正しい英語学習はコレ

【効果テキメン!】英語学習とコーチングは切っても切り離せない!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、英語とコーチングの関係やその効果について解説していく!

 

英会話をマスターする時に、独学などでやっている事は論外じゃが、その時に重要になってくるサポート役が英語コーチングによる効果になる。

 

現在の巷には英語を指導するコーチングスクールなどが軒並み存在しておるが、その重要性などはあまり知られていない。

 

英語を学習しているけど、中々英語をマスターできないと言う学習者ほどこの英語におけるコーチングの重要性を理解していない傾向にある。

 

そこで今回は、このコーチングがなぜ必要なのか?多くの英語学習失敗者ほど英語とコーチングは切っても切り離せない関係にあることをどこよりも詳しく話していくので、これからコーチングスクールなどを検討されているおぬしであれば尚更じゃ。

そもそもコーチングって何なの?

そもそもコーチングと言われているのは、相手への望む欲求に対して本人自身が依存からの脱却を目指していくプロセスをバックアップするお手伝いのひとつだ。

 

例えば、教師と教え子の関係のようにレクチャーするという事から養成を促進するのではなく、基本的にその者自身で持つ考えやスタンスに気づかせることで活発なステップアップを目指す事。

 

本人の望む未来の実現や、目標地点のクリアを促進するために効果が高い方法を伝授していく、言わば人間育成のプロだ。

 


バイリンガル仙人

コーチングのメインは、コーチングをやってもらう人が主役であり、間違ってもコーチングトレーナーがメインではない。

 

基本的にコーチングを受けるクライアントや生徒側は、その人が魅力やイメージしていることをかき立てるサポートを行う位置づけであり、指導者が何かを指図したり提示したりすることはまずない。

 

その影響で、人材や育成というフレーズは上から命令を出されるイメージがあるがコーチングはクライアントの前向きなアクションやチャレンジをくすぐりやる気にさせること。

 

要は、他人にやらされているのではなく「自分自身がメイン」という考えになることが重要なのじゃ。

 

自らのアイデアで、動いていく力を受け取れる コーチングは毎度のことながら英語分野でもめちゃくちゃ重要なテーマになる。

 

特に英語学習になると、ほとんどの人間が間違った勉強方法をやっているので、イチからマンツーマンで基礎からトレーニングを受ける必要がある。

 

そこで、必要となる要素が「コーチング」だ。

 

英語をマスターすれば、「自分自身のやりたいことは何か」と言う事を先のイメージとして持ち、この理由によって、自分自身が突き進みたいベクトルが明らかになり、自ら行動へ移していく思考が身につく。

 

自力でチャレンジすることによって、デカいスキルが身に着き人から言われた事ではなく自分自身でどんなことも判断できるようになっていく。

 

つまり、「決断力」が身につく。

 

英語学習者の90%は途中であきらめて挫折していくパターンじゃが、コーチングを受ければ自ら判断し、努力することができるようになり、ハイレベルであらゆることに挑んでいくことができるようになる。

英語とビジネスのコーチングは全く別スキル?

ここへ来て、いくつもの会社が企業買収や広告への投資、海外での事業展開などをやってて、日本にとどまらず、世界に向けたビジネスに取り組んでいる時代だ。

 

このグローバル化において、これまでと全然違う状況でもビジネスを進展させないと厳しい世の中になっている。

 

同様に、世の中や経済状況の差はとても早くて、この先もビジネスの社会環境はめまぐるしく変化していくことになる。

 

こうしたことから、がらっと変わるご時世では、企業や個人が勝ち残るためにスキルアップに対策をしていかなければ生き残っていけない。

 

その為に、会社勤務しているサラリーマンやふつうの主婦でも、世の中応じ個人のスキルアップは必須になる。

 


バイリンガル仙人

そのスキルアップで最も有効なのが「英語」じゃ。

 

その英語スキルを身につけるのは、コーチングは最も有効な手段になり、「目標達成によって、リアルでどんなアクションを起こすべきか」を導き入れて教えてくれるのがコーチングだ。

 

ビジネスの場合は『ビジネス・コーチング』と言われており、英語で必要なコーチングとは異なる。

 


バイリンガル仙人

つまり、別スキルとなる。

 

ビジネス・コーチングは、企業全体のコンセプトと個人目標を同じベクトルに向け、目標達成のためにどういったアクションをすべきかをコーチングするもの。

 

メインとして、現場の役職やスーパーバイザーが目標までのマネジメントを行う際に絶対必要なスキルになる。

 

英語学習におけるコーチングも、教える側にも価値のある経験値や創意工夫が不可欠になり、リアルな検証や目指すところの判断、テクニックの学習など、行動水準でのコーチングは、英会話をステップアップさせるために実行する最も必要な要素となる。

 

そして、もう一つ重要なことで似た言葉がある。

 

そう、ティーチングだ。

 

つまりティーチングとは、指導する人間が指導することを教えるのがティーチングになる。

 

ただ、今後の経済状態においてティーチングには限界説がある。

 

うまくいく方法を指導するのがティーチングならば、うまくいく方法を編み出させるのがコーチングの役目じゃ。

 

つまり、 ティーチングからコーチングへと言う流れになっていくのは目に見えていることで、今の時代に必要なスキル(英語)を、身につけるにはティーチングではなくコーチングで一から英語を学ぶ事が結局最短距離になる。

効果大!英語とコーチングの関係をまず知れ!

よくこのように思う者がいる。

 

「 英語なんて単純な単語にすぎない。実践したらできるに決まっている。 」

 

「幼い子供たちだって英語を学習すれば話せるようになっている。ならオレでもできるだろう。。」などと、単純な考え方で初心者ほど独学でやろうとする。

 


バイリンガル仙人

本音を言えば、このレベルでは限定的にモチベを上げる成果はあるかもしれない

 

TOEICテストのスコアがひどかった者や、英語習得を挫折して投げ出したりしてしまった者はとりあえず一度気持ちをリセットするにはいいかもしれん。

 

しかしながら、英語の実践は長い学習が必ず必要。特に初心者は。

 

短期的な行動だけでは乗り切れないし、何と言っても先のことをちゃんと考えなければならない。

 

つまり、英語の習得には時間が必要なのだ。

 

おぬしの思っている以上に時間が掛かかり、そこに自己投資する必要がある。

 

ところが世間には、それだけ時間が取られるとは殆どの人間が思っていない。。

 

要は、ある程度まで集中すれば、何らかの成果はすぐにでると期待を寄せている。

 

ところが現実的にははじめの予想通りには進歩していないので、目標までのゴールが見えないというのは、日常茶飯事じゃ。。

 

はじめから それを把握していないばっかりに、「たかが単語の予習復習なのに想像以上にできない・・・」と早とちりしてしまう可能性大。

 

そういう風にして、超真面目な日本人は特に心理的に心配になり、自分自身を責めてしまう。

 


バイリンガル仙人

自分を非難したり、マイナス感情に陥れば、100パーセントやる気はダウンする。

 

そこで勉強時間はハンパなく少なくなり、英語の教材やマニュアルを開くことすらできなくなり、そのままドロップアウト・・・と言う事になる。

 

こんな事って、誰もが一度は経験するだろう。

 

ただ、これとは逆にストイックにやり続ける者もおる。

 

そのような者は、始めは成果が出ない事を受入れつつも、「英語スキルで人生を豊かに暮らしたい」というバイタリティがどんなことよりも最優先できる人間なのじゃ。

 

英語を身につける事で、自分の人生がどのように変わっていくのかを既にその時点から明確にイメージできており、そのための行動を惜しむより、その人生を手に入れたほうが価値が高いと判断できてるからこそ、確実に英語を身に付ける事ができるようになるのじゃ。

 

つまり、人生成功するかそうでないかは全て「セルフイメージ」の持ち方次第じゃ。

英会話コーチングと英会話スクールの決定的な違い

英語学習におてるコーチングは、近年かなりブームを感じてコーチング系の塾も広がりを見せている。

 

そこに、個人でコーチングなどをやって、自宅に招いたり、どこかの教室などを借りて実施されるトレーナーもいてかなり拡大してきている。

 

ただ、それとは反対にもっともっと英語コーチングは今でも限られた人間のみにしか行き渡っていない位置づけであるのも事実じゃ。

 

まだまだ知名度は全国レベルでもないし、そもそも英語習得の重要性を日本の国民自体が薄い。。

 


バイリンガル仙人

中には、最近コーチング英会話などが増えてきているので、 「何やろ?」「英会話塾とどう違うのか?」 このような事を疑問に思う者は鬼のようにいる。

 

シンプルに言えば、コーチング英会話はスクールに通う時のマンツーマンコーチングと、自宅での予習復習の学習を重要視しているため、トータル的な塾の指導時間より比べ物にならんほど二人三脚でサポートしてくれる。

 

更に、完全マンツーマンなので、常日頃の予習復習の実践計画やモチベ低下などのメンタル的なサポートまでトータル的にバックアップしてくれる。

 

それが英会話コーチングだ!

英語コーチングは脱依存・自主的な行動を育成してくれる

英語コーチングの典型的なメリットは、「いつでも横に指導者が身近にいる事」だ。

 

英語と言うのは、ある程度まっとうなアプローチで分析をしていくので、そこに学習時間を多く取ればとるほど上達していく仕組みじゃ。

 

因って、まず第一段階は、「実践に費やす時間をガッツリと決める事」が極めてキーポイントとなるわけ。

 

そういうわけで、英語コーチングでは、一番初めに「一日何時間勉強するか?」をテーマにはっきりとしたコンセプト設定が行われコーチとヒアリングする。

 

つまり、計画も立てずにただダラダラやるんではなくて、ちゃんとコーチと一緒に二人三脚で歩んでいく方向性を決めるのじゃ。

 


バイリンガル仙人

もう、この時点でふつうの塾とは全く違う。

 

ぶっちゃけて言うと、ほとんどの英語学習者は塾に通ったり独学でやっていたりするが、その殆どが自宅でのホームワーク(予習復習)をやっていない。

 

つまり、塾に足を運んでいるだけで「勉強した気になっている症候群」に陥っている。。

 

例えば、自宅学習を全くして来なかったケースになると、1週間に一度英会話塾に行っても、一週間で計算すると、たった1週間で約1時間ほどしか学習していない事になる。。

 

こんなちっぽけな学習時間で、英語が身につくと思うか!?

 

あまりにも、短絡的すぎる・・・!

 

いいか?よく考えてみろよ。

 

英会話スクールであれば、1レッスン平均40分から50分ほどだ。

 

しかし、コーチングであれば1レッスと自宅での予習復習のサポートもしてくれるので、一回につき約3時間~4時間ほどの学習時間になる。

 

つまり、1週間に 1時間と1週間に20時間も学習に費やせる時間差は明らかに差がつくのは当たり前。

 


バイリンガル仙人

こういった風に、中々成果が出ない者はダントツの学習時間の少なさが、決定的に違うのじゃ。

 

英語ができるようになるには、なんといってもあるレベル以上それなりの時間を投下していくことが重要で、 リアルに向上が体感できるまでには最低1日3時間の予習復習時間を確保することが超重要だ。

 

1周間に一度、塾に足を運んでいるだけでは望む成果は得られない。

自主的な行動に特化したサポートをしてくれる

コーチングの最大の役目は、基本的に自らの意思で行動できない学習者がコーチングに申し込んでくるので、最終的なコンセプトは「自主的な行動ができるようになること」を促すことだ。

 

基本的に背中を押してもらわないと行動できない者が多いので、それでは自立できずにいつまでたっても誰かがいないと動けない大人になっていく。

 

これでは、かなりまずい。。

 

そこでコーチング式英会話では、最終的に自立できる大人への成長もうながし、なおかつ英語も同時進行でスキル習得への道のりを示してくれる。

 

英語勉強に時間を投資すれば、英語力はハッキリ言ってデカくなっていく。

 

ただ、にも関わらず、いっぱい学習しているのに中々向上しないパターンもある。

 

この原因は、「自分にマッチした学習方法」でやっていない。

 

残念な事に、自分にマッチしたやり方で学習していないと、いくらやっても成果がでない「負のスパイラル」に陥ってしまう。

 


バイリンガル仙人

をガチで勉強しているのに、どういうわけかスコアがあがらない、という者がゴロゴロいるように、自分にマッチした実践方法で学べていない者はぶっちゃけめちゃくちゃ多い。。

 

独学でやっているケースの一番目立つ失敗の可能性はそこに起こる。

 

わかりやすく言うと、これ程まである英語教材の中において、どういったものをチョイスしてよいか見当が付かないなどの悩み事は多くあり、結局値段が安いなどの理由で訳のわからん教材に手を出してしまい、それが自分の今のレベルにマッチしているのかもわからずに安いと言う理由だけで購入した失敗パターン!

 

一度は経験していないか?笑

 

英語コーチングにおいては、どのような学習をすれば一番最短で成果が出るのか?や、どの教材を使えば最もリアリティで学習者にフィットするのか?と言ったことを、ありとあらゆるポイントを絞って指導してくれるので、英語をこれから身につける初心者であれば、必須項目になるのは間違いない。

依存から脱却するために全力でバックアップしてくれる

このタイミングで、不確実な要素があるとすると、「挫折してそのままドロップアウトしないか?」ということだろう。

 

多分、英語学習をスタートさせてみたけど挫折したという者はめちゃくちゃ多くいると思う。

 

正直なところ英語コーチングについては、クライアントが365日コーチと二人三脚で常日頃の学習がプラン通り進行しているか報告する環境にある。

 

更には、日々コーチから、チャットやオンライン通話などでのフォローアップがある。

 

そんな感じで、「誰かに報告する」という環境になるので、実践が維持しやすいメカニズムになり、そのままドロップアウトと言う事には基本的になりづらい。

 

ただ、ここでコーチングを受けてるからと言っても100%依存してしまうのはめちゃくちゃ危険な考え方だ。

 

あくまでもコーチングを受けてる以上、人間的成長もして行かないと依存の一途をたどることになるので、その辺もコーチのアドバイスは素直に受け入れてやって行こう。

 

3か月から6ヶ月という長い間のなかで、どういうわけか英語についての野心やモチベが下がるタイミングは来るものなのだ。

 


バイリンガル仙人

こういった時に、一人で学習をしていると、やらなくなってしまうことは極めて多い。

 

英語コーチングについていると、そういった時にコーチからの手助けを得ることができ、英語学習を途絶えさせることなくキープできる環境にいれるので、その環境はフルに使い倒して英語スキルと同時に依存からの脱却を図るために人間的成長も同時にやって行こう。

 

そうする事で、おぬしは誰からもリスペクト(尊敬)される人間になれる。

英語を本気でマスターしたければ絶対にコーチングからだ

依然として英語習得には、時間と分量が「不足している」だけであり、 この辺までくればおぬしは少しでも理解しかけてきているんではないか?

 

そうじゃ。

 

英語は非常に手がかかるシロモノであり、相当タフなヤツなのだ。

 

ぶっちゃけて言うと、英語学習を挫折した者は世の中に数え切れんほどおる。

 

元を正せば「英語のフレーズ」というものに関しては会得に非常に大きな修行を必要とするもの。

 

自分達はこのような人生経験を忘れているだけで、そのへんにある「アップル」や「オレンジ」などの誰でもわかるフレーズではなく、人間が理解できる「文」を発するようになるまで、かなりの時間と集中する力を必要としたはず。

 

小学校に上ってからも国語のテキストの読み合わせをきっかけに、漢字のトレーニングに非常に大きな時間を投資し、そこからピックアップされた言葉を言い間違えたときはクラスメートから馬鹿にされた経験もあるだろう。

 

大人になれば、この部分をポッカリと置き忘れてはたかも自分の頭で漢字を会得したと思い過ごしているのだ。

 

つまり、「英語は言葉」であり、その言葉とは人間が理解できなければならないフレーズなので、そのへんのテキトーな言葉とはワケがちがう。

 

英語の会得には時間が必要なので、コツコツ地道に学習に集中し継続できる力がなければまずスキル習得は天才でも無い限り不可能だろう。

 

このレベルの基礎的な「土台」が見えたならば、おぬし自身が取るべき行動も、ボンヤリながらも分かってくるはずだ。

コーチングによって自己成長を感じることが重要

■人格

■自立心

■独立心

■ビジョン

■モチベーション

■取り組む行動力

■セルフコントロール

■上品さ

■フラストレーション抵抗力

■会話のキャッチボール

■対人テクニック

■感情的制御力

■社会的知性

■プロダクト力

■伝達能力

■判定能力

■プロデュース力

などのスキルをコーチングによって自己成長を感じる事ができれば英語以外のスキルを同時に手にできる事になる。

 

これは非常に人生成功する上でデカい。

 

英語スキルはもちろんのこと、それ以外でも社会で必ず役にたつスキルをコーチングによって身に付ける事ができるので、その価値はハンパなくデカい。

 

確かにふつうの英会話スクールと英会話コーチングスクールでは、入学費などの初期費用はかなり違って英会話コーチングのほうが割高だ。

 


バイリンガル仙人

しかし、これらのスキルを英語以外でも得られて、人間的成長も同時にできるのであればその価値と費用対効果はハンパないものになる。

 

その価値を肌で理解できる者だけが、大きく飛躍して成功していくことになる。

 

おぬしも、人間的成長をして英語スキルでグローバルレベルで活躍し、たった1度しかない人生を豊かにして幸せに毎日を過ごして行こう。

 

成功を祈る!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-正しい英語学習はコレ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.