イングリッシュブートキャンプ

【効果⇒宗教?】イングリッシュブートキャンプの英語漬けがスゴ過ぎる↑

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、イングリッシュブートキャンプの効果について解説じゃ。

 

超短期間の2日で英語の基本が身につくと効果が話題のイングリッシュブートキャンプじゃが、英語漬けの内容や、ちょっと宗教チックなカリキュラムが中々意味深な英会話スクールになっておる。

 

そんな中、知名度を上げてきているイングリッシュブートキャンプは、完全初心者でも丸2日で本当にゼロの状態から上級者になることができるのか?と半信半疑になっているヤツも多いと思う。

 

特に、これからイングリッシュブートキャンプに入学しようと考えてるおぬしはなおさらじゃろう。

 

なので、ここでは本当にたった2日間で上級者に引き上げてくれるのか?

 

そして、英語学習なんて学生時代でもロクにやって来なかった自分でも英語が話せるようになるのか?

 

この辺を詳しく解説していこうではないか。早速ついてこい。

イングリッシュブートキャンプの効果はぶっちゃけて?

まずイングリッシュブートキャンプには、2日間の学習カリキュラムを敷いておる。

 


バイリンガル仙人

2日間の英会話合宿で効果はあるのか?英会話の学習なんてものは、一般的に考えてみれば、最低でも1~2週間ぐらいの計画をイメージするのではないか?

 

その裏付けは、そうなって当たり前なほどの時間の確保でないと英語の基礎が加速度的に身につくわけがないと理解されているからではないか?

 

それに対しては、スキルを引き延ばすためのポイントは、あまり深く考えずに所定の時間をとったからと言っても、むやみたらと言われた事をやるだけの環境に身を置くという事ではない。

 

ここが初心者がよく勘違いするところじゃ。

 

イングリッシュブートキャンプでは、2日間でトータル20時間という一時的な中で突き詰めて、ポイントを置いてレッスンを行うと言うシステムなので、実践すればあっという間のフィードバックが実現するようになっている。

 

合宿中は、一貫して日本語で発言することは禁じられておるが、開始日からの事前に行う受講者の的確な現在のスキルチェックが入るので、それを元に実践がスタートする。

 

そして、2日目の実践形式ではビジネスに使う応用型の英語や、ライフスタイルの日常会話に及ぶまで、究明しつくされたメニューに応じてカリキュラムが進んで行く構成じゃ。

 

おのおのの既に持っている英語スキルを100パーセントの力で引き立てるこのレッスンで、終わった後に会話スキルが信じられないくらい成長したという受講者の生の声がかなり多い。

 

これはイングリッシュブートキャンプの公式でも、包み隠さず公開されている。

要は、イングリッシュブートキャンプは、あくまでも習って学ぶ場なので、別に間違ってもいいし、失敗してもいいのじゃ。

 


バイリンガル仙人

むしろ、この2日間でいかに多くの間違いや失敗を経験するかで、その後のステップアップになるかと言う事なのだ!

 

これは実際に、オマエが体験したら十分に理解できるはずだ。

 

しかし、誰しもが人前でミスりたくはないし、トチりたくもない。

 

気持ちはわかる!

 

これは我々日本人に特に多い、もはや病魔と言ってもいいほどの現象なのじゃ。

 

でも全く問題ない!

 

初めはみんなそうじゃし、今オマエの周囲にいる奴らはみんな英語が身につくまではオマエの今と同じ経験をしてきておる。

 

なので、今のオマエに重要な事は「ミスしまくってもいいから、どんどん進んでいこうぜ!」というシチュエーションじゃ!

 

いや、むしろ間違えろ!と。

 

いいか?これだけは言っておくゾ!

 

英語を話す人口は現在8.5億人に及んでいる。

 

更には、その内の60%にあたる5.1億人が本当のところネイティブではないって事。

 

つまり、英語を話してる本人ですら 母国語ではなく、一口に言うと世界的な規模で5億人以上は正しい英語を使いこなさていないと言う事。

 


バイリンガル仙人

ハッキリ言うと、そんなレベルだと言う事!

 

なので、完璧に英語を使いこなして活用してる人間なんぞ、世界規模でもいないわけであり、ペラペラしゃべってるように見えても実は上手く応用しているだけの事なのだ。

 

英語に自身がないおぬしでも、これらのことを冷静になって意識できれば、英語が話せるようになることはちゃんと基礎を身につけてさえおれば、後は自分のオリジナリティを確立していき応用として話せば最低限のコミュニケーションは取れると言う事じゃ。

 

イングリッシュブートキャンプはこの基礎から、応用力を問題なく引き出せるように2日間でみっちりと仕込んでいくと言う事じゃ。

実際に効果が出るまでの道のりは?

まず、この方程式を理解しろよ。

■相手の目を見て話す

■ダイレクトに表現する

■突き詰めてみて論理的にコミュニケーションを取る

■独創性のある雰囲気で柔軟性を意識する

要するに、最初の段階で自然に高いレベルを意識してヒアリングし、不完全でもいいので1つ1つ確実に課題をこなしてステップアップの道筋を学習すると、必ず理解できてくる。

 

では、相手にわかるようにはっきりと独自性をアピールするためには どうしたら合理的にテキパキと伝わるか?

 

まず、イングリッシュブートキャンプに参加する受講者の多くは、英語が話すことができない者ばかりなので、それらをカバーするには採用率1%しかない壁をクリアしてきたブートキャンプのトレーナー陣に思いっきりたよれ!

 

むしろ、これでもか!と言うぐらい使い倒せ!

 

じゃないと自己投資した学費が損だ!

 


バイリンガル仙人

ハッキリ言っておくが、イングリッシュブートキャンプのトレーナーはかなりコミュニケーション能力がヤバ過ぎる。

 

要は、巷の安いオンライン学習や個人運営してる町の英会話塾などとは違い、ブートキャンプのトレーナーとコミュニケーションを交わすと、「えっ?何言ってんのこの人?意味わかんね。。」と言う事は1ミリもない。

 

もっとわかりやすいように、初日から効果が出るまでの道のりを伝えて行く。

■1日目

■確信を持って人前で話すことができるようになる

■アイコンタクトとジェスチャーなどを使いぎこちない英語からの脱却

■よりシンプルによく使う英語のストックで言い表わす

■プロフィール紹介で記憶に残る表現方法

■相手からの言葉で理解できないところは放置しない

■頭の中を瞬間的に相手からの言葉が理解できるように復習

 

■2日目

■洋画などを見て英語の聞く・話すを違和感なく理解できるようにする

■受講者同士でグループセッションをしながら英語でコミュニケーション

■ビジネスに使う英語や私生活に使う英語だけに特化したロールプレイング

これらのことを2日間総合的に行って行くので、おぬしだけのコンセプト(目的)にフィットする対話や手法で、スキルや「聞く力」や「話す力」が修得できるのだ。

 

■たった2日間の最短最速で英語脳を手に入れたかったら、イングリッシュブートキャンプ以外にないと断言する!

⇒ブートキャンプに今すぐ走れ!

たった2日で英語が話せる仕組みとは?

オマエがこのページに来た一因として考えられるのは、おおかた何かしら英語へのジレンマがあるか、 英語を未だに自分のものにしていないかの、 二つに一つだと思う。

 

リアルで、英語のレベルがステップアップしていない段階だとしたら、その理由はチラチラ想像がつく。。

 

そして、その内のデカい理由は、オマエにとってのピント外れで、効果的ではない実践をおのずと永遠に絞り込んでやっているにすぎない。

 


バイリンガル仙人

それが図星なら、正当で、的確な、実践、って何ナノ? と、感じるじゃろう。

 

ズバリそれが、オマエの規準(現在地点)から、どうしても必要な英語スキル(目指すべきところ)に、最速でアプローチするコストパフォーマンスができていない証拠だと言う事。

 

「英語が始めて話せるようになった」と体感できるのは、自分自身が判断基準としていた、必要な英語スキルを手にいれるため、言ってみれば、ゴール(最終到達地点)に立てた目標のはず。

 

どうしても必要なスキルを手にいれるやり方は、実はめちゃくちゃシンプル。

 

「最終到達地点」(オマエが手にしたい能力)と「現段階でのレベル」(今の英語スキル)のズレを埋めればいいだけ。

 

めちゃくちゃシンプルじゃ(笑

 

わかりやすく言うと「今の地点」から「目指すべきところ」へのショートカットとなる実践ができれば、オマエは始めて求めるスキルを知らぬ間にゲットできてるはずじゃ。

■現在地を明らかにする

■目指すべきところを明らかにする

■抜け道を探し出す

■実践を繰り返し英語スキルをゲットする

もし、オマエがいつになっても求めるスキルに辿り着けないのだとしたら、このどれかに問題がある。

 

その裏付けと根拠は、 イングリッシュブートキャンプに行けば2日間でおのずと理解できるはずだ。

 


バイリンガル仙人

と言っても、オマエは突発的に信じないだろう。

 

では、どうすればオマエは信じれるようになるのか?

 

それは実際に体験してブートキャンプの空気を味ってみろ。

 

■そうすれば、ワシが言っている事も納得できるはずじゃ!

⇒週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要なオマエに!

イングリッシュブートキャンプがここにこだわってる件

まず、受講生とトレーナーはチームであると言う事。

 

同時並行でゴールへ出発するチームとして、誰1人放置しないで目的までのゴールにトレーナーと一緒になって突き進んでいく。

 

仮に返金保証が存在しても、とにかくお金を払って自己投資してきちんと自分が希望しているような効果が期待できるのか?まずここが、一番の気がかりの種と思う。

 

イングリッシュブートキャンプは、このようなオマエの不安や心配事を全て理解しておる。

 

トレーナーとオマエがタッグを組んで、コンディションを始終サポートしてくれて、今いるところがどこであれ、ベストな指導をしてくれる。

 

ステップを踏んだ方法や、 トレーニングが率先していけば、やはりキツイトレーニングも見受けられるが、 そこに至るまではガッツリとした仕組みが作られており、トレーニングがキッチリと設定されておる。

 


バイリンガル仙人

従って、効果がちゃんと出る受講者もいれば、その反面フェードアウトしていく受講者もいるのも事実。

 

トレーナーは、オマエがイングリッシュブートキャンプのメンバーになる意思を固めた時に、実際どんだけ大きな決断が必要だったかを理解しておる。

 

そして、オマエが本気で「英語をレベルアップさせたい!」と、どれだけアグレッシブに感じているのかも認識している。

 

であるがために、仲間になった受講者にはその期待以上を手に入れてもらうように日々取り組んでいる。

 

ストレスなく英語の基礎を身につけるには、「長期間でゆっくりと継続しながら身につける」やり方よりも、「短期間だが一気に集中して一気にスキルを身につける」このようなシステムの方が最短最速を実現できる。

 

なので、 状況が許す限り英語スキルを時短で身につけるスペシャルな学習方法はこれらであるのじゃ。

イングリッシュブートキャンプは宗教チック?

ブートキャンプと想像すれば、よく 兵士の訓練施設をイメージすると思う。

 

つまり、 今からとんでもないハードな訓練と超スパルタ教育が始まるんではないか?と感じたはず。

 


バイリンガル仙人

かなり宗教チックで、肉体の限界まで挑むような環境ではないか?

 

たこ坊主のようなスキンヘッドで、迷彩服を来たスパルタ指導員が出てきて、課題の発音練習を一回でもしくじると、その瞬間に100メートル走×10本が加算される。

出典https://www.businessinsider.jp/

こんなイメージではないか(笑

 

安心しろ。そこまでヤバくはない。

 

しかしながら、たった二日で英語が話せるようになるには、軽いノリ的なメニューでないことは初心者にもイメージがつく。

 

実際のところ、こんな感じじゃ。

ぶっちゃけ言うと、2日で英語が完璧に話せるようになるには絶対に無理!と断言する。

 

これは、生まれ持っての天才以外はまず無理じゃろう。

 

要は、2日で話せると言われているのは、今現在オマエの持っている単語とか、文法のスキルを更に引き上げて、それを自然な英会話ができるようにアレンジしていく仕組み。

 

実用的として、アメリカでは、日本のように優しくこまめに丁寧に指導してくれる環境自体があまりない。

 

ぶっちゃけて言うと、英会話の講師ですら日本のように初心者に対して同じ目線になって対応してくれる塾やスクールはめったにないと言う事じゃ。

 

なので、いかに日本が恵まれた環境なのかが理解できるはずじゃ。

 

イングリッシュブートキャンプでは、話してる途中で話を止めてそこに割って入るなどのトレーニングもする。

 

このトレーニングによって、応用力が身について行く。(このようなトレーニングをしているスクール自体そうそう無い)

英語漬け?イングリッシュブートキャンプの2日間はどんな空気なのか?

連続2日間で徹底的に集中していくイングリッシュブートキャンプは、2日間のメニューとなっている。

 

スタート日は朝9:20分から夜の21:30分までで、2日目は9:30分から18:15分までと、合計で約20時間の学びがある。

 

実線中は、原則として外出することはできない。

 

実践中には、日本語は1ミリも使ってはならないので、知恵をトコトン使うのと、メンタル的なダメージなどもあるために、精神と肉体ともに疲労するケースがある。

 

ただ、疲弊を感じたら、そのままに休めるし、トレーナーもバックアップしてくれるので、気負わずに入学できる。

 

実際に、今までのべ1500人以上の受講者が参加シておるが、今まで参加したが途中で中途半端にフェードアウトしていった受講者は1人もいない。

 

イングリッシュブートキャンプは合宿じゃなく、あくまでもスクールなので、初日がフィニッシュしたら家やホテルに戻ってリラックスできるのじゃ。

 


バイリンガル仙人

しかしながら、1日目は帰ってからの予習復習があるため、自宅学習を2時間程度行う見込みでイメージしておけよ。

 

1日目のランチ・ディナー、2日目のランチは既に準備されておる。

 

コーヒー、飲料水などの飲み物も配備されておる。

 

イングリッシュブートキャンプでは、ボディーをフルに使い英語を話すトレーニングをして行くのが基本路線。

 

2日で英語の基礎をマスターするので、

■とにかく英語を短期間で話せるようになりたい

■英会話教室ではピンとこない・効果が実感できない

■巷の安い塾でテキストを解くばかりの学習にうんざりしている

このようなヤツはブートキャンプで人生を変えたほうがいい。

学習してるけど英語が話せるようにならない!?やり方が間違ってんだよ!

とにかく、 一体どういったやり方で英語がしゃべることができるようになるのか?

 

どうして数多くの人間が、何年英語を学習しても、話せるようになれないのか?

 

これにはある背景がある。

 

数多くの英語を話せるようになるための、重要な部分をショートカットして、すっ飛ばしているからじゃ。

 

英語学習のよくあるミス、

■スマホからの聞き流しやガイダンスを聞けば英語が話せるようになると勘違いしている

いいか?めちゃくちゃ大事な事なのでよく聞けよ。

 

イメージしてみろ。

 

フランス語のCDをスマホから聞き続けた結果、フランス語が話せるようになると本気で思っているか。。?

 


バイリンガル仙人

結論から言えば、無理に決まっておる(笑

 

その理由は、言うまでも無いと思うが、 明らかにフランス語と言う「メカニズム」を把握していないから。

 

仕組みや、メカニズムが理解できていないと、いくら聞き続けたところで分かるようにはならない。

 

当たり前の事じゃな。

 

■単語、用語を覚えれば英語が話せるようになると勘違いしている。

現実的には、単語、用語を沢山覚えれば、少なからずいくつかは会話ができるようになってしまうかもしれん。

 

分かりやすく言うと、「体の調子は大丈夫でしょうか?」このような単語についても、普通に考えてみたら分かると思うが、当然のことながら会話をするユーザーはロボットではなく、生きてる人間。

 

単語や用語だけで、英会話は成り立たない。

 

これを勘違いしたまま、このようなやり方で学習していると・・・

 

もう分かるじゃろう?

 

どれだけやっても、オマエの英語は相手に対してちゃんと認知されずに、コミュニケーションとして全く機能しない。

 

ムダ以外なく、結果として得るものはなにもない。

 


バイリンガル仙人

このような間違った方法で実践していると、お金と時間の両方を失うので注意が必要じゃ!

英語学習において一番重要なことを忘れるな!

であるのなら、何から英語を身に付ければいいのか?

 

英語が思うままに話せるようになるためには、どんな実践をすればいいのか?

 

どこからスタートすればいいのか?

 

これに関しては、英語文法を先に意識する必要がある。

 

英語は、文法がわかってなくて話せるようにはならない。

 


バイリンガル仙人

まず、これが大前提。

 

英語をスマホから聞き流すだけや単語のワードを覚えるだけで英語が身につくのであれば、世の中の人間みんな英語が話せてる(笑

 

いいか?これだけは言っておくゾ!

 

もう、ラクチンの方ばかりにスポットライトを当てるのはやめてしまえ!

 

その程度じゃ、いつまでたっても、英語ができるようにはならんぞ。

 

おぬし自身が、その用語を「把握していない」か「しゃべれない」かと言う意味は、相手側の話す単語も認識できるようには残念ながらならない。

 

理解できていない単語をいくら聞き続けようとも、わけの分からないお経を聞き続けるのと同様じゃ。

 

自分自身が始めて理解して、しゃべることができる用語でないと、聞き取って認識する事は物理的に不可能じゃ。

 

であるとすれば、英語を自分のものにするにはどうすればいいのか?

 

それは、文法を押さえること。

 

コレが理解できるようになると、バロメーターとなることが把握できるようになる。

 

仮に、話していることの一部分が聞き取れてなかったとしても、いかなる用語が、どんな進め方で並べられているのかが理解できてくる。

 

文法がマスターされていれば、自分でワードをつなぎ合わせ、思うままに話すことができる。

 

これが認識できると、英語の基礎が話すことができて、聞き分けられるようになるのじゃ。

 


バイリンガル仙人

そこで、オマエがもし英語をマスターしたら、どんな未来や夢が待っているのか?ここでよくイメージしておけ。

■英語を生かせるビジネスに移籍

■昇格・昇給して会社での地位を確立する

■外資系の企業に就職または転職して収入がアップする

■在宅で育児をしながら英語を活用したビジネスができる

■英語を活用して起業し稼ぎまくる

■海外留学し、人生のステータスを上げる

他にも、世界中にベストフレンドを作れる。

 

海外旅行を今よりも一層エンジョイできるようになる。

 

英語を話せると周りから一目置かれる。

 

とにかく、どんな理由であれ英語をマスターしたその瞬間から、オマエの人生は180度変わるので、一刻も早く自分の夢を叶えろよ。

 

■これらの夢にオマエの夢がどれか1つでも一致してるなら、今すぐ2日で英語の基本が全て学べるイングリッシュブートキャンプで夢を最短で叶えろ!

 ⇒たったの2日で英語が喋れるを約束!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-イングリッシュブートキャンプ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.