子供英会話

【主婦向け】英語フレーズの子育てに関わる語り掛けとは?

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は、英語フレーズで子育てに関わる語り掛けとママ主婦向けに子供と英語で会話をする時に役にたつフレーズ集を解説していく!

 

英語習得中で子育てをしながら子供と接する時によく使うフレーズや、日常生活の中で使う英語のフレーズに困る時はないか?

 

そんな時に、ちょこっとだけ頭にインプットしておくと非常に役に立つカンタンな英語フレーズを是非覚えておこう。

 

ここを覚えるか、そうでないかでストレスなくライフスタイルを過ごして行く事ができる。

 

では早速いくぞ。

ママ主婦が子育て中によく使う英語フレーズは何?

おぬしの赤ちゃんがしゃべるようになるまでは単語の多さは思考力に直接関係している。

 

その内見て取れる影響力も感じる取る事ができる段階で成長していくので、小さな子の発音ってのは親の関心ごとで言葉のフレーズを覚えていく。

 

それは大人の言葉に限らず、自分の子を「利口な」子にするべくにはまさに英語のシャワーを浴びせていても、思ったように発声に結び付かないな。。という意見もよく耳にする。

 


バイリンガル仙人

子供にコトバを出すということは、○○のような的意味をインプットするだけでは無理だし限界がある。

 

物理学的な育成や記憶力だけに限らず、メンタルの面でも基礎づくりが必要になってくる。

 

幼い子に語り掛けるときは、「よしよし」や「よくできました」などオンリーワンのフレーズで話す機会が多いが、少しの声の響きを並べて、ニッコリ笑みを浮かべながら幼児に対してフレーズを口にする事が殆どではないか?

 

ただ、これは赤ちゃんフレーズだけに限らず英語全体に言えることじゃ。

 


バイリンガル仙人

特に私生活でよく活用されるフレーズはこれ。

 

「There, there よしよし」このように、あたまをなでながら子供にソフトに声をかけるこのフレーズ。

 

これは、幼児以外にも活用することができる。

 

例えば。

「There, there. It’s okay. We can fix your broken toy. よしよし。OKだよ。壊れたオモチャ元の通りになるから・Good job よく出来ました」

幼い子が、何かできたときに活用するのがこのフレーズ。

 

それと同時に、同じような似たフレーズに

「Well done」

というのもある。

 

このフレーズもまた、子供とは関係なしに大人の英会話でもよく活用されており、しかもアクティブに使われるフレーズなので、これにおいては100パーセントインプットすることが大切じゃ。

「 One two, one two. Good job! You walked いちに。いちに。よく出来ました。歩いたよ。」

要は、「赤ちゃんフレーズ」は子供の育成に長所か短所かと言われるとぶっちゃけ早い段階でこれらのフレーズから卒業して、大人レベルの日常生活英会話で会話をしていきたいのが本音じゃろう。

 

幼い子は半年までには自分自身の名前を認識している段階で、10ヶ月以上になると、日常生活に近い独自のフレーズが理解してくる。

やっぱり子育て中の主婦がよく使う定番英語フレーズはこれだろ

成長期の子供によく使うフレーズが 「ちょうだい」「あげる」 このコミュニケーションではないか?

 

永遠にこの会話を繰り返しそうな勢いじゃが、小さな子は特に親や友達と接する機会が多いので、自然とこの会話が出てくる。

 


バイリンガル仙人

ここでは英語でぶっちゃけてみよう。

「ちょうだい:Please give me that」

「 どうぞ:Here you are」

もちろんさる事ながら、何かをもらったらその後の

「Thank you.」

も必ず言うようにしよう。

 

逆に、

「◯◯しちゃダメ!」

「早く〇〇をやりなさい!」

こういうフレーズは子供にとってみたら「悪」そのもので、不愉快なワードナンバーワンだろう笑

育児英会話奮闘中のママ主婦へ

英会話での子育てとは、親のコンタクトに英語を持ち込むという育児の切り口で自分の子供に英語をマスターさせたい親の手法に最も適した手法になる。

 

では、小さなうちから英語に触れるアドバンテージがどれほど有利か語っていこう。

 

1つは低い年齢ほど、英語に向かってのメンタルブロックがゼロだと言う事。

 

言葉の同じベースラインで、まわりが会話しているフレーズすべてに関心を持つこの時期は、ある意味言葉会得の第一ゴールデン帯とも言える。

 

子供は母親と接する時間が長いので、ずっと会話を行ってきた後であったとしたら、日本語を介して英語やそれ以外の言葉を理解しようとする。

 

そうだとしても、まだその時期は母親から大人語をレクチャーしてもらっている言う意識はほとんどない。

 

フレーズはフレーズとして、何語だとしましてもあっさりと子供は了承して受け入れる。

 


バイリンガル仙人

一言でいうと、英語を日本語にトランスレートして会得するのではなく、英文を英文としてマスターし会得でき、常識的には「英語脳」という様な状況を確立するスタートラインと言うこと。

 

小っちゃい頃にフィットした発声を覚えられるもう1つのプラスの面は、ちっちゃい時分にマスターした発語は、そのあとも長く長期的に頭にインプットされる。

 

乳児はこれまでにないフレーズを聞くと、耳に入れたとおりに再生しようとするから。

 

ちっちゃい頃に英語と接触していたかどうかで、これ程までに大人になってから他の人間と違うのかと母親はかなり子供の正常にびっくりするだろう。

 

それほどまでに「英語の力」はスゴイ。

主婦が子育てに関わるフレーズの正しい習い方

英語でしかると、きつく感じない日々、育児をしていれば幼い子どもたちをガミガミ言うケースもあるよな。今日も子どもに「ダメ」を何回も口にしていてしまったとメランコリックになる日だってあるのではないか。

 

英会話中の子育てであれば、ハナから「ダメ」というフレーズ自身を使う事がなく、このポイントは母親からすればプラスに働く。

 

さらに、主婦ママからしても英語が語学である限りは、心の中で日本語から英語へのチェンジを行うことが不可欠であり、このちっちゃいタイムラグがあることによって、母親も子どももリラックスして接する事ができる。

 


バイリンガル仙人

日本語だとガミガミ言う母親も、怒られると子どももヒステリックになりがちで、語学である英語だったら、2人共が少しリラックスして慣れるという部分は、英語育児の思いもよらないアドバンテージといえる。

 

”叱る”と言っても、母親が子供に願う最終地点は幼い子どもたちが各自の人生をハッピーに生きてくれること。

 

親は自分の 子供がアグレッシブに生き抜く力をつけることを望んでおり、 経済的にも、メンタル的にも一人立ちしてほしいと思っている。

 


バイリンガル仙人

個人個人で這い上がっていく力を持ち自立を促す事だよな。

 

元を正せば、子供の身にリスクが迫ったとき、 そいつがお世辞無しで危ないことだと察知して、子供に関しては「だめ」だと伝えることができる事、こいつが「叱る」と言う事だ。

 

子供からしたら適切な結果として重要な点をトレーニングしてほしくて親は子供に叱る事をする。

 

いか程フラストレーションを溜めても、 冷静を忘れず、折り目正しくて愛をもって子供にレクチャーできるモチベーションを 。

ママも子供もお互い朝は忙しいのだ!有効な英語フレーズ

朝飯の支度や外出の準備など、朝はいろいろと忙しくて時間がないのが基本だ。

 

そういう中、自分の子に英語で話かける余裕がないと感じる母親は多いはず。

 

しかしながら、キッチリと英語で語りかけることにより、子どもは英語に熟練して学んでいく。

 

ここでは、朝のシーンを有効利用して使う簡単なフレーズをセレクトしたので是非参考に。

 

全体の9割が、「命令口調」だったりするが、子供にはできるだけのどやかな口調で呼び掛ければ、子どももエンジョイして効果を示してくれてお互いストレスなく関係性を維持できる。

 

