英語教材失敗

【英語できない?OK!】外資系に転職しても地獄ではなく天国な理由!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は英語ができないが外資系企業に転職しても大丈夫なのか!?

 

英語ができるまで、外資系企業の転職はやめたほうがいいのか?この辺について詳しくピックアップしていこう。

 

結論から言えば、英語ができなくても外資系企業に転職は大いにアリだ!

 

いや、むしろ「転職しろ!」と言いたい。

 

多くの人間が外資系企業に入社するには、「英語が話せなかったらダメじゃん・・・?」と希望を捨てるが、実は英語とはあまり因果関係がないこともよくある事じゃ。

 

外資系企業=英語スキル必須、外資系企業=TOEICスキル必須、このような考え方はもう古い時代に到達しつつある。

 

ではなぜ、英語スキルがないのに外資系企業に転職が可能なのか?

 

その全貌を解説していくので、「英語が全く話せないが外資系企業に入りたい」と言った事を想像しているおぬしは必ず最後まで目を通す事をススメる!

英語できなくてもOK!?外資系に転職しても大丈夫なのか?

まず結論から言うと、英語を使わなくてよい外資系が数多く存在する。

 

そもそも面談や転職の際にひつような履歴書も、日本語でOKじゃしリアルで面談する時も我々日本人と同じ担当者の会社もある。

 

会社の形式と言うと、外国に本社があるけど自分が働く環境さえ英語が必要としない場合はそれでいいと言う事になる。

 

実際に、入社にこぎつけた場合も、会話のキャッチボールはオール日本語の環境や、自分が担当するお客さんも英語を必要としない部署の条件を前提とした面接などをしておくと、後々「最初に言っていた事と違う!?」と言う事にはならない。

 


バイリンガル仙人

外資系にあるのは、日本の方苦しい環境ではなく、基本は「自由主義でもあり実力主義」なので、おぬしが優秀かつ実績を上げる事さえできれば、それだけでかなり評価されるのが外資系企業の特徴じゃ。

 

そんな風に外資系企業には、仕事さえできれば文句を言われる事はまずないので、英語が要る要らないよりも個人の仕事への能力があるかないかのほうが重要視される。

 

そこでだ!

 

外資系企業は、今ネットから検索したらカンタンに見つける事ができるので、外資系企業に転職を本気で考えているなら「英語いらない外資系企業」などと打ち込んでリサーチしてみるといい。

 

英語が要らない外資系企業を少しまとめたので参考にするといい。

出典https://fg-th.com/

F&Gは、タイ・バンコクで2007年に創立したECサイトの開発会社。

社員数名で創業したスタート時から、確実に拡大を遂げ、現在は社員数約80名におよぶまでになり、ひとりひとりの従業員が各分野で快進撃を遂げている。

英語は不要で、企画の運営からアフィリ、セールスプロモーション、カスタマーサービスなどを業務を展開しておる。

出典https://www.yamatogokorocareer.jp/

オーストラリアで20年以上のツアー催行実績を持っているD.O.A Australia Pty Ltd。

ここはその日本法人の企業にあたる。「DOA JAPAN」と言う法人を繰り広げ、オリジナルの日帰りバスツアーを企画・催行している企業だ。

出典https://beautytech.jp/

LG科学ジャパンは、英語不要の電池回路の探査アタッチメントを用いて使用や周波数と言われるものをリサーチし生産性の高い運営、熱量のコンサルテーションを行っている企業だ。

出典https://www.kmds.jp/

株式会社ケイ・エム・ディ・エスは世界規模のキャリアへステップアップが図れる企業だ。

もちろんハイレベルな英語力は不要で、英語に自信のない者でも問題ない。

貿易の経験があれば、さらにOKじゃが、少しでも興味があれば全然OK。

主な業務内容は、輸入業務のサポートや配送手配、 NACCS操作や請求書作成書類の配送手配や電話応対などだ。

 

その他の外資系企業をリサーチするときは、「リクルートエージェント」などのサイトから調べるといいだろう。

外資系に転職すれば人生激変の可能性大だ!

