中卒者がゴミ屋(収集業)を目指す?⇒夜勤は給料いい?公務員の肩書きも貰える?

MASA
MASA
こんにちは、現場作業員の中卒者MASAです。

ここでは、中卒者がゴミ屋いわゆる収集業を目指す時に給料や夜勤の条件はいかほどのモノなのか?について触れていきたいと思う。

中卒は仕事を選ぶ時にかなり限られた職しかないのが日本のリアル社会やけど、ゴミ屋のような収集業は公務員やし、体力つくしとパッと見た限りでは魅力的な仕事やとイメージしてしまうわな。

ただ、給料や福利厚生の面でどんぐらいの条件があるのかは働く部署によって開きがあるもの。そこで、中卒者がゴミ屋をやる時に知っておいたほうがいい事や、気をつけるべきポイントなどを調べていきたいと思う。

中卒者でゴミ収集業はいいのか?

ゴミ収集車のメインの仕事は我々のライフスタイルに絶対不可欠のビジネスや。

人が生活して行く以上ゴミは100パーセント出るため、それを引き上げて処置してくれる収集員はなくてはならない位置付けやな。

ゴミ収集の業務はと言えば 民間の住民から出たゴミを永遠に集める業務です。

MASA
MASA
とりあえず、パッカー車にドライバーと補佐役で乗車して、割り当てられた地域内のゴミを車にガンガンブっ込んでいく。

もちろん、個人商店や企業から出たゴミも引き取る商売で、メインにして 「ビン・缶」や「資源ゴミ」を車に放り込んでいきます。

この分野では、パッカー車とも表現されているゴミ収集車に乗り働く1ヶ月の賃金というのはいまひとつ知るタイミングがなく、どういった具合に社員募集を見つけ出せればいいのかもいまいち認知されていない。

そこで、ゴミ収集車の意味深な平均給料や業務をステップバイステップで検証していきたい。

これは民間の収集業か地方公務員の収集業によって開きがあるが、中卒者が未経験で入社した場合、初月の給与は、低い事業所だと約月収18万円からのファーストステップになる。

しかしながら、これはお試し期間中の収入である故、自立すればオーソドックスな給与システムに変わるやろう。

経験を積んだベテランや覚え込みが早い新人君のケースであれば1ヶ月以内にお試し期間を完了するため、2ヶ月目から月収25万~30万円をもらうこともできると思う。

自治体の調査によると、大卒の初任給が平均約17.5万円、高卒の初任給が平均約15.3万円なので、中卒者の割には高い水準に当てはまる仕事と言える。

一見ブサイクな仕事に感じてしまうかもしれないけれど、それなりにタフな業務が求められ、誰でもできる仕事ではない。

MASA
MASA
つまり、誰でもできる仕事ではないと言う事は価値が高く重宝されている職業だと言える。

中卒者に関して言えば学歴がない割に高い給与が期待できるし、定着率も高いため、人気を博しているめしの種や。 そうは言っても、ゴミ収集車のワーカーは倍率が高いケースが多いぞ。特に地方公務員の収集は。

中卒でもゴミ収集業は給料いい?夜勤の待遇は?

中卒者でも民間企業のゴミ屋では、普通の大卒サラリーマンよりも給料や待遇面で魅力的なところが多いのが現状やな。

確かに、体力勝負やけど、逆に言えば体力がつくし、軽いトレーニング気分で体を鍛えることもできるやろな。

ほとんどのケースで夜勤の勤務する時間帯は23:00~8:00が一定水準で、日給1万円以上くれたり福利厚生なども社会保険のみならず、いろいろな手当てなどもしっかりしているので日勤よりは夜中の勤めのほうが待遇面は良さそう。

しかしながら、夜勤は当然の事眠いし睡魔が出るし、ハードな点もあるけどコツコツ地道に仕事がしたい人にはマッチすると思う。

なんせ夜勤は1人でハンドルを握って、ゴミを引き取るスタイルが多く 誰からも干渉されずに誰からも文句一つ言われることなくすべて自分の自由さで作業ができる点がいいと思う。

会社の人間関係にイヤ気が指してる人や、誰からも指図されずに、コツコツ自分のペースで仕事をしたい人には持ってこいの仕事やな。

昼の時間帯の回収作業で人の出入りが多くてゴミの収集が不可能だったレストランや普通の家庭、その他にはコンビニエンスストアなどをベースとして回収に行く傾向が見られる。

夜の町並みを堪能しながら自分のペースで仕事がしたいと思う人には、利点が多い職やと思う。

MASA
MASA
中卒者で職に苦悩している人や、自分の正確に性に合う仕事がしたい人には夜勤などをやってみるのもいいかもしれない。

ゴミ収集の最高な点と最悪な点は?

ここでは、ゴミ屋の仕事をやって最高な点と最悪な点を上げるとしたらどのような要素があるのかピックしていきたいと思う。

■最高な点

  • 基本定時で帰宅できる
  • 回収ポイントが終われば休憩できる
  • 企業や店舗が時にはジュースやお菓子をくれる時がある
  • 適度な運動になる
  • 勤務時間の割には給料が高い
  • 公務員なので福利厚生が充実してる(民間でない場合)

■最悪な点

  • とにかく朝が早い(昼勤の場合)
  • ゴミが重くて腰痛になる
  • とにかく体力勝負(土方や建築関係よりマシ)
  • 雨や雪でも回収にいかなくてはいなけない
  • 運転手と助手の仲が悪いと毎日が苦痛になる
  • とにかくニオイが臭くて体中にこびりつく
  • 怪我のリスクもある(車に乗ったり降りたりを繰り返す)
  • 社会的イメージがよくない
MASA
MASA
昼勤の時は特にそうやけど、なんせ朝が早い。。基本、4時起きで5時に出社とかザラやな。。
一日の基本的なスケジュール(昼勤)
・6:00~始業(車で現場へと向かう)

・7:00~11:00作業(ゴミ回収)

・11:00~12:00昼休憩

・13:00~15:00最後の作業

・15:00帰宅(会社に戻る)

と、まあ、こんな感じやな。

ぶっちゃけゴミ収集は体力が付くし安定してるのは事実

ゴミ収集は安定型の仕事と言える。

中卒でもなんら問題なく、体が元気なら採用してくれる仕事として将来の人生設計がしやすい業種やな。

MASA
MASA
景気に左右されない業種やし、世間はコロナ禍やけど、毎日ゴミは必ず出るのでコロナでも全く影響を受けない。

この仕事で、年収を上げるポイントは、勤務する時間を長くするか、日給を上げるかのどちらか。 ゴミ収集の仕事は時間や休みが確定している勤め先が多く、時間外の仕事をしたくても不可能な場合が多い。

そのため、勤務の時間を長くするというのは思っている以上に困難やな。

しかしながら、休日出勤が望める会社もあるため、儲けたい人はそういう風な業者を選択するといいやろう。他にも、 年収を上げるポイントの最短ステップは日給を上げること。

ひとつの例として、今までパッカー車の助手やったのが、ドライバーにステップアップしたり、仕事をマスターして手際が改善すると、運べるボリュームが増加するため日給も上がる。

もっと言うなら、創意工夫が必要とされている産業廃棄物の引き上げや、特集ゴミの回収などの荒仕事については、その分日給もUPするやろう。

要は、普通の社員じゃなくて何か特殊なスキルや技術を身につけることで、自分にしかできない仕事が増えるため存在価値が高まり重宝される。

ゴミ収集の平均所得は400万円ほど。

まれに1,000万円近くの年収を稼いでる人もいるので、決してゴミ収集=低年収じゃないと断言できる。 もっと言うなら、仮に所得が低くても、時間外の仕事が少ないのであんまり負荷が大きすぎない環境下で仕事ができる利点もある。

■年齢
■平均年収
16~19歳
250万円
20~24歳
330万円
25~29歳
370万円
30~34歳
420万円
35~39歳
470万円
40~44歳
490万円
45~49歳
510万円
50~54歳
530万円
55~59歳
550万円

トータルで見ると、30才~40才の平均年収がゴミ収集員の平均年収と考えて良さそう。一般サラリーマンぐらいか、それ以上か。

MASA
MASA
割かし高いレベルの年収にあることがわかるよね。

公務員のゴミ清掃員としては賞与や退職金もプラスされると、このアベレージよりも高い年収を支給されるパーセンテージはかなりあるわな。

中卒から30代に至るまでの平均年収は400万円台を目安として考える事ができれば、比較的人生設計がしやすいと言えるわな。

要は、400万円の平均年収の中で将来にまつわるマイホームの購入やマイカーの購入、又は結婚して子供ができれば、生活の中でのやりくりなど。

基本的に景気に全く左右されないので、かなり安定していると言えるんではないか。

あとは、公務員としてのゴミ屋であれば毎年必ず昇給やボーナスなど、退職金も出るだろう。

しかし、 民間企業の場合はこれらの要素がないケースがもあるので、求人を探しだす際にチェックした方がいいな。

これらの事を踏まえると、ゴミ屋は地方公務員として働く方が魅力的に見えるが、実は働いた分だけ稼げる民間企業の方が生涯年収が高いケースもあるので、公務員の方が有利ということはないのだ。

公務員と言う肩書きが中卒にとって最強

確かに、ゴミ収集業は地方公務員としてのステータスがあるが、間違えてはいけないのは、市がマネジメントしてるゴミ収集は「公務員」と言う事。

個人がマネジメントしているような会社組織や企業から求人しているようなモノは、正確に言うと「公務員」じゃない。

ただ、この仕事は中卒者でもバイタリティと素直さがあれば自然に採用してくれるし、公務員であろうが民間企業であろうが、条件はほとんど一緒であると言う点。

そうした理由から意識しておきたいのが、給料だけで公務員を目指したいのなら、ピントはずれだと言う事。

年収700万円~800万円よりも高い公務員というものは、そのポストでの専門性が高いスペシャリストの仕事をしている言わば一握り未満や。

最低学歴の中卒でも「公務員」と言う称号を得れるのがこのゴミ屋やけど、簡単にいえば、体さえ動けばスキルや専門的な能力がなくてもさっさと面接を受ける事は可能。

MASA
MASA
普通に中卒者でも、結婚後は共稼ぎすれば生活出来ないレベルに陥ることはないと思う。

極端な贅沢をしなければ、さほど苦労はしない程のライフスタイルが望める位の収入だと考えておればいいかなと思う。

中卒者でゴミ屋を目指すなら、いいと思うよ。

最後までご覧いただき感謝したい。

MASA

管理人プロフィール

MASA
MASA
42歳・建築現場で働く中卒者。このままで人生を終わらせたくないとPCスキルゼロだったがパソコン教室に通いWordPress構築の基本を覚える。今ではブログ立ち上げや記事作成のスキルを身に付け、自分と同じ中卒者に向けて役に立つコンテンツ作成や生き方についての情報を発信しています。

中卒者に向けての関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする