イングリッシュブートキャンプ

【口コミ⇒レビュー】イングリッシュブートキャンプはホラ吹き?過剰表現?↓

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はイングリッシュブートキャンプの口コミ情報や、実際に受講したレビューなどをリサーチしていきたいと思う。

 

イングリッシュブートキャンプに関する口コミなどはネット上などでかなりよく見られるが、その殆どが信ぴょう性に掛けるものだと思う。

 

普通に、他のサイトから情報を拾ってきたり、公式サイトからの情報を付け足してブログ記事にしているサイトなどもよく見かけると思うが、ハッキリ言ってそのような情報に惑わされていたらいつまで経ってもおぬしは自分にピッタリな英会話塾を見つける事ができないじゃろう。

 

そこで、どこのサイトよりも本音で語り、ぶっちゃけた事を語って行くと同時に、こんなヤツにはここの英会話塾が合う、合わないを分析してやるからちゃんと付いてこいよ!

 

では早速。

イングリッシュブートキャンプはただのホラ吹き?たった2日で英語が話せるはガセ?


バイリンガル仙人

『たった2日の20時間で英語が話せるようになる』をコンセプトに運営してるイングリッシュブートキャンプだが、このキャッチフレーズを最初に見た時にオマエはどう感じた?

 

ただのガセだろ?んなわけねーじゃん?

 

こう思ったんではないか?

 

嘘でしょ!?ホンマに2日で英語がしゃべれるの!?オレここに決めた!

 

なんてなるヤツは、そういないんではないか?

 

なので、今この「口コミ」や「みんなの意見」をオマエは調べているんではないか?

 

図星だろ。

 

じゃが、たった2日でどんな初心者でも英語がしゃべるわけがないと思ったオマエは極めて正常だと判断していい。

 

そう、普通に考えてみればわかる話だが、どこぞの初心者がたった2日で英語がペラペラになると思う?

 

地球がひっくり返ってもあり得ない事だと思わんか?

 

現在、英語がペラペラな日本人がそれなりの時間とお金を投資してきて、英語が話せるようになっているのに、たった2日で初心者が英語がペラペラになれば、先人達はやってられない。

 

では、なぜこのスクールは現在知名度を上げてメディアでも取り上げられているのか?

 


バイリンガル仙人

実際に、「今夜くらべてみました」「1周回って知らない話」などのメジャーな番組にも出演し有名芸能人達とコラボして多くの受講者を今もなお抱えておる。

出典https://www.ntv.co.jp/

さらに、念の為、ネット上などの口コミなどをリサーチしてみたが、多くの場合、悪い噂や、実際に受講したクライアントなども「イマイチ」と言う意見などはほとんどなかった。

 

つまり、本当にたった2日で英語を身に付ける事ができるのか?と期待を膨らませて想像しているヤツも多いと思う。

 

しかし!

 

これには、勘違いしやすいがある。

 

ワシも英語スキルを身に付けるまでは、最低限の学習時間や、教材買ったり、スクールに通ったりしてそれなりに投資してきたんじゃが、どう頑張ってもたった2日でスキルが身につくなんて事は全くなかった。

 

初心者が英語学習をスタートして、2日目の日なんてノウハウ的にぶっちゃけて言えば、「ケツに毛が生えた程度のレベル」じゃ。

 

それをイングリッシュブートキャンプではこの2日で全てやってのけようとしているわけじゃから、相当濃厚な事をやるわけじゃ。

 

濃い事をやるにしても、参加した受講者全員が必ず2日でスキルを身に付けて帰る事ができるのか?と言えば話は別もの。

 

一番肝心な事は、

 

初心者が、イングリッシュブートキャンプに参加しても魔法のように2日で英語がペラペラになるわけではない

 

と言う事。

 

では、実際に参加してるクライアント達は何を目的として参加しているのか?と言う事。

 

これには、最初に英語の基礎スキルを身に付け、実際に人対人でのコミュニケーションを取る環境に飛び込むと言う事。

 


バイリンガル仙人

ワシが実際に見た感じ、このような目的意識を持って参加する連中が多かった。

 

つまり、たった2日で英語が話せるようになる事を目的としているんではなく、今後の英語スキルを活かすために普段から相手とのコミュニケーションが中々取れない環境下にいるヤツや、ジェスチャーなどを交えて体で表現できる場がないヤツたちが参加して、実践形式での経験を積みたいと思っている参加者が多い。

 

要は、完全初心者と言うよりは初めから義務教育レベルの最低限の英語スキルがある受講者を対象にしているスクールなので、今以上のステップアップを目指してさらなる高みで英語脳を鍛えていく場と言えよう。

 

イングリッシュブートキャンプの環境は、結局のところネイティブと半強制的に会話をすることにより耳が馴れて言ってる事がわかるようになる。

 

外国人とディスカッションするプレッシャーをクリアし、コミニュケーションに確信がもてさえすれば 英語の言い回しができるようになってくると言うわけ。

 

ただ、逆にアクティブでない引っ込み思考なヤツには合わないだろう。

 

合わなかったと言うヤツの感想を取り纏めると、

■コテコテの日本人資質

■ いきなり外人相手に話すのは恥ずかしい

■参加すれば基本的に日本語NGなので全てが意味不明

■いきなりモチベーション上げるのがメンタル的に無理

このような、真面目すぎる正確や臆病さをクリアしきれなかったヤツが多い。

 

ただ、このような事は裏を返せば外国人特有のオリジナルでデかいジェスチャーや声というものを出す事が気まずくて、できないという事は 他の国に行っても普通に外人相手にコミュニケーションを取ることは必ずや不可能に近いじゃろう。

 

この臆病さをクリアできるシチュエーションを生み出してくれるってのが、イングリッシュブートキャンプのメリットでもあり、 英会話のテクニックが2日間でステップアップすると言う事なのかもしれない。

 

もし、おぬしが 参加したいと強く望まれているのであれば、まずは自分自身をアクティブに自由化してみよう。

 

そして、このような環境に飛び込めば、一度自分自身がバカになり大いに外人相手に話しまくれ!

 

そうすれば、間違いなく違う自分に産まれ変われるはずだ!

イングリッシュブートキャンプの口コミはぶっちゃけて?

まず、よくあるネット上の定番でお決まりの口コミなどを見ていきたいと思う。

英語が苦手でしたが、知らぬ間に好きになっていました!
英会話への価値観や考え方が全く変わりました。

ワンランク上のビジネスで活用できる英語が身につきました!
最初は恥ずかしかったですが、徐々に慣れて行き後半からは本当に理解できるようになっていました。
本当に2日で英語ができるなんて半信半疑でしたが、体験してみたらその謎が解けました!
他では絶対に得られない体験ができるので、社交的な人はおすすめです。
とにかく、楽しく英語を学びたい人や刺激が欲しい人には最高の場所だと思います!
英語がこれほど楽しいとは思ってもみませんでした!本当にありがとうございました!
日本語が禁止なので、強制的に自分を追い込む事ができます。なので嫌でも英語が話せるようになります。
ストイックな人には絶対に参加すべき。2日しかないので本気になれます!
2日なんてあっと言う間なので、もう少しここで学習したい気持ちです。

このように、よくある口コミがネット上には多くあるが、果たしてこれらの口コミはそもそも初めからそれなりに英語スキルがある奴や、経験者が言ってる口コミではないのか?とオマエは思うだろう。

 


バイリンガル仙人

これはワシも同感じゃ!

 

そもそも全くのゼロの初心者がイングリッシュブートキャンプを受けて、たった2日でこのような口コミを語っているんであれば、かなり信ぴょう性が高いものだと思うが、そうではなく初めからそれなりにスキルがある奴や英語そのものに対して学習経験があれば、話は違ってくるよな?

 

しかも、イングリッシュブートキャンプに参加している年齢層も30代から50代の層が圧倒的に多いので、既に社会経験や人生経験が豊富な層になり、英語学習において全くの素人ではない傾向が無きにしもあらずじゃ。

 

そう考えると、完全初心者がイングリッシュブートキャンプで英語が身につくのか?と言う確信的な部分に触れていきたいと思うが、そもそもこのスクール自体が参加条件にTOEIC350点以上と以下の単語を最低限理解できている事が参加条件として上げておる。

つまり、結論から言えば、英語スキルがない初心者を2日で引き上げる事は不可能!

 

と言う結論になる!

 

なので、先程の口コミやネット上によくある口コミなどはすべて初心者が引き上ったものではなく、最低でもTOEIC350点以上とこれらの単語を理解できる奴等に限られる事がここで証明された!

 


バイリンガル仙人

なので、これから参加しようか悩んでいる奴はまずTOEICを350点まで持っていき、普段の私生活でよく使う単語を最低限理解できるレベルにしてから参加するようにしろよ。

 

でないと、オマエだけ初日から周りが何言ってんのかサッパリ意味不明になり、軽い地獄を見る事になるゾ!

 

こんな感じで。。(笑

 

なので、まずは60分無料オンラインセッションで自分のレベルを確かめてからにしろよ。

これらのチェックを事前に行って、計画性を持って行動する事が重要じゃし、いきなり「2日で英語が話せるようになれば、夢のようだ!、早く授業を受けさせろ!」と鼻息荒く、お花畑でスキップ状態なヤツはバカを見る。

 

なので、参加前には必ず60分オンラインセッションを受けて、現在の自分のレベルを理解して把握する分析が必要じゃ。

 

これらをしないで、いきなり参加申し込みをするのは無謀以外何者でもないので、今すぐ自分のレベルをチェックしに行けよ!

 

■思い経ったら即行動する奴だけが成功する!

⇒まずは60分無料オンラインセッションからだ!

イングリッシュブートキャンプで成果を出すコツはなんなのか?

基本的な考え方は、英語の約7割を押さえる事ができれば私生活に困る事がないレベルに到達する事ができる。

 

それには、単語を約800単語程度把握しておけば問題なく相手とコミュニケーションが取れるレベルに到達するので、 この部分からすれば、中学校までの義務教育や、高校までとスムーズに英語をある一定まで覚えておれば、大まかな単語であっても おおよその会話は外国人相手に取る事が可能じゃ。

 

しかしながら、我々日本人は英語に関して極めて消極的な民族。

 


バイリンガル仙人

従って、外国人からしたら「なんでそこまで小さくなってんの?」と見えてしまい、コミュニケーションを取る事をいつしか遠慮しまいがちになっておる。

 

こう言うのは、ちゃんと基礎から学習すればクリアできるものなのに、限りなく宝の持ち腐れになっておる。

 

まず、我々日本人独特の完璧主義は可能性を全て無くしてしまうので、とりあえず体で表現するジェスチャーやアイコンタクトを含んだしゃべり方の訓練をして行けば、多少単語がめちゃくちゃでも相手には伝わるのじゃ。

 

現在、持ち合わせている英語スキルオンリーでどうにかこうにかやりくりしながら、相手にアピールする訓練にトライする事で、 伝えたい事が知らない間に口から出ているようになる。

 

日本人がよくある「え~っと。。?あ~っと。。?」などと言った事にアップアップする事なく、瞬時にそのタイミングで適正な単語を言いまわしてその場を回避できるスキルは最低でも身につける事はできるようになる。

 

言いかえれば、最初はお箸を持った事がない赤ん坊がお箸を持つのと同じで、 慣れてくるとベストなコミュニケーションが取れるステップアップへの最短ルートだと言う事。

 


バイリンガル仙人

なので、コツを掴むまではとにかくイケイケドンドンで自分の言葉で話す事によっておぬしの英会話は確実にレベルアップしていく。

イングリッシュブートキャンプに悪い噂はあるのか?

イングリッシュブートキャンプは2日でおおむね20時間レッスンをして英語ができる様になるプログラムが準備されている。

 

言うまでもなく、この2日でおぬしの英語がペラペラになる、そんな事はない!

 

つまりは、今持ち合わせる自分のスキル、とプラスアルファを活用して、違和感なく英語が話せるようになるように訓練をする場になる。

 


バイリンガル仙人

そうは言っても、みんながみんな参加しただけで英語が身につくほど甘い世界でもない。

 

当然、イングリッシュブートキャンプを支持する口コミなどもあれば、その反対もあるのだ!

自分には合わなかった。やっぱり止めといたほうが良かった。。
英会話の基礎を身に付けるのは良いが、ビジネス英会話レベルの英語を2日で覚えるのは至難の業です。

最低限の知識しかなかった私には、日本語禁止のトレーニングはかなり理解に苦しみました。それなりに経験がある人にしか中々理解するには難しいと思います。
覚悟はしていたが、やっぱり2日間では学習時間が少なすぎる。じっくり学習時間を設けてやりたい人には不向きです。

つまり、イングリッシュブートキャンプが合う人にはとことん合い、合わない奴にはとことん合わないって事。

 

ただ、コンセプト自体が、初めから2日間と打ち出しているので、超短期なのは承知の上で申し込むと思うので、ここを理解できていなかったらとんだ場違いと言う事になる(笑

 

あくまでもイングリッシュブートキャンプに参加する受講者は、「最短で英語のスキルを身に付けたい人」や、「今すぐに仕事で英語をマスターしなければ行けなくなった」などの即効性を求める受講者が対象となるので、比較的じっくりと時間を掛けて長期的な視野で英語を考えているなら、そもそもイングリッシュブートキャンプは全くの対象外となる。

 

ノウハウ的な事でも言えば、外国人と英会話をするタイミングの時に一番日本人が感じる主な高い山(壁)は「伝えたいことを、上手に伝える事ができない。。」とでもいうべき事ではないか?

 


バイリンガル仙人

ようやく、それなりに話せるようになったのはいいが、肝心な表現したい事が相手にフィットせず、単語がハッキリしない。。どうしてなのか?この繰り返しではないか?

 

つまりは、 「きれいに言おうとしなくていいから、少ない文章を何個も喋る」 、一言でいうと、アピールしたいワードが思いつかなければ、よく利用しているワードを活用して、文を何個も活用して話せばいいのじゃ。

 

殆どの奴は、どんなにひどくてもネイティブ相手であるのなら、どうにか発声していれば例外無く最低限の認識はしてくれる。

 

何はともあれ、言いたい事を訓練してそれを積み重ねて行けば、自信がつき外国人と話す事が苦でなくなる。

 

そうなれば、逆に話し掛けたくてウズウズする(笑

イングリッシュブートキャンプでは、そのスキルを応用して自分の表現したい事を瞬時に出せるように訓練をする場でもあり、 初めからスキルが伴っていない受講者とある程度スキルが伴っている受講者を一緒にトレーニングする事はない。

 

要は、最初に行うレベルテストにより、現在の能力に応じたグループ分けが行われ、そこで同じレベルの受講者同士が学べる環境でもある。

 

なので、コレばっかりはおぬし自身が体験してみて、どう感じるのか?と言うところに究極論を言えばたどり着く事になる。

 


バイリンガル仙人

悩んでいるんであれば、とにかく体験してみることだ。

 

「悩んで悩んで結局はやらない」と言う事が、オマエの人生の中で今後死ぬ間際に必ずや後悔する事になる。

 

「なんで、あの時やらなかったのか・・・」「あの時、決断してやっておけば後悔する事はなかったのに・・・」人間死ぬ間際に、今まで自分が送ってきた人生について必ずこれらのことを思い返すと言われている。

 

もしオマエが、少なくともこれらの事を死ぬ間際に思い返すと今思うのであれば、悔いが残らないように必ず体験しておけ。

 

やらずして後悔するのか、やって後悔するのか、2つに1つだ!

結局ネット上などの口コミはどうなのか?正しい回答はいかに?

そもそも結論から言えば、イングリッシュブートキャンプは、会社組織の人材育成が短期間と低コストの中で、英語を話せるようにする事や、仕事で早急に英語を用いなければならなくなった、 というような人材向けに、実効性のあるメニューを提供するメニューじゃと言う事。

 

言い換えるなら、ビジネスに専門特化して細分化したトレーニングメニューだと言う事。

 

英会話が求められるシチュエーションはたくさんあるが、今後年代に関係なく現実に英語を駆使する時代になって行くことは明らかなので、それを最短最速の時間で身に付けられるのがイングリッシュブートキャンプと言う事ではないか?

 

これまで、多くの書き込みやクチコミが存在したが、結局は今 持っているレベルの英語をそれなりに熟知している人向けである。

 

理解はそれなりにあるが、外国人とのコミュニケーションがイマイチ下手クソなので、このようなヤツにはハマると言う事じゃ。

 


バイリンガル仙人

なので、普通のスクールのような時間をタップリと掛けて学習したい奴には不向きと言う事。

 

イングリッシュブートキャンプは、20時間マル2日英語漬けのシチュエーションと熟練されたメニューにより、今まで経験したことのないような事をこの2日で体験できる。

 

いち早く英語に自信を持って話せるようになりたいヤツには最適な環境だと言える。

 

企業のエキスパートと共同で作成したメニューだからコレまでの従来のスクールのカリキュラムとは全く異なる。

 

トレーナーも、採用率わずか1%の講師陣なので、指導力・人格いずれもトップクラスの集団。

 

公式サイトにも、「クオリティーには100パーセントの自信があります。」と謳っているので相当な自信がみなぎっていると思うし、実際に高いクオリティーなのは間違いない。

 


バイリンガル仙人

しかも、カリキュラム自体が自分には合わないと感じたら、授業の1/3を消化していてもここから無条件で全額返金してくれる保証もある。

 

これはかなりリスクヘッジになる。

 

オマエが今から、イングリッシュブートキャンプのメンバーになることで、最短最速でスキルが身に付けられるかはオマエ次第じゃが、少なくともこの環境に飛び込めば今まで体験した事もないような世界が見れる事は断言できる!

 

少しでも興味があれば、迷うな!人生一回キリだゾ!

 ⇒2日で人生を変えろ!

イングリッシュブートキャンプに参加するために抑えておきたいポイントや対策は?

一番簡単な方法は、目指すコンセプト(目的)を明確にして、実際にトライしてボキャブラリーを描くようにしていけ。

 

フリートークで外国人相手に、英会話をレベルアップさせるには、ちょっとした「余談」ではなく、トレーニングごとにネタや単語を変えながらコミュニケーションを変えて行くことが重要。

 

コンセプトはなんでもいい。

 

例えば、旅や食べ物について、好きなDVDやミュージシャンなどの趣味などでもOK。

 

その他にも、普段の仕事の事など、 コンセプトを明確化してピックアップしたら、それについて自分自身が活用したい言葉や語り口をピックアップして一覧を作っておく。

 

そうすれば、トレーニングの現場で用意したものをリズム良く使ってトレーナーに聞いたりフィードバックをしたりする。

 


バイリンガル仙人

ここで、ハードルが高すぎるコンセプトを選ばないように、今のレベルで十分にこなせる範囲のコンセプトをこなして行くことが大事じゃ。

 

このような手法により、フリートークを何度もやり続けていけば、コンセプトごとによく出る言葉も整備されて徐々に英語のスキルが上がっていく。

 

講師とのトレーニング以外の間でも、多少無理してでも英語に接するように意識するのじゃ。

 


バイリンガル仙人

まあ、イングリッシュブートキャンプは日本語禁止なので、このへんは心配無用(笑

 

向上心のある奴は、いつだって自分や現在の状況に向かってのゴールを探し、それに対して行動を惜しむ事なくできる人間じゃ。

 

レベルアップするためにはこの「向上心」が必須だと言える。

 

計画を組み、そのデカい目標に向かって一歩一歩進むための道中で、つまずいたらまた戻って改善しながら再トライする。

 

このような飽くなき挑戦が、今のオマエを格段上のステージに引き上げてくれるだろう。

結局イングリッシュブートキャンプで成果が出るヤツは向上心のある奴!

言わば、向上心の高い奴は一言で言うと、ストイック。

 

自分自身の娯楽や今やりたい事をセーブできる力も持っており、自分がセッティングした目標や目的を達成しようとする。

 

自分にハンパなくシビアで、常に高い基準にして向かっていく行動力と、その目標を叶えるまでトライし続ける理念があるのじゃ。

 

そして何より、向上心の高い奴は素直。

 


バイリンガル仙人

これに尽きる!

 

素直だから、やる気を保つことができ、間違いなく素直に実践することで、ゴールへの最短ルートであることを本人もわかっている。

 

同様に、第三者の成功や実績も自分と同じように喜んで称え合う事ができる人間。

 

それに自分も感化され刺激を受け、明日からまた頑張る事ができる。

 

そして、素直な奴は辺りへの感謝の気持ちも大事にしており、大事にするからこそ周囲にサポートしてくれる人間も多く、また目標に向かって集中できるのじゃ。

 

おぬしが人生の内に、始終レベルアップすることを意識しているなら、このような向上心のある人間になる必要がある。

 


バイリンガル仙人

これは必須。

 

これは英語学習でも全く同じ事が言え、成果を出すためにはまず自分自身が変わらないと行けないのじゃ。

 

これができる奴だけが大きく成功していく!

 

まずは自分の意識を変え、そこに学べる環境がプラスされれば、間違いなくオマエは英語スキルを身につけて人生成功していくだろう!

 

■その夢の最初のキッカケとして、イングリッシュブートキャンプを選択したのであれば、その飽くなきチャレンジ精神だけで必ずや人生上手く行くだろう!応援してるゾ!

 ⇒2日で人生を変えて夢に突き進め!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-イングリッシュブートキャンプ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.