中小企業から外資系企業にキャリアアップするときは、はっきり言って外資系企業をメインターゲットとして探しているわけではない転職がぶっちゃけて多い。

 


バイリンガル仙人

要は、自分の望む理想的な会社であれば日本企業だろうが、外資系企業だろうが関係ないと言うのが本音だろう。

 

その殆どのキッカケや 突破口は転職サイトを何となしに見て会社を探索していた時だろう。

 

目に止まった 求人先の候補に入れた背景にあるのは、たいして「ここがいい!」と言う理由ではなくて「なんとなく・・・」と言うのが本音だろう。。

■外資系ってノイズがイケてる

■スーツでばりばりと取り引きしてるってノリがいい

■一流法人で落ち着く

■収入もデカいし

■外国の人に巡り会える

■人生の価値観が変わる

って感じ。

 

別に、人のために働きたいとか、人の役にたちたいからとか、そんな事は面接では気前よく言うが、本心を言えばみじんも感じていない転職者がほとんどじゃ笑

 

当たり前に履歴書や面接では、相手に対して真面目な一面を見せるためにそのような事を言うが、対してそんな事は殆どの転職者が思っていない。。

 

しかしながらそういったことを狙って履歴書出して、面談を受けてみたら内定を貰える事はよくあるケースだ。

 

キッカケは企業のホームページのトップをチェックしてみたり、転職サイトなどからのエントリーだろう。

 

そうは言っても、外資系企業に 仕事を変えてからは思い通りに働き、外国の社員ともコンタクトが取れるようになり仲間内も増えて今までなかった価値観を築く事ができるようになるのは間違いないじゃろう。

 

高収入もしっかり貰えて、自ずと嫌でも英語力はアップしていく。

 

これからはグローバルなスキル主義がやってくるのは誰が見ても明らかなので、外資系企業でのキャリアはライフスタイルにおいて必要不可欠になる。

 

逆に、これらのスキルが全くなく、毎日をのほほ~んと生きてるだけでは、世の中から放り出されて、何のスキルもないただの人材になってしまうだろう。

 


バイリンガル仙人

そうなると、低収入で生きていかないといけない環境になり、自分がやりたいことや夢や目標を全く追えなくなる。

 

そうなると、ぶっちゃけ「人生終了」の人材になってしまうだろう。

 

ただ、そうは言っても 外資系企業に関心はあるが英語力が気になっていて転職に踏み出せないという者はいっぱいいる。

 

外資系に関心はありつつも、英語力でまったくついていけないと思い、ひたすらにためらっていたり、行動に移せない転職者はかなり多い。

 

しかしながら友だちが外資系に会社を変えたことをきっかけとして、自分も外資にキャリアアップをしてみたら内定をもらうことができたと言う者も多いのだ。

 

外資系企業へのキャリアアップを戸惑う大きな背景にあるのは、英語力だとイメージするが、リアルでどれくらいの英語力を必要とされるか意味深なところだろう。

今の時代で外資系企業に求められる英語スキルはどうか?

結論から言うと、一般にイメージされているより外資系で必要な英語レベルは低い。

 

リアルの場でも、これっぽっちもまともに英語がしゃべれない者もいた。

 

確かに、人並よりはできるくらいであればなお良いが、それでもネイティブレベルからはかけ離れた英語力の者が殆どじゃ。

 


バイリンガル仙人

つまり、仕事のジャンルによって必要とされる語学力は大化けするのだ。

 

元を正せば外資系と言えども、仕事のジャンルによって必要とされる英語が大きく変化する。

 

英語が不可欠のビジネスでは言うまでもない英語が要求されるが、それではないポストも実際にはいっぱいある。

 

ひとつの例として、日本法人を相手に商売するセールスマンであれば、相手方のクライアントが日本人なので当然仕事内容でメインとして活用される言葉は日本語となる。

 

であるのなら、会社内は英語でコミュニケーションをするかというと、必ずしもそうではない。

 

営業部門であればおおかたの従業員が我々日本人となるので、社員それぞれのコミュニケーションも日本語となる。

 

それとは逆に、海外本社主体の業務であれば英語のキャッチボールが多く発生するため、英語を利用する局面が増えるだろう。

 

同様に、上司が外国人のケースでも、その上司が日本語をしゃべれないのなら英語を話す必要が生じる。 こういった風に、外資系企業では仕事のジャンルによって必要とされる語学力は大きく変化してくる。

 

ハイレベルな英語力を必要とされるビジネスもあれば、そうじゃないビジネスもある。わかりやすく言うと、仕事の種類をピックアップすれば立派な英語力がなくともちゃんと実践していくことは可能なのだ!

外資系企業で英語必須の時代はもう終わった?

まずこの表を見てほしい。

順位 企業 評価
1位
セールスフォース・ドットコム
4.72
2位
グーグル
4.64
3位
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)
4.61
4位
ボストン・コンサルティング・グループ
4.61
5位
三井不動産
4.59
6位
プルデンシャル生命保険
4.56
7位
シスコシステムズ
4.53
8位
A.T. カーニー
4.46
9位
中外製薬
4.43
10位
アシスト
4.40
11位
第一三共
4.39
12位
サントリーホールディングス
4,38

これらの企業は、日本企業と外資系企業などが含まれているが、どれも英語を必須としない一流企業だ。

 


バイリンガル仙人

「自分自身は英語ができないから、外資系への転職は断念・・・」と思っていたら、それはめちゃくちゃもったいない。

 

正直に言うと、英語力がデカいほどキャリアアップでプラスに働く事は確かじゃが、英語ができずとも外資系企業で仕事することはできる!

 

ここを勘違いするなよ。

 

裏を返せば、「英語ができる=外資系企業で成功」と、関連づけられるわけではなく なぜ英語が出来なくても外資系にキャリアアップできるのかと言えば、それは全ての会社の特性や商売、業種が変われば要されるスキルも最低条件が全て違って来るからだ。

 

外資系企業では決まりきった業務で、まるで英語を利用しないことがある。

 

英語力はあっという間の努力でステップアップできても、ビジネスにおけるこれまでの経験やキャパシティーは飛躍的短期間でステップアップを成し遂げるのが無理がある。

 

ようやくビジネス程度の英語をマスターしても、リアルな活動においては、英語力と仕事力が比例していなかったらその英語スキルは全く無意味だ。

 

要は、何が言いたいのかと言うと、自分自身がしたいと思うビジネスや商売のプラスαの能力とキャリアの方が断然重要視されると言う事。

 

まあー、こんな事を言ってもまだ納得はできないかもしれんが、それであれば実際に外資系企業に転職して見ることをワシは強くススメる!

 

特に、このビズリーチなどに掲載されている外資系企業の求人などはほとんどが年収1,000万円を超える求人ばかりじゃ。

 

それをガチで体験するには、おぬし自身が自分の目と足で経験して来る事が一番早いので、まずは転職して外資系企業の価値観を存分に味わうことだ!

英語ができないと嘆くヤツ!外資系企業に転職しても地獄ではない!

あれやこれやと言って、年功序列が永続的な日本企業とは違い外資系企業は本来の実力主義が殆ど。

 


バイリンガル仙人

つまり、社内で働かないオッサンの月収が自分より高いってことはないわけだ!

 

その事実だけでかなり魅力的と言う事じゃし、結果がでれば年収は上がるし、でなければ冷たく扱われる というシステムは、ドライで単純明快。

 

自分自身の結果をバッチリジャッジしてほしい者はかなり理想的な環境だ。

 

日本企業のように、頑張れば頑張るほど仕事量が増加していき、一ヶ月の賃金には現れない、ってことは絶対にない。。笑

 

本当に、ストレートかつダイレクトな範囲内での結果を求められるので、 担当外のビジネスには制限なしや、仕事量の増加でテンテコマイになることもない!

 


バイリンガル仙人

しかも、仕事ができないヤツのしりぬぐいをさせられる事も全くない!

 

自分メインの仕事以外は、別に付き合う事はないのだ。

 

一生懸命に取り組んで働く休むときはバッチリ休む!この リズムで仕事ができる環境じゃ。

 

この辺が全く日本企業とは違うとこ。

 

年功序列の日本企業のように、 女性だからお茶くみとか、男性だから上に立つとか、 アンフェアな働き方は世界規模のレベルではもはや時代遅れじゃ。

 

しかし、 残念な事に日本企業は依然としてそんな風潮が未だに多い。。

 

「自分は仕事ができるんだ!」こんなヤツには絶対に外資系企業に今すぐ転職すべきだ!

■外資系企業での就職を成功させて海外移住し、悠々自適に暮らそう↓

しかしだ!もっと豊かに生活を送るならやっぱり英語は身につけたほうがいいな・・・

英語を話す水準があんまり高いことは必要ないが、外資系企業では一点だけ腹をくくっておかなければいけないポイントがある。

 

そいつは、本社の社内システムや社内進行がほとんど英語だというところである。

 

一般的に、外資系企業に入社する時には最初の時分に四苦八苦するのはこの部分だ。

 

入社のプロセスから丸々英語であり、一つ一つの進行を終えるのに信じられないくらい時間がかかる体験をするだろう。

 

もちろん方法が分からないのだから、本社のヘルプ窓口に聞いたところで、その窓口がハナから英語しか応えていないと言う事はザラにあるのじゃ。

 

言うまでもなく、社内のガイダンスやSNSも丸々英語で、 一口に言うと英語を語れる必要はなくとも、英語を見て理解し、英語を書ききるスキルは日本企業よりはるかに多いということ。

 

なれてしまえば、大した事はないが入社出だしはビックリするほどの戦いはあるはずだ。

 


バイリンガル仙人

英語を使用しない部署なら、最低相手と意思の疎通ができればOK。

 

何だかんだと外資系企業でないと困るスキルについて話しているが、単刀直入に言うと、英語を使用しない部署だとすれば、最低限英語が要るときに活用しようとするトライの行動力さえあれば、十分に問題はないじゃろう。

 

英語が要らない部署でめったにでくあない外人と話すタイミングが来れば、意思の疎通ができれば問題ないが、やはり、日常英会話の英語スキルは最低限あったほうが、絶対にライフスタイルはストレスなく送れる。

 

それでも心配であれば最悪Google翻訳を使って一つ一つやっていけばOKだろう。

■iOS版

 

■アンドロイド版

言うまでもなく、日本企業で働くのと比べプレッシャーはアップするが、そのプレッシャーを思う存分経験して行けば全てはあとから収益のリターンとして返ってくる。

ネイティブを意識すればするほど外資系企業で成功する

外資系企業に入社してビジネスをこなすに当たり、下にあげた3つのスキルが従業員にはあればなお最高じゃ。

■最低限の意思疎通や会話のキャッチボールができる

■メールによる読み書きや瞬時に返せるライティング力

■電話での対応やプレゼンなどの打ち合せ対応

文書の制作や 仕事のジャンルやビジネスである程度異なる点はあるが、原理原則としてはこれらのスキルがあれば断然有利になり、外資系企業で早く成果を出せる事は間違いない。

 

つまり、能力やキャリアが全く同じ2人がいたと仮想し、英語力がデカい者と低レベルの者では、企業がどちらを採用して重宝するのかは言うまでもない。

 

どうしても、ネイティブレベルを目指さないといけないわけではないが英語ができるビジネスパーソンは外資系企業で成功する確率はグンとあがる。

 

しかも、我が国においては、英語ができる候補者がかなり不足して社会問題になりつつある。

 

バイリンガル1人をグローバル企業が3~4社が取り合うようなノリが現在は勃発している。

 

外資系企業全体でチェックすればTOEIC700点以上が採用条件を出している外資系企業が多い中、必ずしも英語が必須な外資系企業ばかりではない事は先程解説してきているとおりだ。

 


バイリンガル仙人

しかしながら、おぬしが望む企業に入りたいのであれば、TOEICのスコアや最低限の英語スキルはあったほうが絶対にいい。

 

これは断言しておく!

 

外資系企業への転職でこれらスキルは一つの基準点になると踏んでおいていいだろう。

 

成功を祈る!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-英語教材失敗
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.