英語教材失敗

【今すぐ行動】英語話せないのに海外出張が決まった会社員!放置=地獄を見るよ!

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、英語が話せないのに海外出張が決まった会社員(サラリーマン)は放置してたら軽い地獄を見る事についてお話していきたい!

 

いきなり海外出張が決まったのは良いが、英語が話せない状況でアタフタしているサラリーマンがもしオマエだったらどうする?

 

このまま放置するか?

 

それとも、今すぐ行動して短期間で英語を本気でマスターしようとするか?

 

どちらを選択するのが正しい考え方か、もう言わなくても解るよな?

 

もしオマエが、前者を選んだのであれば今すぐこのページを閉じてくれ。

 

しかし、後者を選んだのであれば今すぐこのページをしっかりと最後まで本気の覚悟で見る事を全力でススメる。

 

では、後者のサラリーマンだけ早速解説していく。

英語が話せないのにいきなり海外出張が決まったらオマエはどうする・・・!?

英語が話せないのに海外出張が決まってしまったってのはよくある悩み事。

 

それでいて出張までに見受けられる日にちは2~3ヵ月なんて言うと「マジ・ヤバい」の言葉しか出てこないだろう。

 

はじめての海外出張で英語を使えるようにしておかないといけない。。

 

しかしながら本業をやっている身で、英語学習に今から労力もさけないし、一体全体これから努力して学習したって即座にスキルが見込めるわけではないし、どうしようか・・・。

 


バイリンガル仙人

なんて思う気持ちはわかる。

 

初の経験として、海外に足を運ぶとき、ドキドキする一方で英語が話せない不安を覚えるのも見られるはずだ。

 

そんな感じで英語関連のWEBページを運営しているワシでもペラペラになるまでは、それなりの行動をしてきたので、あまり上から言うことはできないが。。笑

 

兎にも角にも、ワシがあんまり英語が話せなかった時代に、海外出張に行かなくてはならなくなったケースを想定して、事前用意と心の持ち方のメソッドを、ここではレクチャーしたいと思う。

 

まず、英語の「リスニング」はわかるか?

 

様々な日本人のサラリーマンが、初めにぶち当たる壁だろう。

 

外国人のビジネスマンを前にして、質問の ヒアリングをされたらどうする?

 

その時に、全く相手の言っている事が理解できなかったら・・・

 

つまり、どんな国に行ってもこのリスニングは必ずされる。

 

ここの壁を乗り越える事ができなければ、英語習得は諦めろ。

 

じゃが、そんな高度なモノだと考える必要は全くない。

 


バイリンガル仙人

難しそうに感じるかもしれんが、実はカンタン。

 

どう言うことかと言うと、外国に行けば、一番初めにこっちの英語力をチェックしてくる。

 

相手先は、我々日本人が日頃から、英語を使う人種ではないという点は把握しているので、それに伴って、取引の面談する上で、この人物は、どれ位英語ができるのか?これを第一にチェックしてくる。

 

その結果、こっちが英語が下手くそである、というのが認識できればむこうは、それに応じある程度会話のコミュニケーションでフォローしてくれるだろう。

 

しかし、相手が優しい人間だったらの話じゃが・・・

 

殆どは、ビジネスで出向いているわけなので相手もビジネスとして面談している。

 

つまり、ビジネス上の会話と言う事で普通に友人と会話をしているのと訳が違う。

 

なので、相手も取引のビジネスで出向いているので、利益を出すためにオマエと面談していることは意識していけよ。

バカでもわかる単語は最低限暗記しておけ!

仕事のジャンルによってもバラバラだが、急きょ海外出張に行くのは結構見られることだ。

 

特に会社員であれば。

 

2週間や3週間後に「突如行ってくれ!」ともあるべきニュアンスで言われる事もある。

 

同様に、1~2か月後というのであれば、ちょっとくらい事前用意できるが、会社に行きながら確立された時間を取ることもそう簡単にはハードルが高すぎる。

 

仮に半年前から確約されているケースになると、バッチリ学習にトライして、英語力自体を引き上げることで応用可能な事もあるのじゃ。

 


バイリンガル仙人

しかしながら、常日頃の本業もこなしながら、2か月未満で英語力を急ピッチで向上させるのはハード!

 

それを回避するために、あまり時間が無いのであれば、最初の会釈や自己アピールと仕事の関係上で使用しそうなキラーワードぐらいは中途半端ではなく、本気で暗記しておいたほうがいいぞ!

 

とりわけ、アメリカやヨーロッパでは、初回の挨拶とプロフィール紹介を確信をもってできることが肝要だと言われており、このへんは我々日本人とは全く文化が違う。

 

要は、オマエが自信なさげに相手に話しかけると初期段階より不安を相手にあたえてしまう。

 

元を正せば英語なんてそもそも話せないのに、人間面で否定的なイメージを持たれては軽い地獄をみるぞ!

 

なので、庶民的なバイタリティを持って、ガンガンターゲット(相手)とコンタクトをとるために、初めの一礼と自己アピールは完成するようにしておけよ。

今すぐ行動だ!海外出張決まったのに英語が話せないと軽く地獄を見るぞ!

挨拶やプロフィール紹介と、仕事の特性上で使えそうなキラーワードをおさえたあと、何をしたらいいのか?じゃが、推薦するのは、現地のネイティブの慣習や社会の出来事をおさえておくこと。

 

これに関しては、あっちの人間に親しさや親近感を得てもらうために意外に重要な部分。

 

しかしながら、いざ英語となると、てきぱきとしゃべることができないので、誰が見ても明らかにくだらないコミュニケーションになって一気に信用を落とす。。

 

あっちの人間に、友好的に話してもらうことは、海外出張のキャリアにリンクすることに直結し、何としても何個かの「キラーワード」を活用して事前準備しておく。

 

時と場合によっては、モダンなフレーズを10個、20個覚えて置くことは、必ず現地の現場でオマエを助けてくれるモノになるだろう。

 

海外出張になったオマエ自身は元々人にはない優秀なスキルを持っているので、現地で立派な働きをしている自分自身に自信を持とう。

 

そして、近年急ピッチでグローバル化が進んでいる。

 

英語のニーズは増加していくばかりで、 どうにかこうにか自分にやってきた絶好のチャンスを、英語ができないというきっかけだけで取りこぼしてしまっているサラリーマンがあまりにも多い。。

 


バイリンガル仙人

この場で英語ができる社員と、 できない社員では、出張の実績がドカ~ンと分かれる。

 

できない社員は、上の立場からすると、一度そのような低い契約を持ってきたら次の出張のチャンスは先延ばしになる。

 

つまり、そんな社員は 経費(リスク)に最適な収益(リターン)が得られないから。

 

考えてみろよ?

 

もしオマエが経営者だったらどうする?

 

エコノミークラスで海外出張して、往復30万~40万。

 

1日当たりで宿泊に掛かる費用1万~2万。

 

更に社員の日給分など、 どんなに悪くてもそれだけの成果は出して欲しいと思うんではないか?

 

要は、最終的には最低限これだけの数字以上の成果がでなければ赤字で、次からの海外出張は「ない」と、思っていたほうがいい。。

 

英語の難易度は今後も一層アップしていく。

 


バイリンガル仙人

わかりやすく言うと、海外出張をなめていたら、「一発」でその次の実績の残せる絶好のチャンスを逃がすことになる。

 

「そのうち英語ができればいいや」とズルズル言っているおバカは、その大部分が英語でハイレベルな業務にうtけるチャンスを見逃すだろう。

 

「そのうち英語ができるようになろう」って考えて、 この「そのうち」をボケっ~と考えているサラリーマンが実に多い。。

 

一言でいうと、ちゃんと期日を決めた「デッドライン」にフォーカスしていない。

 

なので、突然出張のチャンスがきた時にも、そのチャンスをカンタンに取りこぼすハメになるのじゃ。

 

こんなことわざがある。

 

「チャンスの神は前髪しかない」

~チャンスの神は前髪しかない~
カイロスの風貌の特徴として、頭髪が挙げられる。後代での彼の彫像は、前髪は長いが後頭部が禿げた美少年として表されており、「チャンスの神は前髪しかない」とは「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」という意味。この諺はこの神に由来するものであると思われる。また、両足には翼が付いているとも言われている。

出典https://ja.wikipedia.org/

そこでだ!最短最速2ヶ月で英語の基礎が全てマスターできるライザップイングリッシュしかない!

まず大前提に、短期間で英語の基礎を身につけたいなら、絶対にライザップイングリッシュだ。

 

他の様々な英会話塾は数え切れないほど存在するが、マンツーマンでちゃんと成果が出るまでサポートしてくれるその殆どが短期型ではなく長期型だ。

 

トライズでは、1年間の長期型だし、ECCやイーオンではそもそも月額制なので、成果が出るまでの期間があやふやだ。

 

スタディサプリや、スピードラーニングなどのスマホアプリが片手間でできると人気だが、そもそもマンツーマンではないので、基本独学になる。。

 

海外出張が決まって、出発まで期間がない状況ではこのような環境で英語学習をしても、あまりにも時間がかかり過ぎてこれでは出張までに映画をマスターする事ができずに全く意味がない。。

 

そこでだ!


バイリンガル仙人

最短最速2ヶ月で、しかもマンツーマンサポートで成果が出るまで完全バックアップしてくれるコーチングスクールこそがライザップイングリッシュ!

 

専属コーチが、オマエにぴったりの勉強法を推奨してくれて、成果にリンクするまでフォローアップしてくれる。

 

どこにでもあるような英語塾では、こと細かな文法やフレーズの主旨は学べるが、ライザップイングリッシュでは、受講期間が終了した後も引き続いて実践が三日坊主にならないように、「成果」だに的を絞ってサポートやアドバイスをしてくれる完全個別コンサル型スクールだ。

 

その結果は通常の英会話スクールに1年で100万円払うよりも、40万で3ヶ月のカリキュラムを行った方が費用対効果は圧倒的に高い。

 

つまり、「結果にコミット」を理念としておいているので、結果に繋がらないと思った時点で、コースのスタートより30日以内なら無条件に費用を返してくれる!

 

そういう理由で基本的な前提とすれば、スタート時から30日で自分に「合わない」と思ったら、全額返金してくれるので、ハッキリ言って1ミリもリスクはない。

 

学費はこんなかんじじゃ。

■TOEICスコアアップコース

カリキュラム 学習期間 学費
全16回 約2ヶ月 328,000円
全24回 約3ヶ月 450,000円
全32回 約4ヶ月 572,800円

 

■英会話コース

カリキュラム 学費期間 学費
24回 約3ヶ月 450,000円

ここで、短期間の内に海外出張が決まっているとすれば、確実に英会話コースのプランに行けよ。

その理由は、会社勤めしていると学費する時間がとれないから。

 

英語学習にはどうあっても、それ相応の時間を託すことが不可欠。

 

大学生とかであれば、相当な時間が確保出来るが、勤めているサラリーマンは中々これが容易ではない。

 

朝9時から夜7時8時まで働いて、疲弊に耐えながら英語に取り組むのでホント大変。。

 

しかし、ライザップイングリッシュではそのような忙しいサラリーマンでも、効率的な手法をレクチャーしてくれるので、今すぐに出張などで英語が必須だというヤツには学費を払ってでもその価値は十分にある。

 


バイリンガル仙人

考えてみろよ?

 

ここで英語が話せすに、出張先で恥ずかしい思いをして自分の実績が積めずに会社から「ダメ」の烙印を押されるか、それとも出張先で英語に困る事なく、スムーズに契約が取れオマエの実績がうなぎ登りになって年収がアップしていくか?

 

考えなくても解るよな?
⇒英語スキルを身につけ将来の成功を本気で考えているなら絶対にマンツーマンだ!

ライザップイングリッシュ?うサン臭くね?マジで効果はあるのか・・・?

日本人専属指導者による完全マンツーマン指導でもある 『ライザップイングリッシュ』は講義というよりトレーニングだ。

 


バイリンガル仙人

元を辿れば個人のコンサルティングで欠点を余すことなく洗い出しはっきりとしたゴール設定をした後、個別で指導者が組み込んだプログラミングをとりまとめ、完全オーダーメイドのメニューを作成してくれる。

 

つまり、 高精度の計画を立て、指導者と進行具合をシェアしながら、効果的な英語力アップが短期間で期待できるのじゃ。

 

しかも、 指導者は全員留学経験者や帰国子女で、言うまでも無く英語もペラペラ。

 

望む成果に向けて、二人三脚で親身になってアシストしてくれる。

なぜ2ヶ月3ヶ月の短期間で英語が身につくのか?

英語を始めにチャレンジする学習者が一番四苦八苦するのって、継続できるかの環境だ。

 

始めは、感情が高ぶってやる気に満ちているが、トレーニング中は良くても、トレーニング以外のシーンではどういう風にして英語をマスターしたらいいのか見当が付かない。。

 


バイリンガル仙人

そんな学習者で世間はごった返している。。

 

とりわけ海外出張が決まり、今すぐに英語が必要なサラリーマンほど、多忙なので1分たりともムダにせず学びたいと思っている。

 

なので、「片手間30分で英語が身につく!」などのキャッチコピーに踊らされてスマホアプリなんかをダウンロードしては、ムダな時間を永遠と消費しているのじゃ。

 

ちゃんと、本気で英語をマスターしたいのなら、それ相応の環境、つまり 『ライザップイングリッシュ』では、”オマエにフィットする学習方法“にスポットライトを当て、ピント外れの実践方法や効果が出ない学習法を余すことなく排除している。

 

特に一対一の個別マンツーマントレーニングの時を除いた作業時間についても、ビッシリと計画を組んで、学習内容から切り口までレクチャーしてくれる。

 

英語でのスピーディーなコンタクトをとるためにも、英語でのレスポンスのテンポはかなり重要。

 

英語を耳にして即座に英語で答えられるようになるためには、結構なトレーニングが必要不可欠だ。

 

専属指導者から、トレーニング中はもちろん、個別での時間以外も予習復習ができるようにタスクを組むすなわち”シュクダイ”によって短期間でも英語の基礎が身につくように組まれている。

 

要は「3日坊主」にさせない環境がキッチリと用意されていると言う事じゃ!

 

つまり、この時点で「極めて継続できる気がしない・・・」「オレには無理だ・・・」そう思うヤツは、一刻も早く英語をあきらめてくれ!

 

常日頃の行動力なくして、出張までの最短2ヶ月で英語をマスターするのは絶対に無理だ!

 ⇒30日間全額返金!マンツーマン環境で確実にスキルを身に着けよう!

海外出張まで期日がない!?どうする・・・

英語が話せないので、とにかくストレス? 英会話ができない限り、むこうの言われていることが お手上げ状態。。

 

その状態が続けば、こんなシナリオになる。

■孤独⇒情け無い ⇒居場所がない⇒キツイ

といった事態に見舞われる。。

 

これって、ぶっちゃけて言うと本音を言えばツライんじゃが、元を正せばビジネス英語ができない社員を、どうして、海外出張に出すのか、というクエスチョンも確かにあるな。。笑

 

更に、出張中にレスポンス(質問)するあちらが、英語しか話せないとしたら、会話のキャッチボールに窮してしまうことは簡単にイメージできる。。

 

何をするにも支障があるし、おっかないし、キツイと思う。。

 

会話の キャッチボールの7割が言葉以外と言われるが、それでもやっぱりそれなりの意志の疎通ができない限り、仕事するのはハードルが高すぎる。。

 

特にビジネスとなれば、成果を持ち帰らないとならないので、責任感やプレッシャーもより大きくなる。

 


バイリンガル仙人

それで、胃も痛くなるし、体もナーバスになるし、海外出張なんてクソだと思うかもな。。

 

では、どうするのか?

 

とりあえずは、なぜ自分が出張に行かなければならなくなったのか?

 

もう、どうしても出張が確定したなら、そこは「覚悟を決めて」英会話の習得に取り組むべきじゃ。

 

決まったモノは決まったのだから。

 

そこで、出張に行く目的を始めにおさらいしよう。(計画じゃ)

■アポ訪問

■自社サービスの公開や展示会

■企業買収への視察

■新規事業開拓やM&A

■外資系企業のクライアントとの打ち合わせ

海外出張にリストアップされてるということは、少なからず会社では「仕事ができる人」というフィーリングをされているということだ。

 

どんなに悪くても、そのへんの平社員よりは成績や実績があるはずだ。

 

出張のビジネスシーンで自分自身がアピールしたいことを日本語のように英語でしゃべれないことで憤りを感じる事が多々出てくる。

 

頭では理解できるのに、リアルで英語を話すと出てくるフレーズは意味不明。。

 

つまり、スピーキングのような話すスキルよりも、むこうの英語が聴き取れないと、会話のキャッチボールはそもそも成り立たない。。

 

「英語が聴き取れない」のは、わかりやすく言うとリスニング(聞き取る)スキルがないからであり、いくら話す事ばかりフォーカスしても全く無意味だ。

 

つまり、話す以前にリスニング能力のアップが最重要タスクと言えるだろう。

 

そこで、何をおいてもトライするべきことは「相手の会話を自然に聞き取れるスキル向上」だ。

 

ひとつの例として、オマエがIT会社に勤務しているなら、最初のうちはITをテーマにした情報は思いつく限り全て英語でピックアップしておこう。

そもそも英語とコミュニケーションに自信がないんだけど・・・

英語習得に伴う典型的なネックは「時間の構築」だろう。

 

これについては英語を身につける以前の話しで、その一因として考えられるのは日本人は特に新しい事にチャレンジしたら「絶対に失敗したくない」と言うマインドが植え付けられている。

 

これは、義務教育から失敗に対するシビアなシチュエーションで教育を受けてきたことが作用している。

 

ビジネスのシーンなら一回くらいは経験してきているが、どんなささいな失敗でも無条件で頭越しに叱ってくる上司っていなかったか?

 

つまり、「失敗の数だけ成果にリンクする」ことを日本人の多くは理解できていない。

 


バイリンガル仙人

英語習得もこれと全く同じだ。

 

ここで、短期間で英語をマスターしたければ、成果に向けてどれだけの作業時間が必要なのか?これを逆算して数字として出せば、毎日必要な作業時間がハッキリと出る。

 

後は、その数字通り実行して行くだけだ。

 

めちゃくちゃシンプルだ!

 

なので、まず英語に向けた考え方を変えることが極めて不可欠だ。

 

英語のキャッチボールがテキパキとスムーズにできなかった時の過去を振り返って、キャッチボールはただのフレーズの交換ではなく相手と共有する「コラボレーション作業」だ!

最短最速で英語の基礎をマスターするには市販教材や無料教材は絶対に手を出すな!

意味が無いアプリ、意味がないレッスン、意味がない教材。。 ぶっちゃけて言うと、これらに費やした時間とお金を考えてみたらどうだ?

 

世の中には、クソみたいな英語教材が多い!

 

そのほとんどが、テストでデカい数字を取ることや、日常英会話で全く使えないノウハウばっかりだ。

 

教えられる文法も、これっぽっちも実際の生活じゃまるで使えないし、元を正せば万人受けするために作られた教材ばかりなので、マジでクソのような教材を正々堂々と市場に販売している。

 

子供の英会話教材でもそうだ。

 

英語習得に必要な学習時間は1000時間とか言われているが、果たしてどの程度英語を聞いたりして話せている?

 

これっぽっちも、英語から日本語に略したり、日本語から英語に略したりと、これじゃ、ちびっ子達は一生英語だけで考え出すことはできない。

 


バイリンガル仙人

学校の授業やワークショップでも、スピーキングとリ スニングをやって、コレ以外ではライティングをやって……なんてやっている授業がほとんど。。

 

これでは、労力と時間をかけて教えられたことを別の授業に活かせてない!

 

これは海外出張に使う英語学習でも同じこと。

 

国の習慣や文化を把握しておく事によって、伝統やライフスタイルが違って来るは当然のこととして、 文化やライフスタイルを理解していないと、日本ではちょっとしたことであっても先方にとっては無礼にあたることもある。

 

その国が違えば様々な文化や取り決めがあることを視野に入れ、出発する前に何としてもチェックしよう。

 

そして、いくら英語が話せなくても“笑顔”は全世界の共通語。

 

日本人が海外出張に足を運び、ネイティブの人とコンタクトをする際に一番大事なことは「英語を話すこと」じゃない。

 

「笑顔」を見せることである。

 

英語がしゃべれない人は「笑顔が最終兵器」になるため、ありふれた100倍の笑顔でいることを心がけてほしい。

 

むこうの人と庶民的な関係を築きたいときは、英語を鮮やかに話すよりも笑顔を見せる方が正しいのだ。

 

会話のキャッチボールにおいて、むこうの目を見て話すことは貴重だが、むやみやたらに「YES」を繰り返しするのはやめよう。

 

日本人は日常会話の中で「はい」と回答するが、同じテイストで英語の現地民に「YES」とレスポンスするのは全く意味がちがう!

 

つまり、時と場合によっては「YES」と口にしないほうがいいケースもあるのだ。

 

この辺も、ライザップイングリッシュでは二人三脚で全てレクチャーしてくれるので、会話の基礎となる土台の部分は全てマスターできるので、時間をロスしたくなければお金で時間を短縮して投資するのが成功者のマインドだ。

 

いつまで経っても成功できないヤツは、無料教材にこだわり片手間時間で1日30分程度聞き流しして終わりだ。

 

つまり自己投資して時間を短縮していない。

 

これだから、成果が出ない時期が永遠と続く。

 


バイリンガル仙人

そして、メンタルやモチベが低下して最終的にドロップアウトしていく。

 

■もしオマエが、このような無能になりたくなければ今すぐ行動して出張までの短期間で確実に英語を身につけよう!そして、自分の実績を上げて人生の成功者になって行こう!無能な社員は出し抜いて!

 ⇒たった2ヵ月でオマエの英会話を劇的に変える!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-英語教材失敗
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.