英語教材失敗

【ヤバい】英語のフレーズが解らない!ホームステイで緊急事態!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はホームステイが決まったが、英語のフレーズが全く解らない状態でスグに英会話をマスターしなければならなくなった時はどうすればいいか?について解説していく!

 

ホームステイが決まり、これからいよいよ海外に行き留学ライフを満喫しようとワクワクしていたものの、肝心な英語のフレーズや英会話自体が全く解らない。。

 

こんなヤツは意外と多いんではないか?

 

ホームステイまで期日もないし、今スグに英会話学習に取り組んでもいきなり英語がペラペラになるわけでもないし、どうすりゃいいんだー!と嘆いているヤツは大変だよな。。

 

そこで、今回はホームステイまで短期間の内に最低限身につけておくべき心構えと、最低限の英語フレーズ、現地に行ってからの文化の違いなどをピックアップしていく。

 

本気で最低限の英語フレーズをマスターしたいヤツだけ最後まで見る事をススめる。

ホームステイに行くことが決まった!?すぐに英語をマスターしなければならない!どうする・・・

英語留学や将来付きたい仕事の留学として注目を集める滞在方法の1つに「ホームステイ」がある。

 

日本から多いのがアメリカへの留学だが、近年では各国どの国に行っても注目されている滞在方法じゃ。

 

ここに来てホームステイがどういう事か、いまさら解説は必要無いと思うが、アメリカやヨーロッパの普通の家庭に寝泊りしてファミリーの一員として毎日を過ごしていくことができる。

 

つまり、現地の ネイティブ英語を肌感覚で経験できるチャンスが増えて、仮に短い期間の留学だったとしても英語スキルの向上が期待できると話題だ。

 

しかも、日本国内にいては絶対に体験する事ができない現地のファミリーと共に毎日を過ごすことで、本格的な現地民のライフスタイルを体験できる。

 


バイリンガル仙人

つまり、生の現地カルチャーを感じ取ることができ、これは人生の一生の思い出になるはずだ。

 

ただ、 当然その一方で、不安なことや現地で問題やトラブルはないのか?と言えば答えはNOだ。

■英会話できないけど不安。。

■現地の家族はどんな人達。。

■家族と仲良くなれるか。。

■居候する家族と気が合わなければ。。

■現地で問題が起きれば。。

ここでホームステイで不安に感じていることや実経験、あるいはホームステイをスムーズにやり過ごすメソッドなどを突っ込んでアドバイスしていきたい。

 

リアルで現地に行った時に向こうの家族などはどんな人達なのか?

 

言わば「ピンキリ」なのか?この辺が不安や心配にしているところだろう。

 

このピンキリ」じゃが、本当のことを言うとホームステイと言うイメージに囚われる事が多い。

 

つまり、普通でイメージするのは、家の中で 親父が本業に出掛け、ちびっ子達がスクールに通い、自宅には母親がいて 戻って来ると晩御飯をファミリーと団らんしている。

 


バイリンガル仙人

そんなイメージを持っているんではないか?

 

しかし、 現在では経済面での要因から子どものいない一家や、離別をして片親の自宅などシチュエーションは十人十色で、家によっては共稼ぎのため 親父・母親の帰宅が夜遅くなり時を同じくして晩御飯を一緒にとれない一家もある。

 

ホームステイではファミリーとの会話のキャッチボールで英語が向上できるのが?

 

しかしながら、ハナから英語ができないのに、その「キャッチボール」をどういう風にして取ればいいのか?

 

元を正せば日本でしっかりと英語の能力があれば留学する必要性なんてない。。

 

留学生には意思の疎通をはかる態度・向上心・ポジティブ思考さえあれば 英語がすこし困難でもセーフティーに、ホームステイをすることができるが。。

やっぱり最低限の英語フレーズが理解できなければトラブルになる可能性大

全部のホームステイが問題無く、快適なのかというとぶっちゃけそうではない。

 

ホームスティ先の問題や悩み、トラブルなどは全く起きないのかと言うと、そんなに甘くはないのだ。

 

「ホームステイ=ワイワイ楽しい♪」 なんて思っていたら、とんだ勘違いだぞ!

 

リアルで起こるめんどうなことの90%以上は、「意志の疎通」が出来ていないことで起こる事がほとんどじゃ。

 

向こうのファミリーとして同レベルの生活を送っていく上で、そのおうちの「モラル」をオマエに説明してくる。

 

例えば、食生活の事や洗濯の事などの日常的な事。

 


バイリンガル仙人

しかも、ここで英語でコメントしてくるので、オマエは何を説明しているのさっぱり分からない・・・。。

 

あるいは、解らない事を何回も聞き返すのが申し訳ないモチベーションからあまりはっきりしないまま 「OK」と話してしまうことが多く見られる。

 

しかしながらここで把握しないまま「OK」と口にしてしまうと向こうは認識したと取り違いしてしまう。

 

簡単に説明すると、普段の洗濯物はいつ洗濯をしてくれるのか?と言う事。

 

オマエは、適当に「OK」を出しているので、向こうは意思の疎通ができていないため、洗濯の曜日を正しく把握していないまま「いつまで経っても洗い物をしてくれない」となる。

 

が、向こうは逆に「洗濯物が少ない子ね。。」なんて具合に、コミュニケーションが取れていないことから食い違いが起こっているため、 ちっちゃい事で不信感を抱かせる原因になる。

 

ここにおいても肝心なのは、このような意思の疎通の「キャッチボール」だが、 それのみならず肝要なのは「把握していないことをストック(貯めない)しない」ということだ。

 

理解できないことや、適当に返事をするんではなくて、解らない事はスグにコミュニケーションを図り、お互いが気持ちよく生活できるように、オマエのほうからドンドンアクションを起こすことだ。

 

そして最低限の英語フレーズだけは身につけて現地に行こう。

■日常会話編

Could you speak a little slower,please?⇒ あとちょっとゆったり話していただけませんか?

I’m going now. ⇒いってきます。

I’m coming home late today. So, please keep my dinner for me. ⇒帰宅が遅れてしまうので、夜御飯を備えおいてくれませんか。

How can I get to the school? ⇒どのようにして学校に行くことができますか?

Do you mind lending me your umbrella for a rainy day. ⇒ここぞというときのために傘をお貸しいただいても大丈夫ですか?

I’ll stay at my friend’s place tonight I’ll call you if something happens. ⇒本日は友人の自宅に泊まります。もしなにかあれば呼び出ししますね。

 

■ 謝礼や別れの挨拶編

Thank you for all what you have done. ⇒数多くしていただいて感謝しています。

I appreciate your kindness. ⇒あなたの懇切丁寧に感謝をしています。

I enjoyed a lot staying at your home. ⇒家での寝泊りを楽しめました。

You made my stay special. ⇒非常に素敵な時間を過ごせました。

ホームステイで注意したい点はオマエ自身がクライアントではないことを把握する。

 

ホームステイは何だかんだ言っても「ファミリーの一員」として出迎えられることを守らなければならない。

 


バイリンガル仙人

ホームステイを生まれて初めて体験する人がハマリがちなのが、宿屋やホテルのように私生活の事を向こうのファミリーに「すべてやってもらえる」と思い違いをすること。

 

家によっては、取り決めや原理原則は異なる。

 

つまり、この最低限の「モラル」だけは意識しておかないと、えらい目にあうぞ。

ホームステイが上手く行くコツ

どういったファミリーに寝泊りするのかも問われるが、向こうのファミリーとフレンドリーにやっていくのは必要不可欠だ。

 

リフレッシュできるホームステイのライフスタイルは、自分が充実したかどうかに影響を及ぼす非常に大切なもの。

 

そんな向こうのファミリーと親しく付き合うキーポイントだが、いやはや「意思の疎通をはかる」ということにつきる。

 


バイリンガル仙人

英語が「できる・できない」は、とりあえずそこまで意識する必要はないが、やはり英語が判らなければ、どんどんストレスを感じるだろう。

 

当たり前じゃが、あらゆるファミリーが自分の望む理想のシチュエーションではないし、想定外のホームスティもたくさんある。

 

けれども、いろいろなホームステイがある中で、時間に追われているファミリーもいるのは実情だ。

 

では、そういったケースではどうすればいいのか?

 

まず大前提に、自分は「もしかして、相手にされていない?」からスタートしては「このファミリーはよくない」と勝手に妄想してしまい、自分にとって不利な状況をドンドン作ってしまう事だ。

 


バイリンガル仙人

でも、普通に考えてみろよ?

 

元々本来は、オマエ(留学生)を受けいれているのは向こうのファミリーなので、向こうも可能な限りオマエのために必要な時間を生み出してくれている。

 

ホームステイは向こうの家族との一員として同等のライフスタイルをするのであって、オマエはお客さん(クライアント)ではない。。

 

構ってもらえることを当たり前としているなら、そのマインドをまず叩き直してからホームステイにいけ!

 

まず、ここは絶対に勘違いしてはいけないポイントだ!

英語のフレーズさえも解らない。。ネット上の無料情報は当てにするな!

ネットニュースを見てると、刺激的や興味性の大きな見出しだけが際立って、内容は何もない記事やレポートだけが行き渡っている時代だ。

 

SNSでも、世の中の好感度をチェックしようと、あるフレーズでググると、出てくるのは、そのワードについて書かれた根も葉もないネットニュースのメッセージばかり。

 


バイリンガル仙人

そして、一人残らず、タダのスマホアプリで、ニュースを読む人が急増しているという訳だ。

 

しかしながら、このレベルのニュースアプリをマネージメントする会社は、元々は記事を書く記者をもっておらず、資金を使ってメディアから記事を手に入れてアップしているだけの企業だ。

 

そうしたニュースを、タダでふるまうにはニュースのトラフィックに応じてディスプレイされる広告による収入がたよりとなる。

 

ここで、広告収入を目論むため、記事へのアクセスを引き上げることが必須になるので、ニュースの大きな見出しは、「刺激的」や「興味制」というタイトルであおる。

 

いかに読者やユーザーの関心を引き、プッシュさせるか?という時代にガンガンいっている。

 

はっきり言えば、そこに記事内容なんて重要視していなく、ユーザーの関心度を引く使い勝手の良いタイトルさえあれば、儲けはアップするのだから。。

 

このように、ネットのインプレッションが変化したのはいつの頃だろうか。。

 

今や、動画と言えばユーチューブじゃが、ニコニコ動画も出始めたノリや勢いは完全になくなって、今やオワコン化している。。

 


バイリンガル仙人

ネットで、芸能人なんかをググっても、ひな形でまとめたような物しか確認できない。

 

「〇〇の旦那は、〇〇の嫁は?」的な、いつものお決まりキーワードである。

 

要は英会話業界の記事や情報でも、こんなよくある情報しかないので、信頼できるのは本当に最後まで記事を読みススメられる情報源が書かれた記事や、公式サイトのみだけだろう。

 

英語スキルもそうじゃが、本当に何かのスキルや技能を身につけたければ無料情報やネットに落ちてる信ぴょう性のない情報に振り回されるんではなくて、自分の足でそのスクールや教材を買ってまずは肌感覚で体験したほうがいい。

 

その方が、スグに答えが出るので結果的に最短最速で命の次に大事な「時間」をムダにすることはなくなる。

ホームステイで最低限抑えておくべき英語フレーズは?

我々日本人は世界規模でもめちゃくちゃ几帳面で、超真面目の性格といつも海外から関心されてるほど。

 

じゃが、向こうの生活からしたら、ゆったりとした暮らしを送っていくのが当たり前。。

 

半端なく大ざっぱな習性でマイペースな人間もいるし、掃除や食事の行い、又は話し方などの説明の仕方など、いろいろなシチュエーションで我々日本人とのギャップを感じる事が多々ある。

 

じゃが、それは現地では普通のこと。

 

カルチャー(文化)や習慣が違うところなので、必ず向こうに合わせる必要がある。

 


バイリンガル仙人

万が一、気になるシーンなど自分で解消できるぐらいなら、自分で手を打って、不可能な場合はファミリーにお願いする事も1つのコミュニケーションだ

 

外人からしたら、我々日本人の英語も聞き取りづらいことがあるように、オマエが最低限の英語フレーズを身につけてイなければ、向こうはもっと聞きづらい事を意識しておこう。

いきなりレベルの高い英語フレーズをやろうとするな!

社会人や会社員はいきなりビジネス英会話をマスターしようと考えていないか?

 

とりわけ、英語をマスターしたいポイントが「仕事場で英語が必要となった」事。

 


バイリンガル仙人

しかし、この程度の理由でいきなり難易度が高いスキルにチャレンジすると絶対挫折する。。

 

なので、とりあえず基礎の軸を固めるために英会話のベーシック(日常英会話)からマスターしろよ。

 

以前から「中学レベルの英語は知っているから」という英語をなめきった考え方を持っている受講者は、ほとんどがそれを使いこなせていないのが状況。。

 

ただプライドだけが異様に高いがゆえに、英会話ができていないのだ!

 

予習 復習とリアルで日常英会話が話せるようになるために、今一度中学レベルの英語からやり直して基礎を固めるべきだ。

 

しかも、サラリーマンなどの英語ド素人が時間がなくても空き時間に英語が学べると今流行のスマホアプリなんかで、1回3分とか馬鹿げたキャッチコピーに惑わされて安いアプリをダウンロードしているヤツがおまりにも多い!

 


バイリンガル仙人

いいか?言っておくぞ。

 

そんなアプリなんかダウンロードして1日10分程度英語を学んでいるつもりじゃろうが、ハッキリ言ってその10分さえ時間のムダだぞ!

 

1日10分で日常英会話が身につくと思っているのか?

 


バイリンガル仙人

それをガチで信じてやっているヤツは、かなり重症なので今スグに英語習得はあきらめたほうがいい。。

 

まず、最低限ホームステイで有効な英語フレーズ(単語)はこうだ。

日常英会話でかなり使うフレーズ
have(持つ)
drive(運転する)
take(取る)
bring(持っていく)
sleep(寝る)
go(行く)

単純かもしれないが、我々日本人が聴き慣れているのはアメリカ英語が多くあるので、ヨーロッパ英語を聞けば、最初はオロオロするかもだが、これについてはインプットするしかない。。

 

聴き馴染みのないフレーズがあったら、その箇所の違うところはなんですか?と聞けば、その違いを理解できてまた1つスキルが身につく。

 

国が違えば、当然だ言葉のニュアンスやイントネーションのポイントは様々。

 

現実的には慣れないといけないことには違いはないが、初めにこのレベルの英語の違う部分の知識を持っていたらかなり有利だぞ。

ホームステイに行く前に英語学習の基礎を身につけるには独学でやるな!

まず、よくある巷の教材やの勉強の仕方では英会話能力は短期間で身につかない!

 


バイリンガル仙人

これは断言しておこう。

 

まず、英語のアルファベット26文字A~Z、これを丸々言えるか?

 

日本語の「あいうえおを」が理解できていないのに、日本語をマスターすることは無能だよな?

 

ようは、一番基本的なこと。

 

最低限のフレーズや発音という【ベース】を確立した上で、その先にススメる。

 

多くの英語学習者がこんな当たり前の基礎基本をすっ飛ばして、いきなりスマホ片手にリスニングやスピーキングなどの高度なスキルをやる。。

 

だから、基礎基本が身についていないので、そこから応用もできない。

 

そして、道半場にして挫折していく。

 


バイリンガル仙人

まあ、このパターンがほとんど。

 

基礎基本のフレーズや発音と言うのは、とても必要で発音がミスっているから【音を理解できず、会話できない】のだ。

 

アップルとカタカナで認識すると、【エァポー】と言われても多くのアメリカ人が理解できずに、着地点などが異なってくるから脳がAppleと接続できないのじゃ。。

 

もう、この時点で会話が違うので。。(笑

 

要は、基礎基本の一定レベル以上を直さないと英文を言われてもなにひとつハッキリしない。。

 

フレーズごとに区切らないから何からどのタイミングまでがフレーズなのかわからず、最終的にはそこからリスニングやスピーキングなどの応用に行けるはずがない。

 

英語を「聞く」とか、「話す」と言うことは、ぶっちゃけその先を過ぎてからのレベルだ。

バカほど一気にやろうとする!

今、英語の世界においては「色んなスキルをまんべんなくこなす」ことが重視されていて、英検やGTECなど、TOEICやフレーズ暗記などの色んなスキルがある。

 

そして、中学生から始まり社会人になるまでの過程で、そのスキームに集中している。

 

しかしながら、「本日は聞くトレーニング、あしたは話すトレーニング」と、それぞれ区別して学習してもあまりスキルは身につかない。

 

要は、バカほどいろんなモノに手を出す特性がある!

 

心理的には、短期間でたくさんのスキルを身につけようと「欲張ってしまう」事だ!

 

これをやってしまうと、必ずノウハウコレクターにハマる。

 

自分は学習している気になっているが、何一つ頭の中に身についてない現象だ。

 

これは、自分で全く気づいていないので、かなり恐ろしい病気の一種だ!

 

いいか?

 

正しい英語学習の道のりは、根本的に「聞く」⇒「話す」、「読む」⇒「書く」という風に「インプット」⇒「アウトプット」のプロセスで1個ずつ確実にこなして行くのが正しい学習法だ。

 

それを、初心者のスキルもないような1年生が、このようなプロセスを一気にやっても脳に定着するはずがない。。

 


バイリンガル仙人

要は、バカほどスキルを「欲張る」

 

それは上級者がやるべきことであり、1年生の初心者がやるべきことではない。

 

初心者はまず、基礎基本をしっかりと固めて自分のオリジナルの「型」を身につけて、1つずつ確実に作業をこなしていく素直なマインドセットを身につける必要がある。

 

そこから、マンツーマンで指導を受けれる環境に身をおいて、短期間でも自分の望む成果を得られる事が始めて叶うようになっていくのじゃ。

 

まずは初心者ほど、ここを前提に意識していこう。

 

ホームステイが決まって、ぶっちゃけ期間がなくて焦っているヤツは、まず基礎基本を固める事に専念して、短期間でもマンツーマンでサポートが受けれるスクールなどに今すぐ申し込み、そこから最低限のフレーズをマスターしたほうが結果的に最短最速だ。

 


バイリンガル仙人

無意味なネット上の無料情報など集めてやっていても、その情報に1ミリも価値はないので、時間をムダにするだけだぞ。

成功者ほど時間を有効に使いそこに自己投資をする!

 

ここだけは絶対に意識して、ホームステイまでの短期間で最低限の英語を習得するには必ずマンツーマンで教えてくれるところに期間的に通おう!

 

そうする事で、なんとかホームステイまでの短い期間でも現地で役立つフレーズを身につけてオマエを最大限助けてくれるだろう。

 

成功を祈る!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-英語教材失敗
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.