる。

 

つまり、クライアント1人1人違うカリキュラムや教材配布になっておるので、全てがおぬしだけの完全フルオーダーメイドコンサルティングになっておるんじゃ^^

 

ここまでの環境を用意すれば、当然クライアントだけではなく、メンターも手を抜けない環境じゃけ、双方に取ってガチでやれる環境じゃし、その相乗効果によって嫌でも成果が出るようになるのは当たり前の事じゃ。

 

二人三脚で実践していくので、クライアントはもちろん、メンターも一切の妥協はできない事になるので、まさに強制的に自分を追い込む事ができる最強の環境だと言えよう。

 

『ガチで英語を身に付けたい!』と鼻息荒くしてるヤツには、英語漬けの毎日でこの英語漬けの日々を2ヶ月間耐え抜く事ができた暁には、見たこともない景色が見れてるはずじゃ^^

まずは、目的意識をしっかりと持って、そこからのステップアップとして、『いつまでに』その目的に到達するのかを目標設定して実践する事が重要じゃ。

 

全ては目的のために英語を学ぶわけじゃけ、その目的だけは絶対に見失ってはいかんぞぉ。

 

目的が決まれば今すぐ無料カウンセリングにGOじゃ^^

⇒【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

まとめ

日本人が英語を習得する際に最も苦手と言われているのが、スピーキングスキルとリスニングスキルのレベルアップじゃ。

 

読解や英文を読めるようになっただけでは、当然英語が話せるようにはならんので、英語を耳にして、話して実際に相手とコミュニケーションを取る段階まで行かないといけない。

 


バイリンガル仙人

つまり、アウトプット量の増加と経験値を上げる作業を行って行くんじゃ。

 

ここで、間違った言葉で話したり、言葉のニュアンスが曖昧な場合は、その都度メンターがそれを軌道修正することによって、クライアントの理解度を上げていき、その作業を繰り返す事によって英語をマスターできる段階までくる。

 

ライザップイングリッシュはまさにその確信にせまるところを徹底的に伝授してくれるので、おぬしがちゃんと基本から学び、確実に1つずつステップアップして行きたいなら、まずはその大元でもあるライザップイングリッシュからスタートすることをして行けばいいと思う。

 

最短2ヶ月でブレイクしたければ、迷う事無くヒアリングしてもらおう^^

⇒【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-ライザップイングリッシュで『コミット』だ!
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.