正しい英語学習はコレ

40代50代が英単語の覚え方を始めるには遅いか?いいえ独学でなければ・・・

投稿日:


バイリンガル仙人

どうもバイリンガル仙人じゃ^^

 

今回は40代50代で英単語の覚え方を始めるには遅いのか?高齢になってからの英単語の習得は無理があるのか?について言及していく!

 

40代50代になってからの英単語を覚えるのはもう難しい・・・と言う声が聞こえて来そうじゃが、実は全くそんな事はない。

 

むしろチャレンジして、英語を習得する価値は十二分にあると断言できる。

 

確かに、40代50代ともなれば若い頃と比べると、気力やモチベーションの維持が難しいと言うことはわかる。

 

しかし、この年代になってからのスキル習得と言うのは英語に限った話しではなくどんなモノにチャレンジする時も同じ事だ。

 

ちゃんと正しい英単語の覚え方を専門家から学び、そのやり方で素直に実践していれば自ずと成果は必ず出る。

 

殆どの学習者は無料のモノに手を出したり、訳のわからん情報に振り回されて独学で実践しようとするが、そもそもその時点でナンセンスな事をやっている事にいち早く気付いてほしい。

 

そんな事を永遠とやっていても、一向に成果は出ないのでここでちゃんと正しい理論とともに「なぜ40代50代でも成果が出るのか?」に追求して話していくので、本気で英単語を覚えたい者はしっかりと最後まで見るように。

40代50代が英単語を覚えるのは遅いのか?いいえむしろチャレンジすべき

まず、40代50代で英単語をもっと若い頃に勉強して於けばよかったと、皆口を揃えて言っている。

英語スキルや趣味をもっと早くやっておけばよかった。中高年になってから始めるには時間も体力も足りないし、がんばっても仕上がるころには高齢者に!(40代男性・IT関連)
MBAの取得、英語習得などなにかを極めることをやっておけばよかった。負荷の高い環境に身を置くことで、結果、自分に足りない能力がわかり、その能力を身に着けて次のキャリアアップの礎とすることができたと思う(40代男性・会社員)
英語の勉強をしておけば、収入アップが期待できたし、海外旅行などの楽しみも倍増したはずだし、仕事の幅も広がったと思う。今からでも勉強は遅くないけれど体力がないから、歴史本を読み始めても寝てしまう(40代女性・クリエイター)
英語、地理、経済の勉強はいくつになってもできるが、特に英単語を覚えるのには記憶力がいい20代のうちから始めればと実感している(50代女性・デザイナー)

「もう40代なので無理でしょ・・・」「もうこの年齢では英語なんかありえない・・・」このようなフレーズはめちゃくちゃよく聞く。

 

ほんの少し、シビアな言い方をすれば、どんな理由があれ、どんな年齢であれ、どんな生活環境であれ、自分自身が自分で「無理」と断定しているならどんなことをやっても「無理」だ。

 


バイリンガル仙人

しかしながら、「まだまだ若いヤツには負けん!」と言うポリシーがあればそれだけで十分じゃ。

 

その考え方がおぬしの頭の中に1ミリでもあるなら、英単語習得など余裕のよっちゃんじゃ。

 

たった今からでも英単語を覚える事は十二分にできるし、正しい方法ややり方で実践すれば短期間でマスターできる。

 

要は、やり方がどうのこうのの話し以前よりも、「自分の年代でもチャレンジする!問題ないんだ!」というのを第一段階は心の底から思い込むこと。

 

いやそれどころか、それこそが当たり前と思うところからスタートする事がめちゃくちゃ重要なのだ。

 

そうじゃないと、手間ひまかけてうまくやっているのに、気を抜いた時に「さすがにこの歳ではもう無理やな・・・」という迷いがデカくなってしまって、必ず挫折するタイミングが訪れる。

 

これを回避できるのは、事前に「大丈夫」と言う志を持つ思考にある。

 

考えてみてほしい。

 

おぬしの身近な所をチェックして、 50代、60代、で奮起して英語にチャレンジして英会話をマスターしてライフスタイルに思う存分活かしている人はおるか?

 

また、自分の周囲にはそんな人はいなくても、そういう高齢者が英語ペラペラでテレビに出ていたとか、何かの本でそんな人を見た事があると言うような体験は一度や二度はあるはず。

 

つまり、自分が実践中につまずいたり、解らないところが出てきたらそのままドロップアウトと言う定番のルートをたどるのではなく、そこで「自分よりももっと年いってる人がマスターできるなら自分もできる」と言う考え方でやれば、どんな壁があらわれようとおぬしはその壁を乗り越える事ができる。

 

「もうオレには無理だ・・・」それを決定づけるのはおぬし自身。

 

おぬしがそう決心すれば、それはリアルになりつまりは現実になる。

 


バイリンガル仙人

思考は現実化するのだ。

 

しかしながら、「オレでもやればできる」「わたしもまだまだやれる」と思えるなら、根性論や精神論は抜きにしてこう思えるマインドセットが成功への架け渡しになる。

40代50代のオッサンオバサンでも英単語を覚えるには最初の壁を突破するだけ

今のおぬしならどのような選択をする?

■もう年が・・・

■子供が・・・

■仕事が・・・

■気力が・・・

あれこれ言い分けはある中、それらを克服して英語が出来るようになりたいと思うならそれらをカバーして時間を組み立てて学ぶしかないのだ。

 

言い訳はその後でタップリやればいい。

 

その位、キツイ思いをしてやるほどでもないなと思うなら、その時間を他に使い自分が合理的に幸せと思えるものに自分の時間を使えば誰も異論はないだろう。

 

しかし、「〇〇のためにしかたなくやっている」と言う人生なら死ぬ前に必ず後悔するはずだ。

 


バイリンガル仙人

「あの時、やっておけばよかった」と。。

 

たしかに、 旅行英会話や、それほど深くつっこまないコミュニケーションであれば文法などをやることは不必要だ。

 

とは言っても、外国人とスムーズに話せたり、ビジネスで使うなら話は別だ。

 

フレーズから文法が抽象的では想像以上にハードルが高い。

 

どんな趣旨のコミュニケーションでもネイティブとスムーズに会話できるとか、映画が字幕なしで把握できるとか、日常英会話がミス無くできるのは、 英単語レベルで言えば「中級から上級」の階層。

 

TOEICで言えば、ふつうに800点以上、英検なら1級レベルだ。

 

つまり、ちゃんとした英語を学ぼうと思えば全く英単語を身に着けずに、その水準に達するなんて不可能だ。

 

自分自身の目的が、アクティブに上級者向けの英語ではないとか、海外旅行で困らない程度のレベルならこれには当てはまる事はない。

 

要は、自分がどのレベルの英語を望んでいるかだ。ココが一番重要。

42歳の時に渡辺謙はゼロから英単語を覚えた!やれば必ず結果は出る

出典http://autobahn.blog.jp/

いいか?はっきり言っておくぞ!

 

何事に対しても遅すぎることはない!

 

こんな事だけは絶対に口にするな。

 


バイリンガル仙人

「もうこんな歳だから」とか「今の今になって、英語なんて・・・」このような事を想像した時点でおぬしは終了だ。

 

こんな事例がある。

 

俳優の渡辺謙は42歳まで英語なんてまるで喋ったことも学んだこともなかった。

 

つまり知識スキル経験ゼロの無い無いずくしだったのだ!

 

もう誰しもが知る、渡辺謙をグローバルレベルにまでの仕上げた名作「ラストサムライ」のオーディションの要請が来た時には、一度「無理!」と辞退したそうだ。

 

ところが、渡辺謙のチャレンジ精神に火がつき、出演すると意思を固めて、英語の訓練をスタートした。

 

既に年齢も40歳を過ぎての英語学習。

 

それのみならず、撮影までは約半年しかなかった時期に毎日毎日英語漬けになり、明けても暮れても英語の生活だった。

 

毎日の生活基盤を完全に英語だけに集中してそこに一点フルパワーしたそうじゃ。

 

そんなチャレンジ精神があったからこそ、今ではグローバルレベルで英語をこなせているが、影では最低限の努力はしている。

 

彼自身もこのように型っておる。

とりあえず来てみたらと思うんです。やみくもにでも。僕だって『うわぁ、これ本当に何もできないや』と55歳にして思ったからね。そういう自分の中で突きつけられるような環境を求めていかないと得られるものはないよね。そういうことをもっとトライして欲しいと思いますね

出典https://www.nhk.or.jp/

40代50代の効果的な英単語の覚え方はコレ

英語を学習していて、思い通りにならないときなどはこう考えろ。

 

同様に、そういうときはどういう感じでそのやり方にたどり着いたのか?

 


バイリンガル仙人

思い通りにならない時のダントツの理由が、「習ったことをあっという間忘れてしまう…」

 

というものがトップに来る。

 

スタート時はあまりの自分のアホらしさ加減に、こりゃまた無理かなあ?ってストップしようかと何度も感じる。

 

しかしながら、「My name is〇〇」と「Thank you」だけの頃と比べたらかなり改善しているし、今やめたら今までの学習がすべて台無し。

英語の勉強は生涯訓練みたいなもんだから、この際に、一生涯自分のペースでストレスにならない程度にゆっくり取り組もうと、そう考えればかなり気持ちも楽になり緩和される。

 

一気にフレーズから入ったとしても、覚えられずすぐ忘れ去るのは火を見るよりも明らか。

 

プロセスが逆なのじゃ。

 

見当が付かないフレーズはすぐに追うのをやめて、他の活用法を調べ、より一層同様の意味のフレーズを自分に合った教材でリサーチ。このように行うと、生息したフレーズが十分に自分ものになってくる。

 

そうしたら、「準一級のフレーズ」などで予習復習するのじゃ。

 

何度も聞きながら耳を英語で慣らし、体全体を英語の環境にさせていく。

巷の英会話教材や英会話塾は全力でやめとけ!

 

過去にも、英語をマスターしたい願望があっていろんな市販教材や英会話塾などに手をだした経験はあるんではないか?

 

ようわからん効き目のない教材やテクニックに山ほどの時間とお金を注ぎ込み、そういった英会話教材が理由でムダなことをしてきた者は実に多い。

 


バイリンガル仙人

しかし、これらの原因は決しておぬしのせいではない。

 

単純に、おぬし自身がマジでいい英会話教材や英会話塾に巡り合えていなかっただけだ。

 

我々日本人の多くが使用している英会話テキストや学習テクニックは、すべて受け身で会得することがベースとなっている。

 

その大部分が自発的にリスニングしたり、語ったりするトレーニングをすることを優先していない。

 

更に言うなら、少ない労力や集中でびっくり仰天の成果が生じると、ウソの保証しているのだ。

 

多くの英会話テキストや塾は、スピーキングアップのために作成されてはいないから。

 

メインの目的が学習者やユーザーのために作成されていないのがすべての本質なのだ!

 

そういった市販教材は会社の収入(利益)のためにデザインされていて、それが一番の目的にされていること。

 

英会話教材なのに、フレーズや文法の修練ばかりで話し、会話の訓練を促していない教材も存在するほど。。

 

シロウト(初心者)に対し、このような会社がリアルで販売しているも商品はなんだかわかるか?

 

それは、「初心者でもわかりやすく、英語が話せるようになる」とでもいうべき「夢」をおぬしに販売しているだけなのだ!

会社はお決まりの広告文で、「この教材でいつの間にかスムーズに英語が話せるようになる!」と、いい加減なことを言いおぬしはそれを信じて購入しては1ミリも英語が話せるようにはならずにドロップアウトの典型的なパターンをたどる事になるだろう。

 

絶対にようわからん教材や塾のキャッチコピーに惑わされるな!

40代50代の英語学習者が全力でダマされてしまう典型的なパターン

これらの会社が売っている品物(教材)って、例えて言うとどんな手法なのか?そりゃあひとつの例としておぬしもよく分かっている「聞くだけ」とか「聞き流すだけ」と打ちだしているやつだ。。

 

これに関するキャッチコピーに耳を傾けても、日本の英語教育と位置付けて、ふつうに「ただ聞くだけ」のような学びが身に付いてしまっている日本人には何も不自然な感触はないはず。

 

はっきり言って、 「聞くだけ」で英語がマスターできる教材や塾などこの世に存在せん!

 

これは今のおぬしの実力がそれを裏付けしている証拠ではないか?

 


バイリンガル仙人

もし「聞き流し」だけで英語が話せるようになるんであれば、とっくの昔におぬしはわざわざ40代50代にならずとも、英単語を学ばなくとも、今頃は英語ペラペラだろう笑

 

しかも、リスニングさえサッパリ効果なんてない。

 

ふつうの中学や高校の学校で従業を受けている現状を観察してみるとイメージを描きやすいと思う。

 

そんなのは「ただ聞いてるだけ」の学習。

 

「一日3分」とか「アプリで聞くだけ」「フレーズを覚えるだけ」と打ちだしている教材や塾はまさにいい例。。

 

ふつうに冷静になって考えてみれば、それらに効果無しのというのは分かりきっていること。

 

というのも、時間を掛けないでは何も学べないし、残念なことに趣味でも娯楽でも、何かを得ようとするならきちんとトレーニングする時間帯が必要不可欠だ。

 

多くのお金と時間をこういったモノに費やしたのに、英語力や単語力が向上しないと多くの者を見てきた。

 


バイリンガル仙人

この度に、これらの意味不明な教材や塾に憤りを覚えるわ。

それでも最初の一歩が踏み出せない40代50代の英語学習者へ

英語の勉強をやるから「英単語を覚える」のです。 成果が確定していないと行動できないと言う姿勢では英単語を覚えるのはハードルがかなり高い。

 

こういった姿勢の人間は、もとより行動しないし、学習をする中で思った通りにいかないことがあると早速ギブアップしてそのままドロップアウト。

 

言うまでも無く、誰でも勉強をスタートしたばっかりの頃は、マジで英語が話せるようになるのかリスクしかない。

 

そこでとちって、行動を止めてしまうパターンが99%。

 

しかしながら、そのリスクに打ち勝って訓練し続けたら最終的には英語が話せるようになる。

 

英単語を覚えて、英語がしゃべることができるようになりたいのであれば、成果のコミットがないものに時間と集中力を割くモチベーションが必要とされる。

 

40代 50代から勉強をはじめても、まぎれもなく困難というものでもない。

 

要は、成功するかそうでないかは結局自分しだい。

 

「できるのか、できるわけない」かは、成果がどう出るかは解らないモノにお金と時間を自己投資して、「自分はできるようになる」のだと、信じ込んで活動し続けた人が英語がしゃべることができるようになる。

 

これは断言する。

 

一生懸命に取り組まない10代よりも、一生懸命に取り組む50代の方が英語がしゃべることができるようになる可能性は大である。

 


バイリンガル仙人

こういった風にチャレンジ精神は10代であろうが50代であろうが、 完璧に自分しだいだ。

成功を祈る!

こちらの記事もよく読まれておるぞぉ^^

-正しい英語学習はコレ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.