中卒者の末路

中卒でも理想の恋愛をしてゴールインする方法や秘訣!

MASA
MASA
こんにちは、建築現場で働く中卒者のMASAです。

今回は中卒でも理想の恋愛をしてゴールインする方法や秘訣をお伝えしていきたい。

 

低学歴であればあるほど、恋愛や決婚については否定的な意見が多いが、結論として中卒者でも学歴は全く関係ない。

 

中卒者はなかなか理想の恋愛が難しいと、気持ちが沈んでしまいどこかで我慢をして人生の中で大事なゴールインにつながる恋愛を妥協しがち。

 

確かに、高学歴者と比べたらいろんなところで努力することは必要やけど、でも、実は自分の考え方次第で理想的な恋愛ができるモノ。

 

今回はそんな中卒者の大事な恋愛事情に関して一緒に見ていこう。

結論、中卒でも恋愛してゴールインするのに学歴は全く関係ない

中卒だからという理由で、結婚してゴールインすることは決して無理というわけではない。

 

MASA
MASA
わたしも中卒で、今恋人がいるが、コツコツとマジメに仕事をして、建築現場で働く職人としてその道の専門分野のノウハウやスキルを身に付けている。

要は、たとえ低学歴でも学歴を理由として、自分を下の目線で評価するのは単なる「幻想」と言っていいかもしれないよね。

 

世間一般的に見たら、メジャーな会社で働いているほうが安泰とか言うけど、その会社で定年まで働ける保証などあるんだろうか?

重要ポイント

特に今後は会社経営が厳しくなるコロナと共存して行かないといけない状態になっている。

仮に、定年まで雇ってもらえる条件だったとしても、上司や社長に何十年ペコペコしないといけないのだろうか?

 

そんな収入の不安の解消や、理想な生活サイクルに結び付く裏付けや保証は一体どこにあるんだろうか?

 

何が言いたいのかと言うと、相手の条件がいくらよくたって、近い将来、例外無く安定したライフスタイルが送れるとは何の根拠もないお話しやという事。

 

むしろ、条件が多少低くても、相手がコツコツとマジメに仕事をする人を選んだほうが利口だということ。

 

結婚相手や恋愛相手を、根拠なく高学歴に選ぶ人が多いが、中卒だからという理由で不安になり目の前の相手が実は一緒に生活をする上で理想の相手だったりすることもあるから。

 

要は、中卒者とゴールインするにしても、今後の人生を同時進行で一緒になって考えてくれる相手を選ぶことは学歴を選ぶこと以上に人生において大事なこと。

 

MASA
MASA
わたしも建築現場で働く低学歴やけど、彼女はそんな事よりわたしの人間性を重視しているよね。

生活ができない程、収入が低いのであれば確かに問題やけど、別に最低限の生活ができるのであれば、仕事をコツコツとマジメに取り組んでくれる人を選ぶほうがよっぽど大事よ。

 

そしてもちろん、自分もコツコツと相手をサポートしてあげることが大事。

そもそも中卒の恋愛って世間からどう見られている?

中卒者に対する世間の目はこうやろうね。

ポイント

■中卒の人を好きになれない・・・

■恋愛相手が中卒やから先行き不安・・・

■中卒である以上結婚までは考えられない・・・

恋愛中で相手のことが好きで、やがては結婚も考えていたけど、相手が中卒というのを耳にしてしまったと場合、心配しているは言うまでもなくその学歴やろうね。

 

要は、有名大学出身の相手なら例外なく安定した高収入で理想的な生活ができるのか?とは言えないが、今の日本の学歴社会でキャリアが中卒ってのも近い将来マイナス点に写ってしまうのはどうしても避けて通れない。

 

しかも、相手の親からもその学歴を否定される確率が高い。。

 

それじゃあ、中卒者は恋愛や結婚などすらできないのか?

 

MASA
MASA
そうではなく、大事なのは「考え方」で、 中卒、高卒、大卒、と、ざっくりやけど、自分がどこに価値観を置いてどのような理念を持っているのか。

もっぱら、学歴だけで判断され、生活に対する次元が違うと簡単には相手との価値観がマッチしないので、その場合はササッと見切りをつけて自分に合う人を見つける行動をとったほうが利口やと思う。

 

なぜなら、たとえ有名大学出身で一流会社に勤めていても、そこに「今後」があるか?

 

歳をとって50、60超えてからも安定してできる仕事なのか?

 

突然の解雇や会社がつぶれてもあなたの家族を食べさせていけるだけの専門的な能力やスキルをもっていいるのか?ということ。

 

世間が認める社会的信用がある人とは、学歴で判断するのではなく、今までどんな事(仕事)をやってきて、どんな実績(キャリア)を積み上げてきたかや。

 

そのキャリアすらない人が、いくらあれこれやっても現状は何も変わらない。

中卒者の恋愛や結婚は相手の親が反対してくる

今のわたしの現状がこうや。

■わたし(中卒)→建築現場で働く職人・副業でブログを運営(42歳)

■彼女(高卒・専門学校卒)→美容師・副業でブログを運営(35歳)

■交際歴→4年

彼女の親(特に父親)はこうや。(彼女から聞いた)

彼女の父親
彼女の父親
「お前には最低限、高校を出てる相手と結婚して欲しい。中卒はやめてほしい。そんな男と結婚したらちゃんと生活をやっていけるかどうかわからない。」

と、猛烈に反対してきたと言う。

 

まあ、わたしはそれを聞いてやっぱり世間ではそう見られているんやなと。。「そりゃ、そうやろな。。と・・・」

ポイント

ただ、わたしがいくらが中卒だからといって、そのキャリアは今から変える事はできないので、別に気にする必要性もなく、中卒でもその人の捉え方や考え方、人生設計をどう考えているかのほうがはるかに大事なことやと思っている。

そして、その相手とまだ来ぬ先を二人で思い描くことが大事で、一緒になって取り組んでくれる人間のほうが大事。

 

逆に、学歴だけでその人の人間性を決めるのは、わたしはどうかなと思っている。

 

相手が中卒でも、そこは普段からマジメにやっているとか、彼女のことを真剣に考えているとかで、問題解決はできるテーマの一つでしかないと思う。

 

MASA
MASA
一番大事なことは、 「この人となら、一緒に生きていきたい」と、双方が思えるかどうか。

そして、思われる人になることやと思う。

中卒でも理想の恋愛をしてゴールインする方法

間違えてはいけないけど、中卒やから全部ダメということではないよ。

 

ひとつの例として、わたしのように職人をして稼ぎたいと思っている人なら20~30代のうちから専門的なフィールドで働いて、スキルやテクニックを身に付けてる若い中卒者も多いよ。

 

MASA
MASA
これは、「学歴」よりもはるかにその人の価値になるし「能力」というスキルになる。

要は、専門性が強い分野でその道のプロになったら学歴よりもはるかに社会的に認められて価値がある人材になれる。

 

ここをわかっていなくて、相手の学歴がよければ誰であっても幸せな生活が送れるとか、キャリアが低いからといってどんな人でも不幸になるわけでもない。

 

頭に入れておくべきことは、恋愛相手や結婚相手が人間的品格(器)とビジョンをちゃんと持っているか。 中卒だからと、そんな理由だけでリスクや警戒心を抱き、自分の人生の一生涯のパートナーとなるべき相手をカットしてしまうのはマジでムダな行動やと言える。

方法①スキルなし・コネなし・貯金なしのないない三昧はどうする?

中卒で何のスキルもない。 バイト暮らしで理想的な収入もない。貧相な生活なので人とのコネもない。現実をどうにかしようという気もなく、今が良かったらそれでよろしいという考えの相手だったら、いの一番に不安になるのは当然やね。。

 

このような場合、1つの方法として将来のことを考えているなら、ササッと縁を切るかわかれるのが正しい選択やと思う。

 

それに比べ、自分自身が望んでいるフィールドやメインの仕事があり、そこで求められるノウハウや資格等を取るために現在学んでいる最中とかのコツコツ系。

 

他には、 目指している仕事を選択して月収は低くてもなり振り構わず仕事を覚えるためにマジメに働いてる人なら、中卒という学歴はそれほどマイナス点に思い描くことはないと思う。

 

MASA
MASA

何回も言うが、大事なのは、今後に対する相手の方向性や将来に対するビジョン。

恋愛は取り敢えず束の間のことなので、その先にゴールインするかしないかまだ分からない相手や自分にたいして中卒だろうか大卒だろうが、まだこの時点ではどうでもいい事。

 

しかし、この先の人生(結婚)を最優先しているなら、家族を作り同時並行で生活していくうえでお金の面でのベースを作りあげることはれっきとしてなくてはならないもの。

重要ポイント

そうするためには、どんな職で生活基盤を得るのか、どういうことを志すかはめちゃくちゃ大切な部分。

そこの所を、相手と自分自身がどう思い描いているか?思い描いたことをどういう風にして現実にしようと向き合っているか?

ここの部分を、中卒と言う先入観をなくして見てみよう。

 

もしきちんと思い描いてがんばっているなら、中卒であることでの世間の評価は全く関係ない。

方法②専門性の高いスキルを身につけたり独立して自営業をやる

普通の中卒が恋愛から結婚するなら、それなりに生活ができる収入がなければ難しいと言わざるを得ない。

 

これは、いくら将来のビジョンがあるとか、仕事を真面目にコツコツやっているとかの話ではなく、「人間、収入がないと生きていけないよね・・・」という話になる。

 

だとすれば、一般的な方法としてバイトではなく、正規雇用を満たし社員になって勤めるなど、安定感がある稼ぎを得て結婚へつなげる方法。

 

まあ、これが一般的な方法やと思うけど、 中卒者の場合はこの企業に就職して正社員になることが非常に難しい。。(ガテン系は別やけど)

 

有名上場企業に正社員での採用は、なかなか中卒では採用してくれる企業がないので、どうしても肉体労働系の仕事に行きがち。

 

今の時代の結婚は、経済的信用を男女で必要とされるもの。

 

なので、低学歴へのコンプレックスを打ち破りたければ、キッパリと自分で事業をやりお店を開いたり、会社を立ち上げたりして「経営者」になる道を進むのが、中卒でも成り上がる方法の1つになるよね。

 

いまではインターネットを経由してどんな人でも、さまざまなアプローチで自由にビジネスができる時代。

 

MASA
MASA
このような、ブログを発信するのもそう。

要は、自分にしかできないビジネス(価値)があれば、それを求めている人達に届けて、対価(お金)を得れば、一流大学出身でも成し得なかった社会の中での成功を収めることも全然できる。

 

評価やスキルがダイレクトに問われるので、人より早くから、手に職をつけて、「後々店を経営したい」「自営業をして人に役立つモノを販売したい」などといった理由からでも素晴らしい動機になると思うよ。

 

なので、「自分だからこそ出来る」と言う道を進む観点から手に職をつける事も1つの切り口になる。

方法③中卒者が恋愛してゴールインするには相手の親が強敵である事を理解すべし

結婚に対して、中卒者が乗り越える最初の壁が相手の親になる。

 

 相手の親に結婚を反対されてできないって人は、けっこう多い。。

 

これは、普通にバイトや派遣で働いているようじゃ、ハッキリ言って親から結婚の了解を得るのはかなり困難になる。

 

どうしてかって言うと、

ポイント

相手の親は、あなたに対して結婚というのは「愛だの好きだの」関係ないから。

何が言いたいのかと言うと、親は「安定して何年も収入が入り、家族や子供を守っていけるのか?」しか見ていないということ。

 

MASA
MASA

わたしも4年交際している美容師の彼女がいるが、彼女の父親には「中卒だけはやめてくれ」と影で言われていた。

なので、結局は経済力があるかないかが求められるので、ここさえクリアになれば難しい問題ではないということ。

 

そのために、わたしは本業(建築現場)の収入源だけに依存することなく、このようなブログで副収入も得ながら、経済力を高めているわけ。

 

まだ、相手の父親からの承認は出ていないが、わたし自身はこのような行動が誠心誠意と受け取られ、結婚を許してくれることに繋がると思っている。

方法④中卒者や低学歴者の世間的印象を変える

まず、このデータを見て欲しい。

 

中卒者の既婚率は、男女間で女性が15.5%、男性は35.2%になる。

中卒者の男女別既婚率
男性
35.2%
女性
15.5%

※内閣府の男女共同参画局-生涯未婚率の推移からの調査

つまり、中卒男性の10人に3人が結婚出来ていないって現実になっている。。

 

MASA
MASA
かなりヤバい数字。。

中卒者って世間の印象からイコールヤンキーとか、直ぐにキレやすいとか、そういった印象がどうしてもあるよね。

 

でも、はっきり言ってそんなことは全くない。

 

印象からして、高卒者や大卒者とほとんどの場合同じ印象やと思う。

 

だけど、中卒と言ったらイコール印象が下がる傾向にある。

 

とにかく低学歴だけで、高卒者や大卒者と比べてハンデに繋がってしまう点が多い。

 

これを払拭するには、最低でも年収や収入を高卒者レベルにまで上げて、そこから自分自身が社会的信用を得れる仕事に取り組むかが重要になる。

 

わたし自身も、そんなに社会的信用を得れる仕事についてるわけではないけど、だからこそ、今後のために別のキャッシュポイント(収入源)の仕組み(WEBやブログ)を確立しておくことは大事なことやと思っているよね。

 

確かに、お金がすべてではないが、そのお金がないと何にもできないループにハマってしまうので、今からでもコツコツと自分でもできることがあるなら、それを見つけて人よりも早く動いていくことが大事になってくると思う。

最後の結論、学歴を気にしない相手だけに絞るのが正解

結論から言うと、相手が大卒で自分が中卒でも両者ともに学歴なんて気にしてないなら、何の問題もない。 交際したばかりの頃では、中卒の自分が学歴を気にしてたって事はあるかも知れないが、お付き合いして行く途中で、そんなことはどうでもよくなってくる。

 

何はともあれ、お互いに価値観が合って、一緒に一つ屋根の下で生活してもそれほど苦にならないほど、安心できる関係である事が一番大事なわけやから。

 

ポイント

「中卒やから高学歴な相手とは釣り合わないし、自分なんてまともに学業を積んでこなかったから」ってな感じて、思ってしまうのはナンセンス。

そんなことにいちいち悩んでいる時間が無駄ということに気づくはず。

 

MASA
MASA
簡単なのは、学歴を気にしない相手だけに絞ればいい話。

それ以外は自分が目指していることと、一致しない相手なんだと思うこと。

 

このような考え方を持てれば、自分には理想と近い相手しか寄ってこないと思う。

 

学歴を全く気にしない相手だけに絞れば、理想のゴールインに近づくんじゃないかなと。

 

わたしも、それに向けて今行動している最中やから、一緒に頑張っていこう。

 

今回のお話があなたにとってお役に立てれば幸いやね。

 

最後までご覧いただき感謝したい。

MASA

管理人プロフィール

MASA
MASA
42歳・建築現場で働く中卒者。このままで人生を終わらせたくないとPCスキルゼロだったがパソコン教室に通いWordPress構築の基本を覚える。今ではブログ立ち上げや記事作成のスキルを身に付け、自分と同じ中卒者に向けて役に立つコンテンツ作成や生き方についての情報を発信しています。

中卒者に向けての関連記事

-中卒者の末路
-

© 2021 中卒アイデンティティー Powered by AFFINGER5