イングリッシュブートキャンプ

【評判⇒ヤバい?】イングリッシュブートキャンプはガチなのか!?

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、イングリッシュブートキャンプの評判やどのような指導方法なのか?メリットやデメリットなどを詳しく解説していく。

 

英会話学習でお馴染みの、イングリッシュブートキャンプ(English-boot-camp)じゃが、2日間で英語が身につくと評判があるが、果たしてコレはガチなのか?

 

そして、その仕組みや受講者の評判、意見などはどのようなものなのか?

 

かなり謎が多いと思ってるおぬしのために、イングリッシュブートキャンプの全体像をみて行きたいと思う!

 

早速ついて来いよ。

そもそもイングリッシュブートキャンプの『2日間で英語が身につく』はガセ?

「簡単に英語がしゃべれるようになる」という事を色んなやり方でアピールしている商材があるが、 「たったこれだけの〇〇」や、「1日30分で身につく」と言った程度のキャッチコピーはその典型的な例じゃな。

 

要は、それでガチで英語が喋れるようになるわけがない。。と言う事。

 

まず、ここに気づく必要がある。

 

2日間で英語が身につくとアピールしてるイングリッシュブートキャンプも、初心者から見たらかなり胡散臭く写っていると思う。。

 

ぶっちゃけて言うと、全くのゼロの状態からたった2日で英語がペラペラになると言う事は、まあ、ありえないじゃろう。

 


バイリンガル仙人

普通に考えてみたらわかる話だが、2日で英語が身につくなら奇跡だ笑

 

野球をやったことがないド素人が、2日でプロ野球選手レベルの実力を身につけるのと同じ事じゃ。

 

結論から言うと、たった2日で初心者が英語を違和感なく話せるようになるには天才以外不可能!

 

そうではなく、まずは『ベースとなる基本をこの2日間で身につけましょう』と言う事。

 

これに気づかないで、巷でよくあるキャッチコピーに踊らされているようでは、おぬしは一生英語を身につける事ができずに時間とお金をムダにするだろう。

 

これは断言する!

 

ワシが、長期に及ぶ学習キャリアで結び付いたものがある。

 

これについては、「参考書や学習に手軽さを求めるのではなく、自分の中でスムーズなやり方を取り入れる」ということ。

 

これだけでは分かりづらいので、シンプルに言うが、 とりわけ「参考書や学習に手軽さを求める」と言う事はそもそも始めの時点で、英語を身に付ける環境に投資する考え方がないヤツの思考なのじゃ。

 

この点がマジで重要。

 

英語をマスターしたいおぬしは、今2つの選択肢があるとしよう。

 

安い参考書を買って、独学で学習する道と、高いスクールに入って英語を確実に身につける環境に投資する道のどちらを選択しようか頭を悩ませているはずじゃ。

 

このとき、数多くのヤツが安い参考書を買っては手軽さを追っかけて「1日30分の学習だけで英語が身につく」とでもいうべき、方法をチョイスしてしまっている。。

 

実際のところ、これが最大のミスをしてる事に自分が気づく必要がある。

参考書や学習を取り入れるときは、安いからとか、手軽にできそうだからとかをベースにして選んではいけない。

 

これでは完全に目的を見失って、成果を出して英語をマスターしたその先の自己実現を叶える事は不可能じゃろう。

 

結局、市販で売られているような教材片手に、耳に入れた英語会話をパクって、後を追うように聞き流しているだけの学習になってしまう。

 


バイリンガル仙人

これでは本来の「学習」でも何でもない。

 

英会話は話すトレーニングをしないと自分自身全く身につかないので、そのようなトレーニングをしない「聞くだけのトレーニング」だと、完全にトチ狂った事をやっている事になってしまう。

 

まさに、「負のスパイラル」じゃ。

 

注意してほしいことは、これらの中で自分自身が楽チンだと思う方法を選択するなと言う事。

 

楽チンだけを目安にして選ぶと、成果のないものに捕まってしまうリスクが非常に高いのじゃ!

 

重要なことは、効果的だとされているトレーニングに楽チンなものはない事を前提に選ばなければいけない。

 

この部分は筋トレと同じで、楽して簡単なやり方では自分自身の成長はない。

 

楽ちんなことには、それなりの成果しかない事を理解しておけ。

 

「参考書や、やり方自体が簡単そうだから」と言った安易な発想では、必ず途中で挫折していくだろう。

 

このような基準値で英会話スクールを選ぶのではなく、自分にとって有益であるとされているものの中から、自分自身に成果が見込める効率的なものをどれに決めるか?

 

成果が見込めるのであれば、そこに時間とお金を最低限投資していく。

 

この考え方が、キーポイントになるのじゃ!

イングリッシュブートキャンプの評判はいかなるものか?

実際に、足を運んだときの受講生は、女性が3名ほどで、男性が7名ほどのトレーニングじゃ。

 

これはその時々のタイミングによっても、多い時や少ない時があり、あまりに受講生が少ない時は、トレーニング自体が開催されない月もある。

 

ほぼほぼは、土日の開催なので平均すれば 10人から20人くらいの頭数になる事が多い。

 

特に、7~8月のお盆前や、年末年始は、シーズン的に受講生が殺到する時もあるので、数ある英会話スクールの中でも人気があると言ってもいいじゃろう。

 

トレーニングの内容的には、受講生3人に対してトレーナーが1人つき、さらに全体をコントロールするトレーナーが1人が別口でつく。

 

一堂に会した受講生たちのバックグラウンドは、色々で、 外資系企業に勤めてる人もいれば、OLから普通のサラリーマンまでいる。

 

中には主婦やこれから海外にいくので英語をマスターすべく足を運んでるヤツも数多い。

 


バイリンガル仙人

雰囲気的には、基本日本人は人見知りが多く、外国人のようにイエーイ!ピース!なんてハイなチャレンジ精神旺盛なテンションにはついていけないヤツが多いので、始めは溶け込めないといったヤツが多いのじゃ。。

 

しかしながら、少しずつでもデかい発音をすることや、手で大きくジェスチャーすることや、全体のボディを使って行くことで、ぐんぐん緊張の糸が切れて、ほぐれていった印象はあるな。

 

モチベーションをアップさせてくれるトレーナーの指導であったり、堅い日本人特有の保守的な感じを、積極的に英文を発言することで、抵抗がなくなっていった受講生もかなり多いのじゃ。

 

このような一連のタスクは、実際に英語を必要とする仕事の場でも求められる能力なので、受講生は有益な時間と英語の基本を2日間でも確実にマスターして行っておる。

 

では、実際に受講生からイングリッシュブートキャンプに関する評判を、良かった点と良くなかった点を包み隠さず載せておく。

とても楽しかったです!学びだけでなく、日常を忘れてリフレッシュできました。貴重な体験ができるとおもいます!
貴重な経験に感謝です!
第2回目でも参加できるキャンプがあったら行きたいです
間違えなし!今後の英語勉強法180度かわるかも!

英語しか使われない2日間は、自分の力だけでは作ることができないし、他でもみたことがない!

自分の知ている、わずかな単語でも十分に憩いを伝えることが出来る体験出来たことは今後の英語人生の大きな転換時期になったように思います。

本当にきづいたら、自分が。英語で考えてます。この素晴らしいチャンスを是非活用して下さい。

やっぱり2日だけでは身につく限界があると感じました。ただ、何もしないよりは身につくものはあるので、それをプラスに捉えて頑張って行きたいです。
「2日間で爆発的に伸びる!」と言う事はありませんが、この2日間はかなり刺激的なものだと思います。

デメリットをあえて言うなら、学費に対してこの2日間のコストパフォーマンスは良いとは言えないです。

なんせ、2日などあっという間に経ちますから。。

イングリッシュブートキャンプをリアルで経験した受講生のレビューをもとに感想をまとめた。

 


バイリンガル仙人

レビューとしては、体験する受講生の元々持っているレベルにもよるが、最初から全然英語ができなくてもそれなりに基本は身につけられるが、ビジネスで使う英語に向けての能力をモノにするのは2日では少々ハードルが高い感じじゃ。

 

しかしながら、ビジネスで使う英語じゃなく、外国へ旅をしに行くとか、外人と話すタイミングが多いなど日常英語のコミュニケーションスキルの収得を目指すのであれば、2日という短い間に英語のコミュニケーションを自分のものにできるとなれば、思っている以上にコスパはいいと断言できる。

 

■迷って、迷って、迷って、迷った挙げ句、結局何もやらないは正真正銘のバカなので、とりあえず迷ったら予約をしてどんどん体験して行け!

 ⇒たったの2日で英語が喋れるを約束!【 English Boot Camp 】

イングリッシュブートキャンプはどのような指導方法なの?

まず、イングリッシュブートキャンプに入学しようと思えば、参加条件がある。

 


バイリンガル仙人

どんな人でもOK!と言うことではなく、一定基準のレベルがあるヤツに限られるので、まずここを抑えておけ。

■高卒以上もしくは、TOEIC350点以上のスキルがある(自分で解らない場合は必ず問い合わせをしろ)

■18歳以上もしくは、英会話に一般常識レベルの理解度がある

これが最低参加条件となる。

 

この条件を満たせば、晴れてイングリッシュブートキャンプに入学し、トレーニングを受ける事ができる。

 

では、その2日間のトレーニングをここでわかりやすく解説していく。

 

シンプルに言えば、イングリッシュブートキャンプは 知恵を発動させるレッスン。

 

国内の高等学校を出ているならば、これから習得する英語に対処できるだけの理解は完全にあると見ていい。

 

ただ、ダントツに不足しているのは発動型の訓練であり、いわゆるアウトプットと呼ばれるもの。

 

「しゃべれる」ようになるまでにこれに勝る他の事は一切不要じゃ。

 

発動型の訓練は、ポイントを置いて、ガツンと注力することで効果を及ぼしてくれる。

 


バイリンガル仙人

イングリッシュブートキャンプはたったの2日間でこのスキルを拡大し、ドカ~ンと「しゃべれる」までリーチするメニューだ。

 

思う存分期待していいじゃろう。

■その1,環境の構築・日本語禁止

午前9時に、二子玉川教室に集合し9時30分開始までコーヒーを飲みながら軽くリラックス。

この時点では、まだ日本語でOK(笑

■その2,チェックテストの実施

今の現時点のレベルを確認するために10分程度の軽いレベルチェック。

 

この結果によって、2日間のグループ分けが行われていき、参加前と参加後のレベルを確実に把握するためにスピーキングのレベルテストも同時に行われていく。

■その3,2日間のトレーニングスケジュール

イングリッシュブートキャンプでの2日間のタイムスケジュールや最低限のルール、カリキュラムなどを共有していく。

 


バイリンガル仙人

ここでは日本語(笑

 

オリエンテーションとして、グループ分けしたメンバー発表。

■その4,心理障壁の排除

人間の心理的障壁を排除していくプログラム。

 

他人に英語を話す時の恥ずかしさや、アクションを自分から起こせない心理的障壁を全体の体や手を使ってジェスチャーしていく。

 

この訓練を繰り返すことで、心理的抵抗を無くす事ができる。

■その5,瞬間的対話力の構築

違和感なく、今思っている事を瞬時に言葉にして話す事をトレーニングしていくプログラム。

 

イングリッシュブートキャンプでは、カードゲームやDVDなどを取り入れて、「瞬時に英語が出てくる環境」を構築していく。

 

これを繰り返すことで、おぬしの口からはもはや直ぐに英語が自然に出てくる事に驚きを隠せないだろう。

■その6,ランチも英語の環境にフォーカス

今までの、トレーニングの合間にリラックスするランチを挟む。

 

しかし、ここでも受講生全員が英語でコミュニケーションを取る事に徹底して、自然に口から英語が出てくるように意識して昼飯を食う(笑

 

コレをすることによって、もうおぬしの頭の中には英語しか出てこなくなって、逆に日本語の方を忘れる程になる(笑

■その7,シ~ンとする無言の空気を回避するためのテクニック習得

相手と会話している中で、英語が出てこない時の無言の状態を無くすためのノウハウ、テクニック習得プログラム。

 

最後まで自然な英会話で、違和感なく話せるような会話を成立させるための言葉の運び方を完全マスター。

■その8,実践編トレーニング

実際に、全ての環境を想定した英会話実践トレーニングのプログラム。

 

プライベートや仕事の環境、緊急時の時などを想定した中で、相手に確実に伝わる英会話が話せるようになる。

■その9,初日のトレーニング修了と予習復習

一旦、初日のプログラム終了。

 

これまで学んだノウハウを予習復習するプログラム。

 

一旦、宿泊先に戻り、自分の課題をトレーナーからアドバイスをもらい、素直に予習復習していく。

 

そして、初日に学んだ事をこの予習復習によって、インプット&アウトプットの流れが瞬時に出来上がるので、脳への定着がスムーズに行える。

 


バイリンガル仙人

これをやるか、やらないかでその後の理解度が天と地の差になる。

■その10、2日目スタート

最終日の朝からは、当然日本語禁止で残りのプログラムに集中していく。

 

トレーナーはもちろん朝からノリノリでテンションもMAXなので、受講生はこれに負けじと対抗していけ。

■その11,応用編ビジネス英会話トレーニング

日常的な英会話トレーニングではなく、実際にビジネスで主に使う英会話トレーニングプログラム。

 

ビジネスの現場で起こり得るケーススタディーを想定した応用型のトレーニング。

■その12、応用編ビジネス英会話トレーニング2

これまでのノウハウをまとめた総決算として、ロールプレイング形式で受講生からトレーナーに向けて英会話を実践していく。

 

プレゼン形式で行い、キャンプを卒業しても問題なく日常生活で英語が直ぐに発せれるように最終チェック。

■その13,これまでの集大成・エンディング

2日間、英語漬けになりながら、最後まで頑張ったおぬしに対してサプライズを用意しておる。

 

たった2日間の短い期間ではあったが、キャンプで出会った同じ志を目指す仲間や、真剣に向き合ってくれて最後までテンションMAXのトレーナーには感謝の気持ちしかないじゃろう。

 

必ずこの濃い2日間はおぬしに取って生涯の思い出になるはずだ。

■この濃密で刺激的な2日間を体験したければ、今すぐにイングリッシュブートキャンプに予約を入れるべきだ!入れなきゃ今すぐこのページを閉じろ!

 ⇒週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要なヤツに!【 English Boot Camp 】

第三者からの評判や疑問点などはどうか?

ではここで、イングリッシュブートキャンプに関する第三者からの評判や疑問に思ったことなどを包み隠さずに公開していく。

■ビジネスの現場で使えるかどうかはその人のレベル次第ではないか?

■学費が少し高いと感じる

■キャンプ自体が全て英語でのコミュニケーションになるのでキツイかも

■スタート時のレベル次第では効果はあると思う

■単語・文法を学ぶのではなく現在の語彙力で会話できるようトレーニングする感じ

■学生の時に行けば楽しいかも

実際に、このような意見や感想が多かったわけじゃ。

 

完全初心者のうちは、ひたすらに耳にするだけでは解らないままで、聞いたものを把握するためには実際に自分が話して、相手とコミュニケーションを取る事が欠かせない。

 


バイリンガル仙人

先程から学費が高いなどの事を言う第三者や受講生がいるが、 人は「ゼロ円」というワードが大好き。

 

特に、ビックリするほど日本人はお金を使う事にためらいを持っておる。

 

いいか?これだけは言っておくぞ。

 

お金と言うものは、使わなければどんどん貧乏になっていくぞ!

 

つまり、自己投資できないヤツは貧乏になっていくと言う事だ!

 

タダである利点というのは、有料しかない価値と言うものがそもそも存在していないので、どんなに無料の教材や環境に時間を投資しても、有料の価値には到底かなわないわけじゃ。

 

「ゼロ円」というお金をベースとして、学習をするのか決めてしまうのはスマートに最短で効率よく英語を習得する賢いやり方ではない。

 

要は、今の 自分自身の水準に合った学習法をリサーチしていくのが一番最短で成果が出るのじゃ。

 

それが、有料の価値あるモノ(環境やノウハウ)にお金と時間を投資して行くことの重要性じゃ。

 

今や、 インターネット上のユーチューブがあればビックリするほど英語のノウハウがタダでゲットできるご時世。

 


バイリンガル仙人

けれども、それらは結果としてノウハウに依存していると言っても過言ではない!

 

その「無料」のスパイラルから抜け出せなくなれば、無意識の内にオマエはノウハウコレクターになってしまう。

 

完全初心者ほど、始めから地に足をつけてコツコツ価値あるモノに投資できるヤツだけが、結果的に最短で成功していくのじゃ。

イングリッシュブートキャンプのメリットやデメリットはぶっちゃけて?


バイリンガル仙人

最終的な結論を先に言うと、2日間で英語がペラペラになる事はまず不可能だ!

 

しかし、イングリッシュブートキャンプには、ちゃんと参加したメリットやその後の利点もちゃんとある。

 

それとは反対にデメリットも必ず存在しているので、簡単に説明していく。

メリット

■継続しやすい

オンラインスクールとは異なって、トレーニングが確立的なので2日間のローテーションがつきやすく、止まることなく突き進む事ができる。

 

■同時進行で学ぶ仲間ができる

基本、グループレッスンなので、おんなじ目標を持つ仲間などとコミュニケーションができ、モチベーションを維持できる仲間が出来るのじゃ。

仲間を持つことは、英語をマスターする上で、ビジョンをキープするためにも必須のポイント。

 

プログラムと同時に学習できる点や、このキャンプではすでにメニューがキッチリと設定されているので、英語を効率よく、人間的にも成長できるメニューで学習できるポイントは、キャンプに行くメリットじゃ。

 

■講師とダイレクトに話せる

2日間、みっちりとトレーナーとつきっきりでトレーニングしていくので、その場で疑問に思った事は、ダイレクトにアドバイスをもらう事ができる。

これほどまで、1日中みっちりとダイレクトにアドバイスを受けれるのはやはりこのスクールの最大のメリットだと言える。

 

デメリット

■受講料が高い

巷の英会話スクールでは、グループレッスンで言えば、1回2,000円~4,000円、マンツーマンレッスンになると1回5,000円~8,000円と、異なる学習と比較して学費が割高になる傾向が強い。

 

なので、自己投資のところで予算と合わない金額であれば回避すべき。

 

しかし!

 

ここでお金がないと言う事を、安易にイメージしちゃうと、結局安くて薄っぺらい中身のない教材に手をだしたり、自分のレベルに合わないコンサルに申し込んだりと、いくら安いからと言ってもそれが成果に結びつかなければ結局お金をドブに捨ててるとおんなじ事だ!

 

なので、こんなアホの典型的なパターンは絶対にするなよ。

 

■他の受講生の水準に合わせられる

グループレッスンのケースでは、色んなレベルの受講生もいるため、たった一人に組み込んだトレーニングには基本ならない。

自分よりもよく主張する受講生がいて、コミュニケーションの訓練が出来なかったり、理解が置いてけぼりを食ってしまう場合もある。

 

ただ、イングリッシュブートキャンプでは、最初にレベルチェックをして、メンバー分けをするので、巷のグループレッスンではなく、個々のレベルに合った環境で学ぶ事が可能。

 

そこは安心していいじゃろう。

 

ただ、巷の英会話スクールのグループレッスンは、個々のレベル関係なしで置いてけぼりを食らう事もあるので注意が必要じゃな。

イングリッシュブートキャンプはこんなヤツは今すぐ入学しよう!

■英語が話せる経験をしてみたい

■英語自体に伸び悩みが要因となってモチベがどうしても上がらない

■TOEICでは合格点を到達してるけどしゃべれない悩みを持っている

■英語圏に住むからライフスタイルで使う英語をマスターしたい

■英語を使った実践的なキャッチボールができるようになりたい

■英語を自信を持って話せるようになりたい

■英語をマスターしてパワー全開で自由化したい

タイミングがよければライフスタイルを一変するくらいセンセーショナルな環境になるかもじゃ。

 

過去の体験者やスクール生の略歴じゃが、30代から40代では全体的の80%近くを占める。

 

当たり前じゃが、20代や50代の受講生も結構加入してくる。

 

どちらかと言うと、男性58%で女性が42%のパーセンテージじゃ。

 

特に今は、関西圏からもたくさん予約してくる。

 

イングリッシュブートキャンプの会場である、二子玉川の近くの宿泊施設を使う事がベターじゃろう。

 

食事については、嫌いなものやアレルギーを持っている場合は、予約時に言えば対応してくれる。

 

基本的には、毎回の開催人数として12人から18人の定員になるケースが多い。

 


バイリンガル仙人

ただ締切りが、MAX18人までになっているので、何はともあれ体験したいと思ったら直ぐにスケジュールを確認して予約を入れろ!

 

■2日間でオマエの人生が変わる事になるのは確かじゃ!今すぐブートキャンプで仲間と共にスキルを身につけて夢を叶えろ!

⇒たったの2日で英語が喋れるを約束!【 English Boot Camp 】

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-イングリッシュブートキャンプ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.