イングリッシュブートキャンプ

【高校生もOK?】イングリッシュブートキャンプは中学生や親子も可能?

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回はイングリッシュブートキャンプは高校生や中学生も入会可能なのか?と言うところを見ていきたいと思う。

 

英会話塾として、超最短最速の2日(20時間)で英語の基本が身につくイングリッシュブートキャンプじゃが、高校生版や親子でも入会できるのか?と言うところを調査していきたいと思うが、何でもネット上の検索ワードで『ブートキャンプ中学生』と言うワードもある。

 

これは一体どういう事なのか?

 

親子で中学生でも入会可能なのか?

 

いや、マテよじゃ。。『ブートキャンプ中学生?』『イングリッシュブートキャンプ中学生?』似たようなワードじゃが、調査してみんとようわからんから早速ついてこいよ!

イングリッシュブートキャンプの高校生版がある?

まず、英会話スクールで今話題になっているイングリッシュブートキャンプじゃが、何でも高校生を対象にしたコースを実施しているようじゃ。

 

ただ、これはコースと言うより高校生に特化した短期集中カリキュラムとしてこれから社会に出ていく学生に対して、今後の日本には英語が必須になってくる重要性を示したイベントらしい。

 


バイリンガル仙人

そこには定員50名としていたところ、あっという間に枠が埋まり、しかもその大半がなんと女子だったと言う

 

8割がた女子だったようで、女子の方が英語に関する重要性の関心率がかなり高かった学習じゃった。

 

日本人に特に多い、英語を苦手とする科目で今後の将来を勝ち抜くためには、英語スキルを身につけ確実に来る経済的格差に備える対策を高校生のタイミングから学ぼうとする学生が予想以上に多いなとワシ自身感じた。

 

これもまた、バブル世代の年代とは明らかに時代の流れに沿った変化なのかなと、つくづく思うな。

 

要は、時代は明らかに変わってると言う事じゃ。

 

イングリッシュブートキャンプは、英会話に対するマイナス感情やうしろめたさを最短最速の2日でドカ~ンと取り払うことをポリシーとした英会話コース。

 

学生向けは、よりチャレンジしやすいようにセッティングしておる。

 

高校生版の短期集中イベントでも、午前中のスタート時にはちょっぴり緊張したおもむきだったが、徐々に始まるにつれてニヤついてコツコツと英語に力を入れるスタイルが印象的だった(笑

 

終わった後の聞き込みでは

■ちょっとはき違えてもそれなりに伝われば分かってもらえた

■スキルを身につけることの大事さを学ぶ事で自分が成長できた

■英語はそれほど得意ではないけど先生が褒めてくれて自信につながった

などなど、満ち足りた思いのレビューが多かったのじゃ。

 

主な当日のカリキュラム内容はと言うと↓

10:00 オリエンテーション
10:30 堂々と英語を話すトレーニング
11:00 今ある英語力で伝えるトレーニング
11:50 初対面で好印象を与えるトレーニング
12:30 昼食
13:15 瞬間英発話を鍛えるトレーニング
15:00 プレゼンテーショントレーニング
17:00 終了

イングリッシュブートキャンプのポリシーは、

■ 心理的障壁の壁

■ 異文化コミュニケーションの壁

■ 瞬間英発話の壁

この3つのハードルをスピーディに撃ち壊すことが目標じゃあ!

 

学生向けイングリッシュブートキャンプに関しても、これら3つの壁を破壊するためのレッスンを開始していく。

 


バイリンガル仙人

もし、オマエが高校生じゃったら、これにどうしても出席したい!と思うはず!

 

こういう人生経験活用して、外国人とコミュニケーションを取るメリットをより一層体験して欲しいし、今後もイングリッシュブートキャンプはこの様にして日本各地の高校を回るスケジュールで、どこでも活気にみち溢れて行くことは間違いない!

 

■もう高校を卒業してしまったオマエは、二子玉川のブートキャンプに参戦すれば、楽しみながら価値あるレッスンが受けられるゾ!

 ⇒2日で英語が喋れるを約束!

イングリッシュブートキャンプには中学生もOK!?

イングリッシュブートキャンプは中学生と高校生でも入学はできるのか?と言う事じゃが、 あいにくブートキャンプ側の条件には18歳以上とのルールがある。。

 


バイリンガル仙人

要は、英会話コミュニケーションに要求される最低限度の認識度を保有している必要があるので、 まだ中学生や高校生では基本的に入学はできないのだ。

 

そもそも、根本的に目的はビジネスで使う英語や、私生活のライフスタイルにリンクするような英会話をモノにするためのものなので、一定の社会経験が不可欠と言う事なのじゃ。

 

確かに、中学生や高校生の時分から英語を身につけても、そもそも仕事をしていないし、活用方法はライフスタイルでしか使う場面がない(笑

 

ただ、学生の時から英語を身につけておきたいと言う志は素晴らしいと思うが、それを即活かす環境がなければ全く無意味だと言う事じゃな!

なぜ高校生版のイングリッシュブートキャンプを実施しているのか?

イングリッシュブートキャンプにおいては、採算を度外視して主催しているらしく、その影響もあり開催すればほとんど即定員オーバーになる。

 


バイリンガル仙人

ブートキャンプのオフィシャルサイトでも、かなり人気があることを自差しているので、今後も定期的に開催される事は間違いない。

 

日本にいながら他国の文化や意識を深めて、英語による情報発信力と今後世界的社会で役に立つためのスキルを実感しながら、自分の物にすることで成長していくイベントなのじゃ。

 

英語を学び、実際にヒアリングして90%以上がスピーキング力で、70%以上がリスニング力が理解できたと回答している。

 

夏季休暇などの長期に亘って期間に的を絞って行なわれる。

 

スケジュールやコンセプトなどは、プログラム内容によって異なり、定員に最適化された環境で実施される。

 

英語習得を確実に体験できるメニューで、一日のライフスタイルの中に集中できるトレーニングとアウトドアのレクリエーションがミックスした学習内容じゃ。

 

英語が全くできなくても関係ナッシング!

 

同じ志を目指す仲間と共に、和気あいあいとレクリエーションして、英語をたくさん好きになってもらうことをコンセプトとしているのじゃ!

 

言葉のマスターがとても不可欠になっている今の時代、英語がマスターできればオマエの今後のバリエーションはでっかくなる。

 

フレッシュで若い頃から、外国人とキャッチボールし、シンプルで簡単な英語から学ぶことで個別に表現可能になってくる。

 

リアルで英語を活用するシチュエーションで、毎日を過ごすことにより英語が不得手だったオマエも、これまでになかった仲間をつくり、そんな仲間と意識を共有することで、確実に英語を活用する事ができるようになる。

 


バイリンガル仙人

オマエが家に帰る頃には、確実に英語が楽しすぎて学習自体がやみつきになっているはずだ!

 

キャンプには英語をレベルアップさせていくための基盤が充実している。

 

もはや、オマエは英語の虜になっているじゃろう!

イングリッシュブートキャンプにはハイスクール版が豊富だった!

イングリッシュブートキャンプは今まで5年間の学生活動を行ってきて、教育委員会が実施している高校生向けの英語キャンプを行ってきた。

 

振り返れば、このカリキュラムが高校生にもマッチしていて、1日の集中レッスンでしっかりと英会話の上達が期待できると自信をもって実施しておる。

 

本音を言えば、ここで英語で話し合って、言葉や意味が通じたという人生経験はかなり今後の確信になる。

 


バイリンガル仙人

それほど、完璧でパーフェクトな英語を必要としないリアルの場では、英会話に向けてのメンタル的なハードルはとても低くなるので、「英語=難しい」と言う概念は一切なくなるはずじゃ。

 

つまり、このブートキャンプでのカリキュラム終了後にはオマエは外国人に声をかけたくてウズウズしてるはずだ!

 

私生活でも外国人とキャッチボールがとることが出来たら、非常に将来に向けて希望に溢れた体験をすることができると思わんか?

 

なにはともあれ、この時点でオマエの現在の英語スキルでも、何とか話せるように導いてくれるのがこのイベントの最大の利点でもある。

 


バイリンガル仙人

なので、高校生でも理解でき、英語が難易度はたいして高くはない事に気づくはずじゃ!

 

失敗を恐れずに、アクティブにトライするバイタリティが身に付き、 同様にキャンプを活用してこれから先のライフステージでクリアすべき壁を突破して今後の人生に活かせる事ができる。

 

ぶっちゃけ、チョー緊張していた学生もいたが、ラストの日はどんどん自分から動いてトレーニングをしていた。

 

今の時代の 学生の吸収力のハンパない感じに、終始ワシの方が圧倒される感じじゃ!

 

■高校生を卒業したら、即イングリッシュブートキャンプに参加してさらなる高みと、確実に英語をマスターして外国人と喋りまくれよ!

 ⇒英語で夢を実現したいヤツはこちら!

イングリッシュブートキャンプは親子も参加可能?

子供世代が今英語を身につける習慣として、「家族留学」「親子英会話」というワードを耳にしたことはないか?

 

親子や留学と来たら、学習者がアメリカやヨーロッパなどの学習機関で学びながらスキル習得の期間まで生活するものじゃな。

 

しかしながら、近頃では小学校やちびっこ達と、親がコラボして留学したり、英会話を学ぶ塾に参加したりしている。

 

その理由は、インターナショナル化が進むとともに、日本の英語レクチャーをはじめとするタイミングが中学生からジワジワと若年齢化していることが見られるから。

 

以前にも増して、親達の仕事で英語スキルが必要とされることが多くなっている時代でもあり、今後の事を見据えると親子で英語を習得するニーズも確実に増えて行くことになるじゃろう。

 

イングリッシュブートキャンプで親子参戦は今のところ18歳以下であれば厳しいが、ニーズが高くなってくればそのルールも解除になってくるだろう。

 

子ども世代の今後については将来活躍して欲しい、これが親の望みでもあり最大の願望ではないか?

 

他では学べない切り口や、将来のために確実に活かせる英語を身に着けて欲しい、ネイティブの英語に慣れてもらいたい、あるいは自分自身のためにも、といった声もたくさん聞く。

 


バイリンガル仙人

要は今以上の自分自身のキャリアアップと、人生の想い出のために英語を手に入れたい、さらには、将来海外に移住して自由にストレスなく暮らしたい、と言う傾向に人々の関心はよっているのじゃ!

 

効率的に、英語を身に着けたいと思うならホームステイをして身に付ける学習計画の組み合わせも近年ではあるので、親子でマスターしたければこのような環境に身をおくこともいいかもじゃ!

今後のグローバル時代を勝ち抜くためにはイングリッシュブートキャンプで英語脳を身につけるのが必須?



バイリンガル仙人

グローバル社会に注視して、英語のソリューションを今からを学ぶメリットを理解しておく必要があるのじゃ。

 

英会話に対する考え方を根本的に変える事が重要で、英語に対する苦手意識を克服し、でっかい自信を手に入れることがまず大事。

 

強制的に、日本語を話せない環境に飛び込み、まさに英語が話せないと生活すらままならないライフスタイルを自ら確率することで、確実にオマエは成長していく。

 

オマエのこれからの活躍を確信すると同時に、自分に厳しく人にやさしくと言ったルーティンを回すことで、人生そのものが良い方向に転換していく。

 

この事を意識しながら、ライフスタイルを過ごして行くと、英語も自然と身につき人生そのものが楽しくなる!

 


バイリンガル仙人

もしオマエが将来自分の夢を英語を身につける事によって実現できるものであれば、その英語をどこで身につける?

 

「たった5分のスキマ時間で英語が喋れる!」的なキャッチコピーに踊らされてノウハウコレクターになるか?

 

それとも、「スマホからの音声だけで見違えるほど英語が身につく!」的な広告に踊らされるか?

 

もしオマエがこの2つのどれかに当てはまっているなら、英語習得は諦めろ!

 

■しかし、ちゃんと将来の事を考えて本気で夢を英語で成し遂げたい!と思うなら高校卒業と同時に18歳を超えた時点でイングリッシュブートキャンプに駆け込め!成功を祈る!

 ⇒成功への道

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-イングリッシュブートキャンプ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.