親と子供が仲が悪い家計は、この辺がほとんどの原因となる。

■「Time to get up」⇒目を覚ます時間だよ、

朝、我が子を呼び起こしてあげるときは、ふんわりしたトーンで言ってあげよう。

 

■ Did you sleep well? ⇒グッスリ良く眠れた?、

こう話かけながら、ちびっ子達のコンディションをいかなる時も行ったらOKで、3ヶ月ほどこのような関係でちびっ子達の状況を見ていると、移り変わりが実感できるだろう。

 

■Hurry up⇒急ぎでやろう、

ベッドからサクサクと出てきて欲しいときや、朝めしに求められるタイミングが長時間になるときにこのセリフを活用すればいいだろう。

できるだけハードなトーンで言うと、逆ギレするのでここはやんわりを意識しよう。

 

■Get dressed⇒着替えをして、

出掛ける前に、寝間着から私服へチェンジするときに使うワードだ。

言うタイミングが大事で、子供が朝飯を食っている時や、終わりかけの時に言うシチュエーションが大事だ。

あれもこれも言うと、ストレスを感じ子供は逆ギレしてくるので注意だ!

 

このように、ちびっ子達は何処で何をするのかという心の持ち方で行動するので、是非この辺のマインドセットを持ってお互いがストレスなく親のおぬしが主導権を握ろう。

英語のフレーズで子供に語りかける正しい発音は?


出典https://www.youtube.com/

まず前提に、こちらのKIDS向けの動画講義を見れば基礎は理解できるだろう。

 

要は、パーフェクトな英語で発声をしなくても、子供に日常生活の会話を普段から回数をこなしていればかなりOKだ。

 


バイリンガル仙人

ていうのが、ほとんどの家庭はコレができないから。。

 

毎日継続して同じルーティンで何かをやると言う事は、基本的に人間は飽きるのだ。

 

なので、この習慣さえ守って子供に語り掛けていればそれだけでかなり優秀な家計なのだ。

 

しかも、 子供は耳が良いので、いずれ親の英語の発声が現地の住民とは違うということに認識する。

 

けれども、それでOKだ。

先にも述べたように、英語はすでにノンネイティブ人口のほうがたくさんいる言語でもあり、 英語そのものが、出身地域によって訛りがすごかったりするので、TV番組などで聞くクリーンな感じの英語をぶちまける人のほうがめったにいないのじゃ。

 

子供は、それだけではなくわずかなころから親の英語に耳を傾けていたことから、 どんな英語でもものに対するスキルが取り付けられていると言える。

 

我が国では、英語の重要性が年々必須になっているのは言うまでもなく、ネイティブくらいの英語力を持つキッズを義務教育から育成しているだろ。

 

本来英語と言うのは、特に日本人は不得意で いかなる時も、どんなに片言の英語に対しても今の時代の大人は殆どが対応できない。

 

ただ、成長期の子供はインプットしてこれから大人のステップを上がっていくので、かなり脳が発達状態にあり、ドンドンスキルを吸収していく段階だ。

 


バイリンガル仙人

こうなると、マジできれいな英語を中学生レベルから話せる子供もいる。

 

ありとあらゆる家庭がここら辺くらいまで、アクティブに子供に英文を教育できるとは感じないし、現にそれほどなり振り構わず子どもに英会話をレクチャーしている親はそうはいないだろう。

 

そうは言っても、「自分の子が早い時期に英語に好意を寄せてくれたらいいな」と思う意識は常に持ち合わせていると思うので、 ある程度の単語をふと英語でぶっちゃけてみたり、 一緒になって英会話してみたりと、状況に応じて英語のシャワーを1日数分でもいいのでルーティン化していこう。

 


バイリンガル仙人

要は、「英語のタネ」はできるだけ拾っておこうと言うこと。

 

重要なのは、発声のプラスマイナスよりも、子供と二人三脚でお話する頻度じゃ。

 

一生涯、子供と最高の関係を築いていこうではないか。

 

成功を祈る!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-子供英会話
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.