中卒女性が結婚する時のメリット・デメリットや後悔しない選択を決断するには

MASA
MASA
こんにちは、現場作業員の中卒者MASAです。

今回は、中卒女性の結婚に関するメリットやデメリットなどをお話ししていきたいと思う。

中卒女性に対する結婚は後悔しない選択を決断することがかなり重要な部分を占めると思う。

なぜなら、中卒者の女性は社会的に恵まれていない立場にあり、人としてのステータスが低く見られてしまいがちだよね。まあ、中卒男性でも同じで女性に限ったことじゃないけど、特に女性の場合はそのポジションが男性と比べて弱い部分がどうしてもあるよね。

なので、結婚に対する価値観(メリットやデメリット)を結婚する前に認識しておくことはかなり大事なことやと思うので、ここでわたしなりの見解を述べていきたいと思う。

そもそも中卒女性の価値観は普通の人とは違うのか?

「中卒女子」この言葉だけ耳にすると世間的にはさほど好印象は無いかもしれない。

MASA
MASA
わたしも中卒やけど、やっぱ大分世間体には悩んできたよね。 男性のわたしでもそのようなレッテルを張られるので、中卒女子ならなおさらやと思うわ。

やっぱり女性の場合は、人生において大変なことや苦労が多いとおもうので一度キリしかない人生をどう自分の望む生活や出来るだけ幸せになれるようになるにはどうすればいいか?

これを真剣に考えていきたいと思う。今や、さまざまな人が大卒などで社会に出て頭角を現してきているとはいえ、今になってもこの国は学歴社会に違いないと思う。

周囲の目は中卒に相当温度が低いし、近年よくテレビで見るテレビタレントなんかでも中卒の人が大勢いたりするけど、彼らは自分が商品として売っている「芸能人」なので、自分を発信できる。

つまり、メディアと言うアピールポイントがあり、そこが我々のような一般人とはわけが違うよね。。

わたしたち40代の年代的には、「中卒=ヤンキー」みたいな風潮あり、ある程度のブームみたいなのがあって言ってみれば族やリーゼントと呼ばれる子達が周囲にめちゃめちゃいたよね。

■ヤンキー=行動が良くない

■ヤンキー=学力を持ち合わせていない

など否定的なイメージが固い中卒やけど、中には個人的な事情などでやむを得ず中卒になった人もそれなりに多いよね。

周囲の環境が合わない人や経済的な理由も多い

■学校の人間関係になじめなかった

■経済面の理由

■他に目指したい進路が見つからなかった

というような事情から、中卒で働きに出たり、高校に進学したけど中途で退学する子は結構多いよね。

MASA
MASA
わたしも、中学を出て高校には行かずにすぐに建築現場に働きに出た。

他には、自分自身で高校をリタイアするのではなく、日頃の行動に問題が要因となって、自動的に退学させられる人いる。 仮に中途退学したとしても、結論として自分自身の一生涯やから周りの目を気にする必要は1ミリもないわな。

だけど、中途退学の要因が生活の振る舞いにあったりするのであれば、それは自分自身に問題があるよね。

学歴が100%じゃないけど、働きに出る会社によっては中卒者に関して「イメージだけで」不安に思うケースがある。

わたしの場合は、中学を出てすぐに働ける会社なんて建築業界ぐらいしかなかったよね。。

よく、高校へ進学しなかったのは、「一般レベルの学業も積んでいない」あるいは「基礎的な能力がない」とイメージされる割合が高いよね。最低レベルの学力は義務教育で修得しているとしても、今後のステップアップへの熱意があまり見られなければ、会社組織にとって難点と捉えられてしまうよね。

このような取捨選択の時にはビジネスへの前向きな気持ちをアピールして、否定的な固定観念を排除するようにしよう。

中卒女が結婚する時のメリットは?

近い将来結婚したいと思っても、中卒のケースでは、学歴が気になってしまう人はたくさんいる。

通常の人のように結婚は、毎日を過ごすためのゆとりある収入と社会の中での信頼がなければ大変だと言われている。

両者が結婚したいと捉えていても、親族や周囲などから反論されることもあると思う。

たとえ収入面や社会的な信用面が不足しているまま結婚しても、やはりライフスタイルを持続することがきつくて別れてしまうことも多いよね。あるいは、中卒であっても専門の職業や企業に正規社員として仕事に従事しているなど、収入面でベターなケースになると結婚も認められると言える

その上で、中卒でも結婚そのものは可能やけど、稼ぎや対人関係的信用をカウントすると、ちゃんとした企業で正規雇用社員として長く仕事することが必須条件となってくる。

しかしながら、中卒でも幸せなライフスタイルを過ごすことは充分できる。 幸福な基準は人それぞれやけれど、一般的に結婚して子供を育て上げることができるぐらいの喜びを確保することはできる。

MASA
MASA
わたしの周りでも中卒者女性の幼馴染みがワンサカいるけど、普通に結婚して子供を育てながら主婦をやっている。

中卒でも正規雇用社員になることはぜんぜんできるし、学歴なんて気にしないと言ってくれるスタイリッシュな相手(将来の旦那)だって例外無くいるもの。

その相手がおんなじ中卒者、あるいは高校中退者だったとして、

■年収は300万円ぐらい

■ボーナスや昇給はなし

■基本はガテン系の仕事

であっても、家族みんなで暮らしていくことで幸せと思えていたらそれでいいのだ。

周りの目や社会的地位なんて一切関係ないわな。

頭に入れておくべきは、将来に対するあなたの考え方です。

恋愛は一時的なことなので、相手が中卒だろうか大学院卒だろうが、どうでもいいこと。 それに比べ、一生涯を共にする結婚を考慮しているなら、家族を作り協力関係で生きていくうえでお金の面でのベースを作りあげることは紛れもなくなくてはならないもの。

そう言うことからどんな環境で人生を送るのか?、そしてどんな人生を目指すかはめちゃくちゃ重要なファクターになるよね。

MASA
MASA
そこの所を、あなた自身がどのような将来のビジョンを実現しようと取り組んでいるのか?を再度チェックして欲しい。

もしちゃんとイメージしているなら、自分が中卒者であるコンプレックスを身に付けて行動自体をマイナス思考に受け取ってしまうのではなく、中卒女性でも相手(男性)が集まってくるような洋装なり身なりなり、魅力的な女性を目指せば何の問題なく男性からしたらあなたは魅力的な女性に写ると思う。

なので、中卒女性でも結婚する時には自分のコンプレックスばかりに意識を向けるのはあまりにももったいないと言える。

中卒女が結婚する時のデメリットは?収入の壁がある?

MASA
MASA
まあ、結論から言えばお金やろね。。

結婚というものはめちゃくちゃお金が必要。 嫁からしたら人生に一度、晴れ舞台での日やから結婚式ぐらいはやりたいと感じている女性はかなり多いと思う。

でも、お金がかかるのはここだけじゃない。。 結婚して子供が産まれれば、嫁は動けなくなり家の賃料、生計費を相手に拠出してもらわなければならない事になる。

マイホームでも買うならば月々の分割払いの支払いや、その他保険代まであり、それを丸ごと拠出していけるような給与がなければ結婚はハードルが高いと言えるよね。

そうなれば、収入面では大卒者と照らし合わせてどうしても一般的に見れば低い中卒者では言うまでも無く結婚と言う選択の幅が狭くなっていくことは容易として想像できるよね。。

大卒者と中卒者では一般的に、一生涯の収入にトータル2000万円以上の違いが出てくるそうや。 学校を出て仕事をはじめる年齢を考えても年収でいうと100万を上回る開きがあることが解っている。 これは全員が全員ではなく、一般的な調べのデータとなる。

基本的に中卒女性の結婚には彼氏の親が猛反対してくる

中卒女性は高校で学業を積んでいない分、礼儀作法や常識論がないというイメージを持たれる確率が高い。相手方の親族の学歴が高いケースになると、話がかみ合わず付き合いができないとイメージされてしまうやろな。

ほかにも、結婚して子供ができたケースになると、しっかりと育児をすることができるのか?常識や、礼儀作法がない大人になってしまうんではないか?このような戸惑いを持たれてしまうこともやるやろね。

親世代でも中卒はかなり少数やから、何か難があり高校に行かなかった、もしくは中退した、このような事実は昔の人間でも中々ないよね。(親世代は高校大学に行くのが当たり前の世代)

よって、働いている会社でも学歴の障壁に出くわし、仕事がたとえ出来てもキーとなる役職に就く事がしにくい懸念も。 役職に就けないということは、給与もそれ相応のレベルに見合ったまま。

MASA
MASA
嫁が中卒であれば育児等の不安もありますから、安心して子供を任すことができる女性と 結婚してほしいと求める親の声が本音やろうね

要は、息子の子供(親からしたら孫)を正しい育児で育て上げることができるのか不安だと言うことやろな。

中卒女でも相手の両親を納得させる方法

結論から言うと、中卒者であることが結婚の泣き所になっているのであれば、高卒者になればいいだけのことやな。

MASA
MASA
要は、高卒認定試験にパスすると、高卒扱いになる。

受験科目はトータル14科目、6教科クリアすれば高卒認定されるわけやな。

ハードルなどは、ぶっちゃけて言うと高校1年生レベルの学力で40点以上取れば合格水準となる。なので、そこまで高いハードルではない。

受験は毎年2回実施され、8月と11月に実施される。通信講座でも取得できるため、本業などの勤務を続けながら受験できる。

高卒認定試験にかかる費用
1~3科目4,500円
4~6科目6,500円
7~9科目8,500円
高卒認定試験の受験実施日(年2回・8月と11月)
8月12日
8月13日
11月 7日
11月 8日
受講時間 内容
9時30分~10時20分 物理・基礎
10時50分~11時40分 社会・経済・日本史
11時40分~12時40分 昼休み
12時40分~13時30分 国語・世界史
14時00分~14時50分 英語・生物
15時20分~16時10分 数学・地学
16時40分~17時30分 ライフスタイル

高卒認定で高卒資格が得られたら、雇用先の数が増えることが最大のメリットやろな。ただ高卒資格を得れても書類上の経歴は中卒や。

『えっ!?だったら意味ないじゃん!』と思うかもしれないが、国の文部科学省は会社組織に対して、高卒認定に通過した人は高卒者とまったく同じ対応を行うように指示している。

MASA
MASA
また、結婚の際にも相手の親は安心するやろね。 要は、プラス思考でコツコツと取り組むことができる人というイメージを持ってもらいやすい。

ただ、高卒認定を取りその先に有利になる資格を取る際に注意すべきポイントは「どんな資格でもOK」なんてことはない。

重要なポイントは、どんな人でも取得できるような資格やビジネスでは意味がないということ。

中卒でありながらも、高年収を確保できるビジネスにつながるような資格でないと意味がないという事。

■宅建

■英会話スキル

■ライティングスキル

■WEBデザインスキル

これらの資格やスキルはかなりニーズが高く、高収入を得やすい王道のルートと言える。

MASA
MASA
実際にわたしも建築現場での収入だけではなく、ブログでのライティングスキルやWEBデザインスキルなどを高めてこのようなブログを運営したり、依頼などを受けて副収入などを得ているわけやね。

もっと言うなら、企業によってはこういったモノを持っているだけで、手当てがもらえる企業もある。結局のところ、資格に合格すれば職の幅がでかくなり、年収も上がりやすい。

資格取得のために真っ直ぐに勉強することができる人だと見なされ、結婚相手にとどまらず、相手の親や会社にも一目を置かれる存在になるやろう。

中卒女が結婚して後悔しない選択をするには

■中卒特有の困難を困難と思わない

■中卒だからと言い訳しない

■早い時期に社会に出たのだからそのメリットを活かす

■旦那のサポートをちゃんとしてWIN WINの関係を築く

■とにかく誰よりも行動する

■家族みんなで幸せになりたいという強い気持ちを持つ

行きつく先はやっぱり旦那や子供を想う気持ちを持つ、 この点が幸せになる為にとても重要な点だと思うよね。 中卒女子だって紛れもなく自分の望む生き方は可能。

MASA
MASA
て言うか、他の人(高卒者や大卒者)よりも早く働きに出ているとポジティブに意識することが大事やと思う。

(実際にわたしも、それが強みになっている)これは中卒だろうとなんだろうと、仕事のジャンルだって関係ないよね。

リアルな目線を持っていれば中卒は決してハンデじゃない。

中卒で悔やまれるタイミングはぶっちゃけあるんやけど、過去のキャリアや転職の時にそのハンデが前面に出て職場で皮肉を言われたり、人間関係の対象になったりというシチュエーションで悔しく思うことがあっても、自分は世間体とは違うから、自分らしく生きればいいと思う。

人の目を意識することで中卒であることを悔やむことがあるなら、他人からの評価は気にしないようにして、自分の好きなことは全身全霊でやれば自信に繋がる。

中卒である悔いも無ければ、 「高校を卒業しておけばよかった・・・」と嘆く必要性もないよ。

実際問題、わたしも中卒で建築現場で働いているが、このようにブログを書いたり、WEBデザインを学んだりして自分の好きなことで 日々を送っている。

なので、たとえ中卒女性だからと言っても、自分のやりたい事や好きな生き方を優先し、まずは自分にストレスを抱えない。そして、そのような生き方が実現するように一歩前進して行動する。

このチャレンジの積み重ねが、最終的に自分の望む生き方に到達できる唯一の近道ではないか。

ここでの話が何かの役に立てれば幸いやね。最後まで読んでもらって感謝したい。

MASA

管理人プロフィール

MASA
MASA
42歳・建築現場で働く中卒者。このままで人生を終わらせたくないとPCスキルゼロだったがパソコン教室に通いWordPress構築の基本を覚える。今ではブログ立ち上げや記事作成のスキルを身に付け、自分と同じ中卒者に向けて役に立つコンテンツ作成や生き方についての情報を発信しています。

中卒者に向けての関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする