イングリッシュブートキャンプ

【その後がヤバ!】イングリッシュブートキャンプで収入アップ確定!?

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はイングリッシュブートキャンプのその後や受講後の生徒達はどのようになっているのか?についてお伝えしていく。

 

イングリッシュブートキャンプで英語を身に着けたその後にクライアント達のビジネスに関する事や私生活がどれだけ変わって行ったのか?英語スキルのおかげで収入アップがアップした者もおれば、ライフスタイルが劇的に変わり、人生そのものが豊かになっていった者もおる。

 

では、具体的にどのように現在卒業生達は豊かな人生を手に入れたのか?

 

イングリッシュブートキャンプに参加したことで、どのように価値観が変わって行ったのか?これを解説していきたいと思う!

 

では早速いってみるゾ。

イングリッシュブートキャンプのその後がヤバい!?

まず、前提にイングリッシュブートキャンプは2日間の激短で英語の基本から応用まで身につける事ができるスクールとして、今話題になっておる。

 

人気番組、「今夜くらべてみました」などの有名メディアなどにも取り上げられた実績から、2日間しかない日程スケジュールにもかかわらず、現在まで1500人以上ものクライアント(実績者)を引き上げてきておる。

 

特に、年代別に見ると、ほとんどが30代から40代の中年層に人気で、この多くが仕事で活かすビジネス英会話や私生活で使う英語コミュニケーションスキル習得を目的とした受講者が多い。

 

コンセプトにもある、「2日(20時間)で英語が話せる」を理念として運営しており、そのカリキュラムや指導法には絶対的な自信を持っているため、今まで1500人以上もの人が初心者から上級者へと変貌を遂げているのじゃ。

 


バイリンガル仙人

実際に、このスクールでカリキュラムやスケジュールを全日程終了したクライアントのその後はと言うと、短期集中学習にもかかわらず自分の夢や目的に沿って羽ばたいて行っておる。

 

受講者のその後は、

■本業で急な海外出張でも全く焦る事なく余裕を持って対応できてる

■転職や配置転換など職場事情が変わったけど英語スキルのおかげで問題なくクリアできた

■色々な英語塾を試した中でも一番シックリきた

■外国人とのコミュニケーションが楽しくなった

イングリッシュブートキャンプに参加したことで、これらのメリットや私生活が劇的に変わっていったのじゃ!

 

始めは、どんな塾なのか?本当に自分にできるのか?と言った不安があったと思うが、まずは行動して覚悟を決めて決断したからこそ、過去の自分以上の成長を遂げて行ったのじゃ。

 

覚悟を決めて決断すれば、人生が変わる。

 

人生が変われば未来が変わる。

 

このような事をしっかりと理解していたからこそ、英語をキッカケに自分の望むライフスタイルを手に入れる事ができたのじゃ。

 

こんな事を言うと、「とにかく英語ができるだけで人生など変わるか!」という様なヤツもおるかもしれんが、ワシとしては、少なくとも英語を身につけていないヤツよりは、身につけているヤツのほうが100倍価値があるとおもっている。

 

いや、100倍どころではない。おそらく数値に測れない程の価値だと断言する。

 

基本的に、英語を身に付けられる人物は、自分の足で多種多様な知識に触れ、どんなときでも優先度を上げて自分の時間を学習に投資してきたヤツじゃ。

 

イングリッシュブートキャンプの卒業生もちゃんと決断して動いてきたからこそ、今の人生やスキルを手にしておる。

 

従って、英語が身につけてるヤツは基本的に、自分の夢を叶えるためにお金と時間を迷いなく投資できる人間。

 

正直なところ、他の国に留学して英語をトレーニングしても、日本に戻ってきたらまた元の普通のダラダラした暮らしを送っている人が大半。

 

しかし、英語を活用して何とかアグレッシブにライフスタイルを開拓する人ほど、確実に自分の望むライフスタイルを築いて 英語そのものに価値をおいておる。

 


バイリンガル仙人

この差が、英語を活用して人生成功していくヤツなのか、そうでないヤツなのかの「差」なのじゃ。

 

いかんせん、日本人で英語が語ることができる人間が増加してる今の時代で、その後は日本人より優れた英語を話すことができる外人の労働者が増加してきている。

 

ずっと前までは、英語が話せる我々日本人は、随分平均価値が高く、高い収入を得ていた。

 

ところがここ数年は、どの会社もコストダウンにウェートを置いている。

 

このようなケースでは、さほど英語が得意じゃない日本人よりも、英語が何やかんやとで優れた外国人をリーズナブルに雇えるとしたらそちらの方を企業は選択するようになる。

 

それでいて、我々日本人よりもコツコツと真面目に稼働するので、我々日本人は、優秀な外国人労働者と比べてどんどん待遇が下がっていくわけ。

 

こうなってくると、国外のリーズナブルな労働者に比べられてどうしても賃金が安くてよく働く外国人に企業は待遇するようになってくる。

 


バイリンガル仙人

ていうか、もうすでにそうなっておる。

 

これらの理由で、英語スキルがないヤツは今後の日本では必須のスキルになって来ることは間違いないので、まだノンビリと何も考えずに、思考停止状態でのほほんと暮らしてるヤツがこれに気づいた時には、時既に遅し!

 

思い立ったら、即行動していく力がないヤツは今後時代の変化に対応できずに、困難な人生を歩む事になるじゃろう。

イングリッシュブートキャンプで英語を習得すれば収入アップ確定!?

英語があるだけでどれだけライフスタイルに影響を及ぼすのか?

 

転職活動ではTOEICのスコアが相当助けになった事や、面接でも英語スキルだけに限らず、英語を話すことができるようになるまでの取り組みのプロセスを企業に評価され、収入が1.5倍になったヤツもおる!

 


バイリンガル仙人

そのほかにも、何の問題もなく大手企業から、内定を勝ち取ったヤツも。

 

後は、いまのポジションから給料アップを目指して、別スキルの一環として英語を身につけたら、プレゼンや海外の出張先で重宝され、給料アップを勝ち取った卒業生なども!

 

とにかく、企業でも今後外国人労働者の受け入れや、外国人とのビジネスシップによって、より英語が求められる時代に変化して労働者に要求してくる時代に入ってくる。

 

英語を話せると言うだけで、重宝される抜群のスキル。

 

ひとつひとつの習慣、モラル、センスを身にまとい、普段よく使う単語などを駆使してビジネスの場に活用すれば、とんでもない人材に化ける(笑

 

日本人は、アメリカ人やイギリス人と価値観はまったく違う。

 

彼らは、自らが経験して、自分の望む目的に合わせてスキルを確実に活かすので、それをやることで何倍もの価値があると思っている。

 

尚且つそのキャリアは人として何倍も進化成長していく。

 


バイリンガル仙人

「英語を身につけても人生は変わらない」と思ってるヤツも世の中にはいる。

 

しかし、勘違いして欲しくないのは、英語に勝る語学スキルはないし、全世界共通言葉の英語のパワーは想像以上にオマエの人生をプラスに変えてくれるじゃろう。

 

これに関しては、確信して言える!

 

英語は疑う余地なくマスターすれば、確実にオマエの人生は変る。

 

その理由は圧倒的に「得」をするから。

 

英語が話せるようになると生活パターンがガラッと変わって、その先には「得」をする。

 

普段のライフスタイルにちょこっとスパイスのように足してあげると、英語が反応してユーザビリティが高い視点に変わるじゃろう。

 

本業でも、ここ数年英語ができる日本人は限られるので重宝されるし、もっと言うなら、この国に依存しなくても生活して行けると確信を持てる。

 

この国にいると、特にそうじゃが、会社をクビになったらどうしよう・・・と弱気になり、全てが守りの姿勢になる人生になってしまう。

 


バイリンガル仙人

そうなってしまうとライフスタイルはどんどん圧迫感に溢れていき、どんどん人生そのものが全くつまらないものに感じるじゃろう。

 

なので、英語は人生を圧倒的有利にする1つのツールとして話せた方がいいってことじゃ。

 

■もしオマエが、本気で英語をマスターして自分の人生を変えたい!とガチで思うならイングリッシュブートキャンプしかない!

 ⇒2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要なヤツ!

イングリッシュブートキャンプ卒業後にはフォローアップがある?

イングリッシュブートキャンプに受講者が卒業後のフォローアップやサポートは行っているのか?

 

リサーチしてみたところ、今の段階では卒業後のサポートは行っておらん。。

 

英会話スクールによっては、卒業後のサポートなどを行っておる塾などもあり、その後の英語力低下を防ぐために新たにカリキュラムを組んだりしておる。

 

要は、卒業後も継続して学習に取り組めるように、卒業後限定のコースを設定したり、個別で講師と対面セッションができたり、継続コースとしての位置づけで販売している塾が多いと感じるな。

 


バイリンガル仙人

ただ、イングリッシュブートキャンプのケースでは、既に学費の料金が98,000円でこれ以上もコレ以下もない。

 

なので、ここに卒業後のサポートは含まれていなく、あくまでも学費(食事、教材、ドリンク飲み放題込)の設定は実にシンプル。

 

2日で英語を基礎から応用までを身につけて、どんな初心者でも引き上げて行くので、卒業後のフォローアップやサポートは対象外となっておる。

 

要は、最短最速で生活レベルやビジネスレベルで通用する英語を身につけたい、と願うクライアント向けの塾じゃと言えるな。

過去の受講者のその後は現在はどうなっているのか?

これが、かなりのパーセンテージで、受講者のその後の現在がとんでもない事になっておる。

 

その多くの卒業生たちが、自分の理想としていた人生に突き進んで望むライフスタイルを手にしている。

 


バイリンガル仙人

英語を身に着けただけで、コレほど人生が変わるものだとしたら、自分の行き方の選択肢の引き出しはかなり広がると言って断言できる。

 

別に、特別な能力やスキルが生まれ持っていたのか?と言えば全くそんな事はなく、高卒の出たばっかのヤツがイングリッシュブートキャンプで英語の基本を学び、そこから最短で応用まで行き卒業して自分のやりたかった事を実現して行ったヤツもわんさかおる。

 

高い留学費用を掛けて、わざわざ海外なんぞ行かなくてもたった2日で英語の基礎基本がすべて学べるイングリッシュブートキャンプの方が圧倒的にコスパがいいと言わざるを得ない。

 

卒業後には、海外に行って現地に住み日本よりも遥かに豊かに生活している元受講生もたくさんおるのじゃ。

 

今後の日本の情勢を考えると、遥かに海外の方がゆとりを持ってライフスタイルが送れるのは間違いないからな。

 

仮に、英語をマスターしただけで、「人生の大逆転は無理!」とイメージするヤツも多いし、仕事の転職は何処へ行ってもそう甘いものでもない。

 

しかし、まだ来ぬ先に結び付く体験が英語を覚えることで描き出せるという事は、その後一発逆転レベルのパーセンテージは極めて高いと言う事。

 

ビジネスで、ビッグな結果を出したり 今思い出してみて、それらのお蔭で180度生活パターンが変わったと言い切ることができる人は人口的に見ればまだまだ少ないのが現状。

 

おそらく英語を話すことができるようになっても、同様なことが考えられる。

 

元を正せば、オマエの生涯で一番大事しなければならないのは何なのか? なぜ英語でライフスタイルを変えたいのか?

 

時間的な自由がほしから?経済的自由が欲しいから?ビジネスでいい人材と共にしたいから?オマエ自身もこういった結果になっていたら、ライフスタイルはうまく行ってると思っていいじゃろう。

悩む前に参加してみてください!ブートキャンプと言っても叱られたり怒鳴られたりするきびしさではありません。
英語がもっと好きになると思います!日本でも英語環境が手に入る貴重な経験になります。
心のハードルを取り去るにはとても良いレッスンです。熱意がすごく伝わってきて、応えたいと思わせてくれた。
先生たちそれぞれの個性が光っていてよかった。親切、且つ情熱的でとても楽しく難しい課題に取り組めた。
辛抱強くこちらの話す音を聞いてくれて、(中略)受講生の気持ちに寄り添ってくれた。全力で向き合ってくれて感動しました。

おぬしは本当にイングリッシュブートキャンプに向いてるヤツなのか?

まず肝心なのは、なぜ英語を勉強するのか?、その理由づけ。

 

中学や高校と英語の勉強を引き続いてきて、最低限の英語や単語は十分に持ち合わせている。ただ、我々日本人に足りないのはアウトプットをするタイミング。

 

意思を固めて、一点に集中して繰り返す、これに尽きる。

 

攻略メソッドは、「やらないといけない」 という責任ではなく、「やりたい」 という楽しみにスタイルをチェンジする考え方が重要。

 

重要なことは、なぜ「英語を話したいのか?」、その根拠を見つけること。結果として効果が高いのは、この意識があるかないかで勝敗が決る。

 

英語学習において「なぜやりたいのか?」「なぜやりたくないのか?」を、ハッキリさせる事がめちゃくちゃ重要じゃ。

 

そして必ず、オマエがやりたいと思うことから取り掛かっていくようにしろ。

 


バイリンガル仙人

それは、英語学習をルーティン化すること

 

無理に時間を作って身に付けようとすると、「やらないといけない」 という意識の中に見舞われる場合が多い。

 

なので、オマエが苦痛に感じない程度で継続して行くことが大事じゃ。

 

人間、無理しながらやっていると必ず行き詰まって、ドロップアウトしていく。

 

英語はキャッチボールのスキルなので、 社交的で人とふれあう事を好むヤツは、英語を活用するタイミングにしても恵まれやすく、学習を積み上げてテキパキと身に付けていくことができるのじゃ。

 

英語での相互理解で、楽しいライフスタイルがグンと増せば、「人といることがハッピー」と言えるようになってくる。

 

社交的になると、交際関係も拡大し、これまでオマエが想像も付かなかった未知の世界を見ることができるようになるのじゃ。

 

それは英語を体得した者しか見ることができない。

 


バイリンガル仙人

英語を学習する時には、率先して人がいるスポットへジョイントするようにしろよ!

そもそも最初に行動しない限り、向いてるなんかわかんねーよな?

ぶっちゃけて言うと、行動しないと「向き不向き」なんてわからんよな。

 

英語が向いてないと自らが決めつけて、英語を放棄するヤツはただのアホだ!

 

そんなヤツは絶対に近寄ってはならんし、お付き合いしてもいかん。

 


バイリンガル仙人

英語というより誰かから学ぶ事すら向いてないので。

 

とにもかくにも、

■アクションを起こす

■なんか進歩と思える

■結果が出始めた

このプロセスを実践していくうちに、「合うか合わないか」なんて考えてた自分自身がいかに無能だったかと言う事に気づく。

 

職人や現代アートの世界は、合うか合わないかが成果のコントロールに影響を及ぼす時があるが、英語に置いては、合うか合わないかではなく「やるか」「やらないか」だけ!

 

要は、 あとはアクションを起こすだけなのに動かないヤツがあまりにも多い。。

 

想像することばかりに注目して、動くことは一切しない。

 


バイリンガル仙人

いくら考えても現実的に行動しないと何も起こらん(笑

 

しかし、これにハマりやすいヤツはアクションを起こすタイミングなのに、まだ未だに悩み続けておる。

 

いくら考えることが重要だと思っていたとしても、アクションを起こす前に成果を100%推測することなど不可能。

 

言わば幻想を見ているだけ。

 

物は試しで、1回くらい死ぬまでになにかに本気でトライしても、 その1回がマイナスを被ることはないので。

 

仮にビックリするぐらいとんでもない目に遭ったら、ワシの方にお問い合わせから連絡してこい。

 

今から死ぬまでの人生で一回くらい本気になってなにかにチャレンジすることすら拒否するのなら、そんなヤツの人生はハッキリ行って終わってる!

 

■もしオマエが、ガチになって行動しようと立ち上がっているなら、イングリッシュブートキャンプで覚悟を決めて英語を習得してこい!

 ⇒たったの2日で英語が喋れるを約束する!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-イングリッシュブートキャンプ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.