イングリッシュブートキャンプ

【由美⇒本名は?】イングリッシュブートキャンプ由美は明場由美子!?

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、イングリッシュブートキャンプの由美と言う項目がネット上にあったので、調査して行きたいと思う。

 

イングリッシュブートキャンプ由美って、人の名前だと思うが、おそらくイングリッシュブートキャンプ内で講師をされている人なのか?と想像するが、果たして本名や経歴(WIKI)、評判などをピックアップして行きたいと思う!

 

見た感じ、上品な感じで美人さんなので、おそらく英語教師をされているのは間違いないが、あまりネット上には細かな情報がないので、どこよりも詳しくFacebookやTwitterなどのSNSなども調査して行きたいと思う。

 

早速行ってみるぞ。

イングリッシュブートキャンプ由美の本名は?


出典https://www.youtube.com/

まず、結論から言えば、由美さんの本名は『明場由美子(あけばゆみこ』だ。

 

ライターや通訳と英語をメインとするアドヴァイザー。

 


バイリンガル仙人

また、 英語専門の指導員として多彩な経験を持つフリーで働く人じゃな。

 

色んな国と地域や、セレモニー、イベントなどにチャレンジする、行動派な一面もある。

 

過去には、英国に渡り現地の出版社(東京支社)で働いたあとに、そのまま起業し現在に至る。

 

特に日本人は英語に弱い習慣があるので、それを克服するための英語教育を活用したスクールを立ち上げるべくイングリッシュブートキャンプに参加。

 

日々、英語力向上のため全力を尽くしている。

 

そんな彼女でも、若い頃にはスクールでクライアントを対象に英語を教える日々を送っていたそうで、そこで感じた事は、日本には本物の英語をレクチャーする人があまりいない事。

 

そこに気づいた彼女は、早速その悩み問題を解決するために情報発信やインターネットを活用した英語の重要さとレクチャーする側の環境だったと言う。

 

彼女自信も、

20才過ぎの頃、ある大手英会話スクールで英語を教えていました。ここで私たち日本人講師は日本語をレクチャーするためのレッスンに基づいて、英語ネイティブのインストラクター、もっと言うなら英米人のサラリーマン、タレント等についても日本語をレクチャーしていました。

 

日本語をお教えした実例のある英語指導者は、意外とあまりいないと思います。

 

日本語を勉強する人は中国人や韓国人、ベトナム人といったアジア人がたくさん、それらのうち英語を発言することが可能な人はあまりいません。

 

それに伴って、英語活用して日本語を教えるといったアプローチは、さほど効果が期待できなく、日本語指導者にハイレベルな英語力はとりわけ必要でないと彼女は言う。

アマチュアでも英語の声にセンシティブで、難しい英語は当然の事あるけれど、ちょっとレクチャーするとざっくりした事は、ササッと発音が出来るようになると言う。

 

ネイティブのほうが日本語をモノにするケースになると、コミュニケーションはできるけど読めない、あるいは読み進むことまではどうにかして実現できるようになっても肝心な「文章を書けない」、といった学習者が凄まじく多い。

 

まさに、英語の本質が苦手と不得意な事を実感した彼女は、 これをひっくり返すことでちゃんと基礎から学び、抑えるべきポイントさえ抑えれば、日本人の多くに英語がそれほど難易度が高くないものだと日々情報発信しているわけじゃ。

明場由美子の経歴プロフィールや出身高校大学はどこ?

まず明場由美子氏の経歴やWIKIプロフィール、出身高校大学などはどうなっているのか?

 

出身大学に関しては、大阪大学文学部を卒業してから、本格的に英語に関する事に興味を持ち将来的にはそれに関する仕事を目指していたわけじゃ。

 

それと同時に、大学在籍中にアメリカに渡りオクラホマシティ大学に留学経験もあり、この時分から英語で食べて行く決心をすでにされていたようにも思える。

 


バイリンガル仙人

出身自体が関西の大阪なので、どちらかと言えば関西弁なども時には駆使してイメージの上品さとはまた違った風貌をのぞかせている。

 

高校はどこの高校に通っていたのかは、今のところ謎じゃが、大学が阪大と言うエリート大学に通っていたので、高校もそうとうレベルが高い学校に通っていた可能性が高いのではないか?

 

例えば、

■北野高校

■茨木高校

■豊中高校

■四條畷高校

■天王寺高校

などなど。

 

今後彼女がメディアなどに取り上げられるようになったら、出身高校も明らかになりそうじゃ!

 

そして、様々な経験や日本以外でも活躍してきた彼女のスキルは、レクチャーしてもらってるクライアント側からすれば、かなりプラスになっている事だと思う。

 

そんな中でも、英語が日本人にとってそんなに小難しいものではないのだと、彼女の指導方法などを見ていれば素直にわかる。

 

彼女の基本的な指導スタイルは、外国語は話せる事や発音が原理原則だと言う。

 

ヨーロッパではスペイン語やフランス語も、アジアなら韓国や中国語も、習い始めたころはまずは発音からはじめる。

 

なぜ英語だけそれをやらないのか?その事実をショートカットする傾向が特に日本の教育では致命的なエラーだと言う。

 

このことは、教えている側(スクール)のエラーだと感じているらしい。

 

当然のことだが、どれくらい単語や文法を豊富に覚えていても、会話自体が聞けないと、リスニングは上向きませんと。。

 

同様に、本当の意味で発音出来ないと、今自分が目の前で話してる相手には全く伝わらないと言う。

 

TOEICではあるレベル以上数値が取れるのに英語が喋れない人ってめちゃくちゃ多いし、自分のコミュニケーションは問題ないけれど、他のネイティブの余談には全く入っていけない。。

 

他にも、オール英語となると普段なにげに見る映画やテレビドラマは全くついていけない。。

 

このような人には特に彼女が言う、 単語を引き上げることも重要じゃが、第一段階は発言を確実に理解して自分の腑に落とす事が初心者がやるべきトレーニングだと語っている。

 


バイリンガル仙人

同感じゃな。

 

彼女は日々の活動の中で、よくインターネットを活用した情報発信をされているが、中にはユーチューバーとコラボしたり、クリエイター達とイベントをしたりなど、自分のスキルアップの向上の意味も含めて、とても行動派(アクティブ)な女性でもある。

 

やはり、このような人を見ていて思うのは、『やっぽ、こうような積極的な行動派が成功する』のだなと、改めてワシ自信も感じた。

 

そして、色んな人との出会いを大切にしながら、トップで活躍している各方面の人らの話を聞き入れて、刺激をもらったり、もチベの向上にしている彼女のバイタリティーは見習うべきものがあると率直に感じるな。

 

このような、常に自分を向上させて行くマインドセットを持っている限りは、今後もクレバーに活躍して行くのは間違いないじゃろう。

 

■オマエも彼女のようなグローバルレベルで活躍できるカッコいい大人になりたければイングリッシュブートキャンプで英語脳を鍛えろ!

 ⇒2日で英語が喋れる!

明場由美子の年齢はいかに?


バイリンガル仙人

見た感じ、キレイなオネエさん的な感じの華やかさがある。

 

上品と言うか、「デキル女」はまさにこのような事を言うのか!と言った感じじゃ。

 

大人のイメージを一新に出している彼女の年齢はいかほどなのか?と言うところじゃが、おそらくパッと見な感じ40代前半ぐらいではないか?

 

じゃが、全く年相応には見えんし、年齢よりも若いイメージはあると思う。

 

世間一般の40代女性と言えば、既に「オバちゃん化」していると思うが、彼女のケースではみじんも感じない(笑

 

とにかく、同年代の人からするとかなり若く見られると思うし、英語講師の立場からすると、プライベートでもリスペクトされる存在ではないか。

イングリッシュブートキャンプ由美の今現在の活動は?

出典https://englishbootcamp.jp/

明場由美子氏の現在の活動は一体どのような事をされているのか?

 

現在は、都内の世田谷区で「Yumi's English Boot Camp」のプロデューサーとして仕事をしている。

 


バイリンガル仙人

「Yumi's」と書いてあるので、自社英語スクールを立ち上げて運営しているものと思われる。

 

どんな受講内容かと言うと、基本的にはオンライン学習をメインとしていて英語が苦手なクライアント達の引き上げに全力を注いでおる。

 

このスクールも、まだ設立自体は浅く、2020年の2月22日にオンラインサロンが開校になっているので、これからだと言った感じじゃ。

 

「取り敢えず英語が理解できて話せるようになりたい」

 

このようなアツい想いをもった人なら、ウェルカムなサロンで、メンバーとなっている仲間は彼女にダイレクトにヒヤリングできる環境じゃ。

 

みんな同じ志を目指す仲間が集まる彼女のここだけの話や、英語に至る迄の番外編が聞くことができるオンラインになっておる。

 

お酒の席にエントリーできる参加権利や、 日本人特有の弱点をクリアできる英語テキスト 『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』などもサービスしている。

出典https://englishbootcamp.jp/

彼女いわく、英語がいつまで経っても話せない人の共通点は、適正な発音や実際に現場で英語を直にマナで聞いていない事が最大の原因だと言う。

 

つまり、コツさえ掴めば、自分が発音できる単語は必ず聞き取れていく。

 

日本人は特に、クセが強く、「当てずっぽうな英語」になる傾向があるが、それを根本的に解決して、適切な発音を身に付けるにはの全てを彼女がレクチャーしてくれる。

 

英語の原理・原則は「発声である」と言う彼女の信念に揺るぎなく、開き方から、相手への伝え方を各ステップを踏みながら会得できるように優しくレクチャーしてくれるのじゃ!

 

テキストはこのような構成になっておる。

Yumiの初心者向け英語マニュアル内容

■テキスト102ページ(PDFファイル)
■音声約90分(MP3ファイル)
■動画約40分(MP4ファイル)

英語の会得には発音のトレーニングが不可欠であり、高いニュアンスの英語スキルを学習した人にどういった具合に英語をマスターしたか質問してみると、殆どの人から「教材を使用する実践をスキマ時間でやった」などの意見が多い。

 

しかし、習得のコツは発音にあると言ったとしても言い過ぎではない。

 


バイリンガル仙人

確実に、普段の私生活で使える英語だけを身に着けたいと思うヤツは、発音のトレーニングに尽力することが非常に大事だと語る。

 

このような、彼女自身が学習キャリアと長期間のレクチャー経験から言って得た発音主導の仕組みをリストアップして、日々自社のオンラインサロンでそれを活かしながら指導している。

明場由美子の英語コンサルとは?

出典https://ameblo.jp/

基本はオンラインサロンなので、スカイプの画面共有などを駆使して英語をレクチャーしてくれるサービスになっておる。

 

初心者向けのコースで、1回60分制のスカイプコンサルで料金は9,000円になっておるが、今現在このコンサルは休止している。

 

なぜ休止しているのかは不明じゃ、がおそらく彼女自身が忙しく手が回らないと言った事じゃろう。

 

他にも、スタンダードコースとして、1回90分制のスカイプレッスン+メールによるサポート(3回)の料金が33,000円になっておる。

 

このコースは、どちらかと言うと中級者編だと言ったところじゃろう。

 

さらに、プロフェッショナルコースとして、2回90分制のスカイプレッスン+メールサポート無制限の料金が62,700円となっておる。

 

このコースは上級者向けと言ったところじゃろう。

 

これらのコンサル内容と、学費の料金を比べた時に、安い!と感じるか高い!と感じるかは人それぞれの価値観じゃが。。(笑

ぶっちゃけ、ワシ的に言えば、無制限のメールサポートが受けられるが、たった2回で90分しかレッスンが受けられないようなオンラインサロンに70,000円近く払うなら、イングリッシュブートキャンプで98,000円を払ってたった2日で英語の基礎を身に着けた方がいいんではないか!?と感じてしまうのはワシだけだろうか。。(笑

 


バイリンガル仙人

90分×2回=180分で62,700円か、2日間×20時間でみっちりやって98,000円か、これだけで決めてしまうのは軽率だと思うが、このどちらの方に価値がある環境なのかはオマエが決めろ。。

 

■もしオマエが後者を選んだのであれば、たった2日間の20時間で英語の基礎が身につくイングリッシュブートキャンプで早急に英語を自分のものにしろよ!

 ⇒最短最速で英語をマスターしたいオマエに!

明場由美子のFacebookやTwitterはどうなの?

彼女が、SNSなどの発信をやっているのか気になったので、調査してみた。

 

ツイッターの方は、頻繁に更新しているようで、中々意味深なツイートをしてるようじゃ。

基本的に、英語に関する記事などを更新されているようじゃが、中にはプライベートな事もツイートしてるな。

フェイスブックに関しては、どうなっているのかと言えば、こちらはやっていないのではないか?

 

検索結果には、表示されているが、それらしきものをクリックしてアクセスしてみたが、これは彼女本人のアカウントではない。

おそらく他の誰かが、彼女をピックアップした時に上げた記事かなと思う。

年代的にも、フェイスブックはやっていてもおかしくないと思うが、今のところ彼女自身のアカウントがないため、やっていないと思うな。

イングリッシュブートキャンプ由美の評判や講師としてのレベルは?

出典https://englishbootcamp.jp/

イングリッシュブートキャンプに参加して講師としても確立している明場由美子氏じゃが、その評判やトレーナーとしてのレベルはかなり高いものがある。

 

キャンプで教えていた時には、クライアントとの信頼関係もアツく、指導方法なども評判が素晴らしかったと言い、多くの受講者から支持されていたのじゃ。

 

しかし、現在では、彼女自身がキャンプ内で頻繁にレクチャーはしていない。

 

と言うのも、やはり人気者の宿命とも言うか、実際に彼女自身が1年先まで予約が埋まっている状況らしく、普通にキャパオーバーと言うことで、キャンプないで彼女のレクチャーが受けれるのは、定期的に開催している2,3ヶ月に1度しかやらない週末キャンプのみだと言うこと。。

 

こんな状態だから、彼女が運営する「Yumi's English Boot Camp」ではオンラインでしか対応できないのだと言う事だろう。

 


バイリンガル仙人

なので、2回90分制のスカイプレッスン+メールサポート無制限の料金が62,700円も納得できる。

 

要は、人気者過ぎて手に負えないと言う事!

 

彼女自身もこのように語っておる。

実は現在、イングリッシュブートキャンプでは、いずれのコースも新規生徒募集をしていません。

お問い合わせをいただいては、毎回申し訳なく思いつつお断りしています。

 

というのも、既に1年先くらいまで、ウェイティングリストが埋まっているからです。

直接Yumiから指導を受けられるのは、2~3ヶ月に一度開講の週末ブートキャンプしかありません。

 

そこで、1年前に英語コンサルを復活させました。

こちらは、対面(スカイプ)とメールによるコーチングです。

 

レッスンとは異なりますが、直接Yumiからアドバイスやコーチングが受けられる、唯一のコースです。

ところがところが、こちらもたちまち大人気となり、3ヶ月先まで予約でいっぱい状態になってしまいました💦

出典https://englishbootcamp.jp/


バイリンガル仙人

人気が高すぎて、もう彼女のレクチャーは予約が埋まっているようじゃ。。

 

いかに、90分制のスカイプオンラインレッスンでも評判が高いかわかるな。

イングリッシュブートキャンプ由美は本も出している!

彼女は、著書として英語の本もだしているようじゃ。

 

『英語の発音トレーニングBOOK』と言うタイトルで自分の本もだしておる。

やはり人気者になるには、このような執筆も行って情報発信をしているのは納得じゃ。

 

内容じゃが、初心者向けの構成になっておるが、英語に関する基礎知識や、彼女が一番推奨している「発音」にかんしての理論が型にそって詳しく書かれておるな。

 

もう一つの著書として、『ネコろんで学べる英語発音の本』も出版されておる。

タイトル通り、寝転んでいても学べるほか、隙間時間でも効率的に英語スキルが身につく著書じゃろう。

 


バイリンガル仙人

コレは実際に読んだ事がないので、推測にはなるが、ぶっちゃけて寝転んでいるだけでは絶対に英語スキルは向上しないので、勘違いするなよ!(笑

 

ただ、これらの著書は彼女自身の完全オリジナルなので、言うならば、彼女の脳みそを知る事ができると言うわけじゃな。

 

もし、現在オマエがこのような環境に陥っているなら危険じゃ!

■映画やテレビドラマを穴が開くほど見まくってる

■お決まりのカフェやコワーキングスペースで実践している

■ただ単の英語の受け流し

■“たった10分のスキマ時間で英語が身につく”チックな本に明け暮れる

この辺は、よく初心者がハマるが、これは寄り道になるか、向上しない確率が高い。。

 


バイリンガル仙人

英会話は基本的に「ササッと片手間」は身に付かない。

 

当たり前の話じゃが、片手間でスキルが身につくならだれでも英語が話せてる!

 

このような、 わき道にそれかけたら、自分を見つめ直して、元の正しい道に戻れ!

 

よく、「 入念に教科書を使ってポイントを置いて教えてもらっている」「わからないところをマークし、検証しながら実践している」これを正確に実施しているのに、パッとしない。

 

残念な事に、それのみでは伸びない。

 

まず、日本人には聞き取れない英語の音がある。

 

英語は日本語とは違って、比較にならないほど音の系統の多い単語。

 

要は、単語として識別できない音が、複数あるとのこと。

 


バイリンガル仙人

コレが、学習者を馬車馬のように悩ませるのじゃ。

 

音色を真の意味で理解していなければ、聞き取ることができない。

 

音声に耳を傾けながら、シナリオの穴埋めをしていき、空白のポイントを、注力して聞くという特訓。

 

特にビギナーの初心者は知識がないので、用語に思えるものだけを意識して、そのポイントだけに穴が開くほどトレーニングしている傾向がある。

 

ただ、それだけではあまり成果が期待できないと言う事。

 

実際に相手に英語を話してみたり、用語を聞いたりして、理解できないところをチェックしてみて、「なるほど。そうだったのか!」と理解する。

 

これを4~5回音読してみる。

 

このサイクルを続けながら、真の意味で理解できるようになっていく。

 

もしオマエが、このような負のスパイラルにハマってしまっているなら、まずは地に足を付けてコツコツ実践できる環境の維持と、繰り返し実践できる継続力がその後の運命をわける。

 

これを解決できるのは彼女のコンサルでも可能だと思うが、今現在キャパがオーバーして、彼女の有料コンサルは定員オーバーの状態。。

 


バイリンガル仙人

なので、2日の最短最速でこの悩みを解決したいガチなヤツはイングリッシュブートキャンプしかないだろ!

 

もしオマエが、普段時間がなく仕事で忙しい!けど英語は今すぐ身につけたい!と本気で思っているなら、迷わずその行動に出るべきだ!

 

■成功を祈ってるゾ!

 ⇒たったの2日で英語が喋れるを約束!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-イングリッシュブートキャンプ